付呪師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫 - Part 8

付呪師助手メール 7週間目

43日目
これら素材があなたの益ならんことを!私の行う付呪に対する我らの民の拒絶反応には、いつも驚く。確かに付呪にも魔法的要素は含まれるが、リッチの召喚や他生物のエキスの吸収のような冒涜とは比較にならない。付呪は数値化し、理解することができる。機会さえあれば、レッドガードも奇妙になりうるということだ。

44日目
栄えある雇い主殿、正気を失っていると噂の魔術師の住まいに足を踏み入れない理由はたくさんある。しかし踏み込むべき素晴らしい理由もまた一つある。それは魔術師達は付呪用素材の絶好の入手先であり、特に外出中となると尚更である。というわけで、この素材をぜひ有効に使ってもらいたい!

45日目
栄えある雇い主殿、私は東方の魔術に信頼を置いた事は一度も無かったが、ここまで悩まされたのは初めてだ。先日、私は正気を失った魔術師の住まいを訪れたが、その主が今度はこちらを訪れたのだ。エズダブは寝ていて何も見ていない。私の命もここまでかと思ったが、魔術師は何もせず、ただ私達の部屋に立ち、こちらを凝視していた。

46日目
栄えある雇い主殿、あなたへの素材集めの為に魔術師の住まいに侵入してから、もう暫く経つ。あれ以来夜になると、侵入方法は不明だが、例の魔術師が私の家に現れている。毎夜私のベッドの横に立ち、こちらを見ているのだ。エズダブは信じないが、どうやら彼は魔術師の姿が全く見えないようなのだ。

47日目
栄えある雇い主殿、今回の素材は憔悴の中ながら、なんとか送り出すことができた。覚えておられるかも知れないが、あのイカれた魔術師が今も私に付きまとっているのだ。毎夜寝室の横に立ち、何もせずにこちらをじっと見つめてくる。これほど恐ろしいと思った事は初めてだ。奴が何を求めているのか。奴の名さえ分からぬ。そして何より奴の存在を信じる者が、他に誰も居ない。ああ、レキの刀剣よ!

48日目
敬愛する雇い主殿、今回の積み荷はアブナブの兄弟である私、エズダブがお送りする。すべてが揃っているように念を押すためだ。アブナブは最近呆然自失であり、もう幾日も睡眠不足だ。彼はレキの刀剣に誓って「イカれた魔術師」が夜遅くに現れると言うのだが、私としては彼がまたスクゥーマ中毒になっていない事を願うばかりだ。

49日目
我が友よ、以前にお話しした、毎夜寝室に忍び込んでくるイカれた魔術師の事は覚えておられると思うが、エズダブの奴がようやくその姿を見たのだ。老人は部屋の角に座り、ずっとこちらを見ていた。そしてエズダブは彼に我々の持つ全素材を渡したのだ。すると老人はそのかばんを手にして、玄関から出ていった。以来、奴の姿は見ていない。いま思えば、私もそれを先に考えつくべきであった。

付呪師助手メール 6週間目

36日目
栄えある雇い主殿、あなたが夢見るような素材が満載の荷物をお送りしておいた。これらを集めるのには、いつもと変わらず汗と血を流し、戦って手に入れたものだ。果たしてあなたも私と同じことをしてくれるだろうか。別に憎んでいる訳ではない。ただすべてを、何もかも見通せるのだ。まるで碧水晶でできているかのように。それもクジャク石ではなく、眼鏡に使われるような。恐ろしいとさえ感じる。

37日目
猫族には世界はこのように映っているのだろうか?まるで捻じ曲がった鏡を覗いているかのようだ。私と兄弟で集めた物品が満載の荷物を改めてお送りする。すべて無事に到着するといいが。私には中身が箱を通して見えるのだ。少なくとも私にはそう見える。エズダブの奴は最近、私に対して苛ついているようだ。あなたも同様だろうか?

38日目
有頂天の雇い主殿、私はいま、自分自身の汚物の山の上より、この文を書いている。無論、それが仕事の邪魔になるようなことは無く、今回お送りする積み荷は今までと同じ品質のものだ。実は最近、私の人生に面白い変化が起きたのだ。これほどまでに自由だった事は未だかつてない。クリフ・レーサーたちが空高く飛ぶ時も、このような感覚なのだろうか。

39日目
敬愛する雇い主殿、先のアブナブの手紙について、私エズダブが兄弟に代わってお詫び申し上げる。この手紙と共にいつもの積み荷をお送りする。アブナブは酒に弱く、その状態であなた宛てに手紙を書いたことを酔っ払いながら話したのは、残念ながら前回の荷物を送った後であった。今後も我々との仕事関係を継続して頂けることを切に願う。

40日目
我が友よ、私の最近の手紙についてすでにエズダブより謝罪の言葉があったかと思うが、実は彼は、すべてを知らない。はっきり言ってしまうと、私はスクゥーマ中毒なのだ。少し前、荷物を急いで売り払おうとしていたカジートに出会った。そこでムーンシュガーを大幅に安い値段で売ってもらったのだが、残念なことにそれは加工された状態のものであった。今後もあなたと仕事ができることを願う。

