調理師助手メール 15週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 15週間目

101日目
こんにちは。お元気かしら?私の名前はノネッテ・ガヴォンヌ。私のかわいい甥、ガヴィンが不幸なことに…アルゴニアンの侍女と事故を起こしたの。何ヶ月もベッドで寝たきりになるらしいわ。家族から、彼の仕事を引き継いでほしいと頼まれて、ちゃんと代役を務められることを願っているわ。

102日目
同封したものを見てちょうだい。整理するのに時間がかかるかもしれないけど、許してちょうだい。ガヴィンは最高の場所で材料を手に入れることよりも、悪い評判の家や酒場のビールの質をメモすることに興味を持っていたのね。まったく、あの子ったら。

103日目
旅暮らしに順応するのは、ちょっと大変だったわ。狩り、収集、皮はぎは特に問題はないの。誤解しないで。ちゃんとした紅茶を1杯飲むのがいかに大変か、思い出したのよ。

104日目
森で数日過ごした後の、ダガーフォールでの一夜は本当に楽しかった。お風呂と柔らかいベッドは、お金を払った価値があったけど、その翌日、男が殺されて、とても驚いたわ!街の警備員は宿の客全員に話を聞いているわ。この品物がちゃんと届いているといいんだけど。

105日目
とてもおもしろい展開になってきたわ。殺された男はカシミール王の王宮で働くアールという男だった。4人の娘が同行していて、事件についてのそれぞれの証言が異なっているのよ。

106日目
珍しいハーブと心理戦に関して、私の鋭い目は有能だと証明されたようね。街の警備員の捜査を少し手伝ったわ。それから、もう一式、送る品を揃えたの。ところで、アールに何が起きたのか、もう分かったわ!

107日目
思ったとおり!アールの娘2人が、父を殺して財産を奪おうと企んでいたのよ。私が街の警備員に説明している時の、娘たちの顔は見ものだったわ。ちょっとした冒険は、楽しかった!また旅に出るのが楽しみ。