木工師助手メール 39週間目

271日目
あなたへの手紙の中で、マグの言葉をよく引用しているような気がします。これはおそらく私たちが話す時、彼が口を挟ませてくれないからでしょう。パクトについて話すのはいい気分転換になります。これに関しては、彼も耳を傾けるように見えました。彼の言葉は注意深く、尊敬すべきものであるようにさえ感じました。なぜこの議題がこのような変化をもたらしたのでしょう?

272日目
前回の手紙は性急すぎました。マグは私のパクト解釈に敬意を払っていますが、実践については色々と不満があるのです。「枯れた木が欲しいって?」と、彼は面白がって言いました。「スカイリムに行きな!あそこじゃ生きてるものはみんな、そのうち凍死するからな!」スカイリムがそんなにいいところなら、なぜ彼は帰らないのでしょう?

273日目
私はノルドがグリーンパクトに従わねばならなくなる理由を推定しましたが、真実は想定の外でした。結婚です!マグはパクトに深く入れ込んでいたウッドエルフと結婚したのです。彼がパクトに従ったのは、愛のためだったのです。正直に言って、想像がつきません。マグが?ウッドエルフと?これはもっと教えてもらわなくては!

274日目
マグはパクトについて言いたいことが本当にたくさんあります。「木を使わないのはいいんだが、問題は食事だ。肉!ミルク!卵!胃がどうにかなりそうだったよ。口が脂肪の層で覆われた気分だった。ノルドの俺が言ってるんだぞ!」彼はまだ奥さんについては話していません。私も聞くのがためらわれます。一度も故郷に手紙を書いていませんが、奥さんはどうなったのでしょう?

275日目
私はマグと材木を集め始めました。彼が枝を切り落とし、下ばえから回収するのです。不思議なものです。私は以前、こうした実践を見ると気分が悪くなったものです。木が裂ける音や、木の青白い内部を見ることに慣れてしまったのだと思います。もうほとんど動じなくなりました。このことをどう感じるべきなのでしょう。

276日目
ハチミツ酒を何本も空にした後、マグはついに妻のことを話しました。彼女はある日病気になり、死が近づきました。マグは薬を飲むよう懇願しましたが、彼女は拒否しました。彼は私に言いました。「未来の子供たちはどうなる?パクトのためなら、子供たちも死なせるのか?」彼女はそうしたでしょう。難しい選択ですが、それが私たちの生き方です。去った理由は理解できます。

277日目
パクトは常に簡単ではないし、常に公正でもありません。治癒師は常にそばにはいませんし、私の種族は薬を使いません。マグの話をあなたに伝えるのは私がすることではないかもしれませんが、誰かに聞いてほしかったのです。どうかこの荷物と、感謝の気持ちをお受け取りください。あなたはいつでも信頼できる話し相手です。

木工師助手メール 38週間目

264日目
お信じにならないでしょうが、あの素性の怪しいノルドに再び会いました。そうです、すでに二度も会ったあの者にです!追跡しているのでしょうか?いや、それはありえません。カジートたちといた間、彼の姿は見ていません。少なくとも彼は、今回の荷物のための素材を売ってくれました。しかし私の心は以前より開放的になったとはいえ、彼とキャンプする気にはなれません。

265日目
誓って言いますが、私はあのノルドと逆方向に行ったのです!なのに、またしても彼に会ってしまいました。なぜ?なぜこんなことが続くのでしょう?あらゆる論理に反しています。彼の売り物に感謝すべきなのでしょうが、それにしても!一緒にキャンプしようと申し出なくてよかった!何が起こるか知れたものではありません。

266日目
結局、あのノルドと旅することになりました。彼の名はマジナー・トロールスピットですが、マグと呼べばいいそうです。実のところ、彼は最初に出会った時にもそう言ったのですが、からかっているのかどうか、未だにわかりません。この決定を下したのは、非常に凶悪なストラングラーから危うく助かった後でした。まあ、せっかくですから仲良くすることにします!

267日目
マグは頼んでもいないのに、私に多くの助言をします。まず、彼は私が髭を伸ばすべきだと考えています。「間違ってるぜ。大人の男にちゃんとした髭がないなんて!」彼はそう言って、自分の見事な、パンくずのついた髭を撫でるのです。私は議論するより、ただうなずいています。少なくとも彼は、あなたに送る荷物のクラフト材料を安定して供給してくれます。

268日目
マグと旅をしていて嬉しいことは、彼が木工素材の収集を喜んで手伝ってくれることです。彼はいつもいくつか素材を手元に置いていて、私に売ってくれます。パクトに縛られていない人に手伝ってもらうのはいいものです。認めるのは気が引けますが、スピードではヌリニよりも役立ちます!

