鍛冶師助手メール 39週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

鍛冶師助手メール 39週間目

271日目
ウルベクは打ち出しの本を打ち出すことを始めた。ウルベクは嫌々認めるが、小さな親方のラウモントはウルベクに色々教えてくれる。ウルベクは岩を打ち出すのと同じように金属を打ち出すが、打ち出し方は奥が深い。ウルベクはそれを序文に書く。

272日目
クラン・タムノッシュのために岩を打ち出していたため、ウルベクは家が恋しくなっている。家に手紙を打ち出すのが遅れているとウルベクは思う。「四鉄精錬所」に来てから、ウルベクが学んだことにきっと興味があるだろう。

273日目
良き鍛冶屋よ、私達は今まさに見習いの今季評価を終えようとしている。「四鉄精錬所」は、ウルベクと関わりがあったあなたの意見を歓迎する。この情報はもちろん機密扱いであり、間接的な成績のフィードバックにしか使われない。当然、意見を言うかどうかは任意だ。

274日目
ウルベクはあなたの支援に対してお礼の手紙を打ち出す必要があり、ウルベクが「四鉄」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客の気前が良いからだと、小さな親方のラウモントから言われた。あと、ウルベクは教育基金への寄付を頼まないといけない。すぐにウルベクが送る。

275日目
ウルベクはあなたの支援に感謝している。ウルベクが「四鉄精錬所」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客がいるからこそだ。ウルベクと似たような他の者が同じ機会を得られるように、あなたには教育基金に寄付することをウルベクは望む。

276日目
心配するな。あなたが「四鉄」に寄付するかどうかは、ウルベクはあまり気にしていない。もうウルベクが物を砕けるほどの額を送ってくれたと思う。ウルベクはあなたが最高の打ち出しをしていることを強く望む。

277日目
ウルベクは家から返事を受けた。クラン・タムノッシュはウルベクを誇りに思っていて、あれだけ小さな男から良き鍛冶を学ぶのはきっと大変だが、オークの子供達が早く始めるのに役立つことを分かっている。