帝都 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

帝国蔵書庫

Imperial Library

アイシャへのラブレターLove Letter to Aishah

美しいアイシャへ

柔らかい愛しき人。エズダッシュのことを叩き、尻尾を踏み、執行官の棍棒で顔を殴ったことは許そう。貯蔵小屋にいた放火犯の言葉を伝えたのはこの者の落ち度だ。だが何て言えば良かったんだ?エズダッシュは恋愛のことになると、愚かで衝動的になる。それに私の話にもいくらか真実が含まれている。君は姿を現すなり、エズダッシュの腰に火をつけたね。耐えられないほどの熱さだったよ、陽気なハニー。蒸し焼きにでもするつもりだったのか?

自分の衝動を否定する必要はない。なぜ取り繕う?君は快活な乙女、エズダッシュは頑健な悪党だ。これはジョーンとジョーデと同じくらい昔の話だろう?物語の始まりは静かだが、最後は情熱的な毛繕いと熱心な愛のレスリングの長い夜で幕を閉じる。

反抗しても構わない。エズダッシュにあだ名をつけて、捕まえるために必要な令状を書いても構わない。だが心と臀部は待ち焦がれている。この目で見たんだ!濡れた唇、平らな鼻、背中に逆立って生えた少量の毛皮。蹴られても、エズダッシュは腿の変形、大きくカールした尻尾は分かる。君の望みは間違えようがない。

日没に樹木園で会おう、私の激しい子猫。触れ役が熱い夜になると言っていた。蒸した夜になる。活気のある「マトンを隠せ」ゲームにぴったりな陽気だろう?スパイス入りワインのボトル…ただそれだけを手にジュニパーの木の下で待っている。

たくさんの濡れたキスと共に
エズダッシュ

これで終わりだThis is the End

グレイバイパー、帝都、帝国そのもの、つまり我々全てが絶望的な状態にある。デイドラは止められない。彼らは衝動のみで行動し、それは見るも恐ろしいものだ。

何年か先、もし誰かが生き残りこの文書を見つけるならば、道楽と犯罪に染まった生涯を終えた後の宿命を嘆き悲しむグレイバイパーを皮肉に思うのかもしれない。しかし、私がバイパーとしてしたことは生き残るためのものだった。デイドラの侵攻の前の繁栄時に、ある研修中の学者が、帝都の全ての人に備えがあるわけではないことを発見した。私はグレイバイパーに入ることで、自分自身の備えを用意してきたわけだ。

しかしながらこのデイドラ達は…我々を殺し、傷つけ、悪魔的な病気に感染させる上、それにより活気づけられている。それが彼らにとって、苦悩を生むための芸術であり、想像力のはけ口なのだ。改造するための定命の者の体がなくなれば、それを得るために乗り出してくる。じきに私の番が来るだろう。そして私は、彼らが創り出すグロテスクな宿命を拒絶するだろう。

だから私はコレクションを始めた。看守長の道楽のために監房から外に駆り出され、見せしめにされて鞭打たれている時に、その辺りの死体からロープや布の切れ端を略奪しているんだ。週が終わる頃には、ここから出られるだけの量が揃うだろう。

シヴキンについてOn the Xivkyn

招聘されたデイドラ学者の評議員、ペラギウス・ハーバー 著

デイドラ学は、大惨事が生んだ科学である。我々の素晴らしい発見は必ず黒焦げの羊皮紙に震える文字で書き記されている。私の場合も同様だ。次元融合によってデイドラに対する理解は劇的に深まったが、その代償も大きい。自分の成果が今回の災厄で消失していないことを祈るしかない。

モラグ・バルの先遣隊の精鋭シヴキンについて書き記すのは自分が初めてだと思われる。「シヴキン」という単語は、言うまでもなくシロディールの影響を多分に受けている——ズィヴィライとドレモラの双方に類似性を持つことから作られた品のない混成語だ。また実のところ、彼らはモラグ・バルが自身の護衛として「育成」したハイブリッド種でもある。彼らは、時間によってストラヴィリク、キムリキフ、ヴィルサゴと名乗り方を様々に変える。あらゆる定命の者を嫌っているが、その中でも特に彼らと同盟を結んでいるドレモラを憎んでいる。シヴキンは忠誠を非常に重んじるため、ドレモラのメエルーンズ・デイゴンに対する背信行為は許しがたい罪と見なしている。

