付呪師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫 - Part 7

付呪師助手メール 12週間目

78日目
あの忌々しいホーカーと対峙すると、向こうもこちらを見返してくる。相手は馬車馬100頭分の力強さを見せ、また意外なまでに素早い。だが今日という日は、最早どこへも逃げることはできない。徒歩と船で、奴を凍ったツンドラから氷山の島まで追い詰めたのだ。いよいよだ。今回の戦いでどちらが生きて帰れるかは分からない。よってこれら素材が益をなす事を心より願っている。

79日目
栄えある雇い主殿、私はいよいよあのホーカーと対峙した。戦いが始まると同時に太陽は消え、我らの決闘を見守るのは灰色の暗雲のみであった。我が三日月刀は、抜かれると同時に血を欲するかの如く音を響かせ、ホーカーも牙を鳴らし、丸い目を細めた。あのような戦いは生まれて初めてだった。だがホーカーの死に様は、間違いなく無残なものになったがな。

80日目
敬愛する雇い主殿、アブナブには言わないでおいてほしいのだが、アブナブは倒したと自慢している「オブリビオンからやってきたホーカー」の死体を家まで引きずって戻ってきた。だが頭に血が上っていたからか、例のホーカーを見分ける唯一の方法、つまりわき腹に刺さったはずの短剣の傷跡が全くなく、あいつもそれに気付いていない。多分、アブナブは間違ったホーカーを倒してきたんじゃないだろうか。

81日目
今日、ノルド人の女に「殴り合い」に招待された。彼女は明るく振舞っていたので、殴り合いというのは何か楽しい遊びの通称かと思ったのだが、彼女に頭を殴られた時点で違うと分かった。反撃として彼女の顔をブーツで蹴っていなければやられていたかもしれない。そして私達は殴り合った。その後、私の目は腫れあがっていたが、彼女の顔を見ると大きな笑顔を浮かべ、血が歯の間を通って顎の下まで流れていた。

82日目
栄えある雇い主殿よ、さらなる素材をお送りする!いつの日か、私もエズダブも暇ができたら、あなたに会いに行きたいと思う。あいつには是非あなたから、剣聖の伝説について調べるのは時間の無駄だと分からせてやっていただきたい。そのせいであいつの剣の型は目茶苦茶だ。無駄に派手な動作や、あいつの見つけた怪しい教本に描かれていた動きばかりだ。

83日目
新たな一日、そして新たな積み荷!アブナブの兄弟、エズダブだ。あいつは訳の分からない乱文をあなたへ送りつけていると思うが、恐らく私の剣聖に関する研究を良く思っていない事についても記していると思う。だが私は熱心に研究し続けるだけだ。最強の剣聖はたったの14歳でその地位まで登った。私はもう18歳だというのに!

84日目
これらの素材が益ならんことを祈る。そしてレキが我が兄弟エズダブに語り掛け、彼の頭を意味のない剣聖伝説の知識で満たすのを止めてくれることを願う!さて、今回の遠征ではハーピーと戦った。まったく醜い生物だ。そしてエズダブの回転斬撃は、ハーピーの頭を切り落としたばかりでなく、私の耳まで落とすところだった。いつかあいつに殺されるんじゃないだろうか。

付呪師助手メール 11週間目

71日目
栄えある雇い主殿よ、今ではあなたの付呪の力も、かなりのものとなっているのではないだろうか。そこで防御低下の付呪を使って見てはどうだろうか。その付呪で鋭い刃は、鈍器で鎧を殴りつけるよりも効果的になる。上手く掛ける事ができれば、黒檀の鎧をブーツに仕込んだナイフで砕くことも可能だ!

72日目
栄えある雇い主殿、この前私とエズダブは、怒れる紅色の肌をした生物たちに襲われていたブレトン人の村の近くを通りがかった。私達は集落の外周を回ったが、金属のぶつかる音、苦痛の呼び声、そして焼ける肉の臭いに思わず恐怖で固まってしまった。そして私達はその場を離れた。私もエズダブも、あなたのような英雄になれるわけではないのだ。

73日目
私とエズダブとで街の(驚くほど警備が薄い)下水道を通って近道をしていたところ、クロコダイルの群れに出くわしてしまった。それまで私は街の下水道を通ったことも、クロコダイルを見たことも無かったのだ。あなたのための素材集めのおかげで、私の人生は実に多彩だ。これら素材が益ならんことを。ただ少し臭うかも知れないのでご注意を。

74日目
栄えある雇い主殿、素材集めの生活は実に危険に満ちている。レッドガードの剣士として、私は己の剣技もこの剣の鋭さに劣らぬよう、剣の型の練習を欠かさない。古の剣聖たちは風を呼び出し、鳥のように空を飛べるような型を訓練していたとか。それなら彼らはなぜ階段を作ったのだ?

