デッドランドの古遺物


古代デイドラ:ブーツ
Ancient Daedric: Boots

  • この文書は興味深い。汚れのせいかもしれないが、この文字は比較的最近のダークエルフの書体よりも、チャイマーの古代文書に近いと思う。線の長さと、幅を広くとっている点が特徴だ。おそらくとても古いものだぞ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


古代デイドラ:ベルト
Ancient Daedric: Belts

  • この本はどこかの時点で燃えてしまったようだ。意外ではない。デッドランドは紙に厳しい場所だ。少しでも紙が残っているのは、ダークエルフのバインドのおかげだ。彼らは溶岩のことをよく理解している。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


古代デイドラ:兜
Ancient Daedric: Helmets

  • ページが切り刻まれているわ。腹を空かせたデイドロスが、美味しそうなバネキンと見間違えたようね。でも内容は素晴らしい。この図を見て。メエルーンズのカミソリを模しているのかと思ったけど、全く違う短剣かもしれない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


古代デイドラ:脚当て
Ancient Daedric: Legs

  • 隅に書かれたメモが読めるか?どうやらヘクソスのトレジャーハンターが一時的に持っていたらしいな。長い期間ではなかったはずだ。メモはここの、牙で穴を開けられた箇所で終わっている。オグリムかデイドロスかは分からない。どちらにせよ、致命傷だな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


古代デイドラ:弓
Ancient Daedric: Bows

  • これはすごいわ!定命の者の文書がデイドラの領域に、どれだけ長い間隠されていたことか!きっとトリビュナル初期の時代にまで遡る。もし正しければ、ダークエルフの耐火羊皮紙に関する私の仮説が証明されるわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


古代デイドラ:胸当て
Ancient Daedric: Chests

  • この文書の大部分は汚れていて読めない。大雨の中にあったか、洪水に押し流されたようね。ずっと、デッドランドは炎が全方位に燃え広がっているだけの場所だと思っていた。どうやら、事情はもう少し複雑らしい。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


古代デイドラ:剣
Ancient Daedric: Swords

  • オグリムがこれを食卓のナプキンとして使ったようですね。文書が一部残っていてよかった。剣の設計図も無事ですね。オグリムは厄介な獣です。でも、あまり腹を立てる気にはなれません。結構可愛いと思うんですが、私だけですか?そうですか。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


古代デイドラ:肩防具
Ancient Daedric: Shoulders

  • これを書いた人物は多分脱出できなかったんでしょう。悲しいわね。個人的には、私もデイドラの領域の岸壁や峡谷を探検してみたいわ!まあ、私の車椅子の車輪がすぐに燃え尽きそうだけど。冒険しなければ、何も手に入らない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


古代デイドラ:手袋
Ancient Daedric: Gloves

  • この本は炭のように真っ黒だ。インクと灰を見分けるのが大変だが、努力を尽くす価値はありそうだ。これを書いた人物が何者であれ、かなり金持ちなダークエルフだな。この素材の品質は、初期ダークエルフの基準からすると贅沢品だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


古代デイドラ:盾
Ancient Daedric: Shields

  • 何者かが苦労してこれを隠したようですね。後でまた掘り出すつもりだったのでしょうか?残念ながら、デッドランドの地面は長期間同じ場所に留まることがないんです。クレバスに落ちることも、溶岩で燃えることもなかったのは運がいいですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


古代デイドラ:杖
Ancient Daedric: Staves

  • 隅にあるトリビュナルの印章を見て下さい。勇敢なエルフは、こういう紋章を付けてデッドランドを歩みます。メエルーンズ・デイゴンには多くの敵がいますが、ソーサ・シルとアルマレクシアを誰よりも憎んでいると聞いています。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


古代デイドラ:戦棍
Ancient Daedric: Maces

  • 数百年もの間外気にさらされていたのに、この紙はどうして崩れていないのでしょうね。まあ、多少焼けているけど。でも全体としては、ほとんど新品に見える。ドレモラの宝物庫に眠っていたのかもしれないわね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


