The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫- Part 6The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

メリディア スタイル

クラフトモチーフ72
Meridian Style

タネスのレディ・シンナバー 著

古代から現在まで、メリディア教団はどれだけ迫害されても、常に復活して再び勢力を盛り返した。これはおそらく、デイドラ公としては無限の活力の淑女が、信者に真の意味で恐ろしい行動を要求することが少ないためだろう。しかし、メリディアは敵と見なした者に対しては非情になることもある。メリディアを崇拝する定命の者はしばしば、メリディアのデイドラ戦士であるオーロランの武装に着想を得た装備のスタイルを採用することで、彼女を称えようとする。その外見はメリディアの信者の間で、時と場所を問わず常に一定しているため、「メリディア」スタイルが存在するとも言える。

ブーツ

メリディアの信者が最も軽量な武装にさえ金属を用いるのを好むことは、彼らのブーツが示している。見慣れた活力の象徴があしらわれたこのブーツは隠密行動より、死霊術師を始めとしたメリディアの典型的な敵対者の攻撃に耐える用途で作られている。

ベルト

ベルトは活力を象徴的に表しているが、その形は優雅な流線から炎に似た形まで様々である。その他の芸術的特徴としては、スケールアーマーの鱗や衣装を施した羽根がある。

メリディアの信者の頭装備から発する金属の光沢が示すように、メリディアの名の元で戦う者は、その頭で敵を引き裂くことも恐れない。

脚当て

洗練された動きはメリディアを崇拝する者たちの戦闘技術の要であるため、脚防具に用いられる主な素材は柔軟な革である。金属の強化によって保護能力は多少高まっているが、若干程度でしかない。

メリディアスタイルの矢筒と弓は、タムリエルのメリディア像に見られるものを再現している。羽根の付いた弓の両翼は一見すると柔らかそうに見えるが、極めて殺傷力の高い突起となっており、遠距離射撃から近接攻撃への迅速な移行を可能にしている。

胸当て

芸術的に加工されたメリディア信者の胸防具には、ほとんどに活力の意匠が刻まれている。また、胸防具にはスケールアーマーも用いられる。タセットは信者を保護するだけでなく、体当たりで敵の体勢を崩すためにも利用される。

メリディアの剣は、敵の攻撃を受け流せるようデザインされている。信者たちは接近戦が開始された時にこの戦法をよく用いる。スケルトンなどを相手にする場合、この剣は素早く手首を動かして骨を砕くことができる。 

肩防具

金属はメリディアの活力を表す流れる線を始めとした、芸術的な装飾のための材料である。メリディアの信者の中では最も軽量の鎧を身に着ける者でも、全身の動きで敵を威圧する効果を高めるため、金属製の肩防具を用いることがある。

手袋

メリディアを崇拝する者が身に着ける手袋は剣と矢の両方を受けられるため、攻撃してからの離脱を最小のリスクで行える。これはメリディアの信者が頻繁に用いる戦術であり、陽光が満ち引きするように、戦闘で一撃離脱を繰り返す。

翼や活力の光、光の流れがメリディア信者の盾を装飾している。盾には鋭い突起がいくつも付いているため、メリディアの信者はとても残忍なシールドバッシュを繰り出すこともできる。

メリディアの真の姿、すなわち光と振動の姿は、信者たちの武器に用いられるクリスタルが最もよく表している。その一例が杖に使われる3つのクリスタルだ。全般には支離滅裂だったメリディア信者の日記には「光と振動はクリスタルに影響を与える。だから戦いにクリスタルを持ち込むと、メリディアは我らの動きに直接祝福を与える」と記載されている。

戦棍

死霊術師とその僕がメリディアの仇敵であるため、メリディア信者の戦槌は主にスケルトンの骨を叩き割り、より遅いアンデッドを一掃するために作られている。言うまでもなく、こうした武器は死霊術を実践する者たちに、究極の懲罰を与える。

