助手 仕立師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫- Part 7The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 12週間目

78日目
昨日の荷物がどこにも見つかりません。配達人に手渡すのを見たとロウ・ネックは言うが、そんな覚えはありません。そちらには何か届いたでしょうか?ロウ・ネックに嘘をつかれたことは1度もありません。もう少し休んだほうがいいのでしょう。だからと言って、そちらへの配達に影響することはありません。

79日目
大波で船が3艘、アンヴィル港に流されてきました。1艘は巨大な青い炎の塊に包まれ、残りの2艘は、船そのものが叫びを上げ、痛みを感じているみたいでしたが、やがておさまりました。3艘とも私の船荷を乗せていて、船長たちは現在、航海を拒んでいます。

80日目
今日何十艘もの襲撃船がアンヴィルに戻って来ました。襲撃は失敗に終わり、街に緊張が漂ったと聞きます。少なくともここ2、3日は日が暮れたら外に出ないようロウ・ネックに警告されました。まるで襲撃者は大きな戦いに負けたから、小さな戦いを好んでいるかのようです。

81日目
6人ほどのアンドーンテッドたちが襲撃者たちを怒らせました。酒場での争いは手が付けられなくなり、彼らは引き下がりませんでした。この手の場合、歯が何本か折れるくらいが関の山ですが、今日は違いました。ミズンマストの円材から人が吊るされるのをこれまで見たことがありませんでしたが、今日だけで6回も見ました。

82日目
悲報です。夜明けに、帝国軍の鎧姿の騎兵がはるばるアーケイの祠へ向かう巡礼者たちを襲ったといいます。今朝聞いて回りましたが、詳細を誰も知らず、襲撃があったことすら知らない者もいました。帝国の騎兵か、盗んだ鎧を着た山賊でしょうか?しかし数十人が死んだとあってはもはや関係ありません。

83日目
お気に入りの酒場に行くことはもはや許されません。アーケイの巡礼者たちの虐殺の噂は昨夜アンヴィルに届きました。なぜ私は昨日の朝には知りえたか?睡眠中の出来事なのに!そう言われても、なぜ知ったか思い出せません。彼らは私のことを怖がっているでしょう。今の私が何よりも避けるべきは、酒を飲むことです。

84日目
ロウ・ネックの話では、私は寝ている最中にジェルのことを口走ったそうです。もっと心配すべきだったのでしょうか、学んだことのないアルゴニアン語を話したことも、睡眠中の寝室に助手がいたことも。彼は指輪を盗もうと宝飾品の箱の中を物色していたといいます。だからと言ってなんの気休めにもなりませんが。

仕立師助手メール 11週間目

71日目
今回の手紙もミス・フィリの助手のロウ・ネックが書いています。彼女はとても几帳面なので、旅が長引いたときに備えて、あなたに送る予定の荷物がいくつも用意されています。長期の休みも、旅が長引くうちに入りますでしょう?なので私は毎日あなたに小包を送りますが、彼女の旅が3週間以上長引く場合には、それ以降送れるものは備蓄品の測径器のみになります。

72日目
ロウ・ネックです。ミス・フィリの持ち物に目を通していたところ、黒い編み目のある銀の布を見つけました。腐った卵のような変なにおいがしました。これを別のにおいがきつい物と交換してもらい、ベッドの脇に置きました。彼女は塩漬けの魚のにおいが嫌いなので、目を覚ます役に立つかもしれません。

73日目
再びロウ・ネックです。ミス・フィリが休んでいるあいだ給料をもらえないため、彼女が金をしまっている金庫から給料分をいただいています。この施錠された金庫は、ガラクタが積まれた手押し車の下にある隠し扉にしまわれており、古いタペストリーがかけられています。偽の金庫のほうが本物よりも鍵が多くかかっているのを知ってますか?賢い女性ですね。

74日目
今回もロウ・ネックが書いていますが、もう少しでお役御免です。嬉しいことに、ミス・フィリは快復に向かっています。私の顔を見て叫ぶこともなくなり、かなりの進展です。涙ながらにブツブツ言う回数が増え、ときには八大神に祈りを捧げています。試しにおかしな帽子をかぶってみましたが、叫び声を誘発するだけでした。