古代デイドラ:短剣
Ancient Daedric: Daggers

  • 少なからぬ量の血が付いている。デイドラの血か、定命の者の血かは判別しがたい。オークとドレモラの血痕は同じだし、ダークエルフもそうだ。この紙束をしまう場所には気をつけてくれ。バネキンはどんなに古くても、血の匂いを嗅ぎつけるからな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


古代デイドラ:斧
Ancient Daedric: Axes

  • 斧作りに関する論文?興味深いわね。デッドランドで古代ダークエルフの文書が見つかるとは思わなかった。でも最近タムリエルや他のところで起きていることを考えると、驚くにはあたらないか。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


キンリーヴの法杖
English title is here

  • この長さの木は自然に発生したものじゃない。結び合わせて作った杖か何かね。おそらく、灰の森の木から作られたものよ。杖をついて歩くデイドラがそんなにいるとは思えない。しかも彼らは年を取らない。妙ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 杖の一種のようだな。帝国軍の百人隊長が使う、蔓の杖に似ていなくもない。ドレモラは戦闘で、規律と命令を大いに重視する。命令に背いた従者に懲罰を加えるための杖だろうか?

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ああ、キンヴァルかキンリーヴがこれを使って部隊を指揮し、罰を与えていたんだ。だがそれだけじゃない。ここの刻み目を見てくれ。このドレモラはこいつで、命令に従わない他の兵士たちの背中も叩いたようだ。ルイナクやデイドロスだろうか?大胆な奴だ!

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


マインドクリーバー・クランの旗
English title is here

  • この紋章には見覚えがないぞ。ドレモラの作品なのは間違いないが、このクランは私の知るデイドラ学の文書に載っていない。確かにドレモラのクランは数千も存在する可能性があるとはいえ、我々はデイゴンに仕えるクランなら確実に把握していると思っていたんだがな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 魔術師ギルドの図書館で、ディヴァイス・ファーの初期オブリビオン探索の目録を見つけました。彼はクランの紋章を数百スケッチしています。これはマインドクリーバー・クランの紋章のようですね。でも、名前以外に大した情報はありません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • マインドクリーバーについての情報不足は偶然じゃない。デイゴンの現在のお気に入りであるルインブラッドは、彼らが存在した証拠を全て消し去ったの。私が見つけたファイアスカージの巻物には、彼らが秘密警察として憎まれ、小規模クランの同盟によって引きずりおろされたと書いてあったわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


古代モルフォリスのノミ
English title is here

  • 境界の橋についてのカミロンウィの論文は今でも印石に関する最先端の研究ですが、まだ分かっていないことも沢山あります。例えば、彼は印の過程を詳細に調べていますが、そもそもモルフォリスをどうやって獲得できるのかについてはほとんど言及していません。この付呪されたノミが鍵かもしれませんね。このデイドラのルーンを見て下さい。「抽出」という言葉が何度も出てくるし、この窪みは球体の加工に良さそうです。デイドラはこれを使って外、来のモルフォリスを発掘していたのかもしれません!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


アイアンクラッド・サルコシュラウド
English title is here

  • これはタムリエルのハンマーやトングで作られたものじゃない。それは確実だな。遠くからだと黒曜石に見える。目を凝らせば黒檀のように見える。だがこの金属は外来のものだ。模様があるだろう?それからこの角だ。きっとデイドラの獣から引き抜かれたんだ!

