調理師助手メール 42週間目

292日目
ナアマにもっと健康に良いものを食べるように言われています。必要があるのでしょうか?一番健康なカジートになったところで、ゆっくり死ぬだけです。こちらをお受け取りください。

293日目
ナアマにはイライラさせられます。ズッキはとにかく彼女に、何もしていないのだから何も持たないようにいわれるのが嫌いです、なぜなら何かをしようと思っていたからです。今では何なのか忘れてしまいました。

294日目
この者の人生の本当の目的は、他者のお手本になることなのではないだろうかと結論に至りました。荷物を同封しておきます。

295日目
ズッキは強いハチミツ酒の入った大きな水差しを見つけました。それが誰のものなのかはわかりません。でもこの者なら間違いなく飲み干せるはずです。

296日目
なぜ彼らは薬の商人の隣に染料の商人を置くのでしょうか?ズッキは少し体力を回復したかっただけです。内臓の色が変わってしまいました。

297日目
この者はハープ奏者だという女吟遊詩人に会いました。でも彼女は、その手を演奏ではなくスリに活用していました。リラよ!

298日目
この街では奇妙なものをたくさん目にします。昨日ズッキは、妖術師が酒場に変身する姿を見ました。今のは冗談です。気付かなくても驚きませんが。

299日目
この者には恐いことがたくさんあります。でもズッキが何よりも恐れているのは、永遠に恐怖を乗り越えられないことです。こちらをお受け取りください。

300日目
キャラバンはまた移動サーカス団に出会いましたが、犯罪者ではありませんでした。実際、それなりに面白かったです。でもズッキはすぐに飽き、他のことを考え始めました。すぐに奇妙な考えに捕らわれていることに気付きました。サーカスの演者たちは、何に追われてサーカス団員になるのでしょうか?

付呪師助手メール 39週間目

272日目
エロン・ソルトが辺境の村で私を探しているのなら、旅を始めた街こそが最も安全な場所でしょう。食料も少なくなっています(トロールの糞の中に生えたキノコを食べるのは絶対に嫌です)。

273日目
トロールの糞のキノコですが、使い道を見つけました。それを下剤として使う、船上の薬剤師と取引すればいいのです。代償として私は、停泊中の船にあるハンモックを出港日まで借りました。幸い、ヴェロスリル姉妹社は倉庫長を買収して港を監視してはいません。同盟の密偵の財布と競い合うのは、容易ではありませんから。

274日目
魔術師ギルドに接触しました。シクスルによれば彼らはヴェロスリル姉妹社を嫌っているようですが、理由が分かるまでは名前を出さないでおきます。明日、アイレイド語に詳しいギルドのメンバーと会うことになりました。彼ならアバヴァーロアの意味を知っているかもしれません。前に聞いたことがあるような気がします。

275日目
アイレイド語の学者によれば、「アバヴァーロア」とは「禁じられた象徴」という意味だそうです。私の質問に驚いた様子で、不審に思い始めたようでした。シロディールで見つけた遺物がらみの作り話をしましたが、私が立ち去ると賢者に話し掛けました。彼女は私を捕らえるよう達人に合図したので、私は逃げました。

276日目
船に戻り、どうやら安全なようです。魔術師ギルドも倉庫長を買収してないようです。次の行動を考えなくてはいけません。それから、髪の毛を絞ることも。酢漬けのスズキが入った樽に隠れる必要があり、戻った後、カジートの甲板長から引っ切りなしに皮肉を言われています。ほとんどは無礼ですが、詩的な時もあります。

277日目
リトルスクラッパー号は今日出航で、私も同行します。ヴェロスリル姉妹社の賞金稼ぎ、魔術師ギルドの達人…次は誰に追われるのでしょう?もちろんカジートの甲板長は(賢い者も)除きます。

278日目
追放者の遺跡がこれほど関心を集め、ダヴァミンの日記に「禁じられた象徴」を意味するアイレイド語が並んでいた理由は?「禁じられた字句」なのでしょうか?それなら「アバヴァーロア」は追放者の遺跡、ヘクルのことかもしれません。でも、そもそもなぜ現れたのでしょう?

木工師助手メール 39週間目

271日目
あなたへの手紙の中で、マグの言葉をよく引用しているような気がします。これはおそらく私たちが話す時、彼が口を挟ませてくれないからでしょう。パクトについて話すのはいい気分転換になります。これに関しては、彼も耳を傾けるように見えました。彼の言葉は注意深く、尊敬すべきものであるようにさえ感じました。なぜこの議題がこのような変化をもたらしたのでしょう?

272日目
前回の手紙は性急すぎました。マグは私のパクト解釈に敬意を払っていますが、実践については色々と不満があるのです。「枯れた木が欲しいって?」と、彼は面白がって言いました。「スカイリムに行きな!あそこじゃ生きてるものはみんな、そのうち凍死するからな!」スカイリムがそんなにいいところなら、なぜ彼は帰らないのでしょう?

273日目
私はノルドがグリーンパクトに従わねばならなくなる理由を推定しましたが、真実は想定の外でした。結婚です!マグはパクトに深く入れ込んでいたウッドエルフと結婚したのです。彼がパクトに従ったのは、愛のためだったのです。正直に言って、想像がつきません。マグが?ウッドエルフと?これはもっと教えてもらわなくては!

274日目
マグはパクトについて言いたいことが本当にたくさんあります。「木を使わないのはいいんだが、問題は食事だ。肉!ミルク!卵!胃がどうにかなりそうだったよ。口が脂肪の層で覆われた気分だった。ノルドの俺が言ってるんだぞ!」彼はまだ奥さんについては話していません。私も聞くのがためらわれます。一度も故郷に手紙を書いていませんが、奥さんはどうなったのでしょう?