41日目
栄えある雇い主殿、今回も積み荷をお送りさせていただく。すでに聞き飽きておられると思うが、改めてスクゥーマの影響下で書いてしまった手紙についてお詫びしたい。私の事はすでに蔑まれているかも知れないが、それでも私を付呪用素材の主たる供給源として頼っていただけたらと思う。私の先人たちも、私自身も己を恥じているつもりだ。

42日目
付呪以外の分野では、私は生きていけなかったかも知れない。その筋の専門家として己の才を見いだせたことは実に幸運だ。さて、今週の遠征ではプロのシェフに出会ったのだが、私がムーンシュガーを軽く振り掛けたクワマーの卵(一時的なスクゥーマ中毒からどうしても食べたくなってしまった)を食べているのを見られてしまい、そのダンマーの美食家からは思わず消え入りたくなるような蔑みの眼差しを向けられてしまった。

付呪師助手メール 5週間目

29日目
我らの仕事は今も阻害される事無く続くが、不快な夢も同じく続いている。だが今晩はいつもと違う夢を見た。「収穫者」と名乗る男が、彼が捕らえた者の一人を殺せば強大な力を与えてくれると言ってきたのだ。私の剣を、敵の魂を喰らう棍棒と取り換えると。私が答える前に、エズダブの声で目を覚ました。

30日目
私はまた夢を見た。あの収穫者と名乗る存在が、人を殺す代償として力を与えると言ってきた。その犠牲者は鉤爪のような檻の中に閉じ込められ、私の前で跪いていた。私はそれを拒否したが、その瞬間、収穫者が騒めき、私は目覚めた。エズダブによれば、私は夜の間に目覚め、我々がいた洞窟からどこかへと出ていっていたらしい。私は今まで眠りながら歩くなど、したことはないというのに。

31日目
この最近のアブナブの乱文について、このエズダブが彼に代わってあなたのお許しを請い願いたい。アイレイドの遺跡で例の生物と遭遇して以来、彼はどこかおかしいのだ。旅の途中でおかしな訛りのダンマーの魔術師に出会ったのだが、彼が言うにはその生物は災厄の四柱神に属する下僕であり、その死によって災厄の四柱神に目を付けられてしまったらしい。私は理解した振りをして彼に頷いておいた。

32日目
栄えある雇い主殿、今度もいつもと同じように最高級の素材をご用意した。これを手に入れるため、私達二人でリッチを倒した事実を含めると、その勝利がなお甘美に感じられる。奴の居た洞窟から追い立てられ、近くの川を半分ほど遡った時点で、私達は奴を剣で斬れることに気が付いた。そして比較的速やかに、奴を命無き骨の粉へと変えてしまう事ができた。

33日目
栄えある雇い主殿、あなたを私よりも豊富な見識を有する数少ない方とお見受けしてお聞きしたい。あなたはヨクダの剣聖たちの伝説を信じているだろうか?彼らが異教なる東方の魔術と対峙しうる、いにしえの剣術を守る者たちであったと。私にはそれが、ただ単に他の剣士以上の力を持つ者に関する話では無く、むしろ剣術の重要性を説く比喩に思えるのだ。

34日目
栄えある雇い主殿、私達は本日、魔女の魔術結社に遭遇した。奴らほど私が憎んでいるものはいない。魔女たちがどこからその超自然的な力を得ているのかは知らないが、邪悪である事は違いない。運よく奴らは寝ていたので、我々で洞窟内の品々をすべて奪って脱出してきた。ぜひ有効に使って頂きたい。

35日目
栄えある雇い主殿、学者たちは私を無知と嘲るかも知れないが、ヨクダの剣聖達(私よりも知力と文化に秀でた者たちは「アンセイ」と呼ぶ)が、己が霊体から刃を作り出すことができるというなら、一体なぜ鋼鉄の剣などを持っていたのだろうか。全く馬鹿らしい。おかげでこの件についてエズダブとは殴り合いになりそうだった。

付呪師助手メール 4週間目

22日目
栄えある雇い主殿、再び冒険の旅に出られて嬉しい限りだ。今回はいつもより早く積み荷を用意することができた。どうか上手く使ってくれ。程なくしてもう一つお送りできるかと思うが、今はタムリエルの洞窟や洞穴が我らを待っているのだ!

