換金品 上級(古遺物)


古代の釣り竿
Ancient Fishing Rod

  • 古いにも関わらず、この釣竿の作りは現代とそれほど変わらないように見える。装飾は確かに独特だが。ケナーシ固有の描写が多く見られる。これだけ装飾が多いと重量も増え、釣りにくかっただろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • この辺りのカジートは漁師として有名だった。彼らの技術は当時の水準を大幅に上回っており、それを重く受け止めていた。この装飾は機能目的でなく、尊厳の象徴だったと考えられるわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 当時有名だったファジュムという漁師の物語があるわ。彼は海を恐怖に陥れていた、馬ほど大きいデザートサッカーを釣り上げるの。ファジュムの釣り竿は、まさにこういうものだったと言われてるわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


鱗の刻まれた蛇パイプ
Scale-Etched Slither Pipe

  • この蛇のパイプの鱗はとても細かいけど、こんなパイプに唇を押し付けられるのって… マオマーぐらいじゃない?それなら蛇の形の説明がつくけど、これは一体どういう蛇? 青と緑の縞が絡み合ってる。人を魅了するための催眠?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • それはないだろう。君の感覚は、比類ない職人技に対する自然な反応だ。それに蛇の形をしていても、必ずしもマオマーが関与していたとは言えない。単に蛇を好んだエルフが作った、見事なパイプの可能性もある!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 鈍すぎるわ!顔の輪郭と塩釉技術を見て!私に反対したいだけでしょ?内部の残滓は緑で薄片状になってる。おそらく、マオマーが特に香りを好んだ何らかの海藻の灰の残りよ。ひどい臭いだったに違いないわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


アイレイドの小像
Ayleid Statuette

  • 興味深い。この黄金の小像は、デイドラ公メリディアを表しているようだ。メリディアは少なくともアイレイドにとっては、光の化身だ。このように小さな彫刻は、おそらく貴族の家の祠に置かれていたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • メリディアの描写にしばしば見受けられる頭巾と翼が見受けられません。アイレイド帝国が衰退しつつある時代まで遡るでしょうか。バルサエビクのようなエルフが、闇の主に仕えるハートランドの同族から距離を置いていた頃です。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • アイレイドのクランの多くが、アレッシアの反乱の余波でヴァレンウッドに逃げた。これは、第一紀243年頃に陥落した要塞から持ち去られた、バウンかアヌトゥイルの家宝だと思う。つまり、神話紀まで遡るかもしれない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


タールの保護結界印
Protective Tar Warding Sigil

  • このようなボズマーの印は見たことがない。グラー・オークで作られた防護印のように見えるが、不吉な外見に見える。何か邪悪なものから着用者を守っていたようだ。深刻な意図によって着用されていたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 護符はタールでできている。グリーンパクトから追放されたボズマーが埋葬されていた、ウーズのタール坑の埋葬地にあったものかもしれない。生き埋めにされたという説もあるが。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ウーズの霊魂は不穏だったと言われてる…周囲のボズマーを祟ったのかもね。住人が亡霊を追い払うために身につけてたとか! もしくは、霊魂があの不気味なタール坑から這い出るのを防ぐためかもしれない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


アイレイドの宝飾鞘
Jeweled Ayleid Scabbard

  • これはボズマーの作品ではない。見ろ。鞘は薄い木の板に上質な革を貼って作られ、貴石はアイレイドの宝飾によく見られる様式で正確にカットされている。武器としてはあまり実用的じゃないな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • アイレイドのクランの多くが帝国の崩壊に伴ってヴァレンウッドに避難したけど、この様式は彼らの高度な文明を表している。神話紀850年から900年頃ね。おそらく、これは亡命時に持ち込まれた貴族の財宝だわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 可能性はありますが、この地のアイレイド遺跡は帝国の崩壊以前から一部が存在していました。この嵐雲の紋章は、帝国が衰退するはるか前に建てられた要塞、イラヤスの領主の物です。この鞘は、長い間ここにあったと思います!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


