付呪師助手メール 30週間目

209日目
ガエレレスです。前の従業員が偵察した、手付かずのアイレイド遺跡に入れと指示を受けました。内部についてはあまり情報がありませんが、蔓や樹脂はたくさん持ってきました。それを天井に固定すれば、骨だけのガーディアンの空っぽな頭の上を移動できるはず。これぞルーン狩りの極みです!

210日目
大変残念ながら、ヴェロスリル姉妹社の従業員ガエレレスの死去をご連絡いたします。予備の品をお届しますので、どうぞお受け取りください。サービスの提供に問題がありましたので、今回の仕事は最も信頼を置く従業員、シクスルの担当となります。改めまして、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

211日目
お客様ですね、こんにちわ。同僚から、私は緻密なシクスルと呼ばれています。ブラック・マーシュにいたところをヴェロスリル姉妹社に呼び戻され、この仕事を任されました。状況について詳細は聞かされていませんが、この仕事の遂行には私だけの技術を必要とすると言われています。それから昇進も。よろしければ、極めて緻密なシクスルとお呼びください。

212日目
シクスルです。指示によると、最初の仕事はアイレイド遺跡で待ち合わせることです。前の従業員によって発見されたようですが、誰なのかはヴェロスリル姉妹社から詳しく聞いていません。不明なことが多すぎるため、始める前に遺跡について調べるつもりです。私の持ち合わせの中からお届けしますので、この品をお受け取りください。

213日目
再びシクスルです。アイレイド遺跡について、地元の魔術師ギルドからさらに情報を集めるつもりです。私自身はメンバーではありません。彼らが最近気にしているのは、不注意な魔術師ギルドのメンバーが辺境に忘れた本を見つけることだけのようです。忘れっぽい魔道士に仕える、名ばかりの司書見習いになるつもりは一切ありません。

214日目
小さな問題が発生しました。地元の魔術師ギルドに出向いて、極めて緻密なシクスルと名乗ったのです。賢者にヴェロスリル姉妹社の従業員だと話すと、アルゴニアンの交配の儀式を説明した時に肌の乾いた者が見せる表情をされました。敷地から連れ出され、戻って来ないように言われました。もちろん無視するつもりですが。

215日目
魔術師ギルドに入る計画を立てました。目立つ鱗の模様と品ある頂飾を隠すため、ローブを購入しました。今度はブラック・マーシュから来た入団者、「本を探す者」と名乗るつもりです(訓練を受けていない限り、ほとんどの肌の乾いた者には特徴的なアルゴニアンの声を聞き分けられません。構いませんよ。正体がばれないほうがいいのです)。

付呪師助手メール 29週間目

202日目
新たなるお客様、よろしくお願いいたします!我々ヴェロスリル姉妹社は、お客様との契約をメリナ・キャッセルから買い取りました。同様に素晴らしきサービスを提供することを目的としております。最初の品を同梱すると共に、従業員のヴァルガスを調査に送りました。お客様の付呪をお助けする素材を入手する予定です。

203日目
墓荒らしのヴァルガスです。もはや必要とされていない、眠りについた者の品を掘り出し、幅広く高品質な付呪素材を提供できるように努めます。近いうちに、手付かずのアイレイド遺跡から素材を手に入れる予定です。それまでは、持ち合わせの品をお受け取りください。

204日目
再びヴァルガスです。確かに付呪素材を提供していますが、それはアイレイドの肉曲げやドラゴンプリーストの従者など、ずっと前に死んでいて、嫌われている連中から取ったものだけです。今の時代に死んだ者は、放置します(虫の教団の信者は例外ですが、血は洗い落としています)。

205日目
ヴァルガスです。ヴェロスリル姉妹社が場所を特定して前の従業員が偵察した、辺境にあるアイレイド遺跡に到着しました。亡霊、獣、山賊など、中でどんな危険が待っていようと対応するため、準備は万端です。明日はこの遺跡で集めたものの第1便を送ります。戦利品をお見せするのが楽しみです!

206日目
大変残念ながら、ヴェロスリル姉妹社の従業員ヴァルガスの死去をご連絡いたします。予備の品をお届けしますので、どうぞお受け取りください。今回の仕事は、以降従業員のガエレレスの担当となります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。<>

207日目
どうも!ヴァレンウッド出身のルーン狩人、転ばぬガエレレスです。ヴェロスリル姉妹社から仕事を請け負いましたので、どうぞよろしく。前の助手は配達を失敗したか何かで、問題があったようですね?大丈夫です。収穫されるのを待っている、手付かずのアイレイド遺跡があるとのことですから。すぐにルーンストーンをお届けします。

