仕立師助手メール 30週間目

208日目
グラニーはもう目が悪くなってしまったから、もし届け物にしつこいシミがついてたら遠慮なく言ってね。喜んで交換や修繕をさせてもらうわ。特許取得済みの、シミ取り調合液を使ってね。

209日目
喜ばしい報告よ。「グラニー・グラヴィウスの素敵なガラクタ店」を開店したの。全ての商品が「穏やか雑貨店」の厳しい基準に達しているわけではないけど、質は悪くないのよ!返品は受け付けてないけどね。

210日目
残念ながら「穏やか雑貨店」のツンドラコットンリネンが一時的に在庫切れとなってるわ。でも心配しないで。ミスター・ピドルズの厚意で、「素敵なガラクタ店」に大量の選りすぐり商品が入荷したから。

211日目
ゴールドコーストに嵐の季節がやってきたわ。配達状況を確認して新しい商品を仕入れるため、グラニーはちょっと足を伸ばすことにする。発送はいつも通り行うけどね。

212日目
グラニーからの挨拶よ!この老体には道のりが少し長く感じるけど、冒険と興奮が待ち受けているのに立ち止まるわけにはいかないわ。誰かが人殺しについて無駄話をしているのを聞かない日は1日もない。まるで若い頃に読んでたシリーズ物みたい!

213日目
グラニーのこの前の手紙からすると期待外れかもしれないけど、報告するような面白いことは何もないわ。この人殺しのことを実際に知っている人は誰もいないし、ただの噂話じゃないかという気がしてきた!噂を広める出しゃばりには我慢できないわ。

214日目
アンヴィルからこんにちは。膝は痛いし空は鋼のような色だけど、グラニーは間一髪のところで到着したわ。この手紙は海に繰り出す最後の船に乗せてもらったの。今から灯台の番人へ会いに行くわ。グラニーの古い友達よ。

仕立師助手メール 29週間目

201日目
賢い決断をしたわね。「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」は、困難な時代でもあなたにしっかりと奉仕するわ。他の店の手に負えなくなったら、グラニー婆さんが全てを揃えてあげる。

202日目
グラニーから、お気に入りのお客様に届け物よ。お腹が空いているかもしれないと思って、小包にはクッキーを挟んでおいたわ。悪戯な運び屋がまた自分で食べていないといいけど。その場合は、たっぷり絞ってやるわ。

203日目
あらあら、シロディールの外れで悪党が幅を利かしてるようね。グラニーはとっても美しい馬車が溝にひっくり返ってるのを見つけたわ。とっても綺麗なカーテンや椅子の生地が積まれてた。あんな綺麗なものを置き去りにするなんて、胸が張り裂けるような思いだったでしょうね。

204日目
この前のメッセージに怯えないでね。「グラニー・グラヴィウスの穏やか雑貨店」では、どんな注文もグラニーが保証するわ。たとえこのグラニーがハイキングしないといけないとしても、必ず配達するから!

205日目
良い知らせよ!帝国軍があの山賊どもを古き良きやり方で一掃するため、進軍してるらしいわ。グラニーは帝国軍にしっかり同行して、回収した品物の中から選りすぐりの商品を毎日お客にお届けするわね!

206日目
早起きは三文の得ってよく言うでしょう。屈強で若い兵士たちが頑張ってくれたおかげで、グラニーの仕事も大繁盛よ。今度時間ができたら、お礼に何か編んであげないとね。

207日目
グラニーからお知らせよ。革の雑貨がかなり余ってて置き場所がないから、特別注文を受け付けてるわ。色や柔らかさは、在庫の中から選んで。

仕立師助手メール 28週間目

192日目
今日、ノルドの若い女性が友達を守る強い力を目の当たりにした。インソールド・コールドムーンは、物語の結末への文句をやめないなら髪の毛を全部引っこ抜くわよ、と姉妹を脅かしていた。それから、ウラヴィン・ドーレスを見つけ出して、空っぽの馬小屋に体ごと投げ入れた。いや、ほぼ空っぽだったかな。荷物は同封してある。