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

アイアンクラッド・サルコシュラウド
English title is here

学者はこの兜のデザインが掃滅王の頂で生まれたかどうかについて議論しているが、広く合意されている点はある。その恐ろしい角が、装着者と戦った者に悪夢を見せることだ。


デッドランドのアンティーク地図
English title is here

  • メエルーンズ・デイゴンの領域の地図のようだ。デイドラの領域の幅や範囲といった次元の問題は私の専門外だが、この地図が本物であることを疑う理由はない。素材のベラム紙は、控え目に言っても不気味だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ドレモラの作品ね。縁がギザギザになっているのが分かる?この皮は手荒に剥ぎ取られたのよ。何から剥がれたのかは、あまり考えたくない。わざわざこの地域を選んで地図にしたのは妙ね。ガブリエルによれば、デッドランドは理解できないほど広いそうだけど。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ガブリエルは正しいわ!知り合いのある著名なデイドラ学者によれば、デッドランドには777の要塞があるって。ここには要塞しか数個しか載っていないから、きっと特に重要なものよ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

デッドランドのアンティーク地図
English title is here

遠い昔、バーンとセヴァーの探検家が協力してデッドランドの地図を作り上げた。残念ながら、そのプロジェクトを立ち上げた者の中には完成した地図を見られなかった者もいた。


デイゴンの熱いギブレット
English title is here

  • 不気味だと言われそうだが、私は拷問器具が大好きなんだ。もちろん、拷問は忌まわしいことだ!しかし最悪の衝動を調べることで、文化について多くのことが学べる。デイドラの場合、これ以外の衝動はないと言っても過言ではないが。それでも興味深い。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • レジナスは拷問器具が趣味なの?なるほど。まあ、ブーカ先生の悪趣味はともかく。デイドラが死を恐れないことを考えるなら、この種の絞首台は合理的ね。苦痛はどんな相手も動かす力よ。定命の者もデイドラも、同様にね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • こいつがデイドラに使われていたとは思えないな。絞首台の幅を見るに、様々な大きさがあったようだ。一番でかいオークから、やせ細ったウッドエルフまで。モーロッチにかけて、その気になればこいつはパフマーだって入りそうだぞ。おぞましいな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

デイゴンの熱いギブレット
English title is here

恐怖は節度を守って使うべき道具だが、用いる際には適切な道具を用意しよう。例えばこの拷問器具は、見るだけでも秘密を明かしてしまう者がいるだろう。


呪文で焦げた作業台
English title is here

  • 作業台のようだが、単なる工作用ではないな。ドレモラはこれをアルケインの用途に使っていたに違いない。この異様な刻み目を見てくれ。おそらく錬金術か付呪だ。この種のものはタムリエルに見られない。まあ、その方がいいんだが。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

デイドラの付呪台
English title is here

このデイドラの作業台の上で、どんな邪悪な付呪が行われたのだろうか?それ以上に不吉なものを作れるかもしれない。このクラフト台を家に置けば、付呪アイテムをクラフトできるようになる。


デイドラの付呪装置
English title is here

  • 付呪師がこれを使っていたのは間違いないと思う。この水晶の装置の配列を見て。デイドラがタムリエルで一般的な付呪の方法を使うなんて奇妙だわ。残念ながら、魔術の問題は私の専門領域から外れるけど。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

デイドラの付呪台
English title is here

このデイドラの作業台の上で、どんな邪悪な付呪が行われたのだろうか?それ以上に不吉なものを作れるかもしれない。このクラフト台を家に置けば、付呪アイテムをクラフトできるようになる。


不浄のルーンの書
English title is here

  • これは一体?デイドラがルーン魔術を使うなんて…実に奇妙なことです。テレンジャーのルーン技術に関する論文は、ルーンストーンの起源の候補をいくつか挙げていますが、オブリビオンの領域にまで達するものはありません!ルーンがベールを超えるなんて、すごい発見です!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

デイドラの付呪台
English title is here

このデイドラの作業台の上で、どんな邪悪な付呪が行われたのだろうか?それ以上に不吉なものを作れるかもしれない。このクラフト台を家に置けば、付呪アイテムをクラフトできるようになる。


