助手 鍛冶師 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

鍛冶師助手メール 42週間目

292日目
私は去ることにします。あなたには伝えておかねばと思いました。世界には他に何があるのか見なければなりません。私の道が正しかったと分かるのかもしれませんが、別の道が正しかったと分かるのかもしれませんが、別の道を試したらどうなっていたのか、思いを巡らしたくありません。今夜、ロスガーへ出発します。ウルベクがまだそこにいると良いのですが。短い間とはいえ、お仕えできたのは光栄なことでした。

293日目
良き鍛冶屋よ、本当に申し訳ない。今朝、ファロークが見習いを辞退した。あなたは、批判と取られるかも知れないことを言わなかったかね?彼はいつも非常に謙虚であり、あなたが元気づけようとして言ったことを、真に受けるとは思えない。契約の残りは、店から供給しよう。

294日目
こう言いたくはないが、ウルベクはファロークに悪い影響を与えたと思う。あれほど忠実な生徒が突然、数年間の勤勉を捨て去るとは、他の理由が考えられない。1つの腐ったリンゴが全体を腐らす。見習いを取るのに、門戸を広げすぎたのかも知れない。

295日目
ごく少数の落第という怠慢によって、ラウモントの名と「四鉄」の評判が傷つくことがないのは、分かっている。私が一番悲しいのは、無駄になった将来性だ。ファロークは他に頼らずとも、ほんの数年で師匠になっただろうし、ウルベクは悲願であるラウモントの商標を、オークで初めて冠しただろう。何という悲劇だろうか。

296日目
悲劇にも良いことはあった。私はウルベクが傷つけた先祖伝来の金床を修復し、自分の印を「四鉄」の上に残した。2代後の孫息子がラウモントの偉大な歴史を顧客に伝える時、誇りとささやかな楽しみをもって、この件を話すかも知れない。

297日目
各顧客との間で親密な関係を築きたいのはやまやまだが、残りの見習いの評価に対応しなければならず、当然のことながら、増加の一途をたどる「四鉄」への申し込みにも対応しなくてはならない。良い知らせというのは、その中に熱意のある鍛冶屋が少なくとも2人いることだ。

298日目
ウルベクはあなたに挨拶する。そして、突然去ってから手紙を打ち出していなかったことを悪く思う。ウルベクは家族と非常に忙しい。クラン・タムノッシュの抱えるドワーフの物の問題は、それほど悪くない。ウルベクはそのいくつかを打ち砕いて、試作品を打ち出した。ウルベクはこの手紙を打ち出し、あなたに送る。

299日目
試作品はうまく文字を打ち出すが、1ページの写しを繰り返し打ち出すのが一番良い。ウルベクが本の印刷版を打ち出したものの上に打ち出し終えたら、ウルベクは試作品で初の本を打ち出す。方法を完璧にしたら、ウルベクは言葉の細工師へ大きな需要があると考えている。

300日目
ウルベクの前には長き道があるが、良き仲間がいる。ファロークがウルベクを探しにやってきて、新しい冒険に協力すると決めた。言葉の細工師を始めた、最初の顧客のことは忘れない。言葉を打ち出す必要があると思う時は、ウルベクがあなたに協力する。私達の幸運を祈っていてほしい。

鍛冶師助手メール 41週間目

285日目
ウルベクが送られてきたのは、十中八九、新しい見方を与えるためだったと思う。それでも見習いとして、ラウモントの名の水準は高すぎ、到達できなかったのかも知れない。少なくとも、その明らかに広い肩幅に、非常に多くの先入観がある見習いとしては高すぎた。

286日目
「四鉄」の寛大な受け入れ方針にもかかわらず、卒業率はほぼ100%であることを、念のために言っておきたい。辞退という珍しい場合には、ほぼ間違いなく酌量すべき事情があるのだ。ウルベクが私達とともに留まると決めていれば、一流の鍛冶屋にさせていたことを約束できる。

287日目
こんにちは。ファロークと申します。ウルベクに代わり、供給を引き継ぐのが私の務めになります。彼の抜けた穴は大きいですが、埋められるように全力を尽くします。彼の信頼も、あなたの高い基準も、裏切ることはありません。

288日目
ウルベクは、本当にあなたの仕事を楽しんでいたことを、きっと知ってもらいたいと思っているでしょう。彼がここを気に入っていた様子はなかったかもしれませんが、あなたとやりとりすることで、特有の才能が明るみに出たのです。私に対してもあなたが鼓舞してくれるよう望むばかりですが、私は鍛冶屋でない自分を想像することができません。

289日目
私の家は、ラウモント師匠の家ほど長きにわたりクラフトを追及してきたとは言えませんが、剣と槌が家の一部となってからかなりの時間が経ちます。ウルベクの発見の旅に加わわりたいと思ったことは認めますが、私は彼のように自由な精神ではありません。父の鍛冶場に戻れば、身を固めなくてはなりません。

290日目
許してください、普段はこれほど率直に言わないのですが、共通の知り合いが私達を親しい間柄にさせるように感じたのです。話をしていた時の関係よりも親しく。そして本当のことを言うと、私は友が恋しく思います。

291日目
交易品を売る職業の者からこのようなことを聞くのは嫌でしょうが、私は初めて自分の道を疑うようになっています。私は常に期待されたことをしてきましたが、それが自分の望んだものであったかは、まったく疑ったことがなかったのです。

鍛冶師助手メール 40週間目

278日目
辛い時を過ごしているのは、ウルベクだけではない。クランの仲間から聞いたが、痩せこけたエルフが採石場を訪れ、たくさんのドワーフの物に攻撃させていると聞いた。ドワーフの品は生きているように動くが、金属製だとクランは言っている。魔法のようだが、ウルベクはあまり詳しくない。