193日目
アゴを殴られてから数日しか経っていないのに、どうして助けてくれたのか、インソールドに聞いてみた。彼女は「黙って」と答えた。それから彼女にキスされて「ノルドの共に過ごす習慣をひとつ見せようか?」と聞かれた。いや、7つだったかな。正直言って、大柄で鱗もない、尻尾も目に見える卵嚢もないノルドの女性なのに、興味を持った。

194日目
親愛なる雇い主殿、お別れを言ってウィンドヘルムを去るのは、本当につらかった。インソールド・コールドムーンが恋しいよ。彼女のおかげで、ノルドの習慣を身をもって覚えられたよ…文字通りにね!彼女の姉妹すら恋しい。グリーンフッドを生き返らせる方法があると伝えると、彼女は泣きながら抱きついてきたんだ。

195日目
ああ、雇い主殿、湿地のカブトムシが甲羅で日光を楽しむように、あなたとの時間は楽しかった。でも間もなく、スニップスと一緒に他のことを始めなければいけない。ウラヴィンの毒で見た幻覚は、それほど悪くなかった。おかげでグリーンフッドを死の世界から引き戻す方法を思いついたんだ。よく言うだろ。冒険は、これからだ!

196日目
見習いの語り部からフルタイムの作家になるために、材料を提供するこの仕事を、信頼できる誰かに任せる必要がある。候補者はいるんだけれど、あなたが心から信頼できない相手かもしれない。でも、安心してほしい。全ての悪臭のする果実が両側とも腐っているわけじゃない。荷物は同封してある。

197日目
アモル砦に向かっていたウラヴィンに追いついた。表面上は友達の多彩なスープを作る者に会いに行く途中だったけれど、本当はドーレス家の末えいを探していたんだ。用心しながら挨拶を交わして、お互いに裏切りを警戒していた。でも問題を事前に阻止するために、こちらから謝って、物語の修正をすることを申し出た。

198日目
キャンプファイアの近くで、何時間も話し合った。グリーンフッドのさらなる冒険についてのアイデアと、いかにドーレス家の娘と仲間になるかを伝えた。ダークエルフが全員悪役ではないと示すためだ。新たに冒険を書く時間を持つためにも、顧客に材料を提供する仕事をする誰かが必要だということを、彼女に伝えた。

199日目
すばらしいニュースだ。ついにフルタイムの作家になった!まだ材料を集める仕事は続けているけれど、新しいパートナーが日々の収集と、顧客への送付を担当してくれる。紹介しよう、ウラヴィン・ドーレス、最高の仕立屋のクラフト助手だ!自分に向けていたのと同じくらいの敬意を、彼女にも与えてほしい。そして、幸運を祈ってくれ!

200日目
雇い主殿。これでウラヴィン・ドーレスとの契約が結ばれたわ。そこで少し変更点があるわ。まず個人的な手紙を送ることが、考えうる限りの間は不可能になるわ。単純に趣味じゃないのよ。それから、荷物はこれからも定期的に送られるわ。最後に、ヴェスクには復讐する。やっぱり私は、ドーレス家の末えいだからね。

仕立師助手メール 27週間目

185日目
胃が夏の嵐にように荒れ狂っている。噴火する火山のように暴れて、私は生まれたての子犬のように弱まっている。インビルドがやって来た。助ける代わりに、彼女は叫んだ。「グリーンフッドを殺すなんて!大好きだったのに!」そして乱暴な足取りで去っていった。痛みが収まるミントティーを持って戻ってきてほしい。

186日目
ヴェスクは、今日はミントティーは飲めないようだ。インビルドは戻って来ず、ウラヴィン・ドーレスが現れた。たぶん彼女だったと思う。熱のせいの夢でなければ、彼女はニヤリと笑って、自分が毒を盛ったと言いに来たんだ。助かりたければ本の権利を放棄しろ、と言った。それともこの犯罪者に襲いかかるか?酔っ払ったウナギのように、意識が泳いでいく。

187日目
その次に覚えているのは、スニップスだ。胸の上に乗ってきて、そのまま長い話をした。マッドクラブにしては、言葉がはっきりしている。ブレトンの貴族のように話す。どうして今まで気づかなかったのかな。それに、歌声も素敵だった。古いブラック・マーシュの子守唄を歌ってくれたおかげで、すぐに眠れた。

188日目
悪い子のスキーヴァーが、腕を登ってくる!チーズ!チーズは紫の匂いがして、太陽の味がする!でも大丈夫だ。あなたの荷物はあなたが恋しい、送られたいと言っていた。荷物は同封してある。ホタル!

