仕立師助手メール 7週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 7週間目

43日目
アンヴィルの港の作業員により、地元民を雇う必要があることがはっきりしました。明日は2つの選択肢があります。他の誰もが雇うのを断るような酔っ払った屑から選ぶか、港の作業員が、こちらの持ち物全部を捨て去るのを眺めるか。まだ迷っています。このことからも、こちらの期待のほどが分かるでしょう。

44日目
助手の候補者10人と面接しました。全員ひどいものでしたが、誰か1人雇わなければなりません。港の作業員が私の持ち物全部を海へ差し出してしまいます。これは、汚物を歯で濾過するのと変わりません。どんなひどい味だとしても、一番大きな汚物は必ず防がないといけないのです。

45日目
ワーフ・ドッグ・メロイは、カジートの尾のネックレスをしたブレトンです。一方ロウ・ネックは、「盗み」が上手だというアルゴニアン。そして大きな傷跡のあるカッツ・ファーストの正体は、ひょろ長いノルドか、がっしりしたハイエルフでしょう。アンヴィルの港の作業員をなだめるにはどれか1人を雇わなくてはなりません。仕方ありません、3人を1日試して、誰ができがいいか見るとします。

46日目
カッツ・ファーストは、樽を運べと命じると短剣を投げてきました。ワーフ・ドッグ・メロイはスクゥーマの酔い覚ましに事務所で眠りこんでいました。ロウ・ネックは、会計台帳を持ったまま行方不明です。今日の配達分は隠しておいてよかった。隠さなければ盗まれていたところです。

47日目
ロウ・ネックは今朝、台帳を携えて戻って来ると仕事量に驚いたと言いました。盗むのはうちの利益のうち、ほんの一部にすると約束してくれました。正直な盗賊のほうが、喉切りやスクゥーマ中毒よりましです!その場で彼を雇いました。この荷物を受けとれたなら、新しい助手はうまくやれているということです。

48日目
先日、とある冗談を聞きました。宝飾品をローブの裾に縫い付けるドワーフに怒鳴る奴をなんと呼ぶのか?宝飾品をドローブの裾に縫い付けるドワーフにドナールフな奴!(面白い冗談だとはとても思えません)

49日目
ウッドエルフが同族を殺すのを目撃しました。彼女は短剣を取り出し、相手の後ろにそっと忍び寄って喉に切りつけたのです。そして「ブラックサップの恨みだ」と叫びました。ですが、大半の見物人が肩をすくめて持ち場に戻ったのには驚いたようで、よそ者であることが見てとれました。地元民には、賭けをする時間がなかったので、戦いの結果などどうでもいいようです。