調理師助手メール 34週間目

236日目
この者は街で人々を観察しています。この世界には2種類の人がいることに気付きました。ズッキはどちらも嫌いです。

237日目
キャラバンについてくる野良犬がいます、ズッキはその犬の虜になっています。犬からはたくさんのことを学べます、忠誠や忍耐もそのひとつです。さらに、寝る前に3度回転することの重要性も教えてくれます。

238日目
ズッキは犬に餌をやっています、この犬に愛着がわいてくるようになりました。犬は自分のことを話さず、ズッキが自分の話をすると、必ず興味を示してきます。それに子供たちに向かって吠え、泣かせることもあります。

239日目
犬はこの者の側を離れようとしません。ズッキの耳のすぐ近くで無意味に激しく吠えなければならなくなった時、その方が便利だからです。

240日目
カジートは毛繕いに多くの時間を費やします。犬はそうではありません。この犬にとっては、腐った肉の山に転がることが毛繕いなのです。しかもこの犬は、とても毛むくじゃらでボサボサです。この犬があまりにも転がるので驚いています。ズッキはずっと間違った方向から話しかけていたようです。

241日目
犬はズッキのもとを離れ、死霊術師と一緒に逃げてしまいました、恐らく骨のせいでしょう。ズッキは今回のことを残念に思っています。でも自分のおならに驚く動物を信じるほど愚かではありません。

242日目
ズッキは今日一つ歳を取りました。昔ほど身軽ではないかもしれませんが、文句は言えません。歳を取れない人もたくさんいるのです。

付呪師助手メール 31週間目

216日目
魔術師ギルドに入る計画は川が流れるように進みました。これはアルゴニアン流の言葉遊びです。楽しんでもらえましたか?とにかく、アイレイド遺跡に関する役立ちそうな本を見つけました。というのも、本には鍵がかかっているのです。おまけに、ヴェロスリル姉妹社の従業員には売らないこと、というメモが付いていました。その意志を尊重して、借りてきました。

217日目
魔術師ギルドは、アイレイド遺跡に関する鍵付きの本が行方不明なことに気付きました。技術的に言うと私は逃走中です。取り急ぎ失礼します。

218日目
ブラック・マーシュでは敵対的な生き物に追われると、沼の奥に隠れるものです。しかし私はブラック・マーシュにいるのではなく、敵対的な生き物は魔術師ギルドの怒った賢者です。後を追われる可能性の低い場所へ行きました。特に汚い下水道です。荷物を送るため、一時的に外へ出ました。中身は洗うことをお勧めします。

219日目
賢者に嗅ぎつけられました。ほら、下水道にいたから?忘れてください。下水道に戻ると、何人かの人に出くわしました。立派な市民で、既成のものとは異なる配達方法を専門としています。あなた宛ての荷物も届けてくれると言ってくれました(ただし、もし何かがなくなっていたら教えてください)。

220日目
逃げ込んだ下水道で利用できるのは、代替の配達方法だけではありません。店に属していない錠前屋もいるようなので、起業家を利用してみました。魔術師ギルドから借りたアイレイド遺跡に関する鍵付きの本は、彼が開けてくれます。それまでは、私物からの品をお受け取りください。

221日目
多少の混乱があったことを告白します。魔術師ギルドがヴェロスリル姉妹社関係者に渡したがらなかった本ですが、あれにはヴェロスリル姉妹社から指定されたアイレイド遺跡の情報は載っていませんでした。本はタムリエルからアイレイドが消えてからはあるか後になって書かれていました。しかし、アイレイド遺跡全体がどうして消えるのでしょうか?

222日目
急ぎの配達で失礼します。どうやら追われているようです!まったく役立たずな魔術師ギルドの本を借りたことで、賢者が私に賞金をかけたのです。荷物を自分の手配用ポスターで包んで申し訳ありません。たくさん剥がしたのはいいものの、そのまま無駄にできない性分なのです。

ヨクダ スタイル

クラフトモチーフ20
Yokudan Style

シーカーの公文書保管人、イブルーラ 著

ここシーカーの保管所に保管されているのは、ほとんどがヨクダの失われた歴史と叡智である。本と巻物がここに持ち込まれたのは、最初のラ・ガーダの時だ。一章かかっても全てを網羅するには足りないため、簡単なことから始めようと思う。「広い矢尻」と呼ばれるデザインなど、ヨクダのモチーフを独特で見分けやすくしている特徴を捉えるのだ。

