付呪師助手メール 35週間目

244日目
タヴァミンの村を出た後、エロン・ソルトはこれまでにないほど腹を立てて魔術師の話をしていました。その言葉遣いはウィンドヘルムの下水よりも汚い表現ばかりでしたが、「奴の気管でネクタイを作ってやる」というのが特に良かったです。そうすれば話せなくなるからですよね?それとも思い悩むから?まあいいでしょう。

245日目
修道院に到着しました。タヴァミンの紹介状を読むと、ヴェラン修道院長の顔は極めて青白い灰色になりました。追放者の遺跡について聞くと、「その名前を言うな!」と叫んで、自分の書斎から走り出ていきました。逃げながら悪魔を撃退する仕草をしていました。部屋の主人が逃げたら、どうすればいいのでしょう?(お茶はもう飲み終えました)

246日目
ヴェラン修道院長には対話を拒まれました。修道院にいる修道士たちには、優しくかつ断固たる態度で退去を迫られ、エロン・ソルトも立ち去りたがっていました。司祭にはたいてい死が迫っているので、悪運をもたらすと考えているのです。君の世話の仕方を心得てるだろうと言ったら、舌を結んでやると脅されました。それ以上は何も言いませんでした。

247日目
盗まれた馬に乗っているようです。エロン・ソルトから夜明け前に起こされ、修道院で見掛けたまだらの月毛馬に乗るように説得されました。鞍頭の革には装飾的な「ヴェラン修道院長」の文字が縫われていました。かつての仲間に伝えると、彼女はその縫い目をこすって消し、私の勘違いだと言いました。賞金稼ぎが相手の時は、ただ同意しておくのが得策です。

248日目
大急ぎで、そしてほとんど話さずしかめ面ばかりしているエロン・ソルトの助けを借りて、追放者の遺跡に戻りました。ヴェロスリル姉妹社は契約により、9週間以内に付呪の素材を回収する義務があり、明日がその最後の日なのです。もちろん、もっと準備する時間があればよかったのですが。答えよりも疑問のほうが見つかるので、心細いものです。

249日目
今日はヘクル、追放者の遺跡に入ります。契約内容を遂行し、珍しい付呪の素材を木枠箱一杯に回収するつもりです。薬は持っていますし、付呪がかかった短剣を貸してくれるようエロン・ソルトを説得しました。私、緻密なシクスルは、あなたのためにこの調査を成功させるため、できることを全てやりました。アバヴァーロア。

250日目
我々ヴェロスリル姉妹社は、従業員シクスルの死去を知って落胆しています。ご迷惑をおかけしたお詫びとして、この荷物をお届けします。現在我々は、お客様のお仕事を続行できる、特に腕の立つ従業員を調査中です。それまでは、備蓄を持っている有能な調達者、ヴァリーン・フランに担当させます。

付呪師助手メール 34週間目

237日目
トロールと戦いました!と言っても、私が透明化の薬を飲んで弱点を叫んでいる間に、エロン・ソルトが戦ったのですが。驚くほど効果的で、彼女から見直されたようです。今朝も、彼女のうなずき方は皮肉ではなく敬意を示した感じでした。次はトロールの巣を探します。

238日目
調査の結果、トロールがエロン・ソルトと私を襲ったのも不思議ではないと分かりました。巣の中には、割れた薬の瓶や様々な魔法用装具が多量にあったのです。どうやらあのトロールは付呪が好きだったようです!幸い、その残骸から回収できた素材で、私の備蓄も回復しました。トロールの毛は気にしないでください。

239日目
今日は小さな村に到着しました。行商人を食べていたトロールを私たちが殺したことで、地元民は喜んでいました。この件を聞いて特に喜ぶであろう、地元の魔術師について教えてくれました。彼の指示はずっと達成されていなかったようです。明日彼の家に向かいます。もしかしたらアイレイド語を知っているかもしれません。

240日目
トロールに困らされた村に住む魔術師のダヴァミンは、私がヴェロスリル姉妹社の従業員だと自己紹介すると懐疑的な様子でした。名前をはっきり思い出せなかったものの、私の雇用主に悪い評判があることは確信していました(私の表現よりもずっと失礼な言い方でしたが)。エロン・ソルトは蹴りを食らわせてやろうかと言っていました(実際にやりました)。