208日目
こちら、ガエレレスです。ルーン狩りは忘れ去られた技術で、グリーンパクトに忠実な者のみが行えます。夜にグラー・オークの大枝を伝って移動します。ルーンストーンがかすかに光るのが見えたら、蔓沿いに下り、取り出して、上がります。その間、地面には触れません。グリーンパクトは様々なことに長けていますが、霊魂を追い払えはしません。

付呪師助手メール 28週間目

193日目
賢明なる者は、いつ協力すべきかを心得ているのです。そして、弱き者もです。でもジャコソンがこれ以上マズラーとその手下に痛めつけられる姿を見るのには耐えられませんでした。このレッドガードが何者で、なぜ私を呼んだのかは分かりません。しかしジャコソンを救えるのは私だけだと分かっていました。うまく例のルーンを礎から取り出しさえすればいいのです。

194日目
マズラーに荷馬車へと案内されました。防水布の覆いを取り去ると、掘り出されたばかりの土の山が現れました。山の上にはルーンストーンがあり、その奇妙な文様が刻まれた表面にルーンがはめ込まれていました。「迅速のルーンを礎から解放しなさい。さすればあの篤信者とあなたを解放しましょう」とマズラーが言いました。「無論、専用のグリフを作成してくれてからですがね」

195日目
私は奇妙なルーンストーンをじっくりと観察しました。これが伝説の迅速ルーンであるかどうかは定かではありませんでしたが、私が扱っている効力、品質、本質ルーンとは明らかに異なっていました。マズラーがこのルーンで何をするつもりかは分かりませんが、彼に渡せばとんでもないことが起こるのは感じ取れたのです。

196日目
新たな素材をお送りします。さてマズラーと奇妙なルーンストーンの顛末をお話しましょう。私はルーン抽出用具を取り出し、作業の準備を始めました。少なくとも、そう見せかけたかったのです。チャンスは一度だけ、マズラーが私の目論見に気づけばおしまいです。

197日目
むき出しになったルーンの角に慎重に刃先をあてがうのではなく、石の中心に向かって、吸血鬼としての渾身の力で突き刺しました。驚くほど鋭い音を立てて石が割れたので、マズラーは私の裏切りにすぐに気づきました。ジャコソンが縄を解こうとし、マズラーは叫びました、「死んで償え、ブレトンの女め!」

198日目
後ろに飛び跳ね、身を守ろうとした時、マズラーが魔法、それも闇魔法を唱え始めました。するとレッドガードの命に従おうと、スケルトンの戦士が地面から現れたのです。ところで、レイヴンウォッチ家の一員であると何よりも心強いことがあるんですが、それが何だかお分かりですか?助けはいつだってそばにいるということです。アドゥサ・ダロとグウェンディスという名の助けが!

199日目
戦闘術を心得た3人の吸血鬼は恐るべき存在でしょう。その夜、マズラー・アルアベックはクレストシェイド鉱山でそのことを思い知らされましたのです。ジャコソンが解き放たれたことで、さらに状況は悪化しました。ステンダールの篤信者も加勢したからです。あっという間に手下は死に、スケルトンは骨となって散らばりました。

200日目
闇魔法を使う者をどれほど忌み嫌っているか申し上げましたか?奴らはどんな場合にも非常手段を用意しているのです。どういう意味かは見当がおつきでしょう。そう、マズラーは逃走しました。あのルーンがいかなるものであったにせよ、彼がそれを手にすることはありませんでした。またもやレイヴンウォッチ家が世界を救ったのです。それが我々の使命なのです。

201日目
メリナ・キャッセルです、今回も最高の付呪の素材をお送りします。昨日のような冒険活劇の後では、しばしの休息が必要です。バカンスとでもいいましょうか。ジャコソンがスカイリムの絶景を見せたいと誘ってくれたので、その親切を受けることにしました。でもご心配は無用です。付呪の材料は引き続き、お手元にお届けしますので。

付呪師助手メール 27週間目

186日目
クレストシェイド鉱山の外に到着しましたが、ジャコソンの姿は見当たりません。遅れるなんて彼らしくないように思えました。彼をよく知っているわけではありませんが、篤信者を名乗る者なら時間を厳守しそうなものだと思いませんか?分かっていただけますよね。そこで、私は少しだけ待つことにしました。礼儀の問題です。また素材をお送りいたします。

187日目
すると痩せ細った長身の男が、ローブをはためかせて鉱山から現れ、近づいてきました。男は如才なく、しかし温かみのない笑顔で「レイヴンウォッチ城のメリナ・キャッセル様ですな」と言いました。「名乗らせていただきましょう。マズラー・アルアベックと申しまして、付呪師のお力を借りたい」もしあなたもこの申し出が怪しいと思うのであれば、私の頭の中ではどれほどの警報が鳴り響いていたかご想像下さい。

