木工師助手メール 30週間目

208日目
あなたは今回の荷物から何をお作りになるのでしょう?素敵な炎の杖か、それとも固くて頑丈な盾でしょうか!可能性は無限大です。何を作られるにせよ、あなたの冒険を手助けすることを願っています。

209日目
昨夜ジョサイに、私が旅立つ前家族からもらった複合弓を見せました。彼女は以前にお話しした木工師です。欲しがられるかもしれないと心配しましたが、彼女は少し観察した後、ただ弓の弦を引っ張り、私を直視して「カジートの内臓?」と聞きました。まったく私を笑わせる術を心得ています!

210日目
他の人々に私の取引のことを話すと、よく困惑されてしまいます。ウッドエルフが木工製品を取引することは珍しくないのですが、職業にしているのはやはり目立ちます。でも仕方がありません。木工への愛は尽きることを知らないのです!この荷物に入っている素材から道具を製造することを、私の代わりにお楽しみください。

211日目
今日、あるレッドガードが私の仕事について尋ねてきました。素材を自分で集めるのではなく助手として購入することで、どれくらいの利益が出るのかを知りたがったのです。私が数字を伝えると、彼は驚いていました。確かに、今の取引では大金持ちになれないかもしれません。しかしこの素材を使っていただけることを思えば、十分に満足です。

212日目
私を助手として信頼し続けてくださっていることに感謝します。エルスウェアであれだけ取引されていれば、荷物の期日に間に合わなくなる心配はありません。私が出会う商人たちの大部分はクラフト用の素材を手にしていますし、売却や交換に喜んで応じてくれます。

213日目
近頃はジョサイのテントで以前よりも長く過ごしています。彼女はすでに、私にいくつも木工の技を教えてくれたのですが、もちろんそれは単に好奇心を満たすためのものです。自分で実際にやってみるわけにはいきません!いかにそれが魅惑的な考えだとしても…

214日目
私がジョサイに言い寄っているという噂が広まってるようです!旅の仲間の一人が、彼女の「寝袋を気に入ったか」と聞いてきたほどです。これほどの侮辱を味わったことはありません!彼女は私の母より年上なだけでなく、とても親切にしてくれている立派な長老でもあるのです。彼女をこんなふうに侮辱するなんて!

木工師助手メール 29週間目

201日目
あなたに木工素材をお届けできることは、大変な喜びです。ほとんどの方はウッドエルフにこのような仕事を任せることをためらいますが、ご心配なく!この助手はあなたのご希望にお答えします。忠実なるオービナーは、熱心にお仕えします!

202日目
旅の間に、もう魅力的な人々と出会いました。私の村は他のグラーウッドから隔絶していましたが、私はあなたの助手としてこの旅が出来ることを嬉しく思っています。この荷物をお喜びいただけますと幸いです。

203日目
雇っていただいた興奮に気を取られて、大事なことを忘れていました!グリーンパクトが私の行動にどう影響するのか、気になる方も多いでしょう。心配は無用です!荷物は全て、私が出会った旅の商人から得たものです。確かに私個人の利益は減りますが、あなたがお支払いになったゴールドに見合った品であることを保証します。

204日目
もう一点明確にしますが、私はグラーウッドを旅してこの素材を集めているわけではありません!私はエルスウェアを旅して交易しています。自分の利益のため、ヴァレンウッドを冒涜するような真似はしません。仮に疑惑を抱かせてしまったとすれば、この荷物と共にお詫びをさせていただきます。

205日目
ここ数日、レッドガードのグループと旅を共にしています。彼らはとても優しく、手伝いを喜んで受け入れてくれました。なんと親切なのでしょう!レッドガードはよそ者に対してもっと冷たいだろうといつも考えていました。レッドガードの木工師は素晴らしい仕事をします。しかしきっと、あなたがこの荷物から製造する品には及ばないでしょう。

206日目
今日、私はレッドガードの木工師が弓を作るところを見ました。彼女はジョサイという名で、知恵深き長老です。彼女は私の質問に驚いた様子で、木工に興味を持つウッドエルフにはこれまで会ったことがないと言いました。彼女は技を見せてくれるとさえ言ってくれました。もちろん丁重にお断りしましたが、なんと親切な申し出でしょう!

207日目
エルスウェアは故郷と違いますが、木々は同じであるように感じます。時々、私は仲間たちが木を切り倒す姿を見ますが、冷静に見えるので驚いてしまいます。そのことはあまり考えないようにしています。それよりはあなたがこの荷物でお作りになる、素晴らしい品のことを想像したいのです!

