メール目録

クラフト助手メール

鍛冶師助手メール

仕立師助手メール

木工師助手メール

付呪師助手メール

調理師助手メール

その他報酬メール

各種報酬メール

付呪師助手メール 2週間目

8日目
新たな一日と共に、我らは栄えある雇い主殿へ新たな積み荷をお届けしよう!剣ほど美しい外見を持つ武器は少ない。剣の鋭い刃は、鈍器や巨大な斧にないバランスと取り回しを、持ち主に与えてくれる。そしてノルド人やエルフ共が何と言おうとも、付呪を施した剣以上に素晴らしい武器は存在しない。

9日目
栄えある雇い主殿、この素材があなたに益あらんことを。あなたの旅も、我ら兄弟の旅と同じく順調なるものであろうと願っている。付呪を決して怠ってはいけない!それがいつの日か命を救うかもしれない!我々としてもあなたを失うのは惜しいので。

10日目
デシャーンに位置するダークシェイド洞窟のクワマーは恐ろしい!私はクワマーの卵が大好きなので、今あなたの手に渡っている素材を送る途中で、その洞窟へ立ち寄ったのだ。だがあそこの生物たちは、生み出す卵こそ見事であるものの、彼ら自身は醜悪で見られたものではない。しかもまるでオブリビオンの生物のように私に向かって吼えるのだ。もうあの卵を見る目が変わってしまった気がする。

11日目
レッドガードは刀剣の設計に卓越しているが、ドゥエマーはそれ以外のすべてにおいて卓越している。彼らの作り出した機械は、私がこれまで遭遇した中で最も凶悪なアーティファクトだ。ドゥエマーだったらあのほぼ完璧といえるレッドガードの三日月刀をどう改良するのだろうと、よく思い描いてしまう(三日月刀を空中に発射する装置がすぐ頭に浮かんだ)。とにかく、素材をお楽しみあれ!

12日目
新たなる一日と共に、我らは栄えある雇い主殿へ新たな積み荷をお届けしよう!どうか楽しんで使って欲しい。私は前回の冒険の疲れで、何日も眠れそうだ。冒険で、我々は古い帝国の砦を発見した。無論、放棄されたものであるが、そこからあらゆる資源を手に入れてきた。だが棲みついていたワマスは恐ろしかった。肌からは稲妻が飛び、四つ足を使ってまるで嵐のように襲ってくるのだ。我々はその顎から、命からがら逃げ出してきた。

13日目
今回の荷物は今までで最も素早くお届けできたはずだ!配送のせいで受け取りが後日になってしまうのは残念至極だが、私とエズダブは幾日も前から準備を整えておいたのだ。あるいは今回、互いに別の道を征くかも知れない。あいつの悪口やら挑発やらを聞かないで済むのはなによりだ。奴の腕は剣聖並みだが、おつむは子供並みなのでな。ともあれ、素材をぜひ役立ててくれ!

14日目
敬愛する雇い主殿、私はエズダブ、あなたに普段文を送っているアブナブの兄弟だ。この手紙と共に新たな積み荷をお送りする。どうか上手く使って欲しい…なぜなら今回で最後になるかも知れないのだ。というのもアブナブが行方をくらましてしまった。あなたの手を煩わせるつもりは無いが、あなたにできる事はないと思う。この文が届いたころまでにアブナブが見つからなければ、恐らくすでに手遅れだろう。

木工師助手メール 2週間目

8日目
ブレトン人は自分の冗談が面白いと思っているのだろうか。一人が毛糸の玉を地面に転がした。パクルーティがイエネコのように追いかけると思ったのだろう。たしかにパクルーティは玉を蹴飛ばして回ったが、それはその玉を食わせたブレトン人ごと蹴飛ばしただけだ。

9日目
暗き月に暗き爪。今日は悪い一日だった。雨は止まず、パクルーティの毛は寝そべって絡まり、爪はドロだらけだ。だが栄えある友人のために物資を集めることはできた。すこし湿った材料を同梱しておいた。

10日目
新しい積み荷を送る。パクルーティは街へ戻って、毛皮の絡まりを何時間もくしで梳いている。あと、若きブレトン人とサイコロで勝負し、鎧一式を手に入れた。鎧に尻尾の穴を空けるには金が掛かり過ぎるので、売ってしまおうかと思う。

11日目
パクルーティは良質なカシの木立を見つけ、お前のために材料を集めようと考えた。だが木立が「樹液の人々」ボズマーに守られてるとは知らなかった。彼らはパクルーティを網で捕らえ、「グリーンパクト」というものについて多くを語った。この者は彼らの法に従うと約束した。

12日目
パクルーティはボズマー達が理解できない。この者は幹が茶色く、黄色の葉っぱをした木を見つけたが、切り倒そうとすると大騒ぎされた。木の色は関係ないというのなら、なぜ「グリーンパクト」と名付けたのか。エルフはおかしい。もしかしたら色を見分けられないのかも知れない。

13日目
パクルーティはボズマーの土地から離れた、やれやれだ!あの変なエルフ共と取引するのは無理だ。この者はこれから南の沼地へと向かう。あそこにはもっと大きな木々があると聞く。その「ヒストの木」からなら、パクルーティが木材を収穫しても地元の人が怒る事はないだろう。

