家具(古遺物)


甘きケナーシの歌
Sweet Khenarthi’s Song

  • カジートの刺繍は前から好きだったんです。タペストリーの色と手触りが素晴らしい。いくら年代を経ていても。結論に飛びつきたくはないんですが、この芸術家が描いた翼のある人物像はカジートの風の神、ケナーシではないかと思います。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • そうだな、ケナーシだ。彼女は形なきカジートをどこかに導いているようだ。恐らく星の裏の砂場だろう。カジートとノルドの双方の神学で、キナレスは楽園への案内役を務めている。文明の隔たりを考えると奇妙なことだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • まったく奇妙ではないさ!ノルドとカジートの死と再生の過程で、選択は中心的な役割を果たしている。双方とも楽園への道を勝ち取らねばならない。カイネとケナーシはそれぞれ勇気と篤い信仰心に報いる。自らエスコートしてくれるのも自然だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

甘きケナーシの歌
Sweet Khenarthi’s Song

このタペストリーの豊かな青と金はモチーフと相まって、ベッドの反対側に掛けておきたくなる。その場合はこれが朝一番に見るものにして、夜の最後に見るものとなる。


猫目プリズム
Cat’s Eye Prism

  • 台座のデザインから言って、第一紀初頭のものだろう。少なくともスラシアの疫病がエルスウェアを崩壊させる1000年以上は前だ。ペレタイン以外の十六王国に、このようなものを作る資源があったとは思えない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ケナーシズルーストで見つかるのは奇妙ね。当時はパーラッティーンに従属していたのかな。クリスタルの方だけど、これは見たことがない。マグルス崇拝に似たようなオパール球が使われていたけど。隕石の儀式用具?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 隕石のガラスにしては色が濃すぎます。この金属のバンドも面白い。まるで何かを球の中に閉じ込めようとしていたかのようです。予言者が水晶占いに使っていたのかもしれません。マグルスとの関わりを考えれば有り得ます。興味深いですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

猫目プリズム
Cat’s Eye Prism

この台座の奇妙な石は、周囲の視線と同じように光を集める。しかしその仕組みは謎のままだ。


マオマーの大蛇の祠
Maormeri Serpent Shrine

  • シーサーペントの像など滅多にない。素晴らしい!腐食のせいで年代を特定するのはちょっと難しいが、出自は簡単に推測できる。ピャンドニアだ。シーエルフは本当に蛇が好きだな!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • いい推理よ、レジナス!でも何かが欠けてるわ。知っての通り、シーエルフの王オルグヌムは登場するタペストリーで三つの手を描かれている。ほらね?三つの手と三つのとぐろ。これはオルグヌムの彫像かもしれない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 可能性はありますね。比喩的な話に限れば。私は一度ならず馬に変身しようと思いましたが、うまくいったことはありません。不死の者であっても、魔術師が巨大な海の怪物に変身する?それは荒唐無稽です。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

マオマーの大蛇の祠
Maormeri Serpent Shrine

マオマーは海のグレートサーペントを飼い慣らしたと言われている。そこまで偉大な獣には手が届かないが、この曲がりくねった像もなかなか悪くない。


アルドメリスの木霊
Echoes of Aldmeris

  • 実に豪華な三部作です。明らかに誰かが額縁に固定の魔法をかけています。この絵画は見た目よりもずっと古いものでしょう。どこを描いていたのかはまったくわかりません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • わかるわ。故郷よ。アルドメリス。タムリエルの全エルフの始まりの地。本物のアルドメリスがこんな風だとは思えないけど、見ているだけで胸が騒ぐの…外国を長く旅してから、父の家に足を踏み入れた時みたいにね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 悔しいけど、この絵画の様式を特定できない。とても曖昧なのに心を揺るがす。そそり立つ尖塔、漂うオベリスク、たなびき、密になる雲…この芸術家が、エルフの威厳を表そうとした努力が見て取れるわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

アルドメリスの木霊
Echoes of Aldmeris

この三連祭壇画はエルフの心に祖先の記憶と故郷への渇望を呼び覚ます、と古遺物収集家は主張している。


八大神の星シャンデリア
Eight-Star Chandelier

  • こういう品には滅多にお目にかかれない。アイレイドの照明器具ね。恐らく残酷な妖術王の宴の間を照らしていたんでしょう。明らかに隕鉄製で、ウェルキンド石もいい状態。全体的に見て価値ある発見よ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • シャンデリアの燭台の数に注意しよう。全部で8つあるウェルキンド石は八大神に敬意を表している。現代のハイエルフ文化とまったく同様、アイレイド文明においてもハイエルフは数字を重視していたとする私の仮説を裏付けるものだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • アイレイドを過大評価してるわ、レジナス。ハートランドエルフは、アイレイドの鍛冶屋がこのシャンデリアを作るずっと前にデイドラ崇拝を始めていた。むしろ16個の石を飾って、忌々しいデイドラの神々を敬っていればよかったのよ!