269日目
マグから貰った最近の頼んでもいない助言は、私の武器に関するものです。「弓だと?冗談じゃない!斧を取って、獲物が死ぬところをその目で見るんだよ。こそこそするなんて、名誉が傷つくぞ!」ここでも、私はうなずくだけでした。このノルドは私の弓に多くの不満があるようですが、仕留めた獲物は喜んで食べています。

270日目
昨晩知ったのですが、マグはグリーンパクトについて驚くほど深い知識を持っていて、パクトに関する私の解釈に同意してくれました。さらに意外なことに、彼はかつてパクトに従っていたことがあると話してくれたのです!ノルドの彼が!どう感じるべきなのかわかりませんが、教えてもらえるならもっと知りたいものです。

木工師助手メール 37週間目

257日目
前回の手紙をヌリニに書かせたことを不快にお思いでなければいいのですが。彼女はこのアイデアを面白がっていたようですが、送る前に手紙を読んだのでご安心を!実はあれが第4稿だったのです。彼女は何度言っても、不作法極まりないことを書くのです!とはいえ、彼女はこの荷物を集めるのを手伝ってくれました。

258日目
賢き雇い主さん、こんにちは。またヌリニが話しています。オービナーは故郷から手紙をもらって、自分のテントから出てきません。代わりにこの者が荷物を送ります。それからヌリニは友人をできるだけ慰めることも保証します。そのために彼の家族を探しだして、生きたまま皮をはぐかもしれません。ゆっくりと。

259日目
ヌリニの行動をご容赦願います!前回の手紙は彼女が全く勝手に送ったのです。しっかり言い聞かせておきます。彼女がもっとゴールドをよこせと言ったのなら、どうか無視してください!私は今の条件で満足しています。大満足です!決して仕事を辞めて、故郷に帰ったりはしません。決して!荷物をどうぞ!

260日目
前回に荷物に添えられた、やや性急な手紙について謝罪します。すでにお気づきかもしれませんが、私の家族は取引をやめて故郷に帰るよう言ったのです。彼らは私のことを理解しません。これまでになく途方に暮れています。でも諦めはしません。きっと前に進み、自分の真実、自分の信仰を見つける時が来ているのです。

261日目
カジートたちと過ごした時間で学んだことは、自分がヴァレンウッドの外の世界についてほとんど知らなかったことです。もっと多くの人々と出会い、新しい文化と考え方を発見したいのです。もしかしたらそれを通じて、私自身についてもより多くを見出せるかもしれません。そのための機会を与えてくださって感謝します。この荷物と、私の感謝をお受け取りください。

262日目
私がグループを去る決心をしたことでヌリニは不機嫌でしたが、きっと理解してくれると思います。一緒に行こうと誘うことも考えましたが、彼女は最近婚約したばかりなのです!大切な友と、その妻になる人のことを考えると、これ以上ないほど嬉しく思います。彼女から手紙を受け取ることがあれば、どうか無視してください!私は現在の賃金で満足なことを保証します。

263日目
再び一人旅になりました。カジートに対する私の不信は、いつ仲間意識に変わったのでしょう?ヌリニの質問は私を非常に困惑させましたが、あれのおかげだったのかもしれません。あるいは気安い冗談か、しつこい冷やかしのせいか。少なくとも、あなたへの手紙はまだ書いています。手紙は考えの整理を助けてくれますし、孤独な時間に慰めを与えてくれます。

木工師助手メール 36週間目

250日目
昨日、ヌリニと私に若いカジートが近づいてきました。彼はにやにや笑って、こう尋ねました。「その者はお前にたくさん質問があるんだな。教えてくれ、味見していいかって聞いてきたか?」ヌリニはただ手を振って、返事をしました。「もし聞いたら、あなたへの答えと同じ答えを返すわ!」そして2人は笑ったのです!カジートは実に奇妙な種族です。

251日目
私なヌリニを座らせて、彼女の発言で私たちの関係についての噂が真実だと考える者がいるかもしれない、と説明しました。彼女は眉を上げて、こう言いました。「あいつらは私が何を言ってもからかうわ。あなたみたいに、顔を赤らめればいいの?」私は自分の思うようにしてほしいと告げ、そそくさと去りました。