全てのデイドラの中で、シヴキンが最もモラグ・バルに似ている。彼らは、彼の定命の者の魂に対する抑えきれない欲望や魂石入手への執着心を共有している。私からすれば、これらの「収集」に対する貪欲さはある種の病に見え、行き過ぎた吸血行動に取りつかれているようにも見える。これまでシヴキン同士で物理的に争っている場面は見たことがないが、より多くの魂石を手に入れようとお互いを陥れようと画策することは日常的にある。これらの企みは日常的に行われるが、より位の高いデイドラから咎められることは滅多にない。

悪巧みを企てるシヴキンだが、彼らは厳格な軍事的能力を維持している。モラグ・バルに対する忠誠心が身体的な力や神秘の力と組み合わさることで、彼らはデイドラのタイタン以来の非常に恐ろしい存在となっている。まだ分からないことはたくさんあると思うが、この辺りでこの分野の研究を終わりにしようと思う。

ジリンダラガンの告白Glyndallagan’s Confession

私はジリンダラガン。これは私の告白だ。

まず事の始まりから話すことにしよう。そんなものが本当にあるかは分からないが。街にやってきた頃、私は貧しい魔術師だった。ポケットには穴が開き、唯一の所持品は小間物が詰まったうるさい荷車だけ。詐欺師といって差し支えないことをしていた。簡単なゲームだ。金を持った狭量な人間を荷車のところに呼び寄せ、賭けを持ちかける。「賭けてもいい、私はあなたのポケットに入っている物を全てリンゴに変えられる」と言ってね。もちろんいつもリンゴという訳じゃない。指ぬき、ボタン、古い靴の時もあった。彼らは必ず賭けに乗ってきた。そこで簡単な転位呪文を唱え、彼らの所持品を自分の荷車に、そしてその代わり前日に拾ったゴミを相手の方へと素早く移す。このような転位は実際の変性転換と比べると非常に簡単だ。こうすることで私には二重の得がある。相手が持ち歩いていた物が手に入り、賭け金ももらえる。このおかげでしばらくの間はまともな生活ができていた。あのガイコツ野郎に出会うまでは。

彼は非常に背が高かった。そしてとてもとても細かった。彼が歩くと、手持ちの小銭入れから驚愕の音が聞こえた。まるで骨と骨が擦れ合うような音だ。私は彼の足を止める必要も口説き文句も言う必要がなかった。彼は自分のポケットに手を入れると掌いっぱいに何かを握っていた。歯、骨のかけら、光る破片…無言が私を不安にさせ、その手に握られた様々な不気味なものに平静さを失いそうだった。でも当時の私は強欲だった
。強欲で愚かだった。

ようやく彼は低い耳障りな声でこう言った。「賭けないか?」

「いいとも!」と私は答えた。「小装飾品8個をドレイク8枚でどうだ!」

「成功したらドレイク50枚にしよう。だが失敗したら…」と彼は言った。

賭け金がドレイク50枚!これを理解するのにしばらく時間がかかった。失敗することについて一度だって考えたことはなかった。「そうだな、失敗したら私がドレイク50枚支払おう」と言ったが、これが彼の気持ちを逆なでしてしまったらしい。品物をポケットにしまって去っていった。

今なお、この時の恐怖に深い眠りから息を切らしながら目を覚ますことがある。何度も繰り返し思い出す。彼をそのまま立ち去らせていれば。他の標的に気が逸れていたら、あるいはもっと昼食を早くとっていれば、これらは全て避けられたのかもしれない。だが先ほど言ったとおり、私は強欲で愚かだった。彼の背に向かって「他に何が欲しい?」と叫んだ。