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

八大神の星シャンデリア
Eight-Star Chandelier

八大神に捧げられ、祝福されたこのウェルキンド石製シャンデリアで、広大な空間を照らし出そう。


聖アレッシア(パラヴァント)
St. Alessia, Paravant

  • こんなことを言うなんてほとんど信じられないけど、あなたが見つけた彫像は第一帝国の母、聖アレッシアかもしれない。見て。アイレイドの奴隷の枷を身に着けたまま、王者のアミュレットを掲げている。彼女よ。パラヴァントよ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • これはブレトンの仕事に見える。ハイロックが帝国の傘下に入った後、ヘストラに贈られたのだろう。知っての通り、アレッシア教団はアレッシア像を厳しく禁じた。彼女の本当の姿がどうだったか、知ることはまずできないだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • マーラの慈悲にかけて、レジナス!一度でいいから、まず我らの友人が見つけてくれたものを喜ぶ気はないの?もちろん彫刻家に自分で姿を見る幸運はなかったでしょう。でも、これほど真に迫ったアレッシアを見たことがないわ!

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

聖アレッシア(パラヴァント)
St. Alessia, Paravant

パラヴァント、すなわち「最初の者」とは、アイレイドへの反乱軍を指揮したアレッシアに与えられた肩書きである。「最初の者」を展示する最初の者となれるだろうか?


〈緑〉の歌が集まる環
Greensong Gathering Circle

  • ウッドエルフの儀式の大鍋?ボズマーの魔法が見える。本当に興味深いですね!これは初めて見るウッドエルフの呪文のフォーカスです。彼らは歌うだけで魔法が使えると思っていたのですが。この器に何を入れたのでしょうか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ウッドエルフとはずいぶん旅をしたから、鍋に何を入れたか聞いちゃいけないのは心得ている。想像するなら、きっと骨と内臓を放り込んだんだろう。血はハーシーンを喜ばせるため。骨はイフレを敬うためだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • わからないわよ、ウグロン。こういうエッチングはウッドエルフの畑や苗木の礼拝堂で見かけたことがある。彼らは成長と豊穣に関連付けていたと思う。そこに土を入れ、グリーンパクトの遺物を呼び出していたかもしれない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

〈緑〉の歌が集まる環
Greensong Gathering Circle

この大鍋に仲間を集めて〈緑〉を称えることも、単に興味深いウッドエルフの芸術として展示することもできる。


ファリネスティの枝
Branch of Falinesti

  • この玉座の由来を断言するのは難しいが、ウッドエルフの手によることは確かだろう。匠と呼ばれる大工ですら、普通の道具と手法でこの椅子の下のドレープの効果は出せまい。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • その通りです、ウグロン。最近エルデンルートに滞在して、〈緑〉の創り出した様々な驚異を目にしました。私が戸惑っているのは色調と木目です。グラーウッドで見たどんな家具にも似ていません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • それは簡単に説明できる。この椅子はエルデンルートのものじゃないの。ウッドエルフの真の故郷、彷徨う都市ファリネスティのものよ!絶対にね。ファリネスティの広い木目に、一度触れれば忘れることはない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

ファリネスティの枝
Branch of Falinesti

彷徨う都市で木の彫刻家を務めるボズマーによって作られたこの玉座は、座る者に合わせて微かに変化するため、頑丈な古代の木にしては不思議なほど座り心地がいい。


シルヴェナールの樹液石
Silvenari Sap-Stone

  • ブラック・マーシュ以外の樹液の遺物?嬉しい驚きです!こうも美しいウッドエルフの古遺物を目にするのは初めてです。ボズマーと聞くと骨やロトメス、に昆虫の素材を連想してしまって。グリーンパクトがどんな驚きを生み出せるか、忘れていました!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • そうよ。どうしてウッドエルフが他のものを求めないのか不思議に思う。古いマンモスのチーズみたいな臭いのしない服とかね。マラバル・トールでこんな樹液を滴らせる木を見たことはない。ファリネスティのもの?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • シルヴェナールのグラー・オークは時折こういう物質を産出する。シルヴェナール自身が催促した時だけね。〈緑〉と深くつながった者ならば、きっとイフレの奇跡を引き起こすこともできるんでしょう。私たちじゃ到底無理だけど!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