石化したデイドロスの角
English title is here

  • この角の傾斜は自然のものじゃなさそうだ。底にある穴を見てくれ。おそらく何者かがこいつを、武器か防具のようなものに取り付けたんだ。攻撃用か、打撃を弾き返すためのものかはわからない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • この角は間違いなく生物のものね。あえて推測するなら、デイドロスの角でしょう。あのワニ顔の野獣はデッドランドで大量に生息している。ゼクセラクスの下級デイドラガイドによれば、デイドロスの頭の角は最も鋭い剣も弾けるそうだし!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ゼクセラクスのガイドは読んだが、あの半分は全くの虚構だ。確かにデイドロスの角は斬撃を何度か弾くだろう。だが錬金術で強化しなければ、激しい攻撃に耐えることはできない。デイドラの付呪師は、こいつにかなり手を加えたみたいだな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

破滅の肩当て
Spaulder of Ruin

熟練の技術で刻み込まれた虚無の合金が、この威圧的なポールドロンの大部分を構成している。仲間が近くに来ると軋んで締めつける。装着者の力を吸収して、血に飢えた味方に与えようと必死になるのだ。


虚無の合金の鋲
English title is here

  • 小さな鋲ね。デイドラはこういうファスナーが好みなのよ。デイドラの防具で鋲やピン、針に覆われてないものを見つけるのが大変なくらい。でも、これは特別製のようね。これはウグロンの専門だけど、虚無の鉄でできているように見える。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ああ、こいつを打ち出した鍛冶師は虚無石を使っている。だが虚無の鉄じゃないと思う。これは何か特注の合金のようだ。デイドラの領域にしかないようなやつだな。黄土色で、仕上がりにマットが入っている。これでは判別が付かないな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • オブリビオンの鉱物は分類が難しいですね。どのデイドラの領域も独自の奇妙な法則に従って機能しているし、デイドラ公の領域の素材は、その主の気質を模していることが多いんです。デッドランド鉱石の組成は、1時間ごとに変化してしまうかもしれません!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

破滅の肩当て
Spaulder of Ruin

熟練の技術で刻み込まれた虚無の合金が、この威圧的なポールドロンの大部分を構成している。仲間が近くに来ると軋んで締めつける。装着者の力を吸収して、血に飢えた味方に与えようと必死になるのだ。


虚無の合金のレイムプレート
English title is here

  • 認めましょう。この金属プレートのシルエットは魅力的よ。なめらかな線に、鋭い角、簡素だけど丈夫な線細工。おそらく、血に飢えたドレモラの作品なのが残念ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • このプレートは一般的なデイドラの鎧兜に比べると、確かに簡素ですね。デイドラには想像力がないとよく言われますが、こういう一風変わった品は、学者が考えるよりデイドラが独創的であることを証明していると思います。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • それはこの品に利用価値があるからだ。デイドラは利用価値のないものを作れない。誇張じゃないぞ。物作りのための物作りができるのは、エドラ起源の被造物だけだ。デイドラの静物画があるなら、意見を変えるがな!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

破滅の肩当て
Spaulder of Ruin

熟練の技術で刻み込まれた虚無の合金が、この威圧的なポールドロンの大部分を構成している。仲間が近くに来ると軋んで締めつける。装着者の力を吸収して、血に飢えた味方に与えようと必死になるのだ。


オレアルの鎧釉
English title is here

  • なんと興味深い物質だ。軟膏か研磨剤の一種に見えるな。デイドラは怪我の手当てにあまり関心を持たないから、研磨剤だろう。さらに面白いことに、とてもいい匂いがする。これまでに見てきたドレモラの作品とは違うな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • いい匂いがするのは、ドレモラが作ったものじゃないからよ!勘違いじゃなければ、これはゴールデンセイント、つまりオーリアルが作ったものね。私の研究によれば、彼らは憑かれたように鎧を磨いていたらしい。なぜそれがデッドランドにあるのかは、見当もつかないけど。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 魔術師ギルドのオブリビオン調査によると、想定されていたよりもはるかに多くの虚無の移動が行われているようです。ドレモラとオーリアルの社会はどちらも統制されていて、好戦的です。ファーグレイブの存在を考えれば、彼らが交易している可能性は十分にあるでしょう。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

