付呪師助手メール 27週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 27週間目

186日目
クレストシェイド鉱山の外に到着しましたが、ジャコソンの姿は見当たりません。遅れるなんて彼らしくないように思えました。彼をよく知っているわけではありませんが、篤信者を名乗る者なら時間を厳守しそうなものだと思いませんか?分かっていただけますよね。そこで、私は少しだけ待つことにしました。礼儀の問題です。また素材をお送りいたします。

187日目
すると痩せ細った長身の男が、ローブをはためかせて鉱山から現れ、近づいてきました。男は如才なく、しかし温かみのない笑顔で「レイヴンウォッチ城のメリナ・キャッセル様ですな」と言いました。「名乗らせていただきましょう。マズラー・アルアベックと申しまして、付呪師のお力を借りたい」もしあなたもこの申し出が怪しいと思うのであれば、私の頭の中ではどれほどの警報が鳴り響いていたかご想像下さい。

188日目
マズラー・アルアベックには付呪師が必要だということは分かりましたが、話が見えません。神聖なる誓いのジャコソンはどこでしょう?ここに呼んだのはマズラーを助けるため?それとも、もっと不吉なことが起こっているのでしょうか?時間を稼いで情報を得るために、一番魅力的な笑顔を作って尋ねました。「どのようなご用でしょうか?」

189日目
マズラー・アルアベックは、理論上は存在すると言われている第4のルーンストーンについて聞いたことがあるかと尋ねてきました。「迅速のルーンストーンのこと?」と私はつぶやきました。「おお、ご存知でしたか」とマズラーが言いました。「ならばルーンを礎から取り出すのを手伝っていただけますでしょう」。この話の流れにはさぞ混乱しているでしょうね。あなたが付呪にどれほど造詣が深いかを存じておりませんので。

190日目
リランドリルのカミロウェは、ルーンストーンは3種類だけではないと断言しました。彼は第4のルーンストーンの存在を提唱し、それを迅速のルーンと名付けました。その人生最後の200年をかけて迅速を探し求めましたが、ついに見つけることはできませんでした。それをこのマズラー・アルアベックが発見したというのでしょうか?

191日目
マズラーに手を貸すことを了承し、神聖なる誓いのジャコソンと話したいと伝えました。「ステンダールの篤信者とな?」と彼は笑い、「あの愚か者は私を殺そうとしたんですよ?」と続けました。まずい展開です。つまりマズラーは定命の者を糧とする、吸血鬼、ウェアウルフ、もしくはその他の生き物だということです。そして私とは違って、善良な者には見えませんでした。

192日目
マズラーは手下にジャコソンを連れてこさせ、私に引き合わせました。痛めつけられ、縛り上げられた上に目隠しをされていましたが、大事はないようでした。私が近くにいることに気付くと、彼はこう叫びました。「このレッドガードを信じてはなりませんぞ、お嬢さん!」そのせいでもう一度頭を殴りつけられました。「手を貸します、マズラー」と私は約束しました。