188日目
マズラー・アルアベックには付呪師が必要だということは分かりましたが、話が見えません。神聖なる誓いのジャコソンはどこでしょう?ここに呼んだのはマズラーを助けるため?それとも、もっと不吉なことが起こっているのでしょうか?時間を稼いで情報を得るために、一番魅力的な笑顔を作って尋ねました。「どのようなご用でしょうか?」

189日目
マズラー・アルアベックは、理論上は存在すると言われている第4のルーンストーンについて聞いたことがあるかと尋ねてきました。「迅速のルーンストーンのこと?」と私はつぶやきました。「おお、ご存知でしたか」とマズラーが言いました。「ならばルーンを礎から取り出すのを手伝っていただけますでしょう」。この話の流れにはさぞ混乱しているでしょうね。あなたが付呪にどれほど造詣が深いかを存じておりませんので。

190日目
リランドリルのカミロウェは、ルーンストーンは3種類だけではないと断言しました。彼は第4のルーンストーンの存在を提唱し、それを迅速のルーンと名付けました。その人生最後の200年をかけて迅速を探し求めましたが、ついに見つけることはできませんでした。それをこのマズラー・アルアベックが発見したというのでしょうか?

191日目
マズラーに手を貸すことを了承し、神聖なる誓いのジャコソンと話したいと伝えました。「ステンダールの篤信者とな?」と彼は笑い、「あの愚か者は私を殺そうとしたんですよ?」と続けました。まずい展開です。つまりマズラーは定命の者を糧とする、吸血鬼、ウェアウルフ、もしくはその他の生き物だということです。そして私とは違って、善良な者には見えませんでした。

192日目
マズラーは手下にジャコソンを連れてこさせ、私に引き合わせました。痛めつけられ、縛り上げられた上に目隠しをされていましたが、大事はないようでした。私が近くにいることに気付くと、彼はこう叫びました。「このレッドガードを信じてはなりませんぞ、お嬢さん!」そのせいでもう一度頭を殴りつけられました。「手を貸します、マズラー」と私は約束しました。

付呪師助手メール 26週間目

179日目
そんな私の予想は外れました。レイヴンウォッチ城では面白いことは何も起こっていなかったのです。もしかすると一生分の冒険をすべて楽しみ尽くしてしまったのかもしれません。もしかすると私に許されたときめきをすべて味わい尽くしてしまったのかもしれません。もしかすると残りの一生は退屈に支配され、悲しみと後悔に埋め尽くされているのかもしれません。素材は同封しておきました。

180日目
ああ、お客様。毎日の生活がとても…単調なのです!朝目覚め、召使から滋養を得て、付呪の修行をし。材料を集め、配送する。そして同じことをまた繰り返すのです!生意気な駆け出し女優のようだと思われるでしょうね。お城で優雅に暮らし、些細なことにグチをこぼすなんて。でも、それだけじゃないんです!むなしさを感じるのです。

181日目
私です。メリナ・キャッセルです。ときめきと冒険を求めるわがままな小娘です。きっと私にうんざりされていることでしょう。遺憾ながら、それが今の私の気分です。そしてどうやっても、この状況を変えることはできないようです。あら、何かしら?手紙です!きっとリアムです。また舞踏会へのお誘いかしら?そうだったらどんなに嬉しいことでしょう!でも奇妙な封がしてあります。

182日目
奇妙な封がされた怪しい手紙を受け取ったことを覚えてらっしゃいますか?なんとあれはステンダールの篤信者の紋章で、銀色の蝋で円が描かれていました。神聖なる誓いのジャコソンからでしょうか?あの方が篤信者になったいきさつを聞いていませんでした。次に会った時に聞いてみましょう。私を殺そうとしなければですが。

183日目
おや、待って下さい。そういえばジャコソンは会いにきてもいいかと私に尋ねましたよね?ええ、そうでした。この封がされた手紙はその話でしょうか。ステンダールの篤信者から吸血鬼へのロマンチックな逢引の誘い?まあ、ちょうど面白い出来事を願っていたところです。手紙を読むまで確かなことは分かりませんね。とりあえず、素材をお送りします。

184日目
封を破ると魔法の光が輝き、畳まれた羊皮紙が滑り出てきました。やはりジャコソンからの手紙でしたが、ロマンチックな逢引の誘いではありませんでした。私の手を借りたいそうです。クレストシェイド鉱山の外に明日の日没後に来てほしいとのことでした。何を着ていったらよいのでしょうか?

185日目
ジャコソンの招待を受け、クレストシェイド鉱山で会うことにしました。どのような助けを求めているのかが曖昧でしたので、念のため戦闘の準備をしていきました。退屈という名の蜘蛛の巣を払うには冒険がもってこいです!もしかすると職業の選択を考え直すべきなのかもしれません。私は冒険者として暮らす方が性にあっているのかもしれません。

1 2 3 6