彼は振り向くと、笑みを浮かべていた。少なくとも笑みだったと思う。彼の顔を覚えていない、分かるだろう?誰も彼の顔を覚えていない。彼は小声で「手品が終わったら返すことを約束してほしい」と囁いた。

彼は私のゲームを心得ていた。街の詐欺師はドレイク5枚で変性転換の呪文を唱えたりしない。彼は転移呪文を使って私が自分の荷車に物を移動させていることを知っていた。それなら何を心配する必要がある?呪文を唱えた後、荷車に手を伸ばして物を渡すだけでいい。みぞおちの辺りに恐怖を感じたが、彼の湿った青白い手をとり握手した。「約束する」と私は言った。この言葉によって自分の運命が決まった。

いつも通り転位の呪文を唱えた。明るい閃光とカラフルな煙が現れた。全ては計画のうちだ。そして期待通り、彼が持っていた一握りの恐ろしい小装飾品が、ボタン、曲がった銀食器、靴革のクズへと「変わった」。

「素晴らしい」ガラガラ声で彼は叫んだ。「さあ、私の物を返してくれれば賭けはおしまいだ」

私は有頂天になった!ドレイク50枚!三流の騙し技でドレイク50枚をもらえることに、私は荷車を開けながらほとんど踊っている状態だった。しかし何かがおかしかった。私の物が全てなくなっていたのだ。何もかも。あらゆる場所を探した。ポケットの中、荷車の中、その下の道路も。何もない。「どうやら失敗したようだな」と彼は言った。

こうしてガイコツ野郎への終わりなき奉仕の日々が始まった。死ぬまでなくなった彼の所持品を探し続ける。

私の人生は呪われている。夜は悪い夢ばかり見て、昼間は起きている状態で恐怖を感じる。骨に負担がかかり、きしむ。髪は日に日に細く薄くなっている。すべては一握りの骨と歯のゴミクズのために。

そこで私は親愛なる読書であるあなたに協力をお願いしたい。あなたの恐ろしい小装飾品を持ってきてほしい。骨片や血だらけの爪を。それを私の戦利品保管室に持ってきてくれれば、想像できないほどの富を与えよう。それらがどこから来たのかなんて詮索しないほうが身のためだ。多くの富を…手に入れる必要があった。罪の意識は呪われた者が手に入れることのできない贅沢品だ。いや、小装飾品以外のことに興味はない。

いつの日にはガイコツ野郎の小装飾品を全て見つけられるかもしれない。もしその日が来たら自らの命を絶ち、この憎き世界を後にする。

テルバー・ストーンについて:第1巻On the Tel Var Stones: Volume 1

テルバー・ストーンの性質について:第1巻
ヘルミニアス・ソフス 著
帝国大学の錬金術師へ:

まずは錬金術師の同胞たちに忠告する。このレシピは私が入念に吟味しながら開発を行った。数えきれないほどの時間を研究と実験に費やして出来上がったものだ。自分の功績であることに議論の余地はないが、専門知識はないものの親切な従者、アゼイ・アトオウィノクに感謝の言葉を述べなければ、それは私の怠慢と言えるだろう。ただアゼイは優秀な研究者でありながら、テルバー・ストーンについて馬鹿げた考えを抱いている。彼はこれらが神々、あるいは創造そのものと関連があると繰り返し、壊してはいけないと注意してきた。このような憶測に一切の根拠はなく馬鹿げており、石の実験を中止する理由に値しない。

レシピ自体については、寸分の狂いもなく行う必要がある。優れた才能を持つ者が行えば成果が出ると確信している。相応しくない者の手で行えば、きちんとした成果が出ないかもしれない。以上が称讃すべきこの作業に伴うリスクだ!

