仕立師助手メール 3週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 3週間目

15日目
シロディールでは山賊がはびこっています。キャラバンの衛兵4人が斬り伏せられ、私の荷物の半分を持って行かれてしましました。ですがすべてが失われた訳ではありません!護衛の鎧だったチェインメイルを回収しておきました。ちょっと洗って磨き、ブラヴィルで今回同梱した素材と交換することができました。

16日目
帝都の中央にそびえる白金の塔はご存知ですね。争いが収まってすべてが安定したら、塔の頂上まで登って景色を見せていただけたりしますでしょうか?あそこからならきっとオーリドンだって見えると思います。

17日目
今朝、召喚師がスキャンプの制御を失い、スキャンプが市場へと迷い込みました。そして詳しい経緯は定かではないのですが、スキャンプが頭をメロンに突っ込んだ結果抜けなくなってしまい、空中に火の玉を振りまきながらフラフラして、最終的に家畜のフンの山に突っ伏してそのフンの山が炎上したんです。あれほど多くの人が危険に晒されながらも大笑いしていたのは初めて見ました。

18日目
エルスウェアからやってきた商人との賭けに負けてしまいました。今週は品物の取引交渉をするときは、塗られたカジート製のセンチの仮面を着けることになってしまいました。取引に影響することを恐れていましたが、悪い影響ではありませんでした!地元の人々が激安価格で物を売る猫エルフの話をしているのを聞いたんです。さっそく在庫量を2倍にしておきました!

19日目
以前、ブレトン人の貴族夫人にゼニタールの祠をお売りしたことがあります。祠は私が所有していた訳ではないのですが、彼女に嘘を吐いたことは一度もありません。人の勘違いを利用するには一定の技術が必要で、私にどれだけの腕があるのか試してみたかったのです。もちろん、彼女より受け取った支払額のほとんどは一番近い聖堂へお布施してきました。八大神を軽んじることで得られるものはありませんもの。

20日目
旅する八大神の司祭が帝都で絞首刑に遭ったとの話を耳にしました。罪状は反逆罪だったとか。詳しくは分かりませんが、地元の人々は不安がっています。そろそろ私も移動する頃合いです。地元民が不安がるようになると、次にやってくるのはよそ者に対する全体的な不信感ですから。

21日目
コロヴィア台地に疫病はありませんでした。でも良い知らせもあります!人口のほとんどが人を弱らせる病にかかっています。休息、回復と強めのトニックさえあれば治癒できるはずですが、現地の慣習で病人は亜麻布のスカーフで口と鼻を覆うことになってるんです。あの安物を売って上げた利益は、今回同梱させていただいた素材購入に充てています。