The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫- Part 3The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

グリム・ハーレクイン スタイル

クラフトモチーフ43
Grim Harlequin Style

侍従ハスキル 著

我が主シェオゴラスから、「グリム・ハーレクイン」の武器や防具を求める者にたいしてガイドを書くよう指示があった。マッドゴッドの定命のしもべが、皆同じ装備に見えるようにな。もちろん、この標準化は他の教団の教義とすべて衝突する。一見したところ正気には思われないだろう(コホン)。主はおそらく、私に依頼したことをもう忘れているとは思うが、定命の者のために手引きを書くより良いことが何かあるだろうか?

正直、何でもこれよりはマシだ。そう思えてきた。

ブーツ

爪先を尖らせる必要がある。交渉の余地はない。アッパーは暗い色のキルトの寄せ集めで構わない。だが、尖った爪先だけは逸脱できない。そこをしっかりすれば後は美味い汁のようなものだ。なお、本物の汁ではない。仄めかすことは可能だが、本当に汁は出ない。

ベルト

ベルトは1本、もしくは2本、3本、4本かもしれない革紐と、なめした人間かエルフの内可能なほうの肌を使う。もちろんバックルにはにやにや笑う頭蓋骨だ。尻に道化師の帽子を被せ、舌を出した頭蓋骨をぶら下げるのも良い。出した舌はとても重要だ。スタイルの頂点にある。

頭防具は、道化師の帽子にも死刑執行人のフードにも見えるような頭巾を選ぶように。陽気だが不気味な印象を与えることがここの目標だ。それから、軽装にはマミーを覆った山賊の仮面、重装には骸骨の面頬も忘れないこと。

脚当て

ブーツと合わせるように。ここだけの話を正直に言うが、脚当てや脚甲についてはあのおっさんなる者から何も言われてない。まるっきり。脚の下に何を着ていようが気にならないようだ。好きにしてくれ。

さて、素敵な代物だ。外側に真珠を埋め込み、曲がったリムには大きく素敵なミルクパールを装飾に埋め込む。即座に死をもたらすが、真珠のようだ。本当に素晴らしい。そうは思わないか?

胸当て

紐。紐。紐とたくさんのレイヤーだ。ただし、あまり堅く制限された印象を与えないように。サマーソルトキックが不可能にはしたくない。結局のところ、グリム・ハーレクインにサマーソルトキックは必須だ。適宜行うように(時期はいつか分かる)。それから、にやにや笑う頭蓋骨の胸カメオもな。とても重要だ!

剣は長く、曲がった片刃剣にすること。ほとんど三日月刀だ。クロスガードには鋭いなんだかを彫ることができる。見れば分かるだろう。さて、以上がグリム・ハーレクインガイドだ。役に立つかどうかは、幸い私が決めることではない。

肩防具

左のポールドロン?にやにや笑う不気味な道化師の顔に、上向きの髭をつけろ。それから、もう一方は右側だ。シンメトリーが目標と仮定するならな。本当にそうかもしれない!

手袋

錯乱せし者は、今シーズンのグリム・ハーレクイン篭手がハーフフィンガーグローブでなければならないと言い出した。上半分だ。下は軽く動きやすいようにしてくれ。狂乱の主はこうも言っている。「剣や弓の間を、小さな兎のように踊ってくれ」。比喩はアレだが、意味は分かるだろう?

にやにや笑う頭蓋骨、帽子を被った道化師の顔、ダイヤモンドのキルト、何だか言う鋭く彫られたモチーフ。グリム・ハーレクインの盾にはすべてがある。利き腕以外に持つように。そうすれば、食料品店で邪魔者を押しのけられるはずだ。信じるといい。

道化師の帽子を被ったにやにや笑う頭蓋骨の話は戦棍の時にした。もう一度同じモチーフを使うのは、グリム・ハーレクインの杖の装飾を退屈なものにしてしまう。辞めた方がいい。

戦棍

グリム・ハーレクインの戦棍の先にはにやにや笑う頭蓋骨が(自然に)ついている。頭蓋骨は道化師の帽子をかぶり、出した舌が柄の右側を覆う。とても不気味だ。私が定命の者だったら、片手用と両手用を両方欲しがるところだ。残念ながら違うが。

短剣

ここで求めているものは、多かれ少なかれ曲がったポニアードだ。もちろん尖っていないといけないが、剣や斧に合わせて三日月の刃も用意するように。ギザギザのバックエッジは魚の骨を取ったり、チーズを乗せたりできる。まあ、きれいにしといたっていい。

