木工師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫 - Part 5

木工師助手メール 22週間目

150日目
槌のマーゴッグだ。さびしかったかい?材料のお届けだ。こういうことわざを聞いたことあるか?「敵の敵は味方」、それで考えたんだ。今のところ俺には敵が二人いる。華麗なる前足とシェドリック治安官だ。奴らも互いに敵同士だ。どちらか一方と手を組んだらどうだろうと思ってな。あくまで便宜上だがな。

151日目
シェドリック治安官に友情の手を差し伸べた。それは大間違いだった。奴は俺が握手の代わりに毒蛇を差し出したようなツラをしやがった。それから奴は俺のようなクズと付き合うことは絶対にないと演説しやがった。俺が傷つきやすいタイプだったら、その言葉でナイフのように切り刻まれてたとこだ。代わりにぶん殴ってやったがな。

152日目
よう、最近試したシェドリック治安官に近づく計画は失敗に終わった。正しく高潔な治安官殿は、どうやら、一介の木工師や、酒場のオーナーや、俺のような怪しげな起業家と付き合うには純粋すぎるようだ。まあいいか。あいつのことはどうせ虫が好かなかったしな。次は華麗なる前足と話してみるか。

153日目
緊張してる。あの用心深いカジートの野郎がうちの酒場にきて、一杯おごると言い出したんだ。俺が奴のところに行って、同じことをしようと思ってた矢先にだ。華麗なる前足は最初に会った時から目の上のたんこぶだったが、二人ともシェドリック治安官にやられちまうよりは手を組んだ方がいいだろう。それにうちのエールに毒が入ってないのは確かだしな。

154日目
カジートの犯罪王、華麗なる前足は驚いたことに良いヤツだった。面白い話をするし、冗談には笑うし、酒にも強い。自分のことを三人称で話すという、うざったいクセはあるが、誰にでも欠点はあるもんだろう。やがて奴はうちにきた理由を切り出した。「治安官に身を引いてもらう時が来た」とな。

155日目
いいかい、告白なんかじゃないぜ。取引相手との世間話だぞ、分かるよな?華麗なる前足が「身を引いてもらう」って言葉を使ったのはつまり「放牧する」とか「ゴミを捨てる」とか「問題を片づける」とか「株を清算する」ってことだ。「株」ってのは善良なるシェドリック治安官殿のことだ。材料は入れといたぞ。

156日目
なんて奇妙なこった。犯罪王の華麗なる前足と槌のマーゴッグが手を結ぶことがあるなんて、誰が考えただろう。俺のハントマザーが言ってたように、1本の矢でマストドンを仕留めることはできない、例えどんなに狙いが正確だったとしてもだ。今回の場合、シェドリック治安官がマストドンだ。そして矢は2本必要だ。

木工師助手メール 21週間目

143日目
俺の宿敵(俺には宿敵がいるんだ!)の華麗なる前足は、少なくとも今のところ罪が晴れたらしい。だがシェドリック治安官は、俺と同じくこの成り行きに満足していない。奴は俺たち二人にはっきりと分からせた。俺たち二人に目を光らせてると警告した。俺たち二人にだ。何ってこった!これで俺の宿敵は二人に増えたかもしれん。考えなくちゃな。素材は入れといたぞ。

144日目
よう、新しいプロジェクトに着手して心を落ち着かせて、平穏の境地に至ろうとしてるとこなんだ。酒場の裏手にたむろしてるコヒョウグアルたちに、立派な小屋を建ててやることにした。あいつらを見たことあるか?かわいらしいんだぜ。トカゲっていうか、鱗のある鶏みたいな感じで。あいつらが大好きなんだ!

145日目
木工はとてもリラックスできる。それが本当に意義のあることの場合はさらに別格だ。コヒョウグアルがうちの酒場の前でエサをついばんだり、ダンスしてるのを眺めてたら、空を割ったような大雨が降りだしたんだ。その時に決めたのさ、グアルには生活の場所が必要だ。それを俺が建ててやるってな!