テルバー・ストーンについて:第2巻On the Tel Var Stones: Volume 2

テルバー・ストーンの性質について:第2巻
ヘルミニアス・ソフス 著
帝国大学の錬金術師へ:

テルバー・ストーンの準備は下記の通り:

テルバー・ストーンを乳鉢と乳棒で必要な分だけすり潰す。ろ過水をそこに加え、専門家か学者用に作られた蒸留器で抽出を行い、別の研究に使用する蒸気を分離させる。ここで炉に粉っぽい液体を移すが、必ず低品質なものを使用すること。これはシンプルな材料でできたラミキンを使った方が、自然な温かさで混合物が灰になることを防げるからである。鉄製のおたまで混ぜながら、表面に浮いている脂肪のような白っぽい凝固物を取り除いてきれいにする。液体が透明でなくなったら(そしてやや不気味な光を放つようになったら)、最初に用意したテルバー・ストーンと同量のオーリピグメンタムの粉を振り入れ、さらに小石18~20個程度の重さがあるドゥエマー硬貨半分ほどの鶏冠石を入れる。オーリピグメンタムと鶏冠石が混ざりあったら、クリムゾン・ニルンルートの粉末カプセルを投入する。粉は強い光を放ち、淡く光る。光が弱まったら、正確に計量できるよう縁に注ぎ口や刻み目がついたおたまで玉虫色になった凝固物を取り除き、混合剤の約半分を上級錬金術師用の蒸留機に流し込む。残った液体から数滴取り出して、神聖水が入った別の小瓶に落とす。注意:この時、小滴が丸く、尾を引く様子がなければ、テルバーの量が少ないことを意味する。加熱が不十分だった可能性が考えられる。こうなった場合、レシピは無駄になり、調べるまでもなく取り込まれていたマジカは解放されている。

(自分の助手が単純かつ迷信的である場合、このような失敗によって多少なりとも創造の本質が失われたと思い込み、泣きごとを漏らす者がいるかもしれない。もちろん、そのような事実はない。このような考えは無知を助長させる可能性があるため、厳しく注意したほうがいいだろう)

テルバー・ストーンについて:第3巻On the Tel Var Stones: Volume 3

テルバー・ストーンの性質について:第3巻
ヘルミニアス・ソフス 著
テルバー・ストーンの観察および魔法の流派:

本物の錬金術師なら、本論文の第2巻で説明した方法で精製されたテルバーペーストはこれまで行われてきた研究の中で最高品質を誇るものだということに同意いただけると確信している。最も暗愚な新人でさえ、この実験によって精製されたアイレイドゥーンの集合体は、強力かつ独自の形態でそのままのマジカを含有しているとの結論に至るはずだ。事実として定着しているこの主張と共に、テルバー懸濁液の特異性へと話を進めよう。

最も明白な(そして専門知識が少ない者にとって不吉に感じられるらしい)性質はペーストの永続的な温かさと水晶の粒が放つ明るく揺るぎない赤みを帯びた光だ。もちろんこれは錯覚と復元の双方と強い関連性があることを示唆している。また濃厚懸濁液から汚水をろ過した後、その表面にオリハルコンを置くことで力の本質が発現する。鉱石が空中に浮かぶのだ。これは変異の可能性を秘めていることを示す明確な証拠だ。よく調べてみれば、液体が大量の微細な白い水晶の溶液に変わっていることが分かるだろう。これらの粒子状物質は集まって塊となり、魔術師の石と同じように振動する。懸濁液自体に他の錬金術的な物質を混ぜると、基本的な障害のすべてに対して局所的に遅くなったり弱くなったりする可能性がある。つまりすさまじい破壊力を有していることは否定できない。最後になるが、前のレシピで蒸留器から取り出したテルバーの蒸気に向かって強力な破壊の呪文を一度使用すれば、蒸気そのものがその単純な効果を跳ね返すようだ。神秘主義の明確な特性といえる。これによってこれらの石には、あらゆる魔法の性質が内在していると結論づける他ない。