14日目
トカゲ人間どもは口が悪く、歓迎もしない。パクルーティがヒストの木を切るのを許さないので、その樹液を集めて茶を作ってみた。そうしたらトカゲ人間共の頭がでかくなって、喋るバッタみたいに踊り回ってる。パクルーティはヒストの樹液から茶を作る事はお勧めしない。

仕立師助手メール 2週間目

8日目
私のような行商の服飾屋にとって、戦の噂はたしかに面倒ではありますが、それは他の者にとっても同じです。一部の取引では驚異的な利益を得ることも可能ですが、安く仕入れた品物が展開する軍隊に襲撃されたり徴発されたりしてはたまりません。

9日目
面白い話を耳にしました!噂では、ブラック・マーシュの小間物商が加工するワマスの鱗からは、人々の注目の的になる帽子を作成できるそうです。理論上では、この加工された鱗をポールドロンや鎖かたびらにも使えると思います。もしかすると本日お送りした素材よりもさらに派手になるかもしれません!

10日目
加工したワマスの鱗を求め、ブラック・マーシュへと出発致します。小間物商に加工の手順を明かしてくれるよう説得できれば、ワマスの鱗の在庫を使って、市場を席捲できます。

11日目
ニクバエ。もうあの汚らわしい生き物にはうんざりです!私の肌ではなく、交易に持ってきた革細工が心配なのですよ。ただ彼らは今回の配送分の物資には興味がないようなので、その点については安心ですけれど。

12日目
ジェル語では小間物商に相当する言葉がないそうなんです。ご存知でしたか?地元の親切な方が、もっと奥地の村へ向かうのであれば、カオック・ズース・ワックスハウジ、つまり「帽子を作る人」と、名乗ればいいと教えてくださいました。

13日目
ブラック・マーシュの小間物商の話はどうもただの噂だったようです。「ワマスの鱗加工」というのは、ブラック・マーシュで無理難題を指す冗談めいた表現でした。それと、アルゴニアンの村で「カオック・ズース・ワックスハウジ」と言うのは避けたほうがいいです。あまり…好ましくない反応が返ってきます。(恐らく私が聞き間違えたのだと思います)

14日目
この度、シロディール国境で驚くほど美味しい料理を口にしました。宿屋の主はこれを<エイダール・キャップ>と呼んでいました。パン一斤の中をくり抜き、鍋で溶かしたエイダールのチーズをパンの中に流し込んだものです。パンを中のチーズに浸して食べてもよし、冷まして旅に持っていくのもよし。大変美味でした!

鍛冶師助手メール 2週間目

8日目
親愛なる後援者様、最新の材料をどうか受け取って。さて、話題は遺跡探しについて。先日のアルゴニアンは不思議な道順を教えてくれた。溶けた水がどうやって遺跡の入り口へ流れ込むかなどを。なんだか同じ場所をぐるぐる回っているような気がしていた、その時…あ!話は後で。もう行かないと。

9日目
ごめんなさい。でも逃げなきゃいけなかった!追いかけてきたホーカーたちの速いことといったら!ちょっと話が進み過ぎたかしら。最初から順番に説明させて。私がお下げ髪の少女だった頃…いや、それは大昔すぎる。あのアルゴニアンが言っていたダンジョンを見つけたの!それは彼らが話したとおりの場所にあった。大体は

10日目
ヴァリンカより。追加の材料と、タムリエルで最高の探検者を目指す私からの追加報告よ。私はあの気取り屋のナルシス・ドレンよりずっとうまくやるつもり!そして遺跡を見つけた。地面に出ていたのは半壊した岩の塔だけだったけど、地下に構造物が続いていると確信した。そのとき、オークに見つかってしまった。

11日目
オークがあんなに速いなんて誰が思った?期待していたのはドワーフかデイドラの遺物だったが、古代ノルドの遺跡だった。オークはそこを隠れ家に使っていた。彼らは見るからに山賊で、凶悪そうだった。オークが私を探しに外へ出た際に、引き返して中へ忍び込んだの。そして見た…うわっ、行かないと!

12日目
要望どおりの材料を追加するわ。どこまで話したっけ?あ、そうだ。オークの山賊がノルドの遺跡を隠れ家に使っていた。オークが私を探しに外へ出た隙に、私は戻って来て中を探した。そして崩れかけた塔の下に、石室が1つあった。まともな遺跡とは言いがたいわ。すると隅に小さな金属の檻があって、薄汚い犬が1匹閉じ込められていたの。

13日目
その汚い犬がこちらを見て、さみしそうに鳴いたの。私はフワフワした動物好きの弱虫じゃないけど、犬の何かに心を動かされた。犬は目に気高さと炎をたたえていた。誰だってハチミツ酒と楽しい食事の夜のあと、檻に閉じ込められたことはあるでしょ。となれば、すべきことはただ1つ。檻を開けてやったわ。

14日目
そのとき、最初の山賊が戻って来た。太ったオークで、ぼろぼろの革の鎧姿でベルトに太い戦棍を吊っている。オークもこちらに劣らず驚いていた。私たちは同時に武器に手を伸ばしたけど、その武器を交わす前に、開いた檻から犬が飛び出て、オークのあそこめがけて襲いかかったの。