破滅の肩当て
Spaulder of Ruin

熟練の技術で刻み込まれた虚無の合金が、この威圧的なポールドロンの大部分を構成している。仲間が近くに来ると軋んで締めつける。装着者の力を吸収して、血に飢えた味方に与えようと必死になるのだ。


クランフィアの革ストラップ
English title is here

  • でこぼこで、ちょっと節がある。きっとクランフィアの背中から取ったものだろう。あの獣は人々が考えているよりもずっと賢い。彼らは仲間の皮を被った者を見つけたら容赦しないだろう。しかし、それでもこいつは上等な革ひものようだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • そのうち、これをもっとしっかりと調べてみたいですね。デイドラ素材の弾力性や耐久性、信頼性はギルド内でも真剣な議論の的になっています。デイドラの死体のどの要素が残存し、どの要素が解体されるのかには、一見すると何の法則性もないように思えます。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ああ、ガブリエル。デイドラの遺体には無数の仮説があるのよ!いずれお茶でも飲みながら議論したいかな。私は動力が凝縮することで、長期保存が可能になるって考えてる。だからドレモラの心臓は、あれだけ長持ちなのよ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

破滅の肩当て
Spaulder of Ruin

熟練の技術で刻み込まれた虚無の合金が、この威圧的なポールドロンの大部分を構成している。仲間が近くに来ると軋んで締めつける。装着者の力を吸収して、血に飢えた味方に与えようと必死になるのだ。


マインドクリーバーの輪飾り
English title is here

  • これはもっと大きなセットの一部のようだ。帯に付いているシンボルには見覚えがない。知らないな。それに少し汚れているようだ。まるで何者かが、シンボルを引っかいて消そうとしたかのようだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 判別が難しいけど、ドレモラのマインドクリーバー・クランのシンボルに見える。私の知る限り、彼らはどこかの時点でファイアスカージとルインブラッドに倒された。これはそれよりも前の品なの?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 私はドレモラの専門家じゃないが、2つのクランが協力して別のクランを倒したとなれば、重大な事件であることは専門家でなくても分かる。このシンボルが消されているのも、そのことを示唆しているのだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

マーキンの壮麗なる指輪
Markyn Ring of Majesty

モルフォリスから削りだされ、灼熱石を配したこのデイドラの輪は、手に持つとかなり重い。その無数の輪の中にはキンの悪意と、高位の戦士たちの栄光が込められている。


ルインブラッドのコイル
English title is here

  • ルインブラッド・クランはメエルーンズ・デイゴンに仕えるクランの中でも屈指の強力なクランよ。あの悪党どもと関わり合いになっちゃいけない!このコイルには、確かに彼らのシンボルがある。でも、上と下に何かが重ねられていたようね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 確かルインブラッド・クランの魔術師は、血を用いる魔術が専門でしょう?色はそれで説明がつくかもしれません。装飾か、それとも本物でしょうか?ドレモラのことですから、おそらく確かめようがないですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • このコイルの重さと重要性は指摘に値すると思う。これは明らかに、とても位の高いドレモラが身に着けていたものだ。あるいは他の者たちに階級を示す装備か?このコイルの周囲には、他のクランのものもあったかもしれないな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

マーキンの壮麗なる指輪
Markyn Ring of Majesty

モルフォリスから削りだされ、灼熱石を配したこのデイドラの輪は、手に持つとかなり重い。その無数の輪の中にはキンの悪意と、高位の戦士たちの栄光が込められている。


ファイアスカージのバンド
English title is here

  • 指輪の一部らしいな。特に派手なものじゃない。装飾品でないことは間違いない。階級を示すための宝飾品だろう。内側のシンボルは間違いなくデイドラのものだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 確かにデイドラのものだわ!これはファイアスカージ・クランのシンボルよ。彼らはメエルーンズ・デイゴンに仕える歩兵のような存在なの。想像力はあまりないけど、強大な軍団よ。ファイアスカージの一員が身に着けていたのかもね?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 連中のリーダーかもしれないな。マーキンだったか?奴らの階級はいつもこんがらがるしてしまう。細工からすると、少なくとも一般兵より上の者に作られたようだ。自分より位の低い相手や同僚に、階級を見せびらかすためのものだな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