テルバー・ストーンについて:第4巻On the Tel Var Stones: Volume 4

テルバー・ストーンの性質について:第4巻
ヘルミニアス・ソフス 著
テルバー・ストーンの性質に関する結論

この有意義な作業によってまず判明したのは、テルバー・ストーンそのものと数多く存在する独創的な魔法の使用方法との間には、強い繋がりがあるということだ。物理的にいえば、これらは紛れもなく魔法的な輝きを持つ汚れなき石だ。しかし専門知識のある者が調べれば、何らかの方法でこれまで研究されてきたどの物質よりも多くの魔法の力が込められていることが分かる。アイレイド自身でここまでの力を作り出したとは考えにくく、長きに渡って魔法を集結させた空っぽの採石場から実質的に同じ性質を持つ石を掘り起こしたのではないかと考えられる。あるいはニルンの彼方から織り合わされた魔法の糸の中心に触れたのかもしれない。はたまた本や大昔に亡くなった学者の資料からこの素材を作り出したのかもしれない。これらはすべて仮定に過ぎず、さらなる証拠なしには事実として認めることはできない。第2巻で紹介した方法は石に含まれる魔法の蒸気を見つけるための方法の一つにすぎない。他にも方法はあるかもしれない。かつて、このような魔法現象を調べるためにドゥエマーが装置を設計したことが分かっている。この装置によって、テルバー・ストーンの起源についてさらにデータが手に入り、最終的にはどのような石がさらなる研究実験に役立つか分かるかもしれない。

ボロボロのメモBattered Note

このメモは間違えていた。出口はない。ホーヴァーがさらにいるだけだ

最初のはミシンディルと私が殺した。でもその後肉の獣が来て、もう1対来た。それぞれがツバを吐いてきた

1回、そして2回とツバを吐くと、ミシンディルは一瞬で溶けてしまった。1回、そして2回…

何故私を殺さないのだ?

よれよれのメモFrayed Note

ヴァロスとイリウス。2人共、愛してる

監獄は陥落するThe Prison Must Fall

デイドラが監獄を制圧している。闇から生まれた大きな羽根を持つ巨大な生き物達がはびこっている。

しかし、私が書いているのはその副官についてだ。「肉の彫刻家」と呼ばれている強力な死霊術師だ。市民がここに連れて来られ、収穫されているのは彼の命令によるものだ。この彫刻家は、定命の者の臓器を疫病と病気を運ぶ肉の装置に変えてしまう悪戯を習得している。その肉の装置は周辺に有害な雲を吹き出して、大地を汚染する。彼らは街中にこの殺戮エンジンを千体、分散配置するつもりだ。

この戦いは、すぐに終わりを迎えるだろう。

救助に誰も来ないということは、将軍達も諦めてしまったとしか思えない。しかし監獄は帝国の元に戻されなければならない。

表門を越えて奥深くに進めた者はいないし、そこから先も決死の道のりが続く。帝国に仕える者として、この知らせが上の者に伝われば嬉しく思う。

管理人の手紙Groundskeeper’s Letter

リナス

さて、若造。アレンタスからお前が火葬場の外で幽霊を見たとかなんとか言って、血相を変えて請負人のオフィスに駆け込んだって聞いた。まだ仕事を始めて日が浅いから、説教は勘弁してやる。本当のことを言うと、この記念地区にはたくさんの「幽霊」が出る。幸いなことに、奴らはお化けじゃない。どこにでもいるただの墓荒らしだ。忌々しいカジートが小麦粉を被って、一晩中宝石を探しまわる。そんな奴らの後始末をするのが面倒じゃない訳がない。

「何を探しているのか」だって?お前が生まれるずっと前の話だが、ここは昔、市場だったんだ。それはとても素晴らしく…シロディールで1番だった。香辛料、絹織物、良質な宝石を値切ろうと多くの人で賑わっていた。お前にも見せてやりたかったよ。とにかくヴァレンがコロヴィアの部隊を連れて現れた時、レオヴィックの軍団はここで最後の力を振り絞った。当時はまだ子供だったから週の半分以上を下水道の中で過ごし、事態が収まるのを待っていた。濡れた小石の上で眠り、汚い水を一週間飲み続けた——その間聞こえたのは叫び声、金属がぶつかり合う音、それに爆発音ばかりで、歯がガタガタ震えて抜け落ちるんじゃないかと思った。全てが終わると、地区がまるごとなくなっていた。文字通り、全部消えていた。自分の膝より高いものは見当たらなかった。当時9歳か10歳だったのに。あとは死体があった。何百と。ひょっとしたら何千かもしれない。あんな臭いは二度と嗅ぎたくない。エリアナの馬車の下で見つけた犬みたいな匂いだった。しかもあの時はそれから逃れられなかった。周辺全体に充満してたんだ。

