調理師助手メール 22週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 22週間目

150日目
あなたに品物を送るために在庫を調べたの。送ったものがあなたの要望に合うといいんだけど!雨が屋根で踊っていて、私の初めての原稿は数ページ進んだわ。今のところ、ストームヘヴンの上流階級だった若いころについて集中して書いているわ。今では、事件や陰謀がばかばかしく見えるわね。

151日目
自分の過去を振り返るのに、しばらく時間を費やしたわ。ある時、愚かな女だった私は、ウェイレストのフェストホールで踊っていた。あのころの思い出はゴチャゴチャしてるけれど、覚えていることは書くのにいい材料よ。あの子が読んだら、きっと驚くでしょうね。幸いなことに、甥は読書にあまり興味がないけれど。

152日目
ウェイレストの日々から追放された時まで書き続けたわ。家族が追放されてから、事態に慣れるまでかなり時間がかかった。最高の品々、豪華なドレス、高価な食事、全てが終わってから1年、私は簡素なシチューをつくるコツをようやく覚えたの。

153日目
私の在庫は、今回でぜんぶなくなったわ。でも大丈夫!ついに天気が良くなってきたわ。その間に、私の家族が新しい生活に向けて小さな一歩を踏み出したことを書き始めたの。荒野での行商人になるという父の計画を家族で支えたことを思い出して、誇りで胸がいっぱいになったわ。

154日目
アッシュランドは、長い雨の後で花が満開になって、生命の香りが満ちているわ。物資と花を集めるのは、もちろん同時にやっているわ。あと数回の荷物は、特別なものになるわ。楽しみにね!

155日目
ああ、室内に閉じ込められてから新鮮な空気を吸うのは、とてもいいわね。旅には何か霊的な力があると思うわ。夜明けと共に起きて、また違う木の下で眠りにつくことも知っている。夕方の明かりの中に、また違う景色が消えていく。八大神に守られていると感じるわ!少なくとも、私はそう感じる。

156日目
シャドウフェンの国境で調達の仕事をしている友達が、ガイドになってくれるの。彼女が卵のころからの知り合いよ。頭にたっぷり羽根が生えて大人になった彼女に会えるなんて、本当に楽しみ。年を取って起きる良いことの一つね。みんなの変化を見ることができるのよ!