75日目
先日の私の病気をお許しください。不在時のために残した指示にロウ・ネックが従ってくれたことは承知しています。給料を上げてやりました。つまり、私の利益から少しくすねることに同意したということです。まだ体調は万全ではありませんが、あなたに荷物を送ることはできます。

76日目
助手の話では、私が思っている以上にあなたは私の病気の詳細を知っているといいます。私が何か不適切なことを言っていたとしたら許してください。まだ自分の身に何が起きたか完全には理解できていません。ハーピーの件で戦士ギルドに怒りの手紙を書いたのは覚えていますが、それは何週間か後のことです。インクに毒でも入っていたのでしょうか?念のため確かめておきます。

77日目
歌っている、歌っている、まだ聞こえる。彼らはやめようとしない、なぜやめない

仕立師助手メール 10週間目

64日目
どんなことがあっても、シーエルフに、結び目のある糸を投げるよう頼んではなりません。同じカーニバルで訓練されたと思われます。糸へ手を伸ばす動作を真似した方法で。そして、その大半は女性なのです!私はその場を去りました。エルフの残りとマオマーとがどれほど違うかには興味はありません。

65日目
今日、奇妙な荷物が届きました。包みがいつも使っているのと同じだったので、積み荷が返品されたのかと最初は思いました。ですが包みの中は塗装された箱で、開くと中身はベッドシーツ大になる真新しい銀の布だったのです。これは私の便宜に対するあなたのお礼でしょうか?もしそうなら大いに感謝します!服の編み模様も気に入りました。

66日目
銀のシーツの贈り主があなたでないことに気づきました。早とちりを許してください。ですが、すばらしいベッドシーツなのは変わりありません!昨夜不思議な夢を見ました。要塞の外に立っていると、奇妙極まりない歌が聞こえてきましたが、歌詞が聞き取れません。音痴でなかったら、歌って聞かせるところです。歌ってみるべきでしょうか?無理でしょう…満足に歌えるはずがありません。

67日目
今日は夜明け直前に起きました。あの歌がまた聞こえてきます!鼻歌で歌えましたが、歌詞はまったくわかりません。4ヶ国語を話せるのに!これを前に聞いた場所は、要塞だったでしょうか?おそらくそうです。夢の中で私は扉を叩いていました。不思議な場所でした。この荷物を送ったらひと眠りしましょう。銀のシーツはとても暖かいです。

68日目
私が歌詞について理解できているのは、この歌詞が入口への鍵で、歌は回転しうごめき完璧で、この歌をあなたと分かち会わなくてはならず、それは私の義務であり真実だけれど、アージェント・コードを送り出せず、この歌と手を切ってはならないし、さもなければ、歌が私の元を立ち去るだろうが、歌に終わりはなく、終わってはならないし、さもなければ、全部は消えてしまうだろう

69日目
歌うのを助けることは大声で止めさせることです

70日目
私はミス・フィリの助手のロウ・ネックです。彼女は重い病気を患っているため、快復するまで、あなたへの小包は私が送ります。彼女は自分のことを話したがらない人なので、病気の詳細を知られるのを望んでいません。彼女に配慮して、彼女が深夜に叫び声を上げ、耳をかきむしっていたことや、外傷はほとんど治るだろうことも口外するつもりはありません。

仕立師助手メール 9週間目

57日目
悪い知らせです。塔はもぬけの空で、あるのはテーブル1台。その上には紙とペンとインク瓶。紙の最初に「取り引きしたい物」と記されていました。腹いせに「お前のせいで奪われた睡眠」と書き、塔の中で眠りにつきました。朝、その紙を記念品にしようと探しましたが、夜のうちにどこかへ飛んで行ってしまったようです。だからまたペンを取りました!