ブーツ

ヨクダのブーツは戦闘用に作られている。ヘビーレザーに、防護のため戦略的な位置に配置された金属が加えられている。しかし厳しいヨクダの地形を行軍するため、柔軟かつ頑丈でもある。

ベルト

ヨクダのベルトは華美にならないようにされている。重要なのは剣や他の武器など、そこからぶら下がるものだからだ。タセットも臀部の防護に用いられている。バックルは通常固く、シンプルな幾何模様のデザインになっている。

ヨクダの兜のデザインは、明らかに古代の遊牧民が被っていたターバンの流れを引き継いでいる。通常はフードで首の後ろを守り、フルバイザーが顔を覆う。額の角や紋章があることもある。

脚当て

ヨクダのシャッセは剣戟中に足元を守るためしっかりした作りになっており、金属のプレートが脛とふくらはぎを覆い、ハムストリングへの攻撃を防いでいる。尖った膝当ても一般的だ。

ヨクダは射撃を重視しなかった。近接戦闘に比べて名誉に欠けると考えていたのだ。その勇気と気高さから、彼らは弓を下級の歩兵に任せた。ヨクダの射手や軽散兵は、軽く金属加工された単弓を装備していた。

胸当て

ヨクダにとって、武器による戦闘技術は深遠な動きを要するものとみなされていた。そのため、胸当ては胸と背中をしっかりと守ったが、最大限の機動性を確保するために腕、肩、腰は柔軟なレザーで覆われていた。

曲がったヨクダの剣は装飾的に優れたものではないが、それでもヨクダの武器鍛冶の頂点に立つものである。長い時間を掛けて何度も鍛造され、壊れない無敵の剣を作り出すのだ。ヨクダの戦士は、剣を自身の延長だと捉えている。

肩防具

肩自体は柔軟なレザーで覆われてアクロバティックな剣戟が可能になっているが、関節部分は鋭く精妙なポールドロン、カップで守られていることが多い。上に広がり、首の側面まで守る。

手袋

ヨクダの戦士は他のあらゆる武器スタイルよりも剣での戦いを重視した。そして剣戟では、手が常に危険に晒される。そのため、ヨクダの篭手は重く複数の層からなり、広がる上袖が前腕を守る。

ヨクダの盾には丸い盾も楕円の盾も凧状の盾もあるが、全て縁には刃から作った金属のプレートがあしらわれている。中央の丸い浮彫は幾何模様のデザインだ。完全な金属製のようにも見えるが、実際には木のフレームに金属のプレートが打ちつけられている。

希少なヨクダの戦争魔術師は、格闘戦の名声を利用するため近接武器に似せた杖を用いた。金属の装飾部は丸いことも広がっていることも、「広い矢尻」のデザインで尖っていることもある。

戦棍

ヨクダは尖った刃にとても拘っており、他のスタイルならスパイクや突起がある戦棍のヘッドにまで刃を加えた。こうした刃の中には、「広い矢尻」のデザインと呼べるものまである。

短剣

ヨクダの短剣は剣を小さくしたバージョンに見える。実際にサイズも大きく、ショートソードに近い。ヨクダの二刀流戦士は、逆手の大きな短剣を一般的に用いる。

ヨクダは何よりも剣を重視したが、他の武器の有用性も認識していた。例えばヨクダの斧は、美しく恐ろしい。彼らは長く曲がった刃を用いて、剣の美点を加えることが多かった。

レドラン家 スタイル

クラフトモチーフ51
House Redoran Style

ヴィベク・シティ名家の調達係、ヴィンダメア・レドラン 著

私たちの武器と防具が巨大な節足動物の爪とキチンに着想を得ているのはなぜなのかとレドラン家以外の者に尋ねられたら、最近エンペラークラブの姿を見たかと聞いてやりなさい。そう、かつてヴァーデンフェルのアッシュランドを闊歩していた、大聖堂ほどもある大きさの甲殻類です。あの生物はどこにいったのでしょう?