279日目
良き鍛冶屋よ、ウルベクは何か変わった連絡を寄こさなかったか?鍛冶場では非常に注意散漫で、いつもの好奇心に溢れる態度ではない。今日の午後、危うく手を砕かれそうになり、罰を与えたのだが、それすらどうでも良さそうだった。あの子がこちらを見る様子から考えると、きっと何かが起きているのだろう。

280日目
ウルベクは悩んだ。手紙を読んで、鍛冶場のクランが大丈夫かどうか、ウルベクは分からなくなっている。クランの仲間から戻れとは言われていないから、問題は解決したのかも知れない。ウルベクは考えねばならない。

281日目
ウルベクはファロークに葛藤のことを話した。彼はドワーフの物について良く知っていることが分かった。ドワーフ達は打ち出すことと、つまらない仕事を物にやらせることに長けているとファロークは言う。ウルベクが思うに、「四鉄」は創造から利益を得るが、ウルベクはその将来性に興味がある。

282日目
ウルベクは「四鉄」の教育がウルベクのためにならないと決めた。ウルベクは本の打ち込みを続けたいが、それについてここで学ぶことはもうあまりない。間もなくウルベクはクラン・タムノッシュに戻り、学んだことを共有する。ウルベクが一番望んでいるのは、ドワーフの発明を見ることだ。

283日目
遅くなってすまない。今朝、性急にウルベクが見習いを辞退したことで、彼の仕事をもう一度割り振ることになり、目がくらむようだった。正直に言うと、この知らせは完全な驚きではない。私はあの子が困難を耐えられることを祈っていた。残りの注文は優れた見習いである、ファロークがうまくやるだろう。

284日目
オークであるウルベクには、成果を出すために相当なプレッシャーがあったのだろう。オーシマーの金属加工の評判は現実と区別がつかぬところまで粉飾されている。感受性の強い若者に目指させるには、明らかに不可能な水準となっていた。

鍛冶師助手メール 39週間目

271日目
ウルベクは打ち出しの本を打ち出すことを始めた。ウルベクは嫌々認めるが、小さな親方のラウモントはウルベクに色々教えてくれる。ウルベクは岩を打ち出すのと同じように金属を打ち出すが、打ち出し方は奥が深い。ウルベクはそれを序文に書く。

272日目
クラン・タムノッシュのために岩を打ち出していたため、ウルベクは家が恋しくなっている。家に手紙を打ち出すのが遅れているとウルベクは思う。「四鉄精錬所」に来てから、ウルベクが学んだことにきっと興味があるだろう。

273日目
良き鍛冶屋よ、私達は今まさに見習いの今季評価を終えようとしている。「四鉄精錬所」は、ウルベクと関わりがあったあなたの意見を歓迎する。この情報はもちろん機密扱いであり、間接的な成績のフィードバックにしか使われない。当然、意見を言うかどうかは任意だ。

274日目
ウルベクはあなたの支援に対してお礼の手紙を打ち出す必要があり、ウルベクが「四鉄」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客の気前が良いからだと、小さな親方のラウモントから言われた。あと、ウルベクは教育基金への寄付を頼まないといけない。すぐにウルベクが送る。

275日目
ウルベクはあなたの支援に感謝している。ウルベクが「四鉄精錬所」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客がいるからこそだ。ウルベクと似たような他の者が同じ機会を得られるように、あなたには教育基金に寄付することをウルベクは望む。

276日目
心配するな。あなたが「四鉄」に寄付するかどうかは、ウルベクはあまり気にしていない。もうウルベクが物を砕けるほどの額を送ってくれたと思う。ウルベクはあなたが最高の打ち出しをしていることを強く望む。

277日目
ウルベクは家から返事を受けた。クラン・タムノッシュはウルベクを誇りに思っていて、あれだけ小さな男から良き鍛冶を学ぶのはきっと大変だが、オークの子供達が早く始めるのに役立つことを分かっている。

鍛冶師助手メール 38週間目

264日目
ファロークは金属をとても上手に打ち出す。ウルベクには慎重に打ち出すのが重要な理由が分からない。ウルベクの打ち出すものが、打たれる強さを持たないなら、どうしてウルベクが武器にしたいと思うのか?

265日目
ウルベクが客に打ち出すもののほとんどは、ウルベクほど強くないとファロークに言われた。ウルベクは客の望むものを打ち出すため、優しく打つことを学ばねばならない。ウルベクの打ち出したものが、堅すぎて使いにくかったのなら申し訳ない。

266日目
今日、小さな親方のラウモントが新しいことを教えることにした。ウルベクはあくびを我慢するファロークを見た。話に飽きているのは、ウルベク以外にもいるのが嬉しい。ウルベクは後でそのことをファロークと笑った。ウルベクは小さな親方に完璧な印象を与えた。

267日目
ウルベクは本の執筆を考えている。小さな親方のラウモントの授業で、学ぶ価値のあることをメモして、自分の言葉で書く。文字は少な目で。

268日目
ウルベクは一度にページ全体を打ち出す方法を極めた。本を打ち出すのに役立つだろう。ウルベクはもっと手紙を打ち出さないといけない。

269日目
ウルベクは紙に優しく打ち出すため、新しい文字を打ち出す方が良いと決めた。そのため、ウルベクは古い文字をもっと柔らかい金属に変えた。ウルベクが最初に文字を打ち出した時より、ずっと速い。

270日目
タムリエル語には優しく打ち出す時の言葉があると、ウルベクはファロークから聞いた。小さな親方のラウモントが手の込んだ文字を書き、蝋の封印を優しく打ち出すのは、「プレス」と呼ばれる。それでもウルベクは文字を打ち出す方が好きだが、この言葉がどうして他の者を混乱させるのかは分かった。

1 2 3 9