マーキンの壮麗なる指輪
Markyn Ring of Majesty

モルフォリスから削りだされ、灼熱石を配したこのデイドラの輪は、手に持つとかなり重い。その無数の輪の中にはキンの悪意と、高位の戦士たちの栄光が込められている。


灼熱石
English title is here

  • ルビーだろうか?あるいはより暗いものか。デイドラはあらゆる種類の外来の宝石を作品に用いる。こいつは多分、ニルンに存在しないものだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • レジナスの言うとおり、この石は異界のものです。これは灼熱石、つまりデイドラの動力が結晶化した欠片です。採掘されたのか、加工されたものかは分かりません。魔術師ギルドのメンバーで、これを調査した者はいませんから。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • いや、採掘されたのよ。知っているわ!これはデッドランドで「自然発生する」鉱石よ。あそこで何が自然なのかは分からないけど。面白いわ。デッドランドで自然発生するものは全て、デイゴンの欲求の何らかの側面が物質化したものよ。驚くべき品ね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

マーキンの壮麗なる指輪
Markyn Ring of Majesty

モルフォリスから削りだされ、灼熱石を配したこのデイドラの輪は、手に持つとかなり重い。その無数の輪の中にはキンの悪意と、高位の戦士たちの栄光が込められている。


モルフォリスの輪
English title is here

  • 明らかに指輪だけど、とても奇妙な素材ね。金属ではない。少なくとも、私が見たことのある金属じゃない。かなり古いけど、輪自体が削られている部分がある。ここに宝石を入れるの?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • これは多分モルフォリス製よ!とても希少な鉱石で、普通はオブリビオンの孤立した領域でしか見つからない。デイドラにしか収穫できない!大抵の場合は不安定なんだけど、なぜかこれは安定している…と思う。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 不安定だったら、今ごろそれと分かっているだろう。この指輪は不安定に程遠いと思うぞ。細密な作りだからな。デイドラが金に興味を持っているかどうかは知らないが、こいつはかなり高価な品ではないかな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

マーキンの壮麗なる指輪
Markyn Ring of Majesty

モルフォリスから削りだされ、灼熱石を配したこのデイドラの輪は、手に持つとかなり重い。その無数の輪の中にはキンの悪意と、高位の戦士たちの栄光が込められている。


牛頭のギャラリーレイル
English title is here

  • 指輪の一部のように見えるな。これだけで全体の姿は分からないが、こいつの作りは平均的な宝石細工より頑丈だ。この指輪はかなりの衝撃に耐えられるように作ってある。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • このシンボルは興味深いな。最初に見た時、この意匠はただの2本の角だと思ったが、よく見るとニベン人が描くモリハウスに似ている。例は少ないが、もしかすると人牛ベルハルザかもしれない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • なるほど、それは面白いわ、レジナス!でもそれが本当なら、デッドランドにどうしてこんなものがあったの?インペリアルの魔術師がたまたまデイゴンの領域に入ってしまったとか?それとも、ベルハルザの伝説に関心を持つドレモラがいるの?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

ベルハルザのバンド
Belharza’s Band

このインペリアルの指輪の中心に配された牛の角には、敵を叩き潰し、指輪の怒りを解放するよう装着者を駆り立てる力があるようだ。


クリムゾン・ダイヤモンド
English title is here

  • ふむ、こいつは美しいな。この断面からすると、カットの技術は比較的古いものだ。第一帝国かな。ギャラリーレイルがないと判別が難しい。最初はルビーかと思ったが、改めて見ると…ダイヤモンドの可能性があるか?