曲がった三日月斧は必須だが、刃は様々だ。複雑な鋭く、曲がった… 何だかの柄が付く。何と呼ぼうと構わない。それから、にやにや笑う頭蓋骨だ。何にでもそれを付けろ。

スタルリム・フロストキャスター スタイル

クラフトモチーフ46
Stalhrim Frostcaster Style

(帝国公認の民族誌学者、アルフィディア・ルプス博士による以前は公表されなかったメモ)

…ログロルフ王との会合の後、私はスカイリムの数多い傍流の文化の衣服を調べる時間をとった。スカイリムには、北部タムリエルで良く知られた主流のノルドとは異なる人々が数多く住んでいた。こうした傍流の中には北部国境を激しく襲うことで有名かつ悪名高いリーチの民のクランのように、野蛮の域を出ないものもある。しかし、私は以前知らなかった服飾文化と出会う機会があった。亡霊の海の島、ソルスセイムのスコールだ(スペルが間違っていないことを祈る。メモは走り書きで行った)。

リーチの民とは異なり、種族的にスコールはノルドに属する。しかし、異種族として最初に八大神を信仰した大陸の親族とは異なり、スコールは原始的な一神教を信じたままだ。唯一の創造神「オールメイカー」を崇めている。この古代の信仰の呪術師の少なくとも一部は、氷結魔法を専門にしている。彼らは「フロストキャスター」と呼ばれる(これは、全て衣服の展示場所の隣に置いてあった石板に書かれた情報である)。

フロストキャスターの衣服の最も興味深い点は、見慣れない半透明で青と白の物質、「スタルリム」を多用していることだ。見たことがない、水晶のような鉱物である。自分に誰も注意を払っていないことを確認した後、私は手を触れ、こすって叩いて見た。それは硬く、カットされているが滑らかで、はっきりと冷気を放出していた。大使館の燃えるたき火の熱を物ともせず。私は魅了され、スタルリムを釘で引っかくことまでした。何の傷もなかった。これには驚かされた。「野蛮」と評される文明が、鋼で傷もつけられない防具の物質を生み出せるものだろうか?

太古ハイエルフ スタイル

クラフトモチーフ89
Ancestral High Elf Style

アレッシア帝国との戦いにおいて武装した戦闘員が必要となるため、諸君のような鎧や武器の職人たちはたゆまず生産を続けている。残念なことに、諸君が持つ様々な芸術的展望により、軍隊から統一性のある美が奪われてしまっている。エルフなら誰もが知るように、優雅ではない戦争は人間がやるものだ。私はそのような汚名を甘受できない。したがって全ての鍛冶屋はこれ以降、武器や防具を成型する際、明確に概説したスタイルを厳守しなければならない。

—レイヴン・ディレニ

ブーツ

古臭いと感じるかもしれないが、軍隊は胃袋のみで動くのではなく、足でも動く。それは真実だ。そのため兵士には、我々が生得の権利として持っている敏捷性を増幅させる、しっかりとした靴が必要だ。足首にぴったりと沿った、しなやかな革は不可欠である。

ベルト

もっとも優美な鳥が、威厳をもって空に飛び込む姿を想像して欲しい。我々のベルトは、そのイメージが金属と革に変換されたものでなくてはならない。ベルトの図案化された羽の細部には特に注意を払うこと。バックルは上品かつ控え目な大きさにすることを忘れないように。我々は過去の敵とは異なり「無駄に大きいバックルの奴ら」ではない。そうだな?

我々の部隊には多くの人数がおり、それぞれ特定の任務を行っている。軽装鎧で動く者はより繊細なやり方の破壊を好むと思われるため、簡素なフードで事足りるだろう。その他の部隊には、金属と革で高貴な鷲の様式的な顔を形作る。より重装の戦士のためには、嘴も付け加えるように。

脚当て

鎧の他の部位で指定されたスタイルは足防具にも適用される。防具に一貫性が生まれるかどうかはこの部位にかかっているが、同時に兵士の強さと敏捷性も足に依存する。保護は重要だが、戦場で我々の部隊が剣と魔法のどちらも回避できるように、膝の柔軟性は維持すること。

昨年の敗北を鑑み、弓と矢筒に関しては形状よりも機能を優先しなければならない。上下のリムにあるアーリエルの鷲の金属の保護部は、見た目こそ優雅だが、武器を引く時の妨げにはならないようにすること。また、保護部は射手にとって、接近戦を仕掛けてくる敵を片付ける手段にならなくてはならない。矢筒は適切な金属を用いて、鳥の翼の形状で作ること。

