助手 付呪師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 42週間目

293日目
エロン・ソルトの死は私に責任があると思います。あれが始まる前、アバヴァーロアと何度もつぶやいていました。どうかしてるという意味で、あなたはバラバラになると言ってやったのですが、数時間後、文字通りになりました。どういうことでしょう?誰かの運命を私の声で決められるなら、昔の家主はとっくに死んでいるはずです。

294日目
今日、エロン・ソルトを埋めました。彼女の故郷ではどう埋葬するのか、どんな言葉を言うのか分かりません。ただ、敵討ちの精神については知っています。

295日目
エロン・ソルトの最期は私の言葉と一致しました。誰かの言葉が誰かの死につながったのはこれが初めてではありません。ダヴァミンはエロン・ソルトをいら立たせ、彼女がふと彼の死を願ったらそれが現実になったようです。まるで彼らはキンドルピッチに覆われ、死の願いが火の付いたたいまつだったかのように。言葉が火を投げられるなら、キンドルピッチを広げるのは何でしょう?

296日目
ヴェラン修道院長が最も恐れていたのは、追放者の遺跡の真の名前でした。「3度書かれ、1度罰される」とは?私の記録によると、シクスルは3度書きました。彼が川の遺跡の壁から作った図を数に入れなければ。数に入るでしょうか?私は自分が何度書いたか分かりません。2度?3度?送った手紙の中だけです。まだ持っていますか?調べてくれますか?

297日目
ヴェラン修道院長は「言葉のために来る」と言ってから「アバヴァーロア」とずっと言い続けていました。自分の言葉が「禁じられた象徴」になり、アイレイドのその言葉に取って代わられたのです。ダヴァミンの日記はその言葉を繰り返していました。エロン・ソルトの手紙もです。何らかの伝染?始まったら破滅を表す?何らかの呪いに思えます。

298日目
呪いはデイドラのものに違いありません。何らかの知識の罠です。知れば知るほど危険に近づく。まるでクワマーが熱源に近づき、火口だと気付かないでいるように。一度そこに入ったら、他の誰かが発する悪意ある言葉によって、灰になるまで落ちるだけです。生き延びる方法は、言葉を避けることです。修道院での生活のように?

299日目
もうやめます。これ以上関わりたくありません。どこかの辺境へ逃げて孤独に暮らします。その前に、ヴェロスリル姉妹社から奪ったものを全て返却します。連中が魂をデイドラのおもちゃにされたいなら、勝手にすればいい。あなたは?私の手紙を全て焼いて、ヴェロスリル姉妹社との関係を絶つことをお勧めします。アバヴァーロアに成り次第。

300日目
我々ヴェロスリル姉妹社は、前従業員のヴァリーン・フランによる職業意識に欠けた言動を突き止めました。彼女は準備の足りない遠征をしていた間もお客様宛に荷物を届けていたため、厳密に言うとお客様との契約には違反していません。そのため、今後の全ての配達については我々が直接取り計らいます。ご理解ください。

付呪師助手メール 41週間目

286日目
ヴェラン修道院長が話しました。そのために誇れないような行為をしましたが、必要なことでした。何度も「3度書かれ、1度罰される」「言葉のために来る」と言って、ヘクルのことかと聞くと悲鳴を上げて何かを言い始めました。理解できませんでしたが、半分は「アバヴァーロア」でした。あれほど怖がった者は見たことがありません。

287日目
あっという間でした。ヴェラン修道院長がホックから無理矢理下りて、小屋から飛び出したのです。追いかけるとアバヴァーロアとばかり叫んで、どんどん苦しそうになっていました。そして頭から谷間に飛び降りたのです。手を上げもしませんでした。落ちながら一言、自由とだけ言いました。そして脳みそを谷底の岩で打ち砕いたのです。

288日目
疲れました。怖いです。監視されているような感じがしますが、気のせいなのでしょう。明日は街へ戻る旅路を始めます。真っすぐ魔術師ギルドへ向かい、大した内容のない本にどうしてこれほどこだわるのか、説明を求めます。何が起きても構いません。事の真相を知りたいだけです。

