調理師助手メール 37週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 37週間目

257日目
また道中で山賊に襲われました。ズッキはこの世界に2種類の人がいると考えています。剣を抜いて自分の命を守る人と、藪の中に逃げ込む人です。ましなのは藪の方です。日よけにもなります。

258日目
アルトマーはなぜあそこまで真面目なのでしょうか?笑顔になることも、声を出して笑うこともありません。そこまで大変なら、ズッキは喜んで彼らを笑わせてあげます。

259日目
ズッキはとても満足できる実りの多い日々を過ごしてきました。残念ながら、今日はそうではありません。とにかく、この者はあなたの荷物を同封しました。

260日目
嬉しいことに、この者には敵がいません。ただし、友人から嫌悪されていることは認めなければなりません。

261日目
ズッキは子猫のころ、よくキャンディがほしくて祈りを捧げていました。やがてそれは神々の仕事ではないと気付いたので、キャンディを盗んで神々に許しを請うことにしました。この者は抜け道を見つけることを得意にしています。

262日目
旅を通して、ズッキは賢い知恵を身につけました。その中でも特に賢明な知恵は「たいていは何もしないことが最善であり、何も言わないのが常に得策である」です。若者にはこれが理解できません。子猫たちが学ぶことを拒むのなら、ズッキはなぜ自分が過ちを犯してばかりなのか分かりません。

263日目
この世界には犯罪や悪事が溢れています。これがズッキの悩みの種です。この者は悪事が減るか、悪事から利益を得る機会が増えることを願っています。