シルヴェナールの樹液石
Silvenari Sap-Stone

この素敵な樹液石を壁に設置すれば、どんな場所にも〈緑〉の雰囲気と劇的な様式を加えられる。


ホロウボーンの風鈴
Hollowbone Wind Chimes

  • ええ、これは間違いなくウッドエルフの品よ。確かに私はウグロンやアマリエンほどボズマーに親しんでないけど、現在の集落でもまず間違いなくああいう風鈴を目にするはず。でも…何か腑に落ちないところがあるのよね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • それは歯ね、ヴェリタ!ああいう牙がついたウッドエルフの風鈴を見たことがない。真鍮の輪に気づいた?臓物と腱があるのに、なぜ金属で吊るすの?賭けてもいいけど、あの歯は貴重な獲物のものよ。絶滅して久しい動物とかじゃないかな!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ああ、私は自然派じゃないが、あの歯はサーベルキャットの犬歯より沼リヴァイアサンの牙に似ている。オドークが実在した証拠が見つかるかもしれないな。イフレが神話期、ウッドエルフに退治を命じた姿を変える醜い獣だ。よく見つけたものだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

ホロウボーンの風鈴
Hollowbone Wind Chimes

骨と金属、筋で出来たこの風鈴は、不思議と落ち着く瞑想的な音を発する


月光鏡
Moonlight Mirror

  • カジートの装飾鏡ね。面白い。アネクイナやペレタインみたいな大きな宮殿にありそうね。戦争に引き裂かれた地域で残ったということが、その品質を物語っていると思う。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 図案が素晴らしい。マッサーとセクンダ、もしくはジョーンとジョーデが霞の中に漂っています…ロマンチックですね。私にもこのような美を一瞬紡ぎ出すことはできるでしょうが、永遠にガラスへ残すのは無理です。稀有な魔術ですね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 後ろの第三の月に気づいた人は誰もいないの?永遠に残る魔法の情景もいいけど、暗き月の真の芸術的表現は?そのせいでこの鏡は、見かけよりちょっと不吉なものに思える。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

月光鏡
Moonlight Mirror

豪華な枠が付いたこの鏡は、月が大半を占めている。鏡に映すのではなく、置いて眺めるためのものだ。


妖術王の刃
Sorcerer-King’s Blade

  • アイレイドの剣?本当に素晴らしい品よ。残念なのはこの剣で、彼らの権威を認めなかった我々の祖先を虐殺しただろうってこと。この折れた剣を彼らが崇拝したのは奇妙ね。この剣を振るった者が誰にせよ、深く尊敬されていたのでしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 破片の間を魔法の残滓が駆け巡っているのを感じます。これだけの時が流れているので付呪の性質は特定しがたいですが、幻惑の系統であることは間違いないでしょう…精神と意思に関わってるようです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • アイレイドの妖術王が臣民の意思を曲げる武器を振るっていたというのは、うなずける話だ。特に文明の末期、彼らの欲求は炭のように真っ黒だった。どんな種族もどれだけ下劣であれ、永遠に耐え続けられはしない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

妖術王の刃
Sorcerer-King’s Blade

展示用の石飾りまで付いたこの壊れた刃は、かつて強大な魔法を極めたアイレイドの支配者が身に着けていたものだ。


ドワーフのパズルボックス
Dwarven Puzzle Box

  • なんて魅力的な小物だ!ドワーフの手によるものだな。だが何をするんだ?面の中央部にある丸い部分は、別の装置にはめ込めるんじゃないか。鍵のように見えるドワーフの鍵には、お目にかかったことがないからな!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • いや、継ぎ目と歯車を見てくれ。これはきっと分解できる。そうに違いない。これは貴品箱さ。左の牙を賭けてもいい。中に何が入っているのかは見当もつかないが。特殊なダイナモだろうか?それとも宝石か?

