鍛冶師助手メール 2週間目

8日目
親愛なる後援者様、最新の材料をどうか受け取って。さて、話題は遺跡探しについて。先日のアルゴニアンは不思議な道順を教えてくれた。溶けた水がどうやって遺跡の入り口へ流れ込むかなどを。なんだか同じ場所をぐるぐる回っているような気がしていた、その時…あ!話は後で。もう行かないと。

9日目
ごめんなさい。でも逃げなきゃいけなかった!追いかけてきたホーカーたちの速いことといったら!ちょっと話が進み過ぎたかしら。最初から順番に説明させて。私がお下げ髪の少女だった頃…いや、それは大昔すぎる。あのアルゴニアンが言っていたダンジョンを見つけたの!それは彼らが話したとおりの場所にあった。大体は

10日目
ヴァリンカより。追加の材料と、タムリエルで最高の探検者を目指す私からの追加報告よ。私はあの気取り屋のナルシス・ドレンよりずっとうまくやるつもり!そして遺跡を見つけた。地面に出ていたのは半壊した岩の塔だけだったけど、地下に構造物が続いていると確信した。そのとき、オークに見つかってしまった。

11日目
オークがあんなに速いなんて誰が思った?期待していたのはドワーフかデイドラの遺物だったが、古代ノルドの遺跡だった。オークはそこを隠れ家に使っていた。彼らは見るからに山賊で、凶悪そうだった。オークが私を探しに外へ出た際に、引き返して中へ忍び込んだの。そして見た…うわっ、行かないと!

12日目
要望どおりの材料を追加するわ。どこまで話したっけ?あ、そうだ。オークの山賊がノルドの遺跡を隠れ家に使っていた。オークが私を探しに外へ出た隙に、私は戻って来て中を探した。そして崩れかけた塔の下に、石室が1つあった。まともな遺跡とは言いがたいわ。すると隅に小さな金属の檻があって、薄汚い犬が1匹閉じ込められていたの。

13日目
その汚い犬がこちらを見て、さみしそうに鳴いたの。私はフワフワした動物好きの弱虫じゃないけど、犬の何かに心を動かされた。犬は目に気高さと炎をたたえていた。誰だってハチミツ酒と楽しい食事の夜のあと、檻に閉じ込められたことはあるでしょ。となれば、すべきことはただ1つ。檻を開けてやったわ。

14日目
そのとき、最初の山賊が戻って来た。太ったオークで、ぼろぼろの革の鎧姿でベルトに太い戦棍を吊っている。オークもこちらに劣らず驚いていた。私たちは同時に武器に手を伸ばしたけど、その武器を交わす前に、開いた檻から犬が飛び出て、オークのあそこめがけて襲いかかったの。

調理師助手メール 6週間目

36日目
ようやく我が愛しの女性を売春宿で見つけることができました。でも私が記憶していたような、明るい瞳の女性では無かったんです。そしてもう何年も前に聞いた、愛する母の言葉が思い出されました。「そんなもの拾わないの。どこにあったのか分からないんだから」

37日目
あなたへの品物をどうぞ。すでにお伝えしているかもしれませんが、私に委託し続けていただけていることに感謝しています。この仕事は私が今までやってきた中で一番です。辞めずに済むくらいの給金を貰いながら、クビにならずに済むだけの仕事をすれば良いのですから。

38日目
お送りする品物には、量と種類をできるだけ多く入れられるようにしています。そのため、最近は良く釣りをするようにしています。結構気分が落ち着きますし、日が高い時間から酒を飲む良い言い訳になりますから。

39日目
釣りを楽しんでいます。あまり上手くはないのですが、釣りは考える時間を与えてくれるんです。そして少し時間が流れ、ハチミツ酒を少し口に含んでいると、この奇妙なエラ呼吸の生物達と一種の繋がりを感じます。似た者同士なんです。口を開けば問題に巻き込まれますから。