短剣

メリディアの信者が用いる短剣は敵の剣を受け止めて一時的に引っ掛け、場合によっては武器を手放させるため、特に価値が高い。

接近戦における対応力と殺傷力を兼ね備えた装備として、メリディアの信者たちは両刃の斧を用いる。それぞれの刃には活力を象徴する波の意匠が施され、取手と鍔にあしらわれたクリスタルが光を受け止める。

リファブリケイト スタイル

クラフトモチーフ79
Refabricated Style

ホール・オブ・ファブリケーション、ドレイラ・インダヴェル 著

奇妙な武器や防具を組み合わせて作りたいなら回収素材は大量にありますが、最高の結果を出すにはある程度の手法が定まっています。我々は主に、解体された古い「Dシリーズ」ファクトタムの部品を使いますが、より近代的なファクトタムの部品にも使い道はあり、古いドワーフ製の部品も使えます。以下に(詳しくなったため)お勧めを示します:

ブーツ

高密度の金属がよく落ちてくる環境で仕事をしている時、爪先を保護する部品はブーツで一番大事なものです。メタブラスの残濘を漁って取っ手を外し、ひっくり返して柔軟な上部を取り付ければ完成します。

ベルト

本当に丈夫なベルトを作るには、ベルトで動く油ピストンから弾性ストラップを取得し、古い刻印機の剛性プレートで取り付けます。これで、何でも吊り下げられる張力のベルトができるでしょう。鉛のハンマーでも大丈夫です。

兜はリファブリケイトが難しいものです。頭の形をしているのは頭だけなのが主な理由です。だから我々はファクトタムとドワーフコンストラクトの頭を再利用し、人間の兜として使います。これ以上丈夫で長持ちする兜があるなら、探してみなさい!

脚当て

リファブリケイトの脚当てと胸当ての袖は、ドワーフのパイプや配管を定命の者の形に合うよう、切って調節し作られます。実際、手足というのは繋がったシリンダーのようなものです。やり方が分かれば、簡単に交換できます。

自動ジャイロカートのサスペンションから外せる柔軟な鋼のバネは、グリップを中央に据えてリムをセトの棚の照明サポートで支えれば、完璧なリファブリケイトの弓になります。フローロッドのケースはそのまま矢筒にできます。

胸当て

最高のリファブリケイトの胸当てはDシリーズファクトタムの胴体を使い、サーボを外してデュラウィーブのガセット板を片方の縁に加え、市民が着用できるようにします。表面に浮彫を行う必要はありません。すでに組み込まれています。

短剣を見て分かったかもしれませんが、リファブリケイトの剣の刃はやはりJ級の掘りごてから作られています。数が多いだけです。片手剣には掘りごてを2つ、両手剣なら3つにしています。真に難しいのは継ぎ目を残さず溶接することですが、この掘りごては高温に当てると、運命に結び合わされたように一つになります。

肩防具

装備できる最高のポールドロンは、ドワーフのパイプ連結部を切り開いて、溶接された支柱と突縁で強化したものから作られます。腕や足の防具をリファブリケイトする時に用いるのと同じ原理です。

手袋

リファブリケイトの手袋の柔らかい部分には、ベントラル・テルミナスのごみ袋に使われる比較的柔らかい耐性繊維を再利用し、ホール・オブ・ファブリケーションの金属廃棄場から彫り出したシンクロディスクを取り付けます。より重装備の場合は、ディスクを足しましょう。

第一紀中期のどこかで、セト様はドワーフタートルと呼ばれる、古代のドゥエマー製貨物用コンストラクトの貯蔵場へ向かって、彼らの部品を大量に持ち込んだのでしょう。我々にとっては幸運な話です。ドワーフタートルの腹甲にストラップを加えれば、素晴らしい盾になります。

呪文用の杖のための最高の先端装飾は、蜘蛛のコンストラクト(古代のものでも近代のものでも)から取った、魂石の器だということが以前から知られています。器はもちろん入手が難しいのですが、パンの炭化機の握り手もほぼ同様にうまく機能することが分かっています。