狩人公のジェリド
Hunt-Lord’s Djerid

  • 第一紀12世紀から13世紀頃の、カジートのジェリドよ。狩猟用の投げ矢というか、小型の投槍ね。注目に値する。柄の部分にはとても凝った彫刻が施され、棘の付いた矢尻のすぐ後ろには色鮮やかな吹流しがある。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 吹流しは高位の証だ。このジェリドは身分の高いカジートが所有していたのだろう。マーチの遊牧民を率いていた、狩人公が用いていた武器だと思われる。当然だが、指導者には高い狩りの技術が求められた。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 狩人公たちは熟練のハンターだったが、遊牧民は戦争も狩猟だと見なしていた。偉大なる狩人公は、高名な戦士でありながら人々の中心でもあった。強力な軍を率いて広大な土地を治めていた。つまり、王だったのだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


ゴブリンのスチームミル
Goblin Steam Mill

  • 小型の鉄水車と熱帯の樹木の柔らかい樹皮みたいね。全体に油が塗られてなかったら、とっくに塵と化してたはずよ。ドゥエマーの蒸気パイプの端にぴったり合う大きさだわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 作りはゴブリン製のように見えるが。模様は現在ここに居住している犬食いゴブリンのものとは異なっている。ドゥエマーが消えてレッドガードが住み着くまで、ここにはゴブリンしか暮らしていなかったのだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 最初は懐疑的でしたが、アマリエンの仮説を実証したところ、ホイールは確かに壊れた蒸気パイプの端と合致しました。少し不安定ではありますが、可動部分が驚くほどの速度で回転します。この構造なら、容易に多くの道具に動力を供給できるでしょう。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


アイレイドの巻いた目
Ayleid Tendrilled Eye

  • この球状の石の目は、表面から巻きひげが多数生えています。本数を8回数えましたが、結果は毎回異なっていました。微かにデイドラの力が放出されていますが、形状を変化させるような魔術は使われていないようです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • アイレイドのデイドラ崇拝を考えると、この目はおそらく知識のデイドラ公ハルメアス・モラを表してる。このデイドラ公が偶像化されることはあまりない。他のデイドラ公と比べて孤立してるせいか…描写が難しいせいね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 三度目の正直よ!ここのアイレイドは、ハルメアス・モラを守護者と見なしてたに違いないわ。アイレイドがそれほど知識を重んじてたとしたら、この遺跡は大学の一部だったのかもね。蔵書庫の呼び声が聞こえてくるようでしょ?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


リスラヴの三連祭壇画
Rislav Tryptic Panel

  • リスラヴが兄のドラルドを殴っている姿を表しているようだが、宗教的な感触を受けるな。「正当なるリスラヴ」という呼び名は後の歴史家によって付けられたものだと考えてきたが、この絵はリスラヴの統治時代に遡るものだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 決めつけすぎよ、レジナス。ドラルドはアレッシア教団の司祭で、コロヴィア人に神権政治を押し付けようとした。帝国に対するリスラヴの抵抗は、暴政を敷く教団に対する反逆と見なされたのでしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ドラルドの毛深い外見は象徴的だ、まるでマルクのように見える。リスラヴはゴリエウス皇帝の軍団に対して、奇跡的な勝利を収めた。これは神の恩寵だと見なされたのだろう。ところで戴冠式のベレン女王は、ガブリエルに似ているな?

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


ネードのまじないトーテム
Nedic Hex Totem

  • この木像はオークを表しているようだけど、恐ろしく見えるようかなり誇張されている。あえて恐ろしくされていることを考えると、ネードとこの地のオークのクランの関係は、友好的じゃなかったみたいね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • それはクランによる。クラグローンではネードとオークが友好的だったという証拠が大量に見つかっている。だが君の言う通りだ。ストームヘヴンのクランは、オーク以外の種族どころか、互いに対しても攻撃的な態度を取っていたようだ。当時のオークは、まだ結束の大切さを知らなかったのだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 像から突き出している金属は、儀式目的で像に突き刺された物でしょう。もしかすると呪いかもしれませんが、呪文の痕跡は見つかりませんでした。デイドラに祈りを捧げるためか、単なる気晴らしに使われていた可能性があります。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


ノースポイント創設記念コイン
Northpoint Founding Coin

  • これはなかなか手に入らない代物だぞ。第一紀900年頃、イリック・フロウディスがノースポイントの創設を記念して特別に鋳造させた金貨だ。数百枚しか鋳造されず、ほとんどは個人の収集品として所蔵されている。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 違うわ。その数字は、金貨の価値を暴騰させるため悪徳考古学者によって捏造されたに過ぎない。私の研究によると、フロウディスは新たな貿易港を誇示するため、この金貨をノースポイント中に流通させたという話よ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 捏造していたのは考古学者だけではありません。この金貨は少し軽く作られています。第一紀中期当時の商人によって広く用いられていた器具では、金の重量の誤差を検知することは難しかったようです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