241日目
怒りっぽいダヴァミンをなだめましたが、エロン・ソルトには抗議されました。私がダヴァミンにお世辞攻撃をする間、村の外で野営をするよう勧めました。お世辞が失敗に終わり、彼の甘い物好きを利用してみました。実験室中に様々な飴があるのに気付いたので、ブラック・マーシュの特においしいナメクジの飴を贈り、話し合いを始めました。

242日目
ダヴァミンによると、山賊に捕われている間にスケッチした文字は確かにアイレイド語だそうです。文字はヘクルという言葉であり、簡単に訳すと追放者という意味です。消えた遺跡は追放者の遺跡なのでしょうか?アイレイドは厳しいことで有名です。どんな理由で、仲間の存在を記録から消したのでしょうか?

243日目
毎月飴を贈ることを申し出ましたが、ダヴァミンからはそれ以上ヘクル、追放者の遺跡に関する情報を引き出せませんでした。しかし、しばらく前に魔術師ギルドから借りたアイレイド遺跡に関する本に印があった、ヴェラン修道院長宛てに紹介状を書いてくれました。彼が原稿の写しを作ったのなら、原本を見られるかもしれません。

付呪師助手メール 33週間目

230日目
山賊から危険な存在だと思われていないため、川の遺跡を自由に歩き回れます。明らかに魔術師ギルドの本にあった、アイレイド遺跡がエッチングされたパネルを5枚見つけました。6枚目は、装飾的なアイレイド語の言葉以外はすっかり傷だらけでした。今後のために、エッチングを取っておきました(この三つ目の想像上の身代金要求が、届いたものと仮定してですが)。

231日目
昨晩眠った振りをしていると、頭の上にマントを被され、背中に短剣を突きつけられました。静かに素早く動くよう言われましたが、真っ暗な中では難しかったです。しかしどうにかして、山賊に警戒されることなく川の遺跡を出られました。どうやら彼女は私の苦境に気付いた、通りすがりの冒険家のようです。救われました!

232日目
救われてはいません。冒険家だと思ったのは、実は私を探していた賞金稼ぎでした。魔術師ギルドに雇われたのだと思いますが、進んで話してはくれません。この配達を許してくれた時は正直驚きました。添えたメッセージを彼女は読んだと思います。救われてはいませんが、安全なようです。今のところは。

233日目
今日は賞金稼ぎに、消えた遺跡について問いただされました。主に、足取りをたどるように言われたのです。借りている魔術師ギルドの本を見せた時、反応を見せなかったのは変だと思いました。彼女は雇い主に手紙を送る予定があり、寛大にもこれを一緒に送ることを許してくれました。

234日目
賞金稼ぎはヴェロスリル姉妹社に雇われていました!特定の日付までに消えた遺跡の中に入らなかったら、私を探し出すように雇われたのです。今後は、私が付呪の素材を手に入れるまで付き添われます。監視役のようなものです。賞金監視役ですね(彼女に嫌そうな顔をされました)。

235日目
ついに賞金監視役の名前がエロン・ソルトだと分かりました。それだけを教えてもらうまで、随分と質問をしなくてはいけませんでした。彼女は特に自分のこととなると、口が重くなります。彼女が来るまで私は単独で移動していました。彼女が話さないなら、一人の時と同じように行動し続けます。鼻歌には慣れてもらいましょう。

236日目
川の遺跡で調べられることは全て調べたので、次の仕事は中で見つけたアイレイド語の言葉を翻訳することです。消えた遺跡について、貴重な情報が明らかになるかもしれません。付呪の素材が急激に減っているので、特にそう願います。大丈夫、必要になれば別の入手先を見つけます。契約は契約ですから。

付呪師助手メール 32週間目

223日目
下水道では、汚れの中に黄金を見出せるようです。これまでしっかりと荷物を配達してくれている代替の配達人から、抱えている問題について聞かれました。魔術師ギルドとのもめ事を説明すると、その新しい仲間は面白い荷物を街の外へ届けることを申し出てくれました。私です!じきに本来の仕事ができるようになるはずです。

224日目
もし干し草の中に隠れながら動く荷車に乗ったことがないのなら、感想を教えましょう。まず、まったく心地よくありません。上にかぶさった干し草では、荷物が激しく揺れながら道を進む衝撃を和らげてはくれません。次に、干し草は硬くて痛く、分厚いうろこにも傷が付くほどです。最後に、自由になるための旅路ならやる価値はあります。