146日目
槌のマーゴッグだ。素材を届けるついでに、酒場の裏に建ててるコヒョウグアルの小屋の続報もやろう。入口が4つあって、出口は2つ。三階建てでベランダ付き。グアルが日向ぼっこできるようにな。エサ桶も2つ用意して、水場は3つあるので、エサも水も十分だ。

147日目
静かだ。平穏だ。木工は俺の怒りっぽさに魔法のような効果がある。もう何日も誰かを殴りたくなってない!釘を材木に打ち込むことに何かがあるんだろうな。ともかく、コヒョウグアル小屋はほぼ完成していて、チビどもが引っ越してこれる。よろこんでくれるのを見るのが待ち遠しい!ともかく、この荷物をあんたに送っとく。

148日目
完成した。傑作だ。俺の最高傑作かもしれない。最も高貴なコヒョウグアルにふさわしい小屋だ。部屋もたくさんあるから何匹だって住める。よろこぶ姿を見るのが待ち遠しい。水とエサの桶は一杯だ。扉も開いてる。チビどもがいつでも引っ越してこれる。余った素材があるから送っとくよ。

149日目
なんてこった!俺のコヒョウグアル御殿が気まぐれなスカトラーどもの住み処になっちまった。あの害獣どもがそそくさと乗り込んできて、我が物顔でエサを食べつくし、水も飲み干しちまった。奴らが出てかないと、コヒョウグアルはホームレスのままだ。2つ目の小屋を建てるかな。だが急がないと雨季が始まっちまう。

木工師助手メール 20週間目

136日目
ほらよ、素材の配達だ。俺の物言いは許してくれ。新しくきた治安官が俺のビジネスに手出ししてきたせいで、気分は最悪だ。早いとこあいつの注意を他に向けさせないと、大金を失うはめになる。事故が起こるように手配しなけりゃならないかもしれない。このことは他言無用だからな。

137日目
よう、槌のマーゴッグだ。今日は気分がいいんだ。善良なるシェドリック治安官殿が、ようやく華麗なる前足が「フォーローンの犯罪王」を名乗ってることに気が付いた。俺は怪しまれているだけだったが、例のカジートについては積極的に取引を捜査し始めた。あの治安官様が汚らしい犯罪の証拠を見つけてくれることを願ってるよ。

138日目
俺の取引先のダークエルフにベランゼンって奴がいるんだが、仲介人を始末して、利権を増やそうとしてる。残念ながら、そうなると俺のビジネスが立ち行かなくなっちまう。あんたなら分かってくれるだろうが、そんなこと認められるわけがない。話し合う必要がありそうだな。そうだ、ハンマーを持って行こう。

139日目
ダークエルフのベランゼンだが、まあ、遺失物のコレクターとでも呼ぼうか。いつもうちにきては違法なブツを金に換えて、双方にとってプラスだった。だが、どうやらあの野郎は最高の取引額を求めて「店選び」を始めるつもりらしい。自由市場を活用しようってんだろうな。俺たちは話をすることになってる。あんたに素材を送った後にな。

140日目
悲しい知らせがある。ベランゼンとは公平な合意に至れなかった。本当に残念だが、あいつとは今後の取引はしない。だからあいつを街の豚小屋に投げ込むことになった。偶然転んで俺のハンマーに頭をぶつけちまったんでな。それも二度も。残念なことだが、俺の気前の良さにつけこもうとするとそういうことが起こるんだ。

141日目
よう、槌のマーゴッグだ。この材料があんたに幸せと金を与えますように!俺の上機嫌を不思議に思っているだろう。それは華麗なる前足の違法行為に、善良なるシェドリック治安官殿が正義の鉄槌を下したからだ。最高な気分だ!ちょっと失礼して祝ってくる。

142日目
幸せな時間ってのは短い。残念な状況とはこういうことを言うんだ!カジートの犯罪王について証言させるために、シェドリック治安官が集めてきた証人たちが全員謎の失踪を遂げた。ああ、急に用事ができたとかなどのメモが残されてたらしいが、俺が思うに奴らは今頃、マッドクラブと湖の底で泳いでいるだろう。

木工師助手メール 19週間目

129日目
いまいましい猫にしてライバルの犯罪王、華麗なる前足め!また俺のビジネスにちょっかいを出してきやがった。今度は、ゴロツキどもを使って違法なブツの配達を邪魔してきた。密輸については話したっけ?ああ、堅苦しい言い方をしてすまない。だが平穏を保つことがだんだん苦しくなってきた!何かを殴りたくてたまらない!

130日目
槌のマーゴッグだ。密輸品の積み荷を二日で二つも失った。あのカジートの犯罪王、華麗なる前足のとこのゴロツキどもだ。もう限界だ!手下にゴロツキどもを探させてる。見つけたら、静かで平穏に奴らを血まみれのボロ屑にしてやる!