ナ・トタンブの二本指篭手
Na-Totambu Two-Finger Gauntlet

  • なんと素晴らしい鋼だ。濃い灰の渦巻きが、まるでラ・ガーダのように銀の海を流れている。センチネルのクラウンは飾りが施されたこの鋼を着用していたが、篭手とは名ばかりで明らかに儀式用だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 必ずしもそうとは限らない。ファイアハイド・クランとアリクルのヨクダ人の戦いに関する口承が残っている。それによれば当時の戦士にとって戦いは踊りであり、二本指で刃を受け流せたそうだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • この鋼はオリハルコンのように頑丈だが、それでも全力の打撃には耐えられないだろう。ヨクダ人が本当に指で剣を掴めたのなら、それは防具の強度によるものではなかったはずだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


ウィルドの根の像
Wyrd Root Figure

  • 特殊な手法で、根が鹿の角と蹄を持った女性の形に削られているわ。工具を用いた形跡はなく、樹皮も無傷のままよ。おそらく、ここのウィルドが魔法で作ったのね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ヴェリタが研究していた根に似ています。ラミアのような鱗を持った女性を描いているようですが、ここまで人間に近い獣人は初めて見ました。ある女性の異なる側面を表しているのか、複数の女性を表しているのでしょうか。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • また動物の像だわ。こっちは胸が6つある狼女よ。私はハーシーンを表してると仮説を立ててたけど、これを見る限り違うようね。アトモーラで崇拝されていた神々の像かもしれない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


割れた儀式の仮面
Cloven Ritual Mask

  • 大発見よ!竜教団の仮面だわ。ドラゴン・プリーストは竜神の魂の生ける器になったと信じて、この仮面を付け神々と対話してたのよ。樫の仮面は、おそらく少し身分の低い聖職者が所有してたものね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • もちろん竜教団の仮面よ。それくらい誰でもわかる。私はもっと学術的な分析をするわ。仮面の好戦的なデザインは、より挑戦的な態度を示唆している。例えば、ドラゴンの崇拝者が戦闘時に着用していたかもしれない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ヴェリタが指摘した通り、これは竜教団の信者が戦闘時に着用していた仮面だ。私は大工じゃないが、中央に入った切り込みは剣によるものかもしれない。持ち主はおそらく、反逆したノルドの刃で最後を遂げたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


名家の黄金杯
Great House Gold Chalice

  • 不吉なモチーフがとても素敵な手法で描かれています!見ての通り、杯はとても精巧です。最高級のダンマー作品ですね。しかし土台の周囲に描かれた絵をよく見ると、首輪と鎖が見えます。奴隷ですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ダークエルフが奴隷にされた人々によって支えられ、上の縁の周囲で気だるそうに休んでいる。皮肉な表現ね。この美しい杯はおそらく、ダンマー名家の貴族の机に飾られていたのでしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ドーレス家の杯だと思う。彼らは第一紀中期から、ダンマー奴隷貿易の先頭に立ってきた。ほら、ドーレス家の鎖のシンボルが描かれている。それに、この奴隷はサルトリス畑で働かされてるみたい。第一紀26世紀の品ね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


青銅の戦角笛
Bronzed War Horn

  • 素敵な楽器だ。これはノルドが作った品で、大きさから判断すると元はおそらくマンモスの牙だ。青銅の持ち手は摩耗しており、飾りはない。装飾ではなく実際に使っていたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 第一紀の初期に遡る品のようだ。ストンフォールは当時ノルド第一帝国による侵略を受けていた。この角笛で軍隊の侵攻を知らせていたのだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ああ。これを吹いて虐殺者ヴレイジその人の襲来を知らせていたかもしれない。ヴレイジはよく遠征に出かけ、征服した領土を調査していたからな。少し吹いてみたが、いい音色だった。堂々として、想像していたような恐ろしい音ではなかった。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