225日目
今日は友人である代替の配達人に、気持ちのこもったお別れを言いました。一時的に借りている魔術師ギルドの本を調べていると、ある日の行程で別のアイレイド遺跡に触れているのを見つけました。ヴェロスリル姉妹社から調査を任された、元のアイレイド遺跡に光を当ててくれるかもしれません。ウェルキンド石のように。

226日目
小さな川の近くで二つ目のアイレイド遺跡を見つけました(最初の消えた遺跡と混乱しないように、これを川の遺跡と呼ぶことにします。あ、消えた遺跡!名前が付きました)。残念ながら、川の遺跡には入れませんでした。中で10人ほど野営しているのです。全員武装して。明日は、何者なのかを突き止めるつもりです。

227日目
川の遺跡で野営している者たちは、ほぼ間違いなく山賊です。随分と自分に満足していて、武器よりも栓をしてないワインを持ち歩いてるほうが多いようです。最近になって、大量の黄金につながる道を見つけたのでしょう。そのような精神状態なら、間をすり抜けて川の遺跡に入ることは簡単なはずです。

228日目
川の遺跡の山賊に捕われています。のんきな酔っぱらいにしては警戒していました。誰も字が読めないと分かったので、これは私の後援者に対する身代金要求だと言って納得させました。ご心配なく。私が極めて緻密なシクスルと呼ばれているには理由があります。もうすぐ、この不利な状況から抜け出す方法を考え出します。

229日目
私を捕らえた山賊は、一人目が支払わなかった場合に備えて、二人目の想像上の後援者に対する別の身代金要求と一緒に、これを送ることに同意してくれました。強欲は便利な動機です。山賊仕事をせずに、ただで金が手に入るかもしれないという見込みが連中を引きつけたのです。ところで、私がどれだけ荷物を送ることに力を尽くしているかお気付きでしょうか。

付呪師助手メール 31週間目

216日目
魔術師ギルドに入る計画は川が流れるように進みました。これはアルゴニアン流の言葉遊びです。楽しんでもらえましたか?とにかく、アイレイド遺跡に関する役立ちそうな本を見つけました。というのも、本には鍵がかかっているのです。おまけに、ヴェロスリル姉妹社の従業員には売らないこと、というメモが付いていました。その意志を尊重して、借りてきました。

217日目
魔術師ギルドは、アイレイド遺跡に関する鍵付きの本が行方不明なことに気付きました。技術的に言うと私は逃走中です。取り急ぎ失礼します。

218日目
ブラック・マーシュでは敵対的な生き物に追われると、沼の奥に隠れるものです。しかし私はブラック・マーシュにいるのではなく、敵対的な生き物は魔術師ギルドの怒った賢者です。後を追われる可能性の低い場所へ行きました。特に汚い下水道です。荷物を送るため、一時的に外へ出ました。中身は洗うことをお勧めします。

219日目
賢者に嗅ぎつけられました。ほら、下水道にいたから?忘れてください。下水道に戻ると、何人かの人に出くわしました。立派な市民で、既成のものとは異なる配達方法を専門としています。あなた宛ての荷物も届けてくれると言ってくれました(ただし、もし何かがなくなっていたら教えてください)。

220日目
逃げ込んだ下水道で利用できるのは、代替の配達方法だけではありません。店に属していない錠前屋もいるようなので、起業家を利用してみました。魔術師ギルドから借りたアイレイド遺跡に関する鍵付きの本は、彼が開けてくれます。それまでは、私物からの品をお受け取りください。

221日目
多少の混乱があったことを告白します。魔術師ギルドがヴェロスリル姉妹社関係者に渡したがらなかった本ですが、あれにはヴェロスリル姉妹社から指定されたアイレイド遺跡の情報は載っていませんでした。本はタムリエルからアイレイドが消えてからはあるか後になって書かれていました。しかし、アイレイド遺跡全体がどうして消えるのでしょうか?

222日目
急ぎの配達で失礼します。どうやら追われているようです!まったく役立たずな魔術師ギルドの本を借りたことで、賢者が私に賞金をかけたのです。荷物を自分の手配用ポスターで包んで申し訳ありません。たくさん剥がしたのはいいものの、そのまま無駄にできない性分なのです。

1 2 3 7