275日目
私はマグと材木を集め始めました。彼が枝を切り落とし、下ばえから回収するのです。不思議なものです。私は以前、こうした実践を見ると気分が悪くなったものです。木が裂ける音や、木の青白い内部を見ることに慣れてしまったのだと思います。もうほとんど動じなくなりました。このことをどう感じるべきなのでしょう。

276日目
ハチミツ酒を何本も空にした後、マグはついに妻のことを話しました。彼女はある日病気になり、死が近づきました。マグは薬を飲むよう懇願しましたが、彼女は拒否しました。彼は私に言いました。「未来の子供たちはどうなる?パクトのためなら、子供たちも死なせるのか?」彼女はそうしたでしょう。難しい選択ですが、それが私たちの生き方です。去った理由は理解できます。

277日目
パクトは常に簡単ではないし、常に公正でもありません。治癒師は常にそばにはいませんし、私の種族は薬を使いません。マグの話をあなたに伝えるのは私がすることではないかもしれませんが、誰かに聞いてほしかったのです。どうかこの荷物と、感謝の気持ちをお受け取りください。あなたはいつでも信頼できる話し相手です。

仕立師助手メール 39週間目

271日目
お目の高いお客様、普段の配達に加え、この者は「グラニー・グラヴィウスの一流遺物骨董品店」にて先行予約受付中の、ドゥエマーの布の小型サンプルも同封いたしました。比類ない品質が、まもなくあなたのものになります。今すぐ注文書をご返送いただき、順番待ちリストにご登録ください。ホウカーがお届けしました。

272日目
お目の高いお客様、この者は荷物にドゥエマーの端革を同封いたしました。その柔らかさと伸縮性をお試しください。ドワーフの機械は数千時間に及ぶ酷使に耐えられるよう設計されましたが、実際には数千年の酷使に耐えています。もう腰帯が破れる恐れはありません!ホウカーがお届けしました。

273日目
お目の高いお客様、たった1度の注文で手に入るドゥエマーのボウルとカップを使用した、芸術家による家具のカタログを同封いたしました。美しさと凄まじい耐久性を兼ね備えており、文明崩壊から長い時を経ても、洗練されたディナーをお約束します。一式ご注文いただくと、キッチンで便利なドワーフの鍛冶用手袋を差し上げます!ホウカーがお届けしました。

274日目
お目の高いお客様、この者は「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」におけるお客様のアカウントについてご連絡差し上げました。特に問題はございませんが、「グラニー・グラヴィウスの一流遺物骨董品店」からの素晴らしい提案にご返答いただいておりません。受け取られたかどうかをお伝えいただけますと、この者は幸いです。ホウカーがお届けしました。

275日目
お目の高いお客様、残念ながら、「グラニー・グラヴィウスの一流遺物骨董品店」へのご注文はこれ以降お受けできなくなりました。本日以降にお支払いいただいた金額は、9営業日以内にご返金いたします。ホウカーがお届けしました。

276日目
元気?グラニーはアッシュランドの旅行を終えて、まだ服についた灰を振り払ってるところよ。手付かずの品物を探そうと思いついたのは、グラニーが最初じゃなかったようね。初日にかなりたくさんの人を見かけたわ。腰巻すら履いてなくて、骨になった人たちをね。

277日目
灰の民の家を見つけたけど、物を何も残していないみたい。物への執着心が強い人たちのようだけど、グラニーは弱気にならない。野営地を探すため、キャラバンの人に連れて行ってもらうわ。彼はあまり乗り気じゃなさそうだけど、グラニーはお金を払ってる。何も問題はないでしょう。

鍛冶師助手メール 39週間目

271日目
ウルベクは打ち出しの本を打ち出すことを始めた。ウルベクは嫌々認めるが、小さな親方のラウモントはウルベクに色々教えてくれる。ウルベクは岩を打ち出すのと同じように金属を打ち出すが、打ち出し方は奥が深い。ウルベクはそれを序文に書く。

272日目
クラン・タムノッシュのために岩を打ち出していたため、ウルベクは家が恋しくなっている。家に手紙を打ち出すのが遅れているとウルベクは思う。「四鉄精錬所」に来てから、ウルベクが学んだことにきっと興味があるだろう。

273日目
良き鍛冶屋よ、私達は今まさに見習いの今季評価を終えようとしている。「四鉄精錬所」は、ウルベクと関わりがあったあなたの意見を歓迎する。この情報はもちろん機密扱いであり、間接的な成績のフィードバックにしか使われない。当然、意見を言うかどうかは任意だ。

274日目
ウルベクはあなたの支援に対してお礼の手紙を打ち出す必要があり、ウルベクが「四鉄」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客の気前が良いからだと、小さな親方のラウモントから言われた。あと、ウルベクは教育基金への寄付を頼まないといけない。すぐにウルベクが送る。

275日目
ウルベクはあなたの支援に感謝している。ウルベクが「四鉄精錬所」のような一流の施設で学べるのは、あなたのような顧客がいるからこそだ。ウルベクと似たような他の者が同じ機会を得られるように、あなたには教育基金に寄付することをウルベクは望む。

276日目
心配するな。あなたが「四鉄」に寄付するかどうかは、ウルベクはあまり気にしていない。もうウルベクが物を砕けるほどの額を送ってくれたと思う。ウルベクはあなたが最高の打ち出しをしていることを強く望む。

277日目
ウルベクは家から返事を受けた。クラン・タムノッシュはウルベクを誇りに思っていて、あれだけ小さな男から良き鍛冶を学ぶのはきっと大変だが、オークの子供達が早く始めるのに役立つことを分かっている。

1 2 3 59