鍛冶師助手メール 41週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

鍛冶師助手メール 41週間目

285日目
ウルベクが送られてきたのは、十中八九、新しい見方を与えるためだったと思う。それでも見習いとして、ラウモントの名の水準は高すぎ、到達できなかったのかも知れない。少なくとも、その明らかに広い肩幅に、非常に多くの先入観がある見習いとしては高すぎた。

286日目
「四鉄」の寛大な受け入れ方針にもかかわらず、卒業率はほぼ100%であることを、念のために言っておきたい。辞退という珍しい場合には、ほぼ間違いなく酌量すべき事情があるのだ。ウルベクが私達とともに留まると決めていれば、一流の鍛冶屋にさせていたことを約束できる。

287日目
こんにちは。ファロークと申します。ウルベクに代わり、供給を引き継ぐのが私の務めになります。彼の抜けた穴は大きいですが、埋められるように全力を尽くします。彼の信頼も、あなたの高い基準も、裏切ることはありません。

288日目
ウルベクは、本当にあなたの仕事を楽しんでいたことを、きっと知ってもらいたいと思っているでしょう。彼がここを気に入っていた様子はなかったかもしれませんが、あなたとやりとりすることで、特有の才能が明るみに出たのです。私に対してもあなたが鼓舞してくれるよう望むばかりですが、私は鍛冶屋でない自分を想像することができません。

289日目
私の家は、ラウモント師匠の家ほど長きにわたりクラフトを追及してきたとは言えませんが、剣と槌が家の一部となってからかなりの時間が経ちます。ウルベクの発見の旅に加わわりたいと思ったことは認めますが、私は彼のように自由な精神ではありません。父の鍛冶場に戻れば、身を固めなくてはなりません。

290日目
許してください、普段はこれほど率直に言わないのですが、共通の知り合いが私達を親しい間柄にさせるように感じたのです。話をしていた時の関係よりも親しく。そして本当のことを言うと、私は友が恋しく思います。

291日目
交易品を売る職業の者からこのようなことを聞くのは嫌でしょうが、私は初めて自分の道を疑うようになっています。私は常に期待されたことをしてきましたが、それが自分の望んだものであったかは、まったく疑ったことがなかったのです。