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 貴品箱?冗談でしょ!ドワーフはこんな装置をくだらないことに使わないわ。これは試験をする機械よ。パズルなの。ピニオン、シリンダー、接触点の数からいって、私たちの誰にも解けそうにない試験ね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

ドワーフのパズルボックス
Dwarven Puzzle Box

これは玩具か、金庫か?それともさらに手の込んだパズルの一部か?開かれるまで、誰にも分からない。


ドゥエマーの星図
Dwemer Star Chart

  • ドワーフの星図ですね!素晴らしい!ギルドマスター・ヴァヌスが自分の書斎にこういうものを持っていましたが、何を表しているのかはっきりわかっていないようでした。主要な星座が一つの円盤に表示されます。ただ、そこから先はよくわかりません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 目を開くのよ、ガブリエル!これはドワーフ天文学の宝庫なんだからね!この三つの周回する球はガーディアンに相当する天体かもしれないけど、これがドウェマーのエセルベル・ビーコンである可能性も考えるべきよ。そうでしょ?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • エセルベルだって?エセリウスとオブリビオンに「潜る」ドワーフの乗り物か?アマリエン、そういうものが存在する証拠が多少でもあるのか?これは明らかに星座製造機だ。それだけだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

ドゥエマーの星図
Dwemer Star Chart

この素晴らしい星図を自宅に置いて、ドワーフ天文学の知識へ敬意を示そう


アイレイドの光の井戸
Ayleid Lightwell

  • ああ、アイレイドの台座の変種か。これが光の井戸とはとても思えない。エセリアルを呼び込むには小さすぎる。そしてこの中央のガラスの破片は、ウェルキンド石を砕いたものか?確かに光の井戸にも似ている。興味深い。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 南のバルサエビク遺跡でこういうものを見たことがある。サイズに関しては君の言う通りだ、レジナス。アイレイドは石を隕鉄と併用して、小型化しても機能するようにしたんじゃないか。魔術師じゃないからわからないが。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 確かに光の井戸です。でも注目すべきはクリスタルですよ。発するマジカはウェルキンド石より人工的な感じがしません。天然のエセリアルの欠片で、制御されていませんね。鉄と共鳴する様子を見ると…強く揺らさないでください。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

アイレイドの光の井戸
Ayleid Lightwell

アイレイドは4つの元素がニルンを構成していると信じていた。光、地、水、空気である。光の井戸に用いられた光は、魔術師の力を回復させた。しかし、この井戸は主に展示用である。


ウォーコーラーの彩色ドラム
Warcaller’s Painted Drum

  • これはオークの楽器職人の精髄だ。オークと音楽が結び付けられることはあまりない。だが打楽器に関して、我々は文化的に深く傾倒している。間違いなくこれは戦争に使われていたはずだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • うっすらと魔法を感じます。あなたたちはドラムにも魔法をかけていたんですか、ウグロン?何かがルーンに込められていて、意思が感じられます。何というか…正直に言うと、怒りに満ちているようです。ごめんなさい!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 謝ることはないさ、ガブリエル。オークはマラキャスを崇拝する。我々とデイドラの儀式のつながりはこのドラムを一心不乱に叩くとき、一層深まる。ルーンはマラキャスへの礼拝用だ。恨みの印という。ウォーコーラーがこのドラムを叩く時、戦があったのは間違いない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

ウォーコーラーの彩色ドラム
Warcaller’s Painted Drum

この巨大なドラムがなくては、いかなる楽器のコレクションも完成しない。使用されれば、その音を聞く者は骨まで音の響きを感じる。


アイレイド王の宝飾頭蓋骨
Jeweled Skull of Ayleid Kings

  • これはかなりの発見だ!見たところアイレイドのものだな。妖術王たちはタムリエルの中心部を長く支配したが、彼らの王冠を見たことはない。頭蓋骨に取りつけられているようだが、鋲は見えない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • どんなに力を込めても王冠は引っこ抜けませんよ、レジナス。呪文で固定されているんです。きつくね。きっとこの隕石のガラスと関係があるのでしょう。はめこまれた石が見えますか?あれが鉄に作用しています。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • それは驚くにあたらない。サリアチェは誇り高く執着心が強かった。支配権が何らかの魔法の仕掛けなしで引き継がれることはほとんどなかった。きっとこの王も狡猾で野心が強い息子に悩まされ、最期の侮辱のために王冠を頭に固定したんでしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