ヴァレンがレオヴィックを排水路に捨てると、手下に命じて全ての死体を集めさせ、集団墓地に放り込ませた。全てが終わる頃には、市場のためのスペースは最早残っていなかった。そこで地区全体を墓地にしたんだ。そうして記念地区ができた。

さて、歴史の授業はこれくらいでいいだろう。話をカジートに戻そう。馬鹿げたことに、彼らはこの地区にまだ宝石とかが残っていると思っている。言っておくが、まだここに高価な物が残っているならこの手で見つけられたはずだ。見つけられていたら、こんなところで鋤を振り回し働いてない。

明日、バルスのじいさんのとこに行ってこい。上質な強い弓を買ってくるんだ。今度「幽霊」を見たら、そいつの尻に矢を放って、刺さるかどうか試してみるといい。きっとドアに尻尾を挟まれたイエネコみたいな悲鳴を上げる。ドレイク10枚賭けてもいい。

——管理人ガヴロス

丸められたアリーナのチラシCrumpled Arena Flyer

寄ってらっしゃい見てらっしゃい!残虐な死の祝宴をご覧あれ!

帝都のアリーナがついに営業開始!定命の者が大量に血を流し、苦痛に悶えながら革新的で屈辱的な死を迎える様子が見たくなったら、昼夜を問わずいつでもどうぞ!
宴は次元融合が完了するか、定命の者がいなくなるまで、休むことなく続きます。

お急ぎください!恐怖の雄叫びと苦悶の叫びが皆さんをお待ちしています!

残虐の王の名によって
リングマスター・ドレダザ

元老院の議事録Minutes of the Elder Council

白金の塔の評議会室にて開催された会合

参加した評議員:ロビディカス評議員長、ファレリア評議員、ジリッチ評議員、アボール評議員、イティニア評議員。
欠席:摂政女帝クリビア・サルン、アブナー・サルン議長、側近マニマルコ、ヴァンダシア評議員

その他の参加者:第二軍団のニピア将軍、ムスピダス執政長官、サマーセット諸島のリンエディル大使、ハイロックのジャディール・プローデ大使。

古い出来事:
ジリッチ評議員の報告によると、最近施行された政策によってエルフの庭園における動物の排泄物の問題に改善が見られた。

イティニア評議員の報告によると、前回の評議会の会合にて決定した今年の軍団兵舞踏会を南中の月の1日まで延期するという件について多くの賛同が得られている。リンエディル大使は、新しい日程であれば、スカイホールドから絹が届いてから参加者が新しい衣装を発注するまで十分な時間があるという。

ヴァンダシア評議員は不参加だったが、届いた手紙にはギデオンに残ることにしたと書かれていた。ニベネイ盆地で起こった鉄の危機の対処に当たるほうが、役に立つと確信があったのだろう。

新しい出来事:
ロビディカス評議員長は記録として残すため、今月の決算によると摂政女帝とその側近たちの支出が、皇帝ヴァレン時代の年間支出の7倍以上に相当していることを指摘した。評議員長はニピア将軍に武装した護衛を送り込ませ、サルン議長を強制的に次の評議会の会合に参加させる動議を出した。ニピア将軍はこれについて、強く反対した。この件は採決を行うことになり、動議は却下される形となった。

採決後、アボール評議員は具合が悪いと主張。今朝、神々の聖堂で食べたブランチのマッドクラブが腐っていたと思われる。アボール評議員が途中退席。

ジャディール・プローデ大使は、直ちにバンコライから第七軍団を撤退させるよう再度評議会に申し出た。ジリッチ評議員は軍団兵の議会でこの件を議題として取り上げるよう動議を出した。この案は採決によって、可決された。ロビディカス評議員長はニピア将軍にこの件を次の軍団兵の議会で取り上げるよう頼んだ。将軍は来年の蒔種の月まで開く予定がないことを伝えた上で、議題にすることを約束した。