戦棍

耐用期限を過ぎたエレベーターを探します(あるいは「耐用期限を過ぎさせます」)。釣り合わせるためのシャフトを聞けば、私が「ヘビウム」と呼んでいる(鍛冶屋の冗談です)、高密度の金属の錘が斜めに付けられたケーブルがあります。少し手を加えれば、錘は完璧な戦棍のヘッドになります。

短剣

我々の短剣はJ級の手動掘りごてを拡張し、先を尖らせて磨いたもののように見えるかもしれません。実際にその通りです。もっといい刃を探してもいいのですが、私は倉庫で酸化しつつあるモトバロウ掘りごてを3つ持っています。これを使ってもいいでしょう。

刃にはナンバー5の支柱管がいいでしょう。両手持ちの斧には2つ必要です。棒の湾曲した側面は非常に鋭く、かなり長い間刃を保ってくれます。柄には軽く耐久性が高い、使用期限を終えたT級モトバロウのモリブデン軸がお勧めです。

牙の巣 スタイル

クラフトモチーフ58
Fang Lair Style

黒のオリン 著

死霊術という魔法の分野はあまりにも長く、召喚術の単なる一区分として軽視されてきた。さらにひどい場合は、ただ「邪悪」だという理由で完全に否定されてきた。だが牙の巣における我々の活動は、死霊術の重要性をタムリエル全土に認めさせるだろう!そのため、諸君たちブラックマロウの下級メンバーは印象的な姿を見せることが重要だ。よって武器や鎧を作る際には、この指示に一字一句従ってもらいたい。もちろん、実験の被験者として役立ちたい場合は別だ。どうかな?

ブーツ

タムリエルで視野の狭い連中を相手にした経験から、我々は身軽になって迅速に拠点を移すことを学んだ。そのため、靴は我々の装備の中でも比較的軽量にしている。特に軽装鎧と合わせる場合は、サンダルのように簡単なものでも構わない。

ベルト

原理的に言うと、牙の巣のベルトのための理想的な素材はなめした人間の皮膚だ。ただ、人間の皮膚は我々の求める厚みと強度を欠いているため、牛や馬の革で代用しても構わない。頭蓋骨状のバックルがあれば、言いたいことは伝わるだろう。

ブラックマロウが身につけるのは、体に合った金属のスカルキャップだ。顔の上部にバイザーが付いており、さらにきつく巻いたフードで覆い、肩まで伸ばす。諸君が賢ければ鎖帷子の頭巾をフードの下に被り、首を守るだろう。

脚当て

我々は脚を守るため、柔軟だが多層の革に頼っている。我々の戦闘スタイルは機動性を最重要視しており、脚への攻撃は主に回避や受け流しによって、脚当てや靴を攻撃されることを防ぐ。

「牙」の名を冠するスタイルはどんなものであれ、鋭く危険そうな外見を持つ。ブラックマロウの弓にはまさに当てはまる。幅広の矢を入れる矢筒でさえ鋭い意匠を施されており、縁の部分はさらに鋭い(なお、装備する際には手袋を着用せよ。愚か者どもめ)。

胸当て

まだ全員に与えられてはいないが、いずれ諸君は全員、牙の巣のタトゥーを顔と体に誇らしく装備するだろう。この模様はブラックマロウの大義への強烈な献身を示すものだ。これを見せるため、我々の胴鎧は比較的致命的でない部分を露出させる。

我々の剣は基本的にレッドガード起源のものだが、アンセイの真面目な子孫たちは我々が彼らの簡素なデザインに施した、装飾的で棘だらけの改良に辟易するだろう。愚か者どもめ!じきに彼らも我らの偉大さを認め、我々の前にひざまずくだろう。

肩防具

我々のポールドロンがにやりと笑う、抽象化された金属の頭蓋骨に類似するように作られている意味は、最も洗練されていない信者にさえ明白である。死霊術において、繊細さは評価されないことを忘れぬように。

手袋

諸君も同意しない訳はないと思うが、召喚にも戦闘にも、手袋の覆いから指を自由にするべきである。とはいえ、我々のまばゆい篭手は手だけでなく、手首や前腕も保護してくれることは保証する。