75日目
栄えある雇い主殿、今回の積み荷はいつもと変わらぬと思うかも知れないが、私もエズダブも、今回ばかりは送り届けられるだけでも運が良かったと感じてる。二人で小舟に乗っていたのだが、その時に邪悪なホーカーに襲われ、オールを失ってしまったのだ。そのおかげで陸地が見えるまで丸二日間、陸に戻れずにさまよう羽目になった。あの獣と一対一で戦えるならどれほど喜ばしいことか。

76日目
栄えある雇い主殿、この素材一式をぜひ使ってくれ。ところで私は、兄弟のエズダブと共に小舟に乗っていた時にオールを海の底へ叩き落とされ、おかげで数日間船の上から動けなくした犯人である、例のホーカーを追跡することにした。奴のわき腹に突き刺した短剣で、どいつがそのホーカーか判別できる。奴がスカイリム北方の凍った小島にいることまでは突き止める事ができた。

77日目
栄えある雇い主殿。私が殺されそうになったホーカーを狩るため、今スカイリム北方に来ている。積み荷については心配ない。この辺りでは付呪の素材は手に入りにくいが、物資が滞りなく送られるように手配しておこう。そして私は例の獣が今朝、氷の山の上に居たのを確認した。これから奴の後を追う。あのまん丸で臆病な目は大嫌いだ。

付呪師助手メール 10週間目

64日目
栄えある雇い主殿、我が兄弟に裏切られ邪魔をされようとも、積み荷を用意することができた。あの野郎は前回、私が集めた素材を盗んだのだ。そこでこのならず者に決闘を挑むこととなった。あなたへの素材集めを行う者は一人で十分なのだ。今は手元の素材をお使いいただき、今後も私が提供できることに期待してほしい。

65日目
ひとつ喜ばしい報告がある。私とエズダブの不和を解決することができた。我々は最も高いと思われる砂丘の上で決闘を始めた。我々の剣の打ち合いで火花が飛び、エズダブは私の剣撃に屈することなく反撃し、そして最後に我々二人の剣はバラバラに砕けてしまった。血は一滴も流れず、それを見た私達は互いの手を握り合ったのだ。

66日目
我が友よ、これら素材があなたに益ならん事を祈る。今まで送った物を有効に利用できているだろうか。付呪の力は決して侮ってはならない!相手を倒す方法が10あるというのなら、私は戦いの流れを変える20の付呪を教えよう!

67日目
栄えある雇い主殿、これまた新たな積み荷をお送りする。最近私は普通の冒険者よりも、剣を取り替える回数が多いのではと思い始めるようになった。兄弟のエズダブが言うには、私の使い方が悪いと言う。確かに扉のつっかい棒代わりや、木を切り倒したり、また髭剃りにも使っている。だがエズダブだって、ドワーフ達がハンマーを大陸の反対側まで投げたと信じるような男だ。あいつの指摘が正しいとも思えない。

68日目
良質な剣の優雅な見た目に敵う武器は少ない。そして剣のなかでも、レッドガードの三日月刀はその代表格である。そのような武器をさらに改良するには、付呪を行う他ない。ぜひ試してみて欲しい。剣聖の霊剣が存在していたとは思わないが、燃える三日月刀は間違いなく存在する。なぜなら今朝作り出したばかりだからだ。

69日目
これら素材があなたの益ならんことを!砥ぐに値しない剣など存在しない。私は今日、ドワーフコンストラクトの歯車の中に三日月刀を突っ込んでそれを失ってしまった。だが後悔はしていない。名工に作られた剣も替えはある。それに危険なドワーフの機械にもレッドガードの剣が有効だった、というのは運が良かった!

70日目
ハグレイヴンは危険な相手だが、私も兄弟のエズダブも奴らの眉間を剣の柄で打ち、奴らを混乱させる方法に慣れてきた。奴らも焦点を合わせられない状態では、洞窟内を炎で包むこともできないし、そちらの方がよっぽど倒しやすい。これら素材があなたの益にならんことを!

付呪師助手メール 9週間目

57日目
最新の荷物をこれからお送りする!今回は一度の遠征で積み荷の中身を集めたのだから、我ながら頑張ったと言える。エズダブは付呪用素材に対して鼻が利くと言うが、あいつはタムリエルの奥底を進む方向感覚が欠けている。奴は私のアンデッドに対する(非常に合理的な)恐怖感をからかってくるが、本人は真っすぐ伸びる洞窟からさえも出口を見つけられないのだから、全くどうしようもない!