ニピア将軍は、帝国軍の中に陰謀を企てる裏切り者集団がいるとの噂が広がり続けていると評議会で報告した。彼は自分の副官たちに徹底的な調査を行わせるべく、その資金を求めた。これについて動議を出す者はいなかった。

ニピア将軍はこの件についてより細かな部分を話し合おうとしたが、断続的に起こった地面の揺れによって妨げられることとなった。帝都のノルバナス衛兵隊長が評議会室に入ってくると、「ダークアンカー」が街のすぐそばにやってきて、貴族地区にはデイドラも目撃されているとの報告を告げた。

これを受け、ファレリア評議員は、状況把握のために評議会の会合の一時休止の動議を出した。この動議は採決にかけられ、可決したがロビディカス評議員長はこれに反対した。

ロビディカス評議員長は、今年の恵雨の月に行われた祝祭が一週間長かったせいで街に広がったと思われる悪臭を軽減させるためにメテグリン香水を下水道の水に加えるというムスピダス執政長官の案を採決するまで評議会の中断はできないと主張。イティニア評議員は香水を入れる動議を出した。本件は採決によって、可決された。

ここでファレリア評議員は再度会合の一時中断を求める動議を出し、採決の結果、可決された。元老院の本会合は一時中断となった。

死霊術師の日記Necromancer’s Journal

もう1人の同房者が死んだ。いつものことだ。ここで生き残るための体力と性格を兼ね備えた定命の者はそういない。でももし私の体が疲れ果てた時には、若きヴァイロンを王座に就け(主達が彼の肉体を使い終わったら)、私のために仕えてもらおう。

主達にできることが私にもできればいいと思う。彼らは死者達を活気ある外観に戻し、その皮膚を刈り取り、戦争で使う生きた肉体の武器を作る。

将軍も、摂政女帝も、その他帝国の階級にいる者達が、戦いを続けようとしているのはバカげている。もうデイドラの支配下にあることを認めるべきだ。私は認めている。デイドラは何も無駄にしないし、彼らの下では全ての人に役割が与えられる。もしその役割が、戦車の前面に仕えることだったとしても。飾りとしてだが。

出口A Way Out

これを偶然見つけた者へ

計画どおりにすべて進めば、私は今頃、この監房にいた元囚人になっているはずだ。出口を創り出すための魔法の材料を集めるのに何ヶ月もかかったが、ついに完成した。新入りの者に言っておくが、デイドラは我々を嘲る為に毎晩檻を開けるんだ。今夜その時、私の魔法を解き放ち、東側の壁を破壊する

私は以前衛兵だった。これは確信を持って言えることだが、この先の洞窟が1番近い出口だ

自由が待っている。東側の壁だ。覚えておけ

崇高なるかがり火The Sublime Brazier

崇高なるかがり火の謎
帝国大学歴史記録部、歴史学者助手、オーグスタ・プルシウス

聖アレッシアの素晴らしい統治の開始と共に、時の竜神アカトシュは彼女に数多くの贈り物を授けた。知恵、自制、活力、そして王者のアミュレットだ。アミュレットがアカトシュと人間やエルフの契約を保つ役割を果たしていることはよく知られている。だがもう一方の「崇高なるかがり火」に関してはあまり知られていない。

かがり火は職人が鋳造した大釜で、ドラゴンのねぐらを模した彫刻を施されている。伝説によると大釜の底はニルンの中心部まで届くほどの深さで、誰も傍にいない時は彫刻のドラゴンたちが遥か昔に滅びた言葉を使い、互いに囁き合うという。かがり火はアカトシュの原初の光となる。これが灯ると、上の街のドラゴンファイアが灯る。

かがり火の場所は極秘となっている。アレッシアの子孫にはエセリアルの「歌」を通じて呼ばれるのが聞こえるという者がいる。この考えによって、多くの者が下水道へと誤って導かれていった。自分がドラゴンボーンだと信じる高慢で愚かな者たちが地下に潜ると、それを隠れて待ちわびていた生物の胃の中へと納まっていった。しかし、これがかがり火の真の目的である可能性もある。皇帝となるに相応しい力と狡猾さを試しているのかもしれない。帝国の下水道は愚か者を容赦しない。歌が聞こえないなら、かがり火を探さないように。