金属のプレートを重ねて縁取られた、幅の広いブラックマロウの楕円の盾はただ一つの用途しか持たない。それは戦闘で諸君の体を守ることだ。適切な使用に失敗した者は死んで蘇り、雑用や屈辱的な任務を与えられる可能性がある。だから賢く使うべきだ。

我々の術師が使う魔法の杖の中心的な先端装飾は、爪の付いた2つの骨のような指の間に、神秘的な三日月をあしらっている。この象徴は装備の他の部分には見られないと私に指摘する者もいるが、死霊術の達人として、私は一貫性への狭量なこだわりを超越している。見た目が印象深ければ、それで十分だ。

戦棍

死霊術への意欲を持つ団員にとって、戦棍は好まれる武器である。なえなら戦棍で殴られた死体は、手足を切断された死体よりも蘇らせた時に有用だからだ。そのため我々の戦棍は重く、実用的である。最小限の打撃で敵を倒せば、死霊術に向いた死体を残せる。

短剣

我々の装備の大部分と同様、短剣もまた信頼性の高いレッドガードデザインの派生形である。すなわち湾曲した片刃剣であり、先端が鋭く、我らの証の「牙」が先端の裏にあるギザギザの鉤に付いている。

最も鈍い者にとってさえ明瞭なテーマ上の理由から、我々の斧はカミソリのように鋭い大型の鉈が付いた、棒のような形状である。刃の両側の縁には我らの目印である「牙」が付いている。牙の巣の斧に脅かされた者は、即座に降伏しなければ自分の肉と骨がどうなるか、想像せざるを得なくなる。

銀なる暁 スタイル

クラフトモチーフ66
Silver Dawn Style

銀なる暁の公文書保管人アーナルデ 著

ライカンスロープを根絶する計画を実行する許可をじりじりしながら待っている間に、我々の輝かしき組織、遺産、伝統に目を向けよう。未来のウェアウルフハンターに向けて、伝統的な武器と防具について可能な限り簡潔に書き記そうと思う。銀の輝きにより、獣を滅ぼせ!

ブーツ

銀なる暁教団の足防具は、常に重装備の皮とプレートによる戦士のサバトンである。ビーストスレイヤーの足はできるだけ厳重に守った方がいい。傷ついたライカンスロープを踏みつけて、「次の奴を連れてこい!」と叫ぶことがあるからだ。

ベルト

銀なる暁の戦士のベルトは、装着者の装備や武器を備え付ける簡素な革ベルトに見える。しかし、実際には見た目よりもはるかに手が込んでいる。銀なる暁のベルトは、なめしたウェアウルフ皮だ。倒した獣の下腿から、適切なサイズに切り取ったものである。驚いたことに!

ほとんどの場合、銀なる暁の頑丈な兜は頭全体を覆う。これは篭手と同様の理由で、戦闘中に噛むと呪いをもたらす敵に対し、肌を露出するわけにはいかないためだ。頑丈なボイルドレザーか、十分にあればウェアウルフの皮が望ましい!

脚当て

ウェアウルフは常に喉を狙うと言われているが、戦っている我々の感想からすると脚も狙ってくる。狼が獲物を地面に引き倒すのと同様に。銀なる暁がグリーヴに出費を惜しまないのはそのためだ。強く頑丈にして、防具を重ねるべきだ。

銀なる暁の射手が用いる典雅な弓は、倒すと誓った恐ろしい悪鬼の皮や下腹部を翼の付いた矢で貫く。我らが最も偉大な射手、伝説のブランカス卿はウェアウルフ9匹の目を次々射抜いたと言われる。ああ、見たかった!

胸当て

銀なる暁の胸当てはヘビーレザーを積み重ねたもので、厚いが動きやすい。我々が凶暴な野生の敵と戦う時には、素早く動かねばならないためだ。銀なる暁のボイルドレザーの胸当てに牙を突き立てようとしたウェアウルフには、不幸が降りかかるだろう!