289日目
私はエロン・ソルト。ヴァリーン・フランの身を預かっている。そちらに手紙を送ったと聞いている。ヘクルについて何を聞いてるか知りたい。探しにいくので返信の必要はない。

290日目
何かがアバヴァーロア。即刻アバヴァーロア・シスターズに連絡を。ヴァリーン・アバヴァーロアを止めて。彼女は自分が気付いてる以上にアバヴァーロア。助けて。アバヴァーロアを失いそう。アバヴァーロア。

291日目
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア
アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア アバヴァーロア

292日目
エロン・ソルトが死にました。まるで誰かがニット帽の毛糸を抜いて、糸の山だけになるまで引っ張ったかのように、彼女が目の前で解ける姿を見ました。何も叫びませんでした。ただそこに立って、顎が地面の上で骨と血の細い糸になるまで、繰り返しアバヴァーロアと言っていました。私はホックを外して逃げましたが、次に何をすべきか分かりません。

付呪師助手メール 40週間目

279日目
アバヴァーロアは、シクスルが最後にヴェロスリル姉妹社へ報告した際の最後の言葉でした。今朝それを思い出し、危うく甲板長のハンモックから落ちかけました。あの時はアルゴニアン語のさよならか、幸運を祈る言葉だと思ったのです。これについてはダヴァミン以外に出所がなく、シクスルは日記を見ていませんでした。どうやって知ったのでしょう?

280日目
明日、リトルスクラッパー号が入港します。今夜は比較的落ち着いた最後の日を、カジートの甲板長と過ごします。何週間も前に私から逃げたネレイドの話をしたら、自分たちは何よりも呪いを恐れると言いました。私には何の呪いがかかってるのか聞くと、「熱い女の不愉快な美しさ」と言われました。みすぼらしい海の猫が恋しくなりそうです。

281日目
シクスルが訪問した内気な修道士、ヴェラン修道院長を見つけなくては。彼は追放者の遺跡について、認めている以上のことを知っていました。追われるのに疲れ、答えが欲しくなっています。話さないなら強制します。彼が信じる、偽神による罰など怖くありません。

282日目
一時的に馬を所有しています。2週間だけ借りている老いぼれ馬です。ヴェラン修道院長の元まで歩くのと速さは変わりませんが、ブーツの底をすり減らすより、パンツの尻をすり減らすほうがいいのです。

283日目
どうして移動の記録を残しているのか疑問に思うかもしれません。あなたはある意味での保険です。もし捕まったら、逃がしてくれるのと引き換えに、大量のルーンストーンの隠し場所を教えます。以前の同僚と同じ運命になったら?その時は魔術師ギルドや同盟、その他の聞く耳を持つ誰かに渡せる記録が残ります。それが私の希望です。

284日目
修道院で成果はありません。修道士たちはヴェラン修道院長の邪魔はできないと言い張り、病気だと言っていましたが、司祭服を着て気取ったバカどもは嘘が下手です。シクスルによれば、ヴェラン修道院長はアイレイド遺跡に関する本の原本を、魔術師ギルドのために複写しました。追放者の遺跡についての記述を見たはずです。何としても調べ出します。

285日目
ヴェラン修道院長を拉致しました。転ばぬガエレレスが引っ掻け鉤の投げ方を見せてくれた時、注意を払っていたことが役立ちました。人里から離れ、この時期には使用されない、狩人の小屋に連れてきました。捕らえられてから無言のままですが、時間の問題です。狩人の小屋には狩りの道具があり、獲物を吊るすホックもあります。

付呪師助手メール 39週間目

272日目
エロン・ソルトが辺境の村で私を探しているのなら、旅を始めた街こそが最も安全な場所でしょう。食料も少なくなっています(トロールの糞の中に生えたキノコを食べるのは絶対に嫌です)。