木工師助手メール 28週間目

192日目
完成したばかりの思い出の品の箱を通りに運び出して、戦いの前に錬金術師のクラリのところに届けるつもりだったんだ。数週間前に注文された品で、「勇敢なる小さなスクリブ」のシーンを蓋に彫るように言われてた。ファンシー・ファーが箱を見ようと近づいてきて、彫り込まれたシーンを手でなぞった。彼女の目に涙が浮かんだのさ。

193日目
「勇敢なる小さなスクリブ」とファンシー・ファーはつぶやき、出来たての思い出の品の箱を眺めまわした。「私の大好きな話だったの」と彼女は言った。そしてその眼には涙があふれていた。「父がよく読んでくれた。家にいる時にね」。何かが起きようとしていたが、それが何かは見当がつかなかった。「あなたが作ったの?」と彼女が尋ねた。そして当然のように俺は頷いた。

194日目
「勇敢なる小さなスクリブは気高い魂の物語よ」ファンシー・ファーは続けて言った。「そしてその魂を素晴らしい正確さで描き出してる」。それに対して俺は木工が好きだと答え、お気に入りの物語であることも伝えた。彼女は俺の眼を覗き込んだ。「こんな才能のある職人を殺せないわ」と彼女は言った。「こんな状況になるなんて、どうしたらいいの?」

195日目
ファンシー・ファーは俺を殺したくなくて悩んでいる間、シェドリック治安官が彼女に近づいた。俺は何が起こってるのかよく分かってなかったが、どうやら勇敢なる小さなスクリブへの共通の思いのおかげで命拾いしたらしい。「このような状況での解決策はひとつしかない」とシェドリックが言った。「教えてちょうだい」ファンシー・ファーが涙をぬぐいながら言った。そして奴は言ったんだ。

196日目
「結婚だ!」ファンシー・ファーと俺は跳びあがった。「それが唯一の論理的な解決策だ」。シェドリックは続けた。ほとんど分からないほどの薄笑いを浮かべながら。「双方の財産への支配権を分かち合え、しかも誰もその過程で死なずに済む」。ファンシー・ファーを見た。彼女はそれなりに魅力的だったが、やっぱり戦いに賭けた方が良かったのかもしれない。

197日目
ほらよ、クラフト材料だ。とりあえず、ファンシー・ファーと俺は酒場に戻って語り合った。なんと彼女はとても面白くて若い女だった。乱暴でねちっこくて俺の最大のライバルのカジートの娘にしてはな。この結婚ってやつを試してみようと思う。何も問題は無いよな?

198日目
確かにオークの伝統に反してる。カジートのあらゆる教義にも違反してる。だがファンシー・ファーも俺も、伝統や教義をスキーヴァーのケツにくれてやるつもりだ!俺たちは財産を一つにまとめて、夫と妻としての協力と敬愛の立場から、稼業を切り盛りすることにした。豪放なヤツも違法なヤツもだ。ざまあみろ、猫野郎め!

199日目
今日、ファンシー・ファーと俺は華麗なる前足を訪ねた。奴は明日、裁判のために首都に送られることになってたが、ことの成り行きを伝えておきたかったのさ。予想通り奴は激怒した。ハントマザーが言ってたように、復讐は横に回った時が一番だ。この裏切りを後悔させてやると奴が誓うのを耳にしながら、俺たちは手に手を取って歩み去った。

200日目
よう、槌のマーゴッグとファンシー・ファーだ。毎日は恐ろしく忙しくなったが、材料は欠かさず送ると約束するぜ。他の仕事も繁盛してる。シェドリック治安官は目を光らせてるが、敵意というよりは興味を持ってるように思える。本当に信じられないが、勇敢なる小さなスクリブみたいに幸せだ!

木工師助手メール 27週間目

185日目
華麗なる前足とその犯罪帝国なんてクソ食らえだ!オブリビオンに消えちまえ!奴は負債と義務という呪いを俺にかけたんだ。この修羅場を切り抜けられるような知恵をしぼり出さないと殺されちまう。今日、誰が現れたと思う?あの猫野郎の兄弟だか、甥っ子だか、奴ら特有のなんだかよく分からない血縁者がやってきて、組織の長の座をかけて挑戦してきやがった!

