付呪師助手メール 41週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 41週間目

286日目
ヴェラン修道院長が話しました。そのために誇れないような行為をしましたが、必要なことでした。何度も「3度書かれ、1度罰される」「言葉のために来る」と言って、ヘクルのことかと聞くと悲鳴を上げて何かを言い始めました。理解できませんでしたが、半分は「アバヴァーロア」でした。あれほど怖がった者は見たことがありません。

287日目
あっという間でした。ヴェラン修道院長がホックから無理矢理下りて、小屋から飛び出したのです。追いかけるとアバヴァーロアとばかり叫んで、どんどん苦しそうになっていました。そして頭から谷間に飛び降りたのです。手を上げもしませんでした。落ちながら一言、自由とだけ言いました。そして脳みそを谷底の岩で打ち砕いたのです。

288日目
疲れました。怖いです。監視されているような感じがしますが、気のせいなのでしょう。明日は街へ戻る旅路を始めます。真っすぐ魔術師ギルドへ向かい、大した内容のない本にどうしてこれほどこだわるのか、説明を求めます。何が起きても構いません。事の真相を知りたいだけです。

289日目
私はエロン・ソルト。ヴァリーン・フランの身を預かっている。そちらに手紙を送ったと聞いている。ヘクルについて何を聞いてるか知りたい。探しにいくので返信の必要はない。

290日目
何かがアバヴァーロア。即刻アバヴァーロア・シスターズに連絡を。ヴァリーン・アバヴァーロアを止めて。彼女は自分が気付いてる以上にアバヴァーロア。助けて。アバヴァーロアを失いそう。アバヴァーロア。

291日目
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア

292日目
エロン・ソルトが死にました。まるで誰かがニット帽の毛糸を抜いて、糸の山だけになるまで引っ張ったかのように、彼女が目の前で解ける姿を見ました。何も叫びませんでした。ただそこに立って、顎が地面の上で骨と血の細い糸になるまで、繰り返しアバヴァーロアと言っていました。私はホックを外して逃げましたが、次に何をすべきか分かりません。