胸当て

胸当てには飛翔の栄光が満ちていなくてはならない。我々の兵士は戦場で泥と内臓をかき分けて進み、生命の危機に直面する。だが彼らがお互いを見た時、誰のため、何のために戦っているのかを思い出させなければならない。彼らの胸を高鳴らせるのだ!そして、この装備が本物の心臓を、人間の野蛮な怒りから守ることを願おう。

両手剣も片手剣も、我々の軍では主要な武器として役目を果たす。従って、柄頭は我々を象徴する鷲の頭を使用する新たな機会であり、鍔は上昇する鷲を思い起こさせるようなものであるべきだ。

肩防具

我々の兵士の腕は翼だ。肩防具を作る際はそれを忘れないこと。それぞれ羽と飛翔の観念を包含しながら、防御力も必要とする。

手袋

戦場で、兵士は多くの役割をこなさなくてはならない。防護性を犠牲にすることなく、手袋の内部に多くの関節部を付け加えること。擦り傷や殺害するための動きが十分に行えないなどという苦情が、一切出てはならない。

我々の金属で作られた盾は、羽と鷲の頭の型を一体化し、アーリエルに対する畏敬の念を示しながら、民が不屈で自由であることを表明する。この盾の一撃を食らう不幸な敵を倒せるほど重く、我々の部隊の移動力を損なわない軽さで作ること!

中ほどで枝分かれした杖の上部で、優雅に弧を描く2つの刃が先端に向けて細くなっていく。まるで杖そのものが空に飛び立つことを願っているかのようだ。あるいは、我々の魔術師と治癒師のためにそうあるよう努力しなければならない。杖の先端にある金属は、彼らが荒れた地形を移動する際にも役立つようにすること。

戦棍

確かに突縁は様々な形状にできる。繰り返し言うが、我々のものにはアーリエルのシンボルが使用されていなければならない。つまり、刃は羽に似せて作るように。突起の部分は刃と同じ金属で作り、他と同じように鷲に対する畏敬の念を示すこと。

短剣

我々の短剣を見た者に、我々の鋭い頭脳、破壊的な武力、気品を思い出させねばならない。だが、それはほんの一瞬の話だ。その後? その者たちは武器の使用者の希望によって、死人か負傷者のいずれかとなる。最も恐ろしい小さな戦道具を作る際には、舞い降りる鳥の羽を引き続き活用すること。また、必ず鳥の頭が塚頭を美しく飾るようにするべきだ。

我々の部隊で斧を振るう者には木こりの道具よりも美しい斧がふさわしいが、戦場における実用性を軽視したものであってはならない。全ての斧は飛翔している鷲の翼(両刃斧の場合は両翼)を模した様式で、弧を描いていなければならない。紙やすりで滑らかにしたサマーセットの木材で作られた柄は、織り上げられたしなやかな革で縛り付けておくこと。

太古オーク スタイル

クラフトモチーフ88
Ancestral Orc Style

グレナンブラの歴史家、アーメレ・メナント 著

オークは誇り高き民で、エルフの神々の中でも最強の者がデイドラ公ボエシアによって害された後、その神から生まれたとされている種族だ。その歴史の大半において恐れられ排斥されてきたオークと、タムリエル上にある彼らの痕跡を無視することは、我々を危険にさらすものだ!オルシニウムの発展段階を観察することなくして、彼らの歴史を語ることはできない。オルシニウムで繰り返された歴史の始まりは、第一紀にトラグ・グロ・イグロン首領の下でオルシニウムがオークの避難場所となった時だった。文明が花開き、この新たな国家の優れた鍛冶屋が、彼らの戦士をその強さにふさわしい鎧で武装させた。

ブーツ

太古のオークはブーツを重なり合う厚い金属の板で作っていた。オークの鍛冶屋はブーツの爪先で刃のように切らせ、命を奪えるほど鋭利にした。ブーツの内側に張られた厚い毛皮は、金属が肉体に食い込むのを防いだ。

ベルト

頑丈な革と強化した金属で作られたオークのベルトは、支えと腹部の保護の役目を共に果たした。腰帯はあばらの範囲まで広がり、固い素材で着用者を包み込んだ。巧みかつ激しく金属に彫り込まれた、怒りに満ちたオークの形相がバックルに彫られていた。

初期におけるオーク戦士の独特の美学は、この兜にもっともよく表されている。オークは細部にまで驚くべき注意を払った彫刻で、金属に無慈悲な顔を描いた。先端を尖らせた青銅の牙は、敵に自分が誰を相手にしているのか思い出させる以外に、実用的な機能はない。暗く、憤った顔の軍隊は確実に大きな恐怖を呼び起こした。