40日目
釣りに出かけても良い成果が得られなくなってきました。最近、線の細いアルゴニアンと知り合ったのですが、漁師は釣り糸の一方をぐいっと引っ張られるのを、もう一方で待つ間抜けだと言っていました。これからはもっと狩りをするべきかもしれません。

41日目
今回の品物が届くのが遅れていたら申し訳ありません。今日はちょっと体の調子が良くなくて。森の中で用を足した後、きれいにするために葉っぱをむしり取ったんです。ただその葉っぱというのが、小さくて、つるつるしていて、三枚に分かれていたんです。失敗でした。

42日目
人々が野外に置き去りにしている本の多さには、いつも驚かされています。私がこれまで目にした本は、大抵が学術書や面白みのない歴史書でしたが、今日は非常に興味を惹かれる一冊の小説を見つけたんです。「好色なアルゴニアンの侍女」という題名なんですが、今夜どこかの宿に泊まって、ベッドの中で読もうと思います。

調理師助手メール 5週間目

29日目
再び狩りができるようになりました。魔術師はしゃっくりを治してくれましたが、どうも私の耳を元の大きさに戻せなくなったみたいです。おかげで色々なものがよく聞こえるようになりましたが。

30日目
現在、私はノルド人と旅路を共にしています。ある日、酒場に立ち寄ったのですが、ハエが私の杯の中に落ちてきたんです。私はハエを取り除いて、そのまま飲み続けました。今度はウッドエルフの杯の中にハエが落ちました。彼は杯を置いて、酒を注文し直しました。そしてハエはとうとうノルド人の杯の中に落ちたんです。するとノルド人は、ハエをつまんで手のひらに置き、こう叫びました。「この意地きたねえブタ野郎が、今飲んだのを吐き出せ!」

31日目
今日、私達の前にクラヴィカス・ヴァイルが姿を現わし、願いを3つ叶えると言ってきました。ノルド人が大声で「ハチミツ酒!」と言うと、ハチミツ酒が入った巨大なマグが現れました。ノルド人がそれを飲み干すと、一瞬にして中身が満たされたんです。「ショールの骨にかけて、こりゃあいい!」と彼は喜び、ヴァイルも笑っていました。「では残る願いは2つだな」「そうだな」とノルド人。「こいつをもう2つ出してくれ!」私は彼の優先順位の付け方に疑問を感じ始めています。

32日目
この旅路で色々と学んできた者より、あなた様に助言をひとつ。酔っ払った旅の仲間からどれほどやってみろと言われても、ウェアウルフをお尻丸出しで挑発するようなことは絶対にしてはいけません。

33日目
ノルド人とは道を分かちました。酒の席で彼がブレトン人に関する冗談を言って、私は礼儀として笑ったんです。そして今度は私が「ノルド人の結婚式と葬式の違いはなんだ?」と問いかけました。彼が「知らん」と答えるのを聞いてから、私はこう言いました。「ノルド人が1人居なくなってるのさ!」治癒師が言うには骨は奇麗に折れているので、腕は数週間で治るそうです。

34日目
非常に素晴らしいニュースです!私は恋に落ちました!相手は上品で可憐な娘で、とても優しく素直で、これまで見たこともないような青い瞳をしているんです!今晩にでも結婚を申し込むかもしれません!今回は高品質の品物を揃えて同梱しておきました。

35日目
あなたに送る品物は集まりましたが、私の心は沈んでいます。目覚めると、私が結婚を申し込もうと思っていた可憐な娘の姿が無かったのです。どうやら私の財布を盗んだ不逞の輩どもに誘拐されたようなのです。彼女を再び見つけるまでは休むわけにはいきません!