58日目
敬愛する雇い主殿、アブナブの兄弟のエズダブだ。今回の積み荷もあなたの満足のいく内容であると思う。ところで最近、アブナブの奴に苛々するようになった。今だって、自分の働きがどれだけの時間と費用を節約したかを酒場で自慢しているほどだ。私の貢献と、(奴より遥かに優れた)剣の腕前に関する話は何もない。まったく奴は自信過剰にもほどがある。

59日目
我が友よ、エズダブの手紙にある私への僻みについてはどうか無視していただきたい。我々はいま争っているのだ。エズダブは優れた付呪師であり、戦士だが、奴は私とは違う。我が父はいつも、私の剣技に勝る者は古の剣聖達しかいないといい、またすぐれた方向感覚のおかげで斥候としても優秀になると言ってくれた。実際、父はどちらにおいても正しかった!

60日目
我が友よ、この素材があなたの益ならん事を願う。そして残念ながら、私の兄弟のエズダブはもう我々と共にいない。だがこれによって我々の仕事関係に問題が生じる訳ではないので、ぜひご安心いただきたい。

61日目
栄えある雇い主殿、前回の手紙では説明が不十分であったことに気が付いた。申し訳ない。エズダブは今も生きているが、奴は他の所で仕事をすることにしたらしいのだ。なぜ居なくなったのかは説明しようとせず、しかもルーンストーンなどを求めて探索する時、いつの間にか奴が競争相手になっていることに気が付いた。だがこの状況を耐え抜けるよう、最大限の努力はするつもりだ。

62日目
栄えある雇い主殿、このアブナブが最新の積み荷を用意しておいた。エズダブとは今も様々な資源をめぐって競争しているが、今のところは私が一歩先を進んでいる。これまで共に仕事をしてきただけに、なぜいきなり仕事を放棄したのかは分からない。いずれにしても奴は、私とその一族の恥となっている。

63日目
敬愛する雇い主殿、この手紙は私エズダブが書いている。これら素材があなたの役に立つことを願う。尚、今月は兄弟のアブナブが活動できないため、あいつからは荷物は届かないはずだ。いずれにしてもあなたに送るための素材も無く、私の素晴らしい能力の足元にも及ばない。奴の傲慢さこそが弱点だとは知っていたが、今日はそれを見事証明することとなった。

付呪師助手メール 8週間目

50日目
栄えある雇い主殿、私は今この文を書けることに安堵している。積み荷は問題なく届くと思うが、私の方はあやうく頭を失うところだった!馬車ほどの大きさのデューンリッパーに襲われ、私の剣はその外皮に当たって砕け散った。(私が先手を打ったことは、自画自賛ながら誇りに思う)私は逃げ出したが、あの獣が棲む遺跡の品をすべて手に入れた後だった事は幸運だった。

51日目
友よ、この素材は有効に使ってくれ。それらを探し出すのに剣を何本か失い、それで私が良い剣を使い捨てた事を知ったなら、怒り狂うであろう父の事を思い出した。父は昔「古の剣聖たちは霊体によって作られた剣、シェハイを生み出すことができた。だが私達は彼らとは違うのだ」と言っていた。だが私には、父がシェハイの存在を信じていたことに違和感があった。もしかすると、父はスクゥーマを使っていたのかもしれない。

52日目
エズダブの奴が、剣聖達の例え話に影響されすぎているのではないかと心配になる時がある。あいつは頑なに古の剣聖達が使っていたと言う、不要な技術を剣技に取り入れている。そして剣聖たちは「霊体」から剣を作り出せたと言うが、そういう話はむしろボズマーの伝説でありがちだ。いずれにしても素材については、あなたに役立つ事を祈っている。

53日目
栄えある雇い主殿、素材をお送りする!それとアンデッドが何も残さない、というのは嘘だ。奴自身は骨の粉になるし、その住処からは素材を探し出す事ができるのだから。

54日目
栄えある雇い主殿、オークと歩いている時は、開けた場所で向こうの前に立たぬように。下手をすればその阿呆は勝手に競争を始め、こちらの目の前を横切ろうと(つまりはズルをしようと)してくる。まったく小賢しい連中だ。

55日目
栄えある雇い主殿、森の霊魂について何かご存じのことはないだろうか?実はグラーウッドの奥深くに眠るアイレイドの遺跡の中で、そのうちの一つと出会ったかも知れないのだ。その囁きは私に理解できるものではなかったが、もしかすると20時間にわたる遠征の終わりであったために、栄養失調で幻覚を見ていたのかも知れない。ともあれ、あなたへ送るための素材は揃っていたので、無理に運試しをする必要もなかった。私はその場を脱出した。

56日目
小さな町や村などの集落を訪れると、遺跡を歩き回る日常から抜け出すことができる。そして安全に眠れる場所探しよりも、自分好みの娘を踊りに誘う方が難しいという場所は、やはり素晴らしい。いずれにしろそちらも元気で、これらの素材が役に立つ事を祈っている。