助手 調理師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫- Part 4The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 27週間目

185日目
また独りで旅に出て、またこうして品物のお知らせができて嬉しいわ。頭痛は良くなって、目のけいれんも止まって、悪夢を見ることもなくなったわ。肉体的な苦しみがなくなると、私の収集能力はずっと優秀になるわ!

186日目
サバンナの外れに到着して、前方にはヴァレンウッドが見えるわ。また日陰の中を歩けるのは嬉しいわ。もう既にいろんな品物を届けて、楽しく気分転換できているわ。変わった品物がいくつかあるから、ボズマーの村を見つけて取り引きがしたいわ。それに、あのロトメスをもう少し飲んでもいいわね。肉のビールなんて!気づくわけないわ。

187日目
森の魔法で、朝は背骨が固くなるわ!眠るために空き地に行って、寝袋を敷いて旅行用の毛布をかけた。旅に出てから何百回もやってきたようにね。目が覚めたら大きな洞窟の中にいて、何か木の霊魂のようなものが覆いかぶさっていたわ。木の霊魂の息は、キノコのような匂いだった。一応言っておこうかと思って。

188日目
この品物は、森の守護者の洞窟で集めたものよ。役に立つことを祈っているわ。後で分かったけど、森の霊魂は私の荷物からムーンシュガーのような匂いがしたせいで、近づいてきたみたい。喋れないみたいだったけど、ある種の精神の魔法で理解し合うことができた。霊魂が甘党だったなんて、想像がつかなかったわ。

189日目
霊魂に導かれて、森の奥深くまで入っていったわ。きちんと説明することができない景色を見たの。霊魂の世界の純粋な光は、私の魂と響き合った。光は過去のこと、未来のことを教えてくれた…霊魂の獣と出会い、獣は私の魂を見つめていたわ。

190日目
心からお詫びをさせてちょうだい。在庫を確認したら、あなたに品物を送ったのは間違いないんだけれど、送ったかどうか思い出せないの。唯一言えるのは、カジートの宴会から持ってきたケーキは、ムーンシュガーよりも濃い味がしたわ。最近の手紙で、もし私が何か変なことを書いていたら、本当にごめんなさい。

191日目
やっと意識がはっきりしてきたわ。ウッドエルフの親切なもてなしのおかげよ。彼らの習慣でテーブルに置かれた厄払いの植物を見て、ガヴィンを育てた時を思い出したわ。あの子は小さいころ、お肉以外何も欲しがらなかった。離れまでの往復で、私は食事制限の必要性を感じたわ。

調理師助手メール 26週間目

178日目
甘いお菓子、ワイン、ブランデー、キャンディー、キジ肉、鴨肉、鹿肉、子牛肉、シロップロール、ハチミツケーキ、リキュール、ミルク、お茶の試食がいよいよ終わり。この数日でニルンを一周できるぐらい食べたわ!今日から数日は、スープとパンを少しずつ食べることにする。どれだけムーンシュガーを摂取したかは考えたくないわね。

179日目
さて!慎み深い下僕、ガヴィンが戻りました!熱心な調査の後、ようやく叔母を見つけたのです。彼女を追うのがここまで大変だとは不思議です。まあ、いいでしょう。送った物資を楽しんでください!

180日目
叔母は反対しましたが、今日の交渉は全部カジートの言葉でやりました。ほとんど理解できなかったけれど、何とか仕事をやりとげたのです。でも、猫人たちは残念な会話しかできないようですね。悲しくなります。

181日目
また旅に出られるなんて。すっかり気分転換ができました。送る品物を確保するため、家にいる間は薄いシチューと古いパンを食べていたのです。旅の間も同じですが、全然違う理由で薄いシチューと古いパンを食べています!

182日目
また品を送ります!喜んでくれるといいのですが。正直に言うと、叔母は古風で頭の固い人です。こっちの冗談を理解せず、仕事上の助言を無視して、喧嘩をすることもない。それに全然酒も飲まない。おかしいと思いませんか?