調理師助手メール 4週間目

22日目
本日はちょっと哲学的な気分で歩いてみました。周囲にはダークアンカーばかり、戦太鼓が空気を震わせ、タムリエルの未来についてどんどん悲観的に思えてくる自分がいます。もし今日が、私が昨日心配していたような日になってしまったら?ちなみに今はかなり酔っ払っています。

23日目
今回の品物集めの最中に、ステンダールの司祭と出会いました。彼は「私達は他者を助けるためにこの生を得たのだ」と言うのです。だから私は言ったんです。「もしそれが本当ならなぜ他者が存在するのですか」と。そうしたらスネを蹴られました。慈悲深き寛容の神なんて嘘っぱちです。

24日目
雨から逃れ、温かいものが食べたくて酒場に入りました。しかしその食事は最悪で、もてなしはそれ以下でしたが、正直言って私は気にしませんでした。チップ分の手持ちが足りない時の罪悪感を覚える必要がなかったですから。品物を同梱しておきますね。

25日目
これまでの旅では、追いはぎ、凶悪な獣、あらゆる種類のモンスターを相手に様々な危機に直面してきましたが、私は今でもこの仕事を続けています。その理由は私にも分かりません。私は英雄なんかではありませんが、死は不可避であり、私が死ぬ日は他の一日と大して変わらないだろうと思うだけなんです。ちょっと短い日にはなりますけど。

26日目
調理素材をお送りします。只今とてつもなくイライラするしゃっくりに悩まされているため、今回の手紙の内容は短めにします。この症状を治すために自分の腰を抜かせようと、これより呪われているという地下墓地へ入ろうかと思います。では行ってきます。

27日目
※誤って削除してしまったため欠番

28日目
歴史上、最も長く続いたしゃっくりとはどんなものか知りませんが、私の症状はそれに迫るものだと確信しています。袋に息をする、匙一杯のハチミツを食べる、キュウリの漬物汁を飲む、舌を引っ張る、逆さまにぶら下がるなどを試しましたが、どれも効果がありませんでした。魔術師に助けを頼む必要があるかもしれません。

調理師助手メール 3週間目

15日目
こちらに本日の品物を入れておきます。旅をしていて気づいたのですが、私が故郷で無視していたような類の者たちが、タムリエル中に溢れかえっているのです。しかも、彼らの土地では私が観光客扱いになってしまうんです。

16日目
先週、バーンダリの商人からカジート語をいくつか学びました。何かに役立つかと思ったのですが、今のところ、彼らの言葉を彼らに理解させることができないんですよ。やれやれ、彼らには教育というものが無いのでしょうか?とにかく今回の品物になります。

17日目
品物が遅れてしまい申し訳ありません。腕が二ヵ所折れてしまい、治癒師の所へ行っておりました。治癒師からは、そんな腕でクラフト材料を集めるなと言われました。

18日目
とある賢者に人生の意味を問うてみました。すると賢者はこう仰ったんです。「無為なる者は、神のような存在が頭を掻く程度の何気ない動作で、その存在をかき消されてしまうことに気付かぬまま、日々を生きているのだ」と。私が「それが人生の意味なのですか?」と返したところ、彼はこう答えました。「すまない。てっきり頭のシラミについての話だと思っていた」と。それに対し、私は「実はシラミについても知りたいことがありまして」と言いました。

19日目
私の旅では、腹を空かせた狼に遭遇する機会が多すぎるほどあります。狼が真っ直ぐ襲ってくることは殆どありませんが、私を食べたいという気になったら、あっという間でしょう。もちろん実際にそんなことが起きるのは稀だと知っていますが、同時に「一度起こればそれで十分」という言葉もありますからね。

20日目
また品物を同梱しておきます。ふと気付いたのですが、私が定期的に書いているものといえば、あなたへの手紙ぐらいのものです。なので個人的な思考を綴るための日誌を書くことにしました。ただ私は、あまり考えるということをしないのです。絵を描くことにした方がいいのかもしれませんね。

21日目
私は元々信心深い方ではなかったのですが、最近はタムリエルの神々について学ぶべく、祠や聖堂を訪れるようにしていました。そして何週間にも及ぶ慎重な調査の結果、誰もが自分の嫌いな人々を敵視するような神々を信仰しているという結論に至りました。興味深いですよね。