破れたネッチ革の仮面
Torn Netch-leather Mask

  • グロテスクな容貌ね。尖った顔がエルフに似ていて、未加工の革で覆われた木でできている。アッシュランダーの作品だと判断できるわ。額に書かれたデイドラ語は見たことのない構文よ。明らかに単なる戦闘用の仮面ではない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 完全なデイドラ語の文章ではありません。まじないのようなものです。独自の方法で仮面に治癒魔術を吹き込もうとしたのでしょう。これは呪術師の治癒用仮面だったようです。ただ「鬱滞」「萎縮」「不毛」などの言葉の意味は、よくわかりませんが。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • デイドラ語の意味は時の経過によって変化してるわ。文脈から考えて、これらの単語は「帰還」「収縮」「乾燥」といった意味ね。スラシアの疫病に言及してるのかも。疫病が極東まで広がったことを考慮すると、犠牲者を治癒するためにこの仮面を使っていたんでしょう。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


銀の嘆願のメダル
Silver Wish Medallion

  • 最初は特大のコインだと思ったわ。デイドラへの供物として作られた初期の通貨には、独特なクラヴィカス・ヴァイルの絵がよく描かれてる。でも蝶番が付いてるから、着用されてた品よ。もう1つの絵は何を表してるの?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 発見された地域、ヴァイルに懇願していること、衣服を一切まとっていないことを考慮すると、おそらくコスリンギを表しているわ。ズェン崇拝以前のものよ。あるいは伝統に固執して孤立した教団のものね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 分析によるとこのメダルはとても古く、神話紀初期かそれ以前の時代の可能性すらあります。しかしそれでは意味を成さないため、私の儀式が間違っていたのでしょう。また、見た目は銀に見えますが実際は違います。見たこともない金属です。妙ですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


狼頭のブローチ
Wolf-head Brooch

  • これは珍しい。ハーフィンガルの紋章と関連があるようにも見えるが、ソリチュードにしては古すぎる。ノルドの古き習わしで、狼の女神は献身と豊穣の化身だった。これは古代の剣乙女のブローチだったのではないか。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • すみませんが表情を見るに、「献身と豊穣」を表しているようには思えません。唸っているようで、ヨルグリム川付近で見かけた戸口の柱の彫刻を彷彿とさせます。おそらくこのブローチは好戦的な従士の家紋でしょう。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 違うわ。呪いよ!繋がりは明らかだわ。このブローチは、ウェアウルフの一族の家紋よ。ユルガルドは長くヨルグリム下層を支配し、ハーシーンの呪いを受け入れた。ユルガルドの従士のマントの留め金じゃない?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


アカヴィリ君主の旗
Akaviri Lord’s Banner

  • まさかスカイリムでこれが見つかるとは。遠く離れたアカヴィリ君主の旗だ。アカヴィリ軍の兵士たちが激しい戦いの中で指導者を見つけやすいように、それぞれの指導者は鎧の後ろにこれを固定していた。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • それほど驚くべきことではない。第一紀2703年、第一次アカヴィリ侵攻の際、アカヴィリ軍はモロウウィンドとスカイリムに進軍した。レマンによってペイル峠で阻止されるまで、両地域の大部分を征服したのだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ああ、ドラゴンガードの起源ね。アカヴィリ軍はレマン一世をドラゴンボーンと見なし、忠誠を誓った。この君主は、将来の皇帝に対して剣を振るった最後のアカヴィリだったかもしれない。あるいは、跪いた最初のアカヴィリだったかもね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


シェオゴラスの狂気のキューブ
Sheogorath Madness Cube

  • 楽園にも危険はある。かつてデイドラの領域に住んでいたことならなおさらだ。それぞれ異なったシンボルが描かれた、面積の等しい六面に気づいたか?恐ろしいよな?転がすなよ!行く先には狂気が待っている。文字通りな。すぐに封印すべきだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • シェオゴラスの遺物?そうかもしれないけれど、アルトマーに関わっているかも。これは瞑想用の六面体かもしれないわ。彼らは数字の3、5、8を聖なるものと考えた。ふむ。考え直すと、彼らは瞑想用八面体を使ってたかも。いいわ。狂気のキューブにしときましょう。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • まったく想像力豊かなことだ。こいつは骨でできている。海の動物のな。年代は第一紀だ。アルトマーが島を支配していた頃だ。こいつは古代のアルトマーが集まって、物語を作る時に使った運試しのキューブだ。害はなく、面白いものさ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