私たちが殺したのです。レドラン家の戦士である私たちが。

義務、厳粛さ、敬虔。それが私たちの合言葉です。私たちはモロウウィンドのダンマー名家の中で、戦時における守り手です。この下に刻まれた指針に従って、レドラン式のクラフトを実行しなさい。名家の名に恥じぬよう、手は抜かないこと。

ブーツ

レドラン家のブーツは入手できる限り最も丈夫な革で作られ、険しい地形から保護するため靴底を厚くします。左右の足の甲にはそれぞれ、硬く尖ったキチン製のプレートを二重にして保護します。

ベルト

ベルトは強靭ながら簡素で、比較的飾り気がありません。バックルはキチン製の装飾にしてもよいでしょう。革は手に入るならなめしたカゴーティ皮にすべきですが、やむを得なければ上質のグアル革で代用しても構いません。

レドランの戦士には至近距離で敵と戦うことが奨励されるので、兜は分厚い半円の頭部と、顔全体を覆う面頬で、頭を最大限保護するように設計されています。兜の冠はショークの大顎に似た細長い角笛で装飾されます。

脚当て

レドランの脚当ては重くとも柔軟な革で作られ、重ねたキチン製(あるいはキチンに見える)プレートを前部で固定し、装着者の脛を保護します。このプレートはブーツの甲に付けられたプレートに合わせなければなりません。

古典的なレドランの弓は野生のファンガスウッドと弾力性のある足のキチンを張り合わせたもので、キチン製のプレートを弓の握りから拡がる湾曲部に被せます。矢筒は軽いキチン製プレートを青銅で補強します。矢は先端を幅広にして、ギザギザになっています。

胸当て

我らレドラン家の胸当ては柔軟な革を中ぐらいのキチン製(あるいはキチンに見える)プレートで何層にも覆って作り、打ち出し加工と線細工で装飾します。この装飾は聖なるスカラベのシンボルを含んでもよいでしょう。

レドラン家戦士の剣は幅広の直剣で両刃になっており、先端はに死をもたらす二叉の刃が付いています。鍔が狭いのはレドランの剣士が刀身を使って受け流す訓練を受けているからで、握りの上に手の幅ぐらいの広さで付いています。

肩防具

レドランのポールドロンは通常、装飾用に線細工された、湾曲され張り出したキチン製(あるいはキチンに見える)プレートです。肩に装着する際には、肩と腕の関節が完全かつ自由に動くようにします。

手袋

掴み、握りやすいように、レドラン家の篭手は最も重装の鎧でも手と指に硬い素材を使うのは避け、重ねたキチン製プレートを前腕部にのみ付けます。こうした篭手のプレートは通常先端を尖らせ、肉迫してきた敵に与える脅威を増大させます。

大きな凧型をしたレドランの盾は、巨大なスカラベのキチン製プレートを重ねたような見た目をしています。我らが名家のスカラベのシンボルは、盾の中心に装飾されることが多いのです。盾の前面には昆虫の尖った肢の網目が付けられ、装着者の視界を塞ぐことなく保護します。

レドラン魔術師の呪文用杖の先端装飾は、兜に付けられるショークの大顎の角に対応しています。接近戦時に二つの先端が敵の鎧に引っかからないよう、破損することなく簡単に切り離され、戦闘が終わった時には杖の柄に再びはめ込めるよう設計されています。

戦棍

レドランの戦棍の重いヘッドは全方位に鋭い突縁が突き出し、昆虫の爪のように湾曲しています。青銅で補強しますが、戦棍のヘッドは重い鉄か鋼鉄、手に入るならばドワーフ金属で作るべきものです。

短剣

レドランの短剣は幅広で比較的刃が短く、鎧を身に着けていない相手に致命傷を与えられるように、先端が二叉に分かれています。我らが名家の剣術は刺突よりも斬撃を重視するため、二叉の先端は鎧に対しても不利になりません。

我らレドランの斧の両刃は、私たちがその獰猛さを体現している、モロウウィンドの巨大昆虫の爪と大顎を思わせるものです。青銅で補強しますが、刃自体が可能な限り強固な金属製であるべきです。理想的には炭素鋼を使います。

