木工師助手メール 36週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 36週間目

250日目
昨日、ヌリニと私に若いカジートが近づいてきました。彼はにやにや笑って、こう尋ねました。「その者はお前にたくさん質問があるんだな。教えてくれ、味見していいかって聞いてきたか?」ヌリニはただ手を振って、返事をしました。「もし聞いたら、あなたへの答えと同じ答えを返すわ!」そして2人は笑ったのです!カジートは実に奇妙な種族です。

251日目
私なヌリニを座らせて、彼女の発言で私たちの関係についての噂が真実だと考える者がいるかもしれない、と説明しました。彼女は眉を上げて、こう言いました。「あいつらは私が何を言ってもからかうわ。あなたみたいに、顔を赤らめればいいの?」私は自分の思うようにしてほしいと告げ、そそくさと去りました。

252日目
今日、小規模の山賊団に襲撃されました。戦闘はすぐ終わり、私たちの側に死者は出ませんでした。矢を回収していると、仲間の一人が何気なく聞きました。「ねえ、ブレトンとレッドガード、どっちが旨いの?」私はぐっとこらえて、彼女が笑うのを尻目にテントへ行きました。襲撃があっても、あなたへの素材は集めました。

253日目
前回の私の手紙が、恩知らずな印象を与えたのではないかと気掛かりです。旅ができる機会は気に入っていますし、基本的にカジートと一緒にいることは楽しいものです。彼らの中に木工師はいませんが、売り物の家具は喜んで見せてくれます。素敵な家具ですが、あなたはこの素材でもっと素敵な家具をお作りになるでしょう。

254日目
ウッドエルフが死体を食べると信じる人が多いことには驚かされます!確かに、今でもその習慣は完全に消滅してはいませんが、未だに守っていると考えるのは馬鹿げています。ヌリニでさえ尋ねてきました。私の返答は怒りに満ちていたので、それ以来口をきいていません。彼らの考えはどうであれ、カジートはこの荷物のために取引してくれました。

255日目
ついにヌリニと仲直りできました。彼女は短気ですが、心優しい人です。ヌリニはこの旅で、予期せぬ相談相手になっています。去る時は寂しくなるでしょう。質問責めは要りませんが。彼女の質問には実に混乱させられます。しかし私にとって確実なことは、あなたの助手であるということです!

256日目
オービナーの失礼をお詫びするために、ヌリニはこの手紙を書く許可をもらいました。この者は「不適切な」ことを書くことを禁じられています。ヌリニは偉大なるあなたにもっと金をよこせと要求したり、オービナーのバカみたいな秘密を教えたり、「不作法な」話をすることを許されていません。だから、人を信用しない私の仲間にならってこう言いましょう。どうぞ荷物をお受け取りください!