131日目
短くてすまないが、これ以上書けない、華麗なる前足のとこのゴロツキ狩りの最中だ。材料を送っておく。久しぶりにいい気分だ。また書くよ。槌のマーゴッグより。

132日目
よう、槌のマーゴッグだ。ゴロツキどもに盗まれた盗品を取り返したことを伝えとこうと思ってな。ゴロツキどもに思い知らせてやった。釘をハンマーで打つみたいにな。フォーローン近辺の道は安全になったろう。少なくともしばらくの間はな。他のこともそうだが、平穏に暮らすことばかりじゃ駄目みたいだな。

133日目
街に戻ると、新しい出来事が待っていた。とてつもなくお節介な誰かさんが、発展を続けるこの街に法律のようなものが必要だと決めたんだ。それで俺は、シェドリック・セルド治安官がハイロックの荒野に秩序をもたらすとかいう誓いに、どうやって対処するか考えなくちゃならない。どれほど安全で心強く感じてるかは言葉にできないよ。いや本当に。

134日目
華麗なる前足。魅惑のファーダ。協力的じゃない商人たち。奴らをどうしたらいいかは分かるが、シェドリック・セルド治安官?あいつは別だ。正義の怒り、厳格な名誉、そして揺るぎない正直さに満ちてる。実際、あまりにお堅いんで、吐きそうになるくらいだ!俺からのワイロを受け取らず、目を光らせてるからなと言いやがった。ムカつく野郎だ!

135日目
勇敢で高潔なシェドリック治安官。憎たらしい野郎だ!華麗なる前足がどうするか様子を見ればよかったが、まずは奴に忠誠心があるか試したかったんだ。金はまだあるが、善良なる治安官殿は俺が割と不誠実な社会とつながっていることに気付いちまった。犯罪は割に合わないってことが身に染みたよ。

木工師助手メール 18週間目

122日目
治癒師に話を聞いたが、魅惑のファーダは元気になるそうだ。なんと腕は折れてなかったんだ。ただのひどいアザだったらしい。すぐに元通りになって、どこぞの頭蓋骨をかち割れるようになるって。しばらくは注意して行動しないとだが、あの女をちょいちょい見かけるようになった。素材は入れておいたぜ。

123日目
「ハンマー・アンド・ソー」は本日開店だ。大盛況だったぜ!店は満員で、酒が飛び交い、みんな満足して大喜びだった。俺が望んだとおりになった。フォーローンに足を運ぶ機会があったら気軽に寄ってくれ。最初のエールはおごりだ!ぜひ木工の感想を聞かせてほしい。

124日目
なんとも奇妙なことになった。カジートの犯罪王、華麗なる前足がうちの小さな酒場に足をお運びくださったよ。奴が快適で安全な自分の宿屋を離れることはめったにない。だがまるで自分の店であるかのように入ってきた。強面のとりまきを引き連れてだ。その中には魅惑のファーダもいたよ。一杯やって、俺の成功に乾杯してくれた。で、俺は何を心配してるんだろう?

125日目
フォーローンの街について話したっけ?小さいが成長を続けてるとこで、ハイロックの荒野にある。宿屋、酒場、そして馬屋があって、一通りの商人と職人がいる。治癒師だっているんだが、ほとんど華麗なる前足とそのゴロツキがかかりつけになってる。聖堂はないが、旅の司祭が時々やってくる。

126日目
今日、旅のマーラの司祭が街を訪れた。俺は信心深いオークじゃない。モーロッチだってほとんど受け入れてないな。だが俺はビジネスと暴力の必要性の件でいまだに悩んでた。そんな時に司祭が酒場にやってきた。話が弾んで、より穏やかに人生を送ることについて考えるきっかけになったよ。

127日目
槌のマーゴッグは悟りのマーゴッグになれるのか?マーラの司祭の話では、幸せな人生を送るには、それが一番の望みだそうだ。司祭は俺に暴力の衝動に駆られないよう言った。無礼で汚い言葉を使うのもやめろってさ。さらに、全ての物事に美しさを見出し、もっと人当たりが良くなるように努めろと。死にそうな思いをするのは確実だが、やってみようと思う。

128日目
よう、またクラフト材料をお届けするぜ。落ち着いて平穏な外見を保とうと、必死の努力を続けてるんだ。周りのやつらは、部屋いっぱいのやせっぽちのウッドエルフみたいにうざったいにも関わらずだ。誰かが口を開くたびに、冷静でいる強力な意思が無いとハンマーに手が伸びそうになる。まあ、そっちは元気でやっててくれ。

1 3 4 5 6 7 9