付呪師助手メール 37週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 37週間目

258日目
武装した女が村に来て、私について尋ねました。情報に対して彼女が提示した金額は、私が沈黙を買うため村人に支払った額よりも少なかったので、今のところは無事です。ヴェロスリル姉妹社に送られた賞金稼ぎでしょう。少なくとも、容赦がないというエロン・ソルトでなくてよかったです。

259日目
あの賞金稼ぎは、実はエロン・ソルトでした。じきに村人を買収するために十分な金を持って戻るでしょう。自由でいるためには、逃げなくては。大丈夫、真実が味方してくれます!

260日目
真実は味方していても、天気は味方してくれません。雨で、エロン・ソルトが私の痕跡を追えなくなることを祈ります。

261日目
今日、雨の中でネレイドに出くわしました。どちらのほうが驚いたのか分かりません。彼女が嫌そうな顔をした時、私はまだその場で立ち尽くしていました。喉を引き裂かれそうになったのは確かです。しかしその時彼女は私を指さし、恐怖の悲鳴を上げて水へと逃げていったのです。私は強そうに見えません。なぜでしょう?

262日目
怖がるネレイドはさておき、街道からそれほど遠くない場所で放置された小屋を見つけました。賞金稼ぎから隠れ、雨宿りをして、ヴェロスリル姉妹社を暴く方法を考えられます。アビシアン海の水を丸ごと吸ったような、服を絞ってからですが。

263日目
決まりました。飴が好きでエロン・ソルトと仲がよくない、魔術師ダヴァミンを探すことにします。シクスルの報告によると、ダヴァミンは追放者の遺跡について、口外している以上のことを知っていました。

264日目
ヴェロスリル姉妹社が、実はダークエルフの三人姉妹ではないと知っていましたか?元はダークエルフの土地にある遺物を手に入れようとした、ブレトンの組織でした。「三姉妹」とは三大神を敬う文化を軽々しく利用したものです。全ては計算された偽の姿です。