フラール家 スタイル

クラフトモチーフ52
House Hlaalu Style

マスタークラフトの仲介者、ロリス・フラール 著

世界は交易のおかげで回っている。そして交易において、評判はすべてである。だからフラール家に対する信頼を維持することは、商業における優位を持続させるために極めて重要なのだ。我ら名家の衛兵と海兵の武器と防具は、取引相手が我々に期待する信頼性の手本となるように、品質と外見を厳密な基準に従わせなければならない。可能な場合は、力の源を象徴する様式化された商人の天秤の印を道具にあしらうこと。

ブーツ

ブーツは比較的重く、下部は細いが、脛から膝までは上にいくほど広くなる。爪先は一番軽装の鎧でなければ鋼鉄製だ。脛のプレートは脚の後部に広がり、腱を保護する。

ベルト

ベルトは丈夫で厚みのある、二度なめしたグアル皮で作り、タセット、武器、財布を支える。前面のバックルにはフラール家のシンボルか、個人的な家の紋章をあしらってもよい。

我ら名家の兜(軽装鎧の場合はフード)は頭全体を覆い、面頬により交易で行く地の環境上の危険から顔を保護する。兜はボーンモールドや似せて鋳造した金属製で、形は球根状だ。これを頭蓋骨の後部まで引き延ばすことで、伝統的な頭部の金貨の隠し場所を保護する。

脚当て

フラールの腿当てと脛当ては裾を拡げたボーンモールド(あるいはボーンモールド風のもの)のプレートで構築され、脚の前面、側面、後部を保護する。膝当てには名家の天秤のシンボルか、個人的な家の紋章をあしらってもよい。

フラール家の弓は輸入品のアッシュやイチイの木で作られる。この用途には我々のファンガスウッドよりも優秀なのだ。矢筒はグアル革製で、名家の二つの皿を持つ長い天秤のシンボルがあしらわれる。

胸当て

フラールの胸当ては伝統的なボーンモールドを加工したプレートか、ボーンモールドに似せて鋳造された金属のプレートを重ねて構築される。名家の天秤のシンボルは、胸か腹部に堂々と配される。

フラールの剣は公正な取引に関する我々の評判のように長く直線的で、我々の契約にも似た諸刃の剣である。剣にはフラールの短剣と共通の、先端が鉤型に湾曲した特徴的なデザインが用いられる。鍔は広げた翼に似ていて、装着者の手を保護する。

肩防具

フラールのポールドロンは三角形のボーンモールドかボーンモールド風のプレートを重ねて構築し、先端の張り出し部分で首の側面を保護する。デザインは抽象的でもよいが、名家のシンボルを刻み込んでもよい。

手袋

フラールの篭手は指と手の部分を柔軟な革で作り、張り出したボーンモールド(あるいは似せて鋳造された金属)のプレートで前腕と手の甲を保護する。指先の革は金貨を数える手の動きを鈍らせない程度に柔軟でなければならない。

大きな凧型をしたフラールの盾は、伝統的にはボーンモールドで作るが、最近ではファンガスウッドに金属製のプレートを重ねて作ることも多い。人目を引く我ら名家の天秤のシンボルは、前面に堂々とあしらわれる。

フラール魔術師の呪文用の杖には、我らが名家の二つ皿の天秤のシンボルをかたどった先端装飾があしらわれ、装備者が世界中に名を轟かすモロウウィンドの商売の達人たちと提携関係にあることを、誇らしく示す。底部は金属で覆い、重い石突きを付けるので、必要な時には護身用の武器としても使える。

戦棍

フラールの戦棍は先端に3つの湾曲した突縁が付いていて、叩き潰せる重さと切り裂ける鋭さを備えている。斧と同様、戦棍の柄も大部分は金属で覆われているため受け流せる。また重く先の尖った石突きが底部に付けられる。

短剣

短剣は主に受け流すための武器であり、両刃で幅広の直剣である。鉤型に湾曲した特徴的な先端部分のデザインは、フラールの剣と共通している。広い鍔はクリフストライダーの翼に似ているが、鋭利に尖らせてあるため奇襲にも使える。

フラールの斧には湾曲した重い片刃が付き、柄の反対側には相手を掴み、鎧を貫通するための細い棘を付ける。受け流すため、柄の大部分は金属製の筒で覆い、底の部分に尖らせた重い石突きを付ける。
1 2 3 50