付呪師助手メール 42週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 42週間目

293日目
エロン・ソルトの死は私に責任があると思います。あれが始まる前、アバヴァーロアと何度もつぶやいていました。どうかしてるという意味で、あなたはバラバラになると言ってやったのですが、数時間後、文字通りになりました。どういうことでしょう?誰かの運命を私の声で決められるなら、昔の家主はとっくに死んでいるはずです。

294日目
今日、エロン・ソルトを埋めました。彼女の故郷ではどう埋葬するのか、どんな言葉を言うのか分かりません。ただ、敵討ちの精神については知っています。

295日目
エロン・ソルトの最期は私の言葉と一致しました。誰かの言葉が誰かの死につながったのはこれが初めてではありません。ダヴァミンはエロン・ソルトをいら立たせ、彼女がふと彼の死を願ったらそれが現実になったようです。まるで彼らはキンドルピッチに覆われ、死の願いが火の付いたたいまつだったかのように。言葉が火を投げられるなら、キンドルピッチを広げるのは何でしょう?

296日目
ヴェラン修道院長が最も恐れていたのは、追放者の遺跡の真の名前でした。「3度書かれ、1度罰される」とは?私の記録によると、シクスルは3度書きました。彼が川の遺跡の壁から作った図を数に入れなければ。数に入るでしょうか?私は自分が何度書いたか分かりません。2度?3度?送った手紙の中だけです。まだ持っていますか?調べてくれますか?

297日目
ヴェラン修道院長は「言葉のために来る」と言ってから「アバヴァーロア」とずっと言い続けていました。自分の言葉が「禁じられた象徴」になり、アイレイドのその言葉に取って代わられたのです。ダヴァミンの日記はその言葉を繰り返していました。エロン・ソルトの手紙もです。何らかの伝染?始まったら破滅を表す?何らかの呪いに思えます。

298日目
呪いはデイドラのものに違いありません。何らかの知識の罠です。知れば知るほど危険に近づく。まるでクワマーが熱源に近づき、火口だと気付かないでいるように。一度そこに入ったら、他の誰かが発する悪意ある言葉によって、灰になるまで落ちるだけです。生き延びる方法は、言葉を避けることです。修道院での生活のように?

299日目
もうやめます。これ以上関わりたくありません。どこかの辺境へ逃げて孤独に暮らします。その前に、ヴェロスリル姉妹社から奪ったものを全て返却します。連中が魂をデイドラのおもちゃにされたいなら、勝手にすればいい。あなたは?私の手紙を全て焼いて、ヴェロスリル姉妹社との関係を絶つことをお勧めします。アバヴァーロアに成り次第。

300日目
我々ヴェロスリル姉妹社は、前従業員のヴァリーン・フランによる職業意識に欠けた言動を突き止めました。彼女は準備の足りない遠征をしていた間もお客様宛に荷物を届けていたため、厳密に言うとお客様との契約には違反していません。そのため、今後の全ての配達については我々が直接取り計らいます。ご理解ください。