183日目
友よ、言いにくいんですが、また仕事を叔母のノネッテに託すことになりました。家から知らせが来て、母が重い病気にかかったそうです。何の取り柄もない我が兄弟のアルフォンスは、まだ王の牢獄から出てきません。つまり、お気に入りの息子が母を介抱するしかないんです。また今度!

184日目
また…旅に出られて、とても嬉しいわ。怒らないで聞いてほしいんだけれど、妹からの手紙は偽物よ。ガヴィンは…問題のある子よ。ここ数週間で、もしあの子からの荷物が無事あなたに届いていたら、それこそ驚きよ。私は悪い叔母よ、わかってるわ。でも、彼は、決して、黙らないの!

調理師助手メール 25週間目

171日目
父が仕事を始めて、私たちの暮らしは救われた。父の死について…あるいは、その後の苦しみについて書くのは…興味がないわ。あの子の父が現れて、あなたが推測するとおり、財産管理を始めた、もう何年も経った。とても長かった。甥から仕事を引き継いでほしいと頼まれた時、すぐに心を決めたわ。

172日目
港に到着した。乾いた土地に戻ってこれて嬉しいわ。海で過ごした時間で、足は良くなって、心には悪かったわ。歩くのは楽になったけれど、気分が重くなったわ。また旅に戻ったら気持ちが晴れることを祈っているわ。筋肉も伸ばせるといいんだけれど。

173日目
最近の手紙を読んで、気を悪くしていたら謝るわ。私の家族の過去は、読んで楽しい話題じゃないわね。明るい話題を書けば、手紙はもっと歓迎されるわね。さて、今日はすばらしい旅になったわ。また品物を集めて(気に入ってくれるといいんだけど)気持ちが晴れて、いい気分になったわ。

174日目
エルスウェアの砂山とサバンナから、アルゴニアンの沼地へ。大きな変化ね。心から会いたいと思っていたカジートも、リザードフォークから同じくらい大きな変化ね。社交的で、友好的で、商売人たちの実に甘ったるい扱い…ああ、ここに来てよかった。

175日目
カジートの街は、ハイロックとはずいぶん違うわ。父ならきっとキャンプと呼んでいたでしょうけれど、私にはシンプルで美しいデザインに見えるわ。商売で私の故郷に行ったことがある旅人と話をしたの。対照的に、彼の仲間たちは私たちの建築物は籠のようだと感じるらしいわ。見る人によって大きく変わるのね。

176日目
エルスウェアの猫人はとても友好的よ。彼らの仲介業者も例外ではないわ。食べ物について大ざっぱに話す文化とは違って、カジートは品物を見せる時に自分で試食するの。会話の一部として、私もそうする必要がある。もし明日の朝になっても立っていられたら、あなたに素敵な品物を送るわ。

177日目
カジートの調達人たちと行動を共にして、今日で3日になるわ。こんな宴会は家族の邸宅があった頃の新年の祝祭ぐらい。1年の最後の日だからおいしい料理が食べられるのよ。携帯用のパンよりも味わい深いもののことを考えると胃が固まりそうだわ。歓迎はできないけど、新しい感覚ね!

調理師助手メール 24週間目

164日目
注意深い監視と的確な質問おかげで、ひとつの結論に達することができたわ。アルゴニアンの修道士たちは、みんな口が堅い。モンクの死について、何も証言は得られなかったわ…でも、調査を進めた結果、聖堂の近くに古代の立石があることが分かったの。きっと、さらに調査する価値があると思うわ。

165日目
昨夜は少し興奮することがあったの!立石は腐敗した教団が使っていたことが分かって、その教団員の数名が聖堂の管理者として忍び込んでいたの。老いた女性には幸いなことに、旅で過ごした時間が私の人生を自由にしてくれた!最も敬虔なモンクたちが教団を始末して、全ては許されたわ。八大神に感謝をしないと!

