調理師助手メール 3週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 3週間目

15日目
こちらに本日の品物を入れておきます。旅をしていて気づいたのですが、私が故郷で無視していたような類の者たちが、タムリエル中に溢れかえっているのです。しかも、彼らの土地では私が観光客扱いになってしまうんです。

16日目
先週、バーンダリの商人からカジート語をいくつか学びました。何かに役立つかと思ったのですが、今のところ、彼らの言葉を彼らに理解させることができないんですよ。やれやれ、彼らには教育というものが無いのでしょうか?とにかく今回の品物になります。

17日目
品物が遅れてしまい申し訳ありません。腕が二ヵ所折れてしまい、治癒師の所へ行っておりました。治癒師からは、そんな腕でクラフト材料を集めるなと言われました。

18日目
とある賢者に人生の意味を問うてみました。すると賢者はこう仰ったんです。「無為なる者は、神のような存在が頭を掻く程度の何気ない動作で、その存在をかき消されてしまうことに気付かぬまま、日々を生きているのだ」と。私が「それが人生の意味なのですか?」と返したところ、彼はこう答えました。「すまない。てっきり頭のシラミについての話だと思っていた」と。それに対し、私は「実はシラミについても知りたいことがありまして」と言いました。

19日目
私の旅では、腹を空かせた狼に遭遇する機会が多すぎるほどあります。狼が真っ直ぐ襲ってくることは殆どありませんが、私を食べたいという気になったら、あっという間でしょう。もちろん実際にそんなことが起きるのは稀だと知っていますが、同時に「一度起こればそれで十分」という言葉もありますからね。

20日目
また品物を同梱しておきます。ふと気付いたのですが、私が定期的に書いているものといえば、あなたへの手紙ぐらいのものです。なので個人的な思考を綴るための日誌を書くことにしました。ただ私は、あまり考えるということをしないのです。絵を描くことにした方がいいのかもしれませんね。

21日目
私は元々信心深い方ではなかったのですが、最近はタムリエルの神々について学ぶべく、祠や聖堂を訪れるようにしていました。そして何週間にも及ぶ慎重な調査の結果、誰もが自分の嫌いな人々を敵視するような神々を信仰しているという結論に至りました。興味深いですよね。