58日目
ほぼ手ぶらでアンヴィルへ引き返しました。普段から信頼している情報源とはいえ、うますぎる話でした。ロウ・ネックは、少なくとも魚の干物の樽で利益を上げることができました。スパイスだけが、こうした積み荷の在庫として資金源になってくれます。

59日目
盗賊ギルドにはいつも用心しましょう!倉庫から上等な布を盗む相手を見つけるのなら、どんな街の衛兵よりも、守りを固めたほうが役に立ちます。彼らが何よりも避けたいのは、ばらばらに争うことです。

60日目
ある行商人が、遺物をダークアンカーから得たと言い張って売ろうとしていました。アンヴィルに来たのは初めてらしく、アンヴィルの船乗りたちはかなり迷信深かったようです。取り引きが終わると、男は一目散に町を出て行きました。こうしたことをいつも私は市場から学んでいます!

61日目
ここの嵐はひどいものです!この荷物があなたに届くか自信がありません。届かなかったら、次回の荷物を2倍にしようと思います。そういうわけですから、積み荷がどんなに水を吸っていても許してほしいのです。

62日目
先日、鍛冶屋の見習いから求婚されましたが、丁重に断ろうとしましたよ。大がかりな旅とそれに伴う危険の中、人間関係を保つことは難しいのです。今のところ私が唯一愛せるのはこの仕事と、クマの前脚でできたスリッパだけです。履き心地が最高なんです。オルシニウムに行くことがあったら、探してみるといいでしょう。

63日目
戦士ギルドの任務で、愚か者3人が、近くのゴブリンの部族を殺しました。この部族は、キャラバンルートのそばのハーピーを減らすために私が雇ったゴブリンたちでした!もし私が皮肉屋だったなら、戦士ギルドはもっと金になるハーピーの任務を探していると思ったでしょう。彼らはゴブリンたちの20倍の金額を請求するんですよ?おかしいです!

仕立師助手メール 8週間目

50日目
あらゆる神々を讃えることこそ何より大事です。「皇帝に仕え従え」と命ずるアカトシュでさえもです。彼があの混乱を鎮められるように、10分の1税を彼に課しています。アイレン女王、スカルド王ジョルン、上級王エメリック、あるいは誰でも。あなたでさえも!誰であろうと、皇帝たちは仕事に適した存在です。

51日目
10匹を超えるゾンビが、海からアンヴィル港へ向かってよろよろ歩いてきているそうです。ギザード・カッターのクルー全員が1つになって、丘へ逃げてきました!アンデッドにまつわるレッドガードの迷信を聞いたことがありますが、実際に見た事はありません。スリーク・クラウズのカジート船員はゾンビを殺し、ギザード・カッターの要塞を襲いました。正直言って、少し笑えてきます。

52日目
好ましいレートのときの頻度と量についてなぜ勉強熱心なのか不思議に思うかも知れません。提供できるサービスの一環ですけれども、言葉のつながりが、仕事の多様なチャンスをもたらすのです。ある意味、あなたの評判こそがその積み荷の資金を生み出しているのです。

53日目
「石から血を絞り取る」かそれに類する言葉を聞いたことがありますか?私が会った魔術師ギルドのメンバーは、この言葉が悪名高いガーゴイルの実験に関係していると言い張りました。その言葉を信じていいかは分かりません。彼はヴァヌス・ガレリオンは生まれたときはスノーエルフだと断言したが、私が断言できるのは、彼が酔っぱらいすぎだということです。

54日目
説明する時間はほとんどありませんが、今からアリクル行きの船に乗らなくてはいけません。これが最新の荷物となります。乗船中、あなたに連絡できなければ、来週届ける分は、助手のロウ・ネックが手配してくれるはずです。

55日目
ケフレムで初めて陸地を見ました。もっと乾燥した場所だと予想していましたが、西部の水は清涼でした。それに吉報があります!アリクルの荒野の奥深くに魔術師がいて、信じられないほど魅惑的な品を取り引きしているという噂を聞きました。ですが取り引きは満月のとき、つまり暦によると2日間しかありません!明日、彼の塔に行ってみます。

56日目
サソリが巨大なのは知っていましたが、馬よりも大きいとは予想外でした!幸運にもサソリは身のこなしが手こぎボートさながらに優雅で、前へ進む動きが酔っぱらった船乗りのようでした。こういう相手を避けるのは昔から慣れています。借りた馬も、クリーチャーを避けることを熟知していました。今も相変わらず魔術師の塔へ向かっています!