脚当て

初期のオークの戦士は、鍛冶屋と金属細工師としての技術を脚の防具にも使い続けた。精密に繋げられたチェインメイルは、最も鋭い刃からも肉体を守った。このような重さのグリーヴは、他の種族であれば馬鹿馬鹿しいほど動きを鈍らせてしまうだろう。だがオークの兵士に、命を奪うため迅速に動く必要はない。

初期のオークは矢筒さえも金属で包んでいた。持ち歩くには重かったが、その代わりにほぼ貫通されることはなかった。矢筒の底にある金属はトラグの顔で飾られ、その図案は弓のリムまで広がっていた。尖らせた金属の装飾が弓の端から突き出す様は、まるで牙のようだった。

胸当て

オークのブレストプレートには輝く青銅が多用されていた。着用者の胸の上には薄い金属のプレートがあり、体にしっかりと固定されて先細りの形になっていた。前面では恐ろしく描かれたトラグ・グロ・イグロンが睨みつけ、大胆にも着用者と争おうとする者の心に、恐怖を植え付けた。

太古のオークは、その時代の平均的な剣と比べてはるかに大きな剣を振るっていたと見られる。彼らがより長く、より厚みのある武器を振るう力があったためか、あるいは単純にその外観と感触を楽しんでいたためかは熱い論争を呼んでいる。しかし確実に分かっているのは、柄には同じようにトラグ・グロ・イグロンの顔が入っていたことだ。彼はあらゆる困難にもかかわらず、オークが力を手にした象徴だったのだ。

肩防具

オークが恐ろしい相手だということは、我々のほとんどが知っている。彼らはタムリエルのほぼ全ての種族よりも背が高く、体格も良い。例えそうだとしても、この戦士たちには不十分だった。オークの鍛冶屋は肩のポールドロンを輝く金属で念入りに仕上げ、実際よりも大きい印象を与えるため、上向きに角度をつけた。すでに並外れた種族であるが故に、この効果は敵を心底震え上がらせたに違いない。

手袋

古代ネードの芸術作品は、最も初期のオークが残虐な行為を楽しみ、野蛮な法の元に暮らしていたことを示唆している。完全な真実かどうかは定かでないが、メッキ金属の手袋を見れば、残虐行為の効率性に重点を置いていたことが分かる。このような手袋があれば、武器を持たないオークも恐ろしい敵となる。金属で覆われた拳から放たれる一撃は、人の顔を破壊し得るだろう。

もしかしたらオークの金属細工を最も見事に示すのは盾かもしれない。オークが残忍で野蛮だったと言う者は、明らかに彼らが作った素晴らしい彫刻を見ていない。人目を引く両角を備えた強靭なオークの兜は、盾の面の特色となっている。

オークの杖と戦棍がやけに似通っていることに気づくと、研究者は思わず笑ってしまう。破壊力が同様ではないが、最も一般的な杖にはやはり先端に重量のある金属の塊がついていた。多くのデザインがこの塊の底にあるオークの顔の彫刻につぎ込まれた。小さいものではあったが、高く掲げられた彫刻の銀色の凝視を受けるのは、極めて恐ろしいことだったと推測される。

戦棍

戦士の戦棍の幅広の頭部には、同様に無骨なトラグ・グロ・イグロンが刻まれたいた。この重さがオーク戦士の生まれながらの強さを証明している。破壊的な衝撃を与えるために作られた鋭い金属は、どんな相手の骨も確実に砕いた。

短剣

最も小さな短剣でさえ、柄にはオークの怒りに咆哮する顔がついていた。刃は脅かすような角度で曲線を描き、この短剣を突破のために効果的な武器としていた。この武器は目立たないように作られなかった。太古のオークはそんなものを必要としていなかったのだ。彼らは敵味方に対して区別なく挑む証として、鞘に収めた短剣を誇り高く腰に下げていた。

オークは採掘の機会に恵まれた土地にいたため、強固で実用に耐える金属を利用できた。彼らの鍛冶屋は曲線というより先端と言えるまでに削り込まれた刃を持つ重斧で、オークの鍛冶屋の残忍な意図を真に示す品を形作った。