力を失ったデイドラの手枷
Inert Daedric Manacles

  • 妙ですね。魔力が失われており、鍵も見当たらない。魔法の手枷として使われていたのでしょう。かなりしゃれています。私が投獄されたとしても、この手枷ならそれほど不満はないですね。どう思いますか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 見つかった場所を考慮すると、光なき土牢の手枷かもね。青いクリスタルの残滓が手掛かりになるかも!土牢の中では、白や黄金のクリスタルは許可されてなかったから。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • コールドハーバーのものでしょうけど、残滓だけに基づいて結論を導くのは安直すぎるわ。光なき土牢はメリディアのしもべを拘留していたのよ。内情を考慮すると、手枷は懲罰手段としてあまりに軽すぎるように思える。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


ひび割れた大蛇のペンダント
Cracked Serpent Pendant

  • 魔法的な特徴は特に見受けられませんが、普通の宝飾品ではないようです。推測に過ぎませんが、ネードのものかもしれません。石を包んでいる大蛇は、クラグローンの遺跡で見たものを彷彿とさせます。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ああ。典型的なネードの石細工だ!おそらく石工が高貴なネードのために作ったのだろう。女王か王女かもしれない。確かに大蛇はネードの遺跡でよく見かけられるが、宝飾品に使われているのを見るのはこれが初めてだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ええ、多くのネードは賢明な節度を保って大蛇座を崇拝していた。最近のクラグローンでの事件は、その種の強大な存在に手を出すことがどれほど危険か浮き彫りにしたわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


古ぼけたオークの大鍋
Worn Orcish Cauldron

  • 武骨な様式と恐ろしいほどの古さから、第一紀初期の品だと断定できる。間違いなくオークのものだ。だがどの地方の、どのクランのものか特定できるほどはっきりした特徴はない。かなり大きいな。オークにしても。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ええ、間違いなくオークの品ね。材質は炭で硬化させたカリみたい。サグボ・グロー・ツットの「13クランの歴史」の地図によると、ナザグ・クランは当時知られていた鉱脈に一番近かった。きっと彼らのものね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • バルザナク・クランの可能性がより高い。要塞の伝説では、バルザナク・クランは全クランで一つの器を共有したとある。伝統によって皆が自分の分だけ食べるように律され、それ以上は取らなかったそうだ。象徴的な話だとばかり思っていた。興味深い。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


とぐろを巻いた大蛇の錠
Coiled Serpent Lock

  • また蛇ですか!タムリエルのどこにでもいるんですね!私には芸術性が感じられません。絶対にヨクダのものではありません。しかし錠前の機構はとても洗練されたものです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • よく見なさい。初期のマオマー職人の特徴が余すところなく蛇に現れている。シーサーペントと呼んだほうがより正確ね。鼻の形と特徴的な頭のひだでわかる。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 第一紀の後半には、ヒューズベイン奥地にマオマーの奴隷商人がたくさんいた。その地の伝説によるとその中に「蛇の魔法」を使う集団がいて、奴隷を捕らえると錠に魔法をかけ、大人しく服従させていたそうだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


水に浸食されたアンヴィルの胸像
Water-worn Anvil Bust

  • 帝国史によると、第一帝国草創期のアンヴィルでは彫像作りが盛んだった。その後アレッシア教団が、そういった芸術的表現をより難しくしたの。この顔はひどく摩滅してしまっているわね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 首の位置を見て。見上げているように見える。 アンヴィルの漁師は、壊れた彫像が湖底で有名な人魚の下で眠っていると信じている。何かか誰かが彼女を見上げているのかもね。確かめたいけど、私は泳げない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • アンヴィルの人魚と、この体を失った頭を結び付ける証拠はほとんどない。確かに、石の組成が似ていることは認めよう。だが、顔は近くにあるクヴァッチ王立議会の諸侯の彫像と似ているように見える。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