アイレイド王の宝飾頭蓋骨
Jeweled Skull of Ayleid Kings

あなたの主な装飾が頭蓋骨なら、この宝飾頭蓋骨はコレクションの筆頭を占めるだろう。


実力者の宝箱
Kingmaker’s Trove

  • エメリック王もこれとよく似た宝箱を持っていました。当然、ほとんどの者は目にすることを許されませんでしたが。でもウェイレスト城で透明化の呪文をうまく使うと、どこまでいけるか知ったら驚きますよ!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 金線細工から判断して、第一紀2200年代のものだろう。船首に同様の模様を施したブレトン全旗艦隊の絵を見たことがある。この貴品箱には、スラス攻撃に参加した船長への賞金が収められていたのかもしれない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • あなたの言う絵を私も見たわ、ウグロン。模様が似ている点には同意する。でもこの木の形をしたレリーフには戸惑ってしまう。第一紀1270年、商人王エティエン・レナックがウェイレストの玉座を奪うために手を貸した貴族への。賄賂を収めていたものかもしれない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

実力者の宝箱
Kingmaker’s Trove

人目を引くだろう?この豪華な宝箱の見事な金線細工や装飾を全て眺めるには、二度見程度では足りない。


高貴な騎士の休息
Noble Knight’s Rest

  • ああ、故郷の遺物ですね!明らかに石棺です。わからないのは中に埋葬されている人です。石の状態から見て、第一紀の後期でしょう。アレッシアの分離後に権力を奪った、僭王の臣下でしょうか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 間違いないな。ブレトンは生来頑固で統一した政体を嫌悪していた。アレッシアの崩壊がどこよりも影響したのはハイロックだ。その後の数百年間、あちこちで領土紛争が起こった。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ブレトンが頑固なことは認めますよ。ちょっと調べましたが、横の印はムーアクロフト家の紋章から来ているようです。ウェイレストから逃げる直前、この騎士はガヴァウドンの混乱で命を落としたのかもしれません。興味深いですね!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

高貴な騎士の休息
Noble Knight’s Rest

この騎士の石棺と遺体を世話しよう。ただし仕事を真面目にやらないと、呪われてしまう!


零の塔の信号
Beacon of Tower Zero

  • これは何ですか?白金の塔のミニチュア?街が含まれていないのが奇妙です。さらに奇妙なのは強烈な魔法のオーラを放っていることですね。どんな役割を果たすのでしょう?頂上から放たれている光は何ですか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • これは白金の塔じゃないわ。ディレニの塔よ。その違いはもちろん知ってるわね?でも光は謎ね。重さからして、この石には金属のコアが入っているかもしれない。ちょうど本物のように。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • うん、読書用のランプじゃないわね、それだけは言える!何かの信号のようね。遥か彼方から見えるもの。ディレニが、アダマンチンの塔から距離を測る道標として使ったのかもね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

零の塔の信号
Beacon of Tower Zero

このアダマンティアの聖なる光は、ディレニの塔から取り除かれて久しい。あなたの家を照らそう。


リベン王の玉座
Riven King’s Throne

  • これが誰のものだったかは簡単です。ブレトンならこのモチーフは誰でも知っています!スペナード家の玉座です。ひどい君主が消えてよかった!リベンスパイアーは暴君に苦しめられ続けましたが、スペナード家は群を抜いていました。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ええ。ドレル家に解体されるまで、スペナード家の領土はいつも飢餓に見舞われていた。フレストリエン・スペナード一世からフレストリエン・スペナード六世まで186年の間、失政が続いたの。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • それは、6人の王が全員同一人物だったからよ!外見や振る舞いがまったく同じだという文書をたくさん見つけた。「フレストリエンの一族は青白い大理石から切り出したような厳めしい容貌だ…」とある。吸血鬼だったのね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

リベン王の玉座
Riven King’s Throne

リベンスパイアーのこの豪勢な玉座で、自宅に優雅さを加えよう。


偽の塔の名残
Remnant of the False Tower

  • これをリベンスパイアーで見つけたの?不思議でもないわね。あの地域はスイートロールが子供を引き付けるように、不気味な遺物を呼び寄せる。クリスタルは明らかにアイレイドのものね。でも、これほど怒りに満ちた色合いのヴァルラ石やウェルキンド石を見たことがない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 数年前にショーンヘルムで冒険者の一行に会った。ドゥームクラッグの中心に赤いクリスタルが眠っていると力説していた。その後イロキルで発掘に取り掛かった。クリスタルを精製する場面を描くフレスコ画の一部を見つけたが、それだけだった。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 間違いなくアイレイドのものですね。でもこの姿は意図していないはずです。何かがエセリアルの共鳴を狂わせた。このバンドは…調査用ですね。赤いクリスタルを調べるためのものでしょう。もしかしたら、修復を意図していたかもしれません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