23日目
あなたに素材を送る者として、私をある程度は味方として考えて頂けているだろうか。実は最近眠れないのだ。以前私が兄弟の命を救うため、人を斬ったことはあなたも覚えているかも知れない。私は己が剣を巧みに操り、己が出自に見合った行いをしてきたと信じているが、誰かを殺めた事にはやはり気落ちしてしまう。これをヨクダの先人たちが見たら、どう思うだろうか。

24日目
栄えある雇い主殿、野生の獣たち相手に己が力を試す感覚がいかに素晴らしいか、筆舌に尽くし難い。何物にも囚われず、また戦いを止める衛兵も居ない。存在するのは、私とあなたの素材との間にある、野生的な怒りの集合体のみ。友よ、この新たな積み荷があなたの益にならんことを願っている。

25日目
敬愛する雇い主殿、この度はアブナブの兄弟エズダブより文を送らせていただく。近頃の積み荷に際し、我が兄弟がしたためた戯言についてお詫びしたい。我らの問題をあなたに投げかけるつもりはなかったのだ。彼にはあなたが敬愛すべき雇い主であり、感情をぶつける先ではないという事を、改めて言い聞かせておいた。次回アブナブが、己が感情をあなたに語ろうとしたならば、私がこの拳であいつの顔面に語り掛けることをお約束する。

26日目
栄えある雇い主殿、アブナブだ。前回のエズダブの手紙は無視していただきたい。もし私があなたの立場ならば、ご自身の使用人に関するすべての状況について知っておきたいはずであり、その事を理解しているつもりだ。だから私はこれまで素材と合わせて、文に詳細な報告を含めており、今後もそうしていく所存だ。

27日目
栄えある雇い主殿、新たな積み荷をお送りする。すべては順調だが、私は最近恐ろしい悪夢に悩まされている。自分の周囲が霧に包まれ、私の視線の届かぬ先に何十、何百匹という獣が私を喰らおうとしているものだ。この夢を毎晩、際限なく見続けている。もう寝る前にクワマーの卵は喰らうまい。

28日目
栄えある雇い主殿、素材は今そちらへと向かっているはずだ。しかし私の不快なる夢は今もつづいている。そして思い返せば、すべてはアイレイドの遺跡で奇妙な生物を倒してから始まった。その生物は巨大な斧を携えていたが、素早さは私が優り、その体を両断すると同時に崩れるように消えていった。もしかするとあれは死なず、今も私の近くに残っているのやも知れない。

付呪師助手メール 3週間目

15日目
敬愛する雇い主殿、今回もアブナブの兄弟、エズダブより文をお届けする。アブナブは今も行方知れずであるが、あなたへの素材の送付は、今後も間違いなく行うことをご承知いただきたい。アブナブの名を汚さぬため、現在は彼の分の仕事もこなしている。例え再び会うことがなくとも。彼を馬鹿にしたことは後悔している—と言いたいところだが、私にとって、それこそがもっとも大切な思い出なのだ。

16日目
愛する雇い主殿、いつも通りの素材をこれまでと同じ品質でお送りする。それから我が兄弟アブナブの生存が確認されたことをご報告したい!レキの輝く刃に誓って、まさかまたあいつに会えるとは思ってもみなかった。私だけでは3回目の積み荷を用意する事は難しかったのだが、アルバブナブの三日月刀が集結した今なら、まったく問題ない!

17日目
栄えある雇い主殿、実に久方振りとなる!この私、アブナブはつい最近、タムリエルを苦しめる海賊団の手から、ようやく逃れてきたところだ!長らく留守にしてしまって申し訳なく思う。海賊共は私の剣技に興味があったようで、私を連中の用心棒に使おうとしていたのだ。だがその話はまた別の機会に取っておこう。今はいつも通り、この素材をぜひ使って欲しい。

18日目
この素材が栄えある雇い主殿の益になる事を願う。そういえばあなたには例の海賊団から、私が脱出した話をしていなかった。あの連中はまったくとんでもない者たちだった。奴らの為に誰かを殺すか私が死ぬか選べ、というので、相手から武器を拝借して、代わりに奴らを叩き斬ってやった!私はまさしくヨクダの神話の英雄のようだったぞ!なお、奴らは全員悪党だったのでその点は心配しなくても大丈夫だ。

19日目
今回の積み荷については、残念ながらいつも以上の代償が必要だった。但し栄えある雇い主殿たるあなたではなく、私とその兄弟にとってだ。海賊団に囚われて以来、私の剣は血を欲しているのだが、その流れでつい戦いを呼び込んでしまった。そして今日、短剣で我が兄弟に飛び掛かろうとしていた男を私は斬り伏せた。我らはその場から逃げ出した。

20日目
この素材があなたの益になる事を願う。私達は街から脱出したが、衛兵たちは我々の追跡の手を緩めてはいない。もう二度と己よりも下の人間に対して剣を抜くまい。古き時代の剣聖たちも同様にして怒りを抑え込んだと聞く。

21日目
栄えある雇い主殿への新たな積み荷をお送りする!これが役立つことを願っている。今我らは自然の中へと戻り、土地より得られる物を使って生活し、可能な限り遠くの洞窟や放棄された尖塔などを探索して品々を手に入れている。タムリエルにはそういった場所が数多く存在する事には幸運としか言い様がない。そして私に対しての幸運が、あなたにも舞い降りる事を祈っている。生きている事こそが喜びだ。