巨大なアッシュハーダーの鉤縄
Massive Ash-herder Grapnel

  • 何なのかよくわからない。粗雑なグラップリングフックのようにも見えるが、サイズから見て、マンモスの体重も支えられただろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • カニよ、ウグロン!チャイマーはこれでとても巨大な獣を誘導したのよ。アルドルーンみたいな場所があるから、アッシュランダーはスカーのような巨大ガニを殺してただけだと思ってしまうけど。こうした獣が移動手段として使われていなかったと言える?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 確かにダークエルフには長く(そしておぞましい)奇妙な畜産の伝統がある。私が知りたいのは、同種の獣だという証拠があるかってこと。アルドルーンはカニの遺骸が長いこと残ることを証明している。私はあんなに大きな遺骸を見たことがないわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


使徒の鞭
Apostle’s Scourge

  • 何らかの宗教的な鞭だろう。自らを罰するために使われたのには間違いない。モーロッチの顎骨にかけて古代の道具だ。ここにデイドラ語がある。より幾何学的なルーンに代わっているな?ダークエルフはなぜ自身を罰していた?

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ソーサ・シルの信徒についてはほとんど知らないけど、そう自称する頭のおかしな魔術師と話したことがある。クロックワークの使徒を自称し、ソーサ・シルを崇拝していた。でも当然ながら、デイドラ崇拝にはまったく見向きもしなかったわ!信じられる?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 信じられないな。奴らが今誰を信仰していようが、ダークエルフがヴェロシの系譜であることには変わりない。とはいえ、生き神に信仰を捨てろと言われたら背ける者がいるか?現在の使徒は、善のデイドラの名すら覚えていないだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


ジュリスリーブの目
Jurisreeve’s Eye

  • これは古代の役人のバッジのようね。このシンボルは何?ビリジアンの虹彩に黒い瞳孔が三つ浮かぶ巨大な目。実物を模したのかもしれない。サマーセットに三つ目の獣はいる?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 実物を模してはいないわ。ハイエルフにジュリスリーブという調査官のような役職があるんだけど、3人組で行動するの。アルドマーがサマーセット諸島に初めて足を踏み入れて以来ね。その中に「聞く目」、アドマネンと呼ばれる者がいる。バッジを見たことはないけど。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • アマリエンには失礼ですけど、これはジュリスリーブのものとは思えません。少なくとも今日の我々が知っているジュリスリーブではありません。何らかの宗教的な護符に見えます。ひょっとしてジュリスリーブの伝統は、宗教的な教団として始まったのではありませんか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


歪んだ占い杓子
Warped Scrying Dipper

  • どうやらワンドの一種ですね。ブナかヒッコリーでしょうか。あまりに質素なので、ペットの犬に投げ与えて遊んでしまいそうです。でもそうしないように。強力な魔法が込められていますから。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 古いエルフの魔法はとんでもないな。乳棒のように使えそうなんだが。サイジックは水を読めたと聞く。波紋読みに基づいた強力な占いらしい。これで波紋を作り出していたんじゃないか?

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 当たっているかもしれないわ、ウグロン。先端は他の部分より黒ずんでいて、節くれている。サイジック会の観照師がこの魔法の道具で器の表面を叩いて、世界を見通そうとしてたのかもね。未来まで!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


族長の石のズル・ヴァート
Stone-Chief’s Xul-Vaat

  • なんと美しい石彫だ!アルゴニアンはあまり死にこだわらないが、墓標で死を記念することは好む。トカゲの言葉ではこれをズル・ヴァートと言う。アルゴニアンが死ぬと、一族の者が墓標を立てて追悼する。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • レジナス、もう一歩だな。アルゴニアンが墓標を作るのは、死者をボグブライトとして蘇らせないためだ。だが注意すべきはそれだけじゃない。面白いのは材質だ。アルゴニアンが石を使うことはめったにない。このズル・ヴァートは明らかに古代のものだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • そう、アルゴニアンが数千年も前に石細工をやめていることが、この墓標をとても珍しいものにしているの。どうやら昔も今も、アルゴニアンの埋葬の風習には似通ったところがあるようね。本当に残念。この考察を聞いても、アルゴニアンは肩をすくめるだけなんだから。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


カジートの疫病の仮面
Khajiit Plague Mask

  • 面白いデザインだ。カジートの顔用に作成されたのは確かだが、巧みに作られているようには見えない。時の流れのせいだけではない拙さが見える。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • スラシアの疫病は交易路を介してエルスウェアにやってきた。彼らには戦う術がなかったろうし、戦い始めたとしてももう手遅れだった。これは初期の予防手段だったのかもしれない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • スラシアの疫病の初期段階で、カジートの治癒師たちはこういった簡素な仮面で病の伝染を防ごうとしたという。それでは不十分だとすぐ明らかになったので、捨て去られ顧みられなかったそうよ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