186日目
そいつの名前はファンシー・ファー。なんと華麗なる前足の一番上の娘なんだとさ。カジート犯罪組織の長の座をかけて俺と戦いたがってる。自分の生まれついての権利なんだと。猫野郎にかけあって、負債と義務をあの娘に引き取らせるように言ったが、奴は断りやがった。「娘がお前を殺そうというなら、そうさせよう」。華麗なる前足は笑った。

187日目
華麗なる前足の復讐の道具、それが向こう見ずで元気いっぱいの娘、ファンシー・ファーだ。あの娘はカジート犯罪王の莫大な財産をかけた戦いで俺を殺す気だ。俺が手元に置く気がまったくない財産をな。だが頭に血が上った雌のカジートは何を言っても聞く耳を持たない。ハントマザーもそう言ってたな。

188日目
治安官が決闘の前にやってきた。こんなことに巻き込んで悪かったとでも言うのかと思ってたら、あろうことか、華麗なる前足の罠にかかった愚かさをたしなめやがった。さらに奴は言った。「彼女はダーククローと呼ばれてる。気づかれることなく忍び寄る死神だからだ」。それで俺を元気づけるつもりだったらしい。まったく効果はなかったが。

189日目
どんな厄介ごとに巻き込まれようとも、積み荷は時間どおりに送るぞ。ファンシー・ファーに魚のように捌かれるまではな。そうなった場合は、他の木工師に俺の顧客を引き継ぐように手配してある。だから心配無用だ。あんたのことも頼んである。とりあえず、どうやってこの修羅場をくぐり抜けるかを考えなきゃならん。

190日目
シェドリック治安官は最後のアドバイスをした後、この決闘を観るのにちょうど良い席を探しに行った。「左を使うんだ」、奴は言った。「あれがお前の得意技だ」。俺は頷いてから、あの娘に勝てるか聞いてみた。「絶対にムリだな」、奴は言った。「だがお前を応援してるぞ」。「治安官」だと!全く役立たずじゃないか?

191日目
槌のマーゴッグだ。俺の一日を聞いてくれ。始まりは華麗なる前足の娘のファンシー・ファーに、親父の犯罪組織の長の座をかけて決闘を挑まれたことだった。欲しいなんて一度も言ってない組織だぞ!カジートの奴に騙されたんだ。俺に治安官に売られたことへの奴なりの復讐なんだ。

木工師助手メール 26週間目

178日目
じっくり考えた結果、思い出の品の箱には「勇敢なる小さなスクリブ」を彫り込むことにした。暖かく、心が躍る物語なんだ!クエラに手伝いを頼むことにした。すごいアーティストなんだ。彼女の下絵を元にして彫ろうと思ってる。上手くできれば、もう一つ作ろう。

179日目
「勇敢なる小さなスクリブ」の物語のシーンを彫り込んだ思い出の品の箱を仕上げた。酒場に飾った途端、旅人が200ゴールドで買い取りたいと言ってきた。200ゴールド!金になるなら、副業として木製の思い出の品の箱を作ってもいいかもしれない。

180日目
シェドリックの砦に呼び出されて、捕まったカジートの華麗なる前足と面会することになった。囚人にしては犯罪王は牢獄に満足してるように見えた。「この者は首都に送られて裁判を受ける前に、お世話になったお礼をしたがっている」と華麗なる前足が言ったんだ。嫌な予感がしたよ。

181日目
華麗なる前足を裏切って、シェドリック治安官に売ったことのお礼をしたいってわけだ。嫌な予感がしたが、奴は鍵のかかった檻のむこうだ。「この者はお前に腹を立ててはいない、オーク」。奴は静かに言った。「この者は物事を単純にしてくれたことに感謝している。所有物をお前に寄贈したい。全てをだ」。それを聞いた途端、さらに嫌な予感がした。

182日目
華麗なる前足は俺を「犯罪」と「まっとうな稼業」の相続人にしたんだ。これを褒美と考えるヤツもいるだろうが、俺にははっきりと分かった。犯罪王が俺を陥れるつもりなのが。なにかまずいことでも、って思うだろ?まあ、俺もそう思った。「負債も義務も併せて相続してもらうことになる」。華麗なる前足は邪悪な笑みを浮かべて言ったんだ。

183日目
華麗なる前足はやりやがった。うまいこと俺の首にムンダス・ストーンを括り付けて、深くて暗い湖に放り込んだも同然だった。奴の負債と義務は今や俺が面倒を見ることになった。その内訳は、エルスウェアに残された3人の妻と37人の子供、レンリージャ海賊のカディン船長への負債、そしてコスキット犯罪シンジケートとの流血の抗争。

184日目
ほらよ、槌のマーゴッグからの材料の積み荷だよ。あんたへの義理はできる限り果たすつもりだが、華麗なる前足の敵が列を作って俺を狙ってる。奴が仕方なく指名した後継者だっていうのに。街にきた新顔がいろいろ嗅ぎまわっているようだ。

1 2 3 6