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ほぼ間違いなく、インペリアルのダイヤモンドだ。形ではっきりと分かる。問題は、この真紅の輝きがどこから生まれているのか、そもそもなぜデッドランドにあったのかだ。アレッシアの魔術師があえてベールを破ったのか?

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • マボレルの儀式の書に、ダイヤモンドを主要なフォーカスに用いる召喚の儀式が載っていました。当然ながらニベンの呪文なので、ダイヤモンドの真紅の輝きは偶然ではないでしょう。これが何を召喚したにせよ、聖アレッシアと何らかの形で関係しているはずです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

ベルハルザのバンド
Belharza’s Band

このインペリアルの指輪の中心に配された牛の角には、敵を叩き潰し、指輪の怒りを解放するよう装着者を駆り立てる力があるようだ。


ステンレスのインペリアルバンド
English title is here

  • 発見された状況を考えると、腐食が見られないのはすごいな。デッドランドはタムリエルの物品に強い負荷を与えると聞いているのに!この指輪は明らかにインペリアル製だ。それも安物じゃない。偶然オブリビオンに来たとは思えないな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • これは丈夫なバンドだ。インペリアル製だな。だが帝国軍の指輪ではない。鍛冶師の妻が結婚前に自分で作るものに似ている。重く、豪華で、よく磨かれている。重要人物が身に着けていたのだろう。場所から考えると、魔闘士かな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 帝国の魔闘士が持っていたという説が正しいと思います、ウグロン。内側に付いている模様を見て下さい。これはイサンドル留めといって、指輪が滑り落ちるのを防ぐためのものです。指を振動させるような、強力な魔法の指輪に付けるものです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

ベルハルザのバンド
Belharza’s Band

このインペリアルの指輪の中心に配された牛の角には、敵を叩き潰し、指輪の怒りを解放するよう装着者を駆り立てる力があるようだ。


刻まれた銀の角
English title is here

  • 可愛い!小さなズィヴィライの角?小さな像か、宝石細工から取れたものかもしれない。デッドランドに住む定命の彫刻師が作ったの?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ズィヴィライには大きすぎると思う。コロヴィアのミノタウロスの方が近いな。ミノタウロスがデッドランドに行ったという話はあまり聞かない。そんなことが可能かどうかも分からない。モリハウスやベルハルザと関係があるのだろうか?

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 角の曲がり方を見て。ねじれた傾斜は、第一紀1300年代のテルティア・ガルスによる異教のベルハルザ画に対応しているわ。この特徴的な角の形は、ベルハルザを彼の有名な父親から区別するほぼ唯一の特徴なのよ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

ベルハルザのバンド
Belharza’s Band

このインペリアルの指輪の中心に配された牛の角には、敵を叩き潰し、指輪の怒りを解放するよう装着者を駆り立てる力があるようだ。


アレッシアの聖油
English title is here

  • これは驚異的に保存状態がいいわね。聖別された油の一種?魔術的な起源を持つもの?こんな器が、アルケインの保護もなくデッドランドの過酷な環境を生き延びられるとは想像もつかないけど。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • この物質にアルケインの特性があるのは間違いないと思います。でも、起源は謎ですね。この器には王のアミュレットらしきものが刻印されていますが、側面に描かれているものは分かりません。角でしょうか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ああ、モリハウスの角だと思う。それとも息子のベルハルザか。モリハウスとベルハルザが本物の牛人間だったという話は、まことしやかな嘘だとずっと思っていたが、これで分からなくなってきたな!アレッシア初期の司祭たちは、この油で彼らを称えていたのかもしれない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

ベルハルザのバンド
Belharza’s Band

このインペリアルの指輪の中心に配された牛の角には、敵を叩き潰し、指輪の怒りを解放するよう装着者を駆り立てる力があるようだ。