273日目
トロールの糞のキノコですが、使い道を見つけました。それを下剤として使う、船上の薬剤師と取引すればいいのです。代償として私は、停泊中の船にあるハンモックを出港日まで借りました。幸い、ヴェロスリル姉妹社は倉庫長を買収して港を監視してはいません。同盟の密偵の財布と競い合うのは、容易ではありませんから。

274日目
魔術師ギルドに接触しました。シクスルによれば彼らはヴェロスリル姉妹社を嫌っているようですが、理由が分かるまでは名前を出さないでおきます。明日、アイレイド語に詳しいギルドのメンバーと会うことになりました。彼ならアバヴァーロアの意味を知っているかもしれません。前に聞いたことがあるような気がします。

275日目
アイレイド語の学者によれば、「アバヴァーロア」とは「禁じられた象徴」という意味だそうです。私の質問に驚いた様子で、不審に思い始めたようでした。シロディールで見つけた遺物がらみの作り話をしましたが、私が立ち去ると賢者に話し掛けました。彼女は私を捕らえるよう達人に合図したので、私は逃げました。

276日目
船に戻り、どうやら安全なようです。魔術師ギルドも倉庫長を買収してないようです。次の行動を考えなくてはいけません。それから、髪の毛を絞ることも。酢漬けのスズキが入った樽に隠れる必要があり、戻った後、カジートの甲板長から引っ切りなしに皮肉を言われています。ほとんどは無礼ですが、詩的な時もあります。

277日目
リトルスクラッパー号は今日出航で、私も同行します。ヴェロスリル姉妹社の賞金稼ぎ、魔術師ギルドの達人…次は誰に追われるのでしょう?もちろんカジートの甲板長は(賢い者も)除きます。

278日目
追放者の遺跡がこれほど関心を集め、ダヴァミンの日記に「禁じられた象徴」を意味するアイレイド語が並んでいた理由は?「禁じられた字句」なのでしょうか?それなら「アバヴァーロア」は追放者の遺跡、ヘクルのことかもしれません。でも、そもそもなぜ現れたのでしょう?

付呪師助手メール 38週間目

265日目
ダヴァミンは死んでいました!2週間ほど前、自宅でざっくりと首を切られ、声帯が蝶結びにされているところを発見されたのです。エロン・ソルトの仕業でしょう。彼女が望んだ最期ではありませんか?

266日目
私に失望しないでほしいのですが、ダヴァミンの実験室に押し入りました。日記を回収しましたが、まだ読む時間がありません。実験室からこっそり出るところを他の村人に見られたらしいのです。これは彼らの厩から書き、素材を配達用の袋に入れています。どうやら追っ手をまいたようです。

267日目
間違っていました。まだ怒った村人たちに追われています。逃げなくては。

268日目
古いゴミだらけの洞窟を見つけて入りました。割れた瓶に悪臭、漁ったような痕跡も。シクスルとエロン・ソルトが根こそぎ素材を回収した、トロールの巣に違いありません。二人がトロールを殺したので、私は安心して休んで、ダヴァミンの日記を調べられます。少しの間。

269日目
村の鍛冶屋に関する好色な噂話が驚くほどたくさん登場したのを除けば、ダヴァミンの日記には錬金術に関する覚え書きや補充のメモ程度のことしか書かれていませんでした。暗くじめじめとした洞窟の中に座り、トロールのゴミの強い悪臭が鼻を満たしています。私の兄弟なら、間違った決断の匂いだと言うでしょう。否定できません。

270日目
成功!少量の青い油と酸化物を使って、ロウソク大の炎が明るい薄青の光を何日間も放つ、魔術師の芯を作りました。それが燃えている間、ダヴァミンの日記の余白部分に、薄青のインクが使われているのに気付きました。特別なインクで、考え事が簡単には見えないようにしていたようです!早速調べてみます。

271日目
ダヴァミンの日記の隠された記述では、シクスルとエロン・ソルトに会ったことに触れていました。次の記述では、さらに調べた結果、シクスルとの面会についてますます心配した様子が伺えます。その後の記述では、同じ言葉が何度も繰り返し登場しています。アバヴァーロア。アイレイド語のようですが、その意味は?

1 2 3 9