木工師助手メール 40週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 40週間目

278日目
マグの話は悲劇ですが、どうしても…実践の計画について考えてしまいます。彼は未来の子供たちと言っていました。ということは…つまり彼らは、少なくとも計画を持っていたということで…でもどうやって?いったいどうするつもりだったのか…すみません。どうか質問は無視して、荷物をお受け取りください。

279日目
マグは近隣のカジート集落で物資を補給することにしました。妻の話の後、私たちはあまり口をきいていません。正直、聞かなければよかったと思います。集落はなかなかいいところですが、マグはできるだけ早い出発を望んでいます。この荷物は現地の商人たちに売ってもらったものです。品質がお気に召すといいのですが!

280日目
私はしばらくこの集落に留まることにしました。マグに伝えると、肩をすくめるだけでした。別れる前、私は最後の質問をしました。なぜ留まるのか?なぜスカイリムに帰らないのか?彼は「快適な悲しみの中にいる方が、悲しい快適よりいいこともある」と言いました。ふむ。あなたなら、私よりもこの言葉の意味をよくご存じかもしれません。

281日目
滞在中の集落はいいところですが、近いうちに他の旅人のグループが訪れることを望んでいます。これまで私はレッドガード、カジート、ノルドとさえ旅をしました。これほど多様な旅仲間と出会えるなど、誰が想像したでしょう?助手として働くことで、私の目は世界へと開かれました。次は他の土地を目指すべきかもしれません。

282日目
今日は実に奇妙なウッドエルフの一家が集落を訪れました。最初はブレトンかと思いましたが、それは単に彼らの服が布服だったからです。彼らが裸だったとしても、これほどは驚かなかったでしょう!明日、彼らと話そうと思います。もう何週間も、自分の種族には会っていません。仔細をお伝えするつもりです。

283日目
あのウッドエルフの一家とはまだ話していません。変なことを言うとお思いでしょうが、何か…妙な感じがします。不安なのです。一家の父は木工師です。興奮するだろうと思っていました。木工の道を選んだ同族はいないかと、あれほど考えていたのに、その答えを手にした今になって…彼らと話すのは明日にしましょう。

284日目
なぜ自分が最初に躊躇したのか未だに不可解ですが、あの一家とついに話すことができました。とても親切な人々です!久々にウッドエルフと話したのではないでしょうか。彼らは元々シロディールに住んでいましたが、最近起きた危機の後、南に移り住んだと教えてくれました。素敵な家族です。明日また訪ねていかなければ。