調理師助手メール 35週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 35週間目

243日目
ズッキは一つ歳を取ったことで、厳しい旅暮らしからの引退を考えるようになりました。問題なのはこの者に、他に役に立ちそうな能力や才能がないことです。教師ならなれるでしょうか?

244日目
この者は歳を取ることを嫌っています。ズッキの髭は白く、骨は弱っています。歳を取り過ぎて緑のバナナを買うのが恐くなってしまいました。なぜ都合の悪い時に限って、歳を取ってしまうのでしょう?

245日目
この者は子供が嫌いだとすでに話したでしょうか?うるさくて不愉快です。でもズッキは彼らからたくさんのことを学んできました。この者に忍耐力がないことも学びました。

246日目
この者は一度も結婚したことがありません。最近、結婚した方が長生きできるという話を聞きました。でもズッキには信じられません。気のせいでしょう。

247日目
ズッキが皮肉ばかり言うのは、そうすることで相手のことを本当はどう思っているか言わずにすむからだと結論づけました。

248日目
この者は毎日、今日が最後の日になると考えながら生きています。なぜなら、いつかその考えが正しくなる日が来るからです。ただズッキには創造主と会う準備ができています。創造主に準備ができているかどうかは別の問題です。

249日目
ズッキは未来について考えています。未来はこの者に何をもたらすのでしょう?未来はこの者をどこに連れて行くのでしょう?未来のほうがより高価なだけで、現在とほとんど同じかもしれません。