252日目
今日、小規模の山賊団に襲撃されました。戦闘はすぐ終わり、私たちの側に死者は出ませんでした。矢を回収していると、仲間の一人が何気なく聞きました。「ねえ、ブレトンとレッドガード、どっちが旨いの?」私はぐっとこらえて、彼女が笑うのを尻目にテントへ行きました。襲撃があっても、あなたへの素材は集めました。

253日目
前回の私の手紙が、恩知らずな印象を与えたのではないかと気掛かりです。旅ができる機会は気に入っていますし、基本的にカジートと一緒にいることは楽しいものです。彼らの中に木工師はいませんが、売り物の家具は喜んで見せてくれます。素敵な家具ですが、あなたはこの素材でもっと素敵な家具をお作りになるでしょう。

254日目
ウッドエルフが死体を食べると信じる人が多いことには驚かされます!確かに、今でもその習慣は完全に消滅してはいませんが、未だに守っていると考えるのは馬鹿げています。ヌリニでさえ尋ねてきました。私の返答は怒りに満ちていたので、それ以来口をきいていません。彼らの考えはどうであれ、カジートはこの荷物のために取引してくれました。

255日目
ついにヌリニと仲直りできました。彼女は短気ですが、心優しい人です。ヌリニはこの旅で、予期せぬ相談相手になっています。去る時は寂しくなるでしょう。質問責めは要りませんが。彼女の質問には実に混乱させられます。しかし私にとって確実なことは、あなたの助手であるということです!

256日目
オービナーの失礼をお詫びするために、ヌリニはこの手紙を書く許可をもらいました。この者は「不適切な」ことを書くことを禁じられています。ヌリニは偉大なるあなたにもっと金をよこせと要求したり、オービナーのバカみたいな秘密を教えたり、「不作法な」話をすることを許されていません。だから、人を信用しない私の仲間にならってこう言いましょう。どうぞ荷物をお受け取りください!

木工師助手メール 35週間目

243日目
昨晩ヌリニが言いました。「この者たちは木を切る。あなたの雇い主はそれで何かを作る。それを受け入れているのに、自分で加工しないのはなぜ?」説明しようとしましたが、彼女は首を振るだけでした。「木は倒れる。材木はクラフトに使われる。結局、何も変わらないじゃない」。あなたなら考えを理解していただけるのではないでしょうか。とにかく、自分でやることは違うのです。

244日目
ヌリニの質問について考えています。他の人々が緑を収穫すると考えても、私はなぜ不快に思わないのでしょうか?ヴァレンウッドから取られたものでなく、かつ自らが緑を傷つけなければ、何も気にならないのです。私の種族の多くの者がこう考えていることは知っていますが、なぜでしょう?この荷物に免じて、終わりのない質問をお許しいただけることを願っています。

245日目
最近ヌリニに対して、ウッドエルフの慣習について無知すぎると言いました。カジートの表情を読むのは難しいのですが、どうも逆鱗に触れてしまったようです。彼女はぴしゃりと言いました。「じゃあ、あなたはこの者の民の何を知ってるの?」そうして、さっさと出ていってしまったのです!正直、彼女の言うとおりだと思います。自分にも問いを投げかける時かもしれません。

246日目
カジートは奇妙な宗教を持っています。彼らが自分たちを完璧な民だと信じていることをご存じですか?完璧な種族がこんなに…毛深いとは想像しませんでした。もちろんヌリニがこのことを話した時は、ぐっと本音をこらえました。旅の仲間を侮辱できません。あなたへの荷物が滞ってはいけませんから。

247日目
カジートの神々は実に数が多い!ヌリニは辛抱強く説明してくれましたが、なぜ宗教がこれほど複雑でなければならないのでしょう。私がそう述べると、ヌリニは笑ってこう言いました。「複雑?あなたのようにたくさんの規則に従えって言われたら、この者は気が狂ってしまうわ!」外部の視点とはおかしなものです!

248日目
ついに故郷へ手紙を書きました。5ページもあったはずです!手紙はヌリニに見てもらいました。二度もです。彼女は、私のような息子に不満を持つ家族は愚か者だと言いました。白状すると、これには少し泣きました。彼女は気づかないふりをしてくれました。カジートと親友になるとは、考えたこともありませんでした。

249日目
このキャンプでも、また噂が立ってしまいました。私がヌリニに恋していると考えられていることに驚きはしませんが、迷惑です。しかし彼女はこの話を、涼しい顔で切り抜けているようです。ヌリニの機知が羨ましい。私は嫌味を言われると、ただ顔を赤らめて無言になってしまいます。ヌリニは素材を集めるためにも頼れるパートナーとなりつつありますし、費用は非常に良心的です。

1 2 3 8