第12章:帝都の墓荒らしChapter XII: The Graverobber of Imperial City

最後にセクンディヌスについて記そう。本当の名前ではないが、こう呼ばれるのは彼に名前がなく、例の罪に問われた2番目の男だったからだ。

セクンディヌスは、何ヶ月間にも渡って毎晩のように起こっていた殺人事件の罪を問われていた。犠牲者の死体は大抵、数日後に掘り起こされ、二度と人目に触れることはなかった。彼が死体をどう処理したのか知る者はいない。彼は犠牲者を掘り起こしているところを帝都の衛兵に見つかり、追われて殺された。彼は誰も知らない魔術か儀式に関する物品をいくつか身につけていた。

実はセクンディヌスが生きている、という話が広まった。彼が殺されたとされる日から数日の間に、彼を殺した衛兵たちが行方不明になったのだ。そのうちの1人は絞め殺されていた。その夜、マントをまとった誰かが下水に死体を引きずっていく姿を見たという目撃者が何人かいる。捜索するも、手がかりは何も見つからなかった。

帝国建築家の書簡Imperial Architect’s Correspondence

元老院の名誉あるメンバー各位

喜ばしいことに、ようやく伝説的な街のセントラータを見つけた!知っての通り、街の地下には入り組んだ下水道や崩れかかっているアイレイドの遺跡が広がっている。以前から、建設には壮大な構想があったと考えていたが、それを証明するのに必要な証拠が不足していた。だが、サルン議長と賢きマニマルコの力を借り、想像よりも遥かに奥深くまで調べられた。

調査によって、全ての水路と道は白金の塔の土台が収納される巨大な地下室、セントラータに繋がっていることが判明した。これは、なかなか目を見張る物がある。塔は6つの巨大な円形構造物に支えられた石製のモノパイルの上に鎮座している。この発見のすごさはどれだけ誇張しても足りないほどだ。6つの地区と塔の関連に関する数えきれないほどの説や街のインフラが作られた時代を裏付けるものとなる。もしかすると、白金の塔の性質とニルンに及ぼす力に関する貴重な見識も得られるかもしれない。

もっと徹底的に調査を行いたいところだが、優秀な協力者のマニマルコが周辺を立入禁止とした。恩を仇で返すつもりはない。彼がいなければセントラータを見つけることはできなかった。それでも、どのようにこの部屋が作られたのかが分かるかもしれない。元老院が仲裁に入ってくれることを願っている。

感謝を込めて。

都市計画議会、帝国建築家、マイセリス・ジュルス

帝国監獄懲罰記録Imperial Prison Discipline Records

承認者:アリウス看守

囚人 20240
新しい監房に移されることを拒否し、監獄職員に暴力を振るった
20日間の独房監禁

囚人 20241
監獄職員を脅迫し、卑猥な言葉を叫び、摂政女帝をののしった
10日間の独房監禁

囚人 20242
衣服の下に鋭利なガラスを隠し所持
15日間の独房監禁

承認者:ダスク看守長

囚人 20243
はっきりと禁止されているにも関わらず、監視者の死霊の凝視が顔を引き裂いている時にまばたきをした
即処刑

囚人 20244
この恥知らずは同房者の心臓を丸ごと食べようとした
即処刑

囚人 20245
職員が監獄文書をこの囚人の肌に刻んでいる時に、この囚人はニルン生まれの動物のような金切り声をあげた
即処刑

囚人 20246
処罰執行前に職員が取り除いた付属肢の損傷について絶え間なく不平を言った
即処刑

囚人 20247
即処刑

囚人 20248
即処刑

囚人 20249
即処刑

囚人 20250
即処刑

囚人 20251
即処刑

囚人 20252
面目を失ったことについて絶え間なく不平を言った
即処刑進行中