166日目
モンクたちのために正義の裁きの手助けをできて嬉しいけれど、あのおかしな人たちから必死で逃げたわ。湿地をそのまま旅するのは愚かな選択になったから、今は馬車で海岸に向かっているわ。エルスウェアへの船に乗るつもりよ。もちろん、しばらくは調達のプロたちに品物を用意してもらう準備は済ませてあるわ。

167日目
シャドウフェンの港から船で出発するのは、いつだって大変よ。でも、足を怪我している今、全てがより大変になってしまった。でも、これが最適な選択よ。沼地にはもうこりごりだし、数日間海の上で休息するしかないのは大歓迎よ。今日の午後、トパル湾で南に進路を変えて、それから海岸に沿って西に向かうわ。

168日目
海の上で書き物をする時間があるとは考えていなかったわ。貨物室の後ろの角に、落ち着ける小さな居場所を作ったのよ。お米を袋に入れて枕を作って、足は悪化しないように支えてあるわ。ハッチのカバーを机に使って…正直、最高の環境よ。書き物が本当に好きなんだって気がついたわ。

169日目
父の行商人としての物語を、また書き始めたの。書きながら、過去の困難を思い出すのは妙な気分ね。今あなたのためにしていることを、あのころもしていたのよ。未開の地を旅して、新しい顧客のために物資を見つけて…短期間で多くを学んだわ。ウェイレストの娘として過ごした頃より、ずっと多くをね。

170日目
この品物をまとめていた時、初めての狩りのことを思い出したわ。それからまた書き物に戻った。初めて雄ジカを仕留めたのは、私の人生の分岐点だったと思うわ。自分の手に血がついたのは、あれが初めてだった…それからお客様のために、動物をステーキにしたのよ。

調理師助手メール 23週間目

157日目
ここ数日、パクトについての噂をよく耳にするわ。私のガイドは、自分の仲間とダークエルフの間の同盟を強く支持している。彼女が幸せで嬉しいけれど、湿地で見かけたダンマーの中には、メッセージが伝わっていない人もいたわ。地元のアルゴニアンと話しながら、傲慢にニヤついていたわ。まったく。

158日目
アルゴニアンたちは自分たちの料理に誇りを持っていて、その独特な美味が今日送った品物で伝わることを祈るわ。ザリガニのサラダや湿地ウナギパイのような料理は、慣れるのに時間がかかるかもしれないけど、おいしいわ。唯一おすすめできないのは、のたうつガレットっていう料理よ。気持ち悪いわ。

159日目
サルトリスの畑で一日働いて、この特産品がどうやって作られるか直接見ていたわ。大都市にいる小ぎれいな人たちは、服に泥が吹きつけられたら災難だと思うでしょうね。でも、この村の人たちはほとんど一日中腰をかがめて、3つの地域を養う作物を世話しているわ。優先順位が違うのよ。

160日目
荷物が無傷で乾いたまま届いているかしら。できるだけ気をつけたけど、湿地の人たちには、ずっと…湿気がついているの。アルゴニアンが考えぬいて建設した聖堂施設に寄ってみたわ。彼らの建築は、とてもすばらしくて、深い献身は並じゃなかった。数日間、回廊で安らぐ時間を過ごすつもりよ。

161日目
聖堂で静かに数日過ごした時間は、あっという間に終わった。昨日の夜に散歩していたら、モンクの遺体につまずいたの!遺体を調べようとかがんだところで、聖堂の衛兵が角を曲がって現れて、私を見たの。私は今、モンクたちに殺人犯だと思われているのよ!喉にナイフを突きつけられないようにするのが精一杯よ。

162日目
また捜査に関係することになってしまったわ。今回は、助けてくれる親切な衛兵はいない。今朝、たっぷり時間をかけてモンクたちに説明をして、私が危険人物ではないと信じてくれたと思うわ。私は自分が無実だと証明するチャンスを与えられた。それを充分活用しなくちゃいけないわね。

163日目
死んだ男は、教団で尊敬されている人物だったようね。今日の夕方まで気づかなかったけれど、彼の死は一種の殺人儀式だったようだわ。もし私が注意を払っていなかったら、飾られた彼の死体につまずいていたでしょうね。切り傷、血、印…はっきりと示されているわ。