太古ノルド スタイル

クラフトモチーフ87
Ancestral Nord Style

ビャルナス・ホワイトウィスカース 著

イスグラモルの家の十三代目にあたるハラルドが、その名高い家が生まれながらの権利と征服により保有した権利の主張を放棄し、タムリエルに彼自身の王国であるスカイリムを築くために上級王の外套を身に着けたのは、第一紀143年のことだった。エルフの討伐と彼の旗の下における人間の結集を祝して、ハラルドは新しい土地であらゆる職人に任務を命じた。戦士たちに武装させ、ノルドの最初の軍隊を築くために。

ブーツ

ハラルドの軍隊の装備製作においては、初期の段階で足に合わないブーツの過剰発注を防ぐための配慮がなされ、硬化された皮革や鋼鉄、真鍮など柔軟性のない装甲は、戦士の靴の上からすねや膝に紐で巻き付けられるように作られていた。爪先なきコルンは、装甲を素足に装着することで知られていた。

ベルト

ほとんどの者には丈夫な革の鞍帯で十分だったが、ハラルドの戦士は民衆との区別の証として、毛皮と飾り鋲がついた革の鞍帯を装備した。兵士はどのような記章をバックルに付けることも許可され、多くの者が自分の家の紋章のようなものを得意げに飾り付けた。

全てのノルドの兜が角兜ではなく、付けるように指示したのもハラルドが初めてではないが、伝統を取り入れ、漠然と共有されていたイメージを石のように強固にしたのは彼の軍の装備だった。とは言え、どのような大きさや形状が戦闘の妨げを最小化するかについては、まだ意見が分かれていた。

脚当て

装備に必須だとハラルドが布告するまで、初期のノルド戦士の間で足全体を覆うグリーヴは、一般的ではなかった。かさ張ることに対して兵士から不満が出たかもしれないが、厳しい冬の行軍の間には、厚みのある熊の毛皮に感謝しただろう。

スカイリムの国内が初めて一定期間平和になったことで、多くの柵や防御施設が取り壊され、再利用された。強度のあるこの地のアッシュ材の多くが、リカーブボウや矢となった。

胸当て

ハラルドによる統治の初期においては鋼鉄の供給が限られていたため、硬化皮鎧、チェインリンク、ブロンズプレートやスケイルメイルが軍の胸当ての大部分を占めていた。しかし、胸に飾られる王家の記章メダルは、常に鋼鉄で鋳造されたものだった。

ハラルドの軍隊の長い刃は、トロールの角の形をした柄からそびえたつオークの木のように伸び、倒された木の全ての力を込めて、敵の頭に襲い掛かることに備えていた。そして彼らの軍は、スカイリムの境界を拡張し続けながらそれを実行した。

肩防具

この毛皮の張られたプレートの大きさは胸当てを補う役目も果たしたが、その大部分は人目を引く体格をさらに誇示するため、強調することが主な役目だった。

手袋

素手で握ることにより、凍り付く汗が武器を手の中でしっかりと安定させるという主張もあったようだが、ハラルドの軍は中綿入り手袋と、それに併せて寒さ以上のものを回避するための強化革、もしくは金属の腕当てを戦士に支給した。

アトモーラのロングボートがロングハウスへ変化してから長い時間が経っていたが、その影響は溺死への不安から解放された、厚みのある装備を身に着けた戦士が持つ重い盾の上に生き続けていた。かつて頑丈な木材が帯状の鉄に固定されていた部分は、今となっては鋼鉄が張られている。

現在ほどは希少ではなかったが、賢者と賢女はスカイリムの軍隊でめったに見られない存在だった。魔闘士はハラルドが自らの印と主張する、ドラゴンを大きな鋼鉄の杖の先端にあしらっていた。

戦棍

これまでの軍隊の人数をはるかに超える軍を武装させる方法について、ハラルドは賢い回答を持っていた。備品を部隊の中で共有できるようにすれば良いのである。ノルドの戦鎚の広く角ばった先端部分は、斧の三日月の刃とは似ても似つかない。しかし、それ以外の作りは一致している。

短剣

ほとんどのノルドが実用的な目的で自前のナイフを携帯していたため、軍が供給した短剣は、短剣というより剣に似通ったものだった。幅広の刃にどっしりとした重さで、突き刺すより叩き切る方に適していた。

初期のノルドは自らと祖先を区別したがっていたが、アトモーラの遺産に対しては尋常ならぬ誇りを抱いたままだった。我々の語り継がれてきた歴史上、両手斧よりも敬意を示された武器は存在しない。武器を統一したことで全ての戦士がウースラドを振るえたわけではないが、ハラルドが基準を高く定めたため、戦争に赴く戦士は確実に頑丈な鋼の武器を受け取ることができた。