偽の塔の名残
Remnant of the False Tower

この変わった石の残滓を見る際には、豊かなバラ色の輝きが目を楽しませてくれる。


ハートランド
The Heartland

  • 胸を揺さぶる後継だな!レマン二世の宮廷画家、エミリアン・ポラスの作品に似ている。彼女は風景画に革命をもたらした。アレッシア風の夢幻風景画と、荒涼としたリアリズムにあふれる最高顧問初期の作品との懸け橋になった。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 初期のレイニアスかもしれません。私は芸術家ではありませんが、ガヴロス・レイニアスはまったく正当に評価されていません。彼のように水を描く者はいません。ニベンの絵はキャンバスを洗っているようでした!最高です!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • この作品には困惑してしまう。アレッシアは衰退する前に芸術家へ厳格な規制を敷き、それが文化的なタブーにつながった。第一紀の末期まで、インペリアルの画家は帝都を描かなかった。奇妙ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

ハートランド
The Heartland

三旗戦争によっても傷つかない、シロディールと帝都の美と壮大さを体験しよう。


サタカルの螺旋
Coil of Satakal

  • ナ・トタンブの儀式用の鐘ね!円盤しか見たことがなくて、枠は初めて。万物の神サタカルに似せて作ったようね。神話によると、蛇は終わることのない再生の循環として、自身を呑み込み続けるという。素晴らしいわね?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ああ、バーガマのクラウンに誘われたことがある。これは信じてくれ。蛇を信仰していいことは絶対にない。死と再生に憑りつかれた人々は必ず目を血走らせた信者になってしまう。そういうものだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ちょっと、ウグロン。サタカルは不吉な神じゃないわ。永遠のテーマを擬人化したものよ。私が最も驚いているのはスケールね。タムリエルの宗教の多くに転生の信仰が見られる。でもムンダス自体の再生?本当に驚きよね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

サタカルの螺旋
Coil of Satakal

この見事な儀式用の鐘で来客に夕食を知らせよう。ただし、客人たちが用意した以上の食事を食べようとしても驚いてはいけない。


長身のパパのランプ
Tall Papa’s Lamp

  • ああ、これにはナ・トタンブの遺物ならではの職人技が発揮されている。この金のモチーフはラ・ガーダの紋章と合う。でも紫の内部はラプトガの祈りのビーズの色合いと同じ。星のモチーフが欠けているのも奇妙ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 宗教表現に軍事的示威を結び付けるのがそれほど奇妙か?ヨクダにとって戦争と宗教はほぼ同義だった!だが星に関しては確かに疑問だな。星のないラプトガはドラゴンのいないアカトシュのようなものだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 遺物に星がないとしても、必ずしも星が形を変えて飾られていなかったわけではりません。油の貯蔵庫には結晶状の堆積があります。何らかの隕石由来の燃料です。このランプのもたらす光が、きっと星の光に似ていたんでしょう!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

長身のパパのランプ
Tall Papa’s Lamp

香炉が中で燃えるこの素晴らしいランプは、ヨクダ人を超自然的な体験へ導いたとの噂がある。


ルビー製ドラゴンの頭蓋骨
Ruby Dragon Skull

  • ダンジョンを探検していると宝石の目はしょっちゅう見るが、宝石で頭蓋骨全体を作るとは。これは本物の財宝だ。竜教団の遺物だという痕跡があちこちにある。生贄に使われた儀式用のフォーカスだろうか。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ただの生贄じゃない。アトモーラは宝飾品に乏しい。おそらく宝石がとても珍しいかったと思われる。もしくは発掘が難しいか。ルビーの彫像は、極めて重要な儀式のためだけに保管されたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • でもなぜドラゴンの頭蓋骨なの?竜戦争の前まで、ドラゴンたちが命のはかなさに思いを寄せる理由なんてなかったはずよ。ドラゴンが生贄に捧げられていなければね…ドラゴンプリーストが集まって、アルドゥインがそういう儀式を行うのを眺めていたかもしれないけど。寒気がする考えね!

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

ルビー製ドラゴンの頭蓋骨
Ruby Dragon Skull

このルビーの大きさと輝きは、ドラゴンが守る宝の中でも見劣りしないだろう。好むような形にカットされていなくとも。


凍炎のかがり火
Brazier of Frozen Flame

  • 大発見よ!もっと調べないといけないけど、このかがり火はスタルリム製のようね!信じられる?聖なる力が宿った氷は鋼のように硬くなるって!私は武器、鎧、埋葬儀式に使われたものしか見たことがない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • それは古いスコールの物語の話だな、アマリエン?個人的にはこの物質に神が関与したという証拠を見たことがない。この世には起源