189日目
自分の中は空っぽで、色のついた光の束が目の前で踊っている。橋がゆっくりと足元で崩れていった時のグリーンフッドの気持ちが分かる気がするよ…

190日目
親愛なる雇い主殿、気分はだいぶ良くなった!奇妙な内容の手紙については、どうか許してほしい。ウラヴィンが胃痛用の薬に混ぜたもののせいで、いろんな幻覚を次々に見ていたようだ。ヒストの元に召される瞬間にどれほど近づいていたか分からないが、インソールドがいなかったらもっと事態は悪くなっていたことは確実だ。

191日目
インソールドが何を飲ませてくれたのかは分からないけれど、ほぼ元通りになったと思う。意識を失ったり戻したり、汗が熱くなったり冷たくなったりする間、彼女は一晩中一緒にいてくれた。ついに目を開けて彼女の姿を見た時、彼女は笑って「もう二度とこんなに心配させないで」と言った。

仕立師助手メール 26週間目

178日目
あなたに送るための最高の材料を求めて、偉大な町、ウィンドヘルムへまた来ている。ゴールドの節約のために、今回はもっとも安い宿、宿屋〈コールド・ムーン〉に滞在している。グリーンフッドの評判はこのノルドの集落にも届いているようで、慣れない注目を集めている。

179日目
コールドムーンの娘の1人、インビルドはとても親切だ。他の宿泊客より先に世話をしてくれる。時間があると一緒に座って、あらゆる質問をしてくる。「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」を半分読み終わったところで、心から楽しんでくれているようだ。でも、どうして彼女はここへ来る度に近くに座りたがるんだろう?

180日目
インビルドはアルゴニアンに魅力を感じているんだろう。自分が来るまでは、まばゆい尾の者という馬の調教師と親しかったらしいが、今は自分と一緒に過ごしている。乾き肌の共に過ごす習慣かと思ったけれど、インビルドの提案に混乱している。彼女の姉妹、インソールドなら説明してくれるだろうか?

181日目
乾き肌たちは理解しにくい。いや、ノルドだけかもしれないが。ただインソールドに、ノルドの共に過ごす習慣について聞いただけだ。そうすれば彼女の姉妹のインビルドの誘いにちゃんと対応できると思ったからだ。唯一分かったのは、そういった質問はノルドの女性をひどく怒らせる、ということだけだった。殴られたアゴが、まだ痛いな。荷物は同封してある。

182日目
親愛なる雇い主殿。インソールドは確かに怒ったけれど、相棒のマッドクラブ、スニップスをとても気に入ってくれた。スニップスも彼女の好意に気がついているはずだ。長くて青白いノルドの指を、愛をこめて切り落とそうとはしていないからね。

183日目
泥炭沼地の悪臭がウィンドヘルムに満ちてきた。ウラヴィン・ドーレスが現れたんだ!もし私に分別がなければ、尾行されていたと決め付けただろう。恐らく、彼女も単に仕事のためにこのにぎやかな街に来たんだろう。しかし、ドーレス家の金庫の中身を増やす以上に、何か卑怯なことを計画しているかもしれない。新しい荷物は同封してある。

184日目
ハグレイヴンのごときウラヴィン・ドーレスは、私の胃痛用の薬に何かしたに違いない。薬を飲んだのに仕事中の吐き気が収まらず、もっと気分が悪くなった。胆ビールに入ったグアルくらい気分が悪い。何とか我慢してみるが、本当に気分が悪い。それはそれとして、荷物は同封してある。

1 2 3 6