銀なる暁教団の剣は、群れを打ち倒す騎士と同様、真っ直ぐで頑丈な両刃の剣である。半ダースの銀なる暁の戦士の輝く真鍮の刃が、吠える人狼をなぎ倒す姿ほど素晴らしい光景はない。栄光に満ちている!

肩防具

我々の不快な敵の、臆病な心に恐怖を植え付けるため、銀なる暁の戦士はこうした肩防具を装備する。しっかりしたポールドロンやショルダーカップではなく、皮と狼や人狼の切断された首を付け、目のところは銀の球に置き換える。銀の輝きにより、獣を滅ぼせ!

手袋

戦士たちの多くは、伝統的に手と前腕を保護するが、指の動きは自由にして親指を開けた篭手を好む。武器をしっかりと握れるようにするためだ。しかし、我々の相手はライカンスロープで、噛まれると呪いがもたらされる。このため、銀なる暁の篭手は軽装であっても、すべて指を完全に覆っている。素肌を露出させて戦うわけにはいかないのだ。

銀なる暁の盾は背の高い長方形の盾で、薄いが密度の高い頑丈なハードウッドでできていて、恐ろしい敵の爪や牙を通さない。彼らを打ち倒せるように!こうした盾の影から、獣のような怪物を好きなように叩ける。

銀なる暁の魔法の杖は、先端に銀の切断された狼の首の絵をあしらい、周囲に栄光を表す黄金の翼が広がっている。こうした杖が哀れなライカンスロープに破壊のメッセージを送り、光り輝く死をもたらす姿はとても気に入っている!

戦棍

銀なる暁の戦棍は恐ろしいほど美しく、重い真鍮の球に2ダースの銀スパイクがちりばめられている。想像できるとおり、これを打ちつけられたウェアウルフの頭はほとんど判別できなくなる!

短剣

銀なる暁の両刃短剣は短いが頑丈で、受け流し用のクロスガードが銀になっている。戦士は常にこの短剣をベルトに差し、致命傷を負った人狼にとどめを刺す。そのおぞましき内臓に!

銀なる暁の斧の真鍮の刃は、多くのウェアウルフを両断してきた。その殺戮は続くだろう!我々は簡素だが効果的な、長く曲がった片刃斧を採用している。柄には我々が好む装飾、銀が刻まれている。

儀仗兵 スタイル

クラフトモチーフ68
Honor Guard Style

ブレイズの歴史家 ディル・トネナカのキアサ・ヴェーダ 著

装備を正しく作るには、
古き定めに従うこと
誤りは不名誉なり

ブーツ

足は大地を感じねばならぬ
しかし靴底は押しやってしまう
気を配り、足を踏みしめよ

ベルト

戦士が身に帯びるは
武器と名誉の重み
ベルトは力を知るべし

頭をよく守り
恐ろしげな姿をまとえ
精神によっても戦うのだ

脚当て

知性に優れた敵は
戦士の足を攻める
よい脚当ては思い留まらせる

弓の技が明かすのは
心と精神の関係
全身全霊で狙いを定めよ

胸当て

鎧は戦士を自由にし
攻撃のみを考えさせる
強く、だが軽くなければならぬ

アカヴィリの剣はしばしば
刃がわずかに湾曲する
しかし、儀仗兵は曲がらない

肩防具

強きポールドロンは跳ね返す
死角からの攻撃を
頑丈にせよ

手袋

篭手は手を守るが
手こそ打撃の源泉である
正しき均衡を探せ

盾とは顔であり
敵が遠くから目にする
残忍な顔をまとえ

呪文とは物語
杖とは語り部である
「昔々あるところに…」

戦棍

槌による一撃は
いかなる議論にも決着を付ける
強烈なものを装備せよ

短剣

ナイフは長さと引き換えに速度を得る
かつ鍛えられねばならぬ
長い刀剣と同様に

斧は切るためのもの
長い刃で切り裂き
重みにより突き抜ける
1 4 5 6 7 8 72