隕鉄の大盾
Meteoric-Iron Pavise

  • この盾は何とも…長いですね。こんなものを引きずって歩くのはさぞ骨が折れるでしょう。しかし、この厚さなら貫通はされないでしょうね。それにこの金属は何ですか?見たこともありません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 可愛いガブリエル。それはとても希少な素材よ。この戦場の怪物の作成に使われたのは隕鉄なの。でも何のために?行き過ぎもここまでいくと芸術よ。この派手な盾は飾りかもね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • これをタワーシールドのように腕で持つ兵士はいない。地面に立てて使ったんだろう。隕鉄はほとんどの属性に耐性がある。だからドラゴンと戦って黒焦げにされたくなければ、こいつが役に立つ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


ノルドの銀ドリンクホーン
Silvered Nord Drinking Horn

  • 銀の線細工は、このドリンクホーンが高位の従士の所持品だったことを示している。でもこんな牙は見たことがない。ドラゴンのように超自然的な獣の角なら、この杯から飲む者に魔法や幸運をもたらしてくれるでしょう。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ノルドの幸運のハチミツ酒ジョッキとして使われるには、ドラゴンの角はあまりに貴重な品よ。でもこの品の銀細工は非凡ね。私の見立てでは、第一紀の22世紀初頭の品。首長のための副葬品じゃないかな。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • このドリンクホーンはハイヤルマーチの首長、ヴァンダール・オープンハンドのものかもしれない。同時代の吟遊詩人は富と気前の良さを歌にしている。彼は莫大な財宝が詰まった塚に埋葬されたと言われている。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


古代の抽出道具
Ancient Extraction Tool

  • 採掘道具のように見えるな。第一紀240年頃か。当時としては洗練されているようにも見えるが、サイズのせいかもしれない。個人の所有物だろう。大規模な鉱石発掘には使われていないはずだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • これはただの採掘道具に見えません!この彫刻を見てください。間違っていたらアマリエンに訂正してほしいのですが、ドゥエマーのものに見えます。独特の作りで、魔法の部品が入っています。少なくとも、以前は魔法の部品だったはずです。何か意見はありますか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 見つかった場所と、この道具の使い道がとても限られていたことを考えるとね。エセリウムの抽出に使ったんじゃないかと思う!ラルドサールのドワーフは、より重い機械を使う前にこういう道具を扱っていたのかもしれない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


アイレイドの壊れたマントの留め具
Shattered Ayleid Cloak Clasp

  • 完全な状態で見ないとはっきりとは言えないけど、これはアイレイド起源のようね。正確にはバルサエビクのアイレイドよ。この色あせた象徴は、エドラを称えるために使われたのかもしれない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ギデオンは元々アイレイドが築いたんだろう?残念ながらその集落の名前は時と共に失われてしまったが、これはおそらく大シロディールを去った後、ブラック・マーシュに定住した初期の民が持っていたんだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • そうね!エドラの角度も興味深いわね。バルサエビクのアイレイドはナーフィンセル分裂の間に、デイドラを崇拝する同族を避けるために立ち去ったの。場所を考えれば筋が通るわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


マインドクリーバー・クランの旗
English title is here

  • この紋章には見覚えがないぞ。ドレモラの作品なのは間違いないが、このクランは私の知るデイドラ学の文書に載っていない。確かにドレモラのクランは数千も存在する可能性があるとはいえ、我々はデイゴンに仕えるクランなら確実に把握していると思っていたんだがな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 魔術師ギルドの図書館で、ディヴァイス・ファーの初期オブリビオン探索の目録を見つけました。彼はクランの紋章を数百スケッチしています。これはマインドクリーバー・クランの紋章のようですね。でも、名前以外に大した情報はありません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • マインドクリーバーについての情報不足は偶然じゃない。デイゴンの現在のお気に入りであるルインブラッドは、彼らが存在した証拠を全て消し去ったの。私が見つけたファイアスカージの巻物には、彼らが秘密警察として憎まれ、小規模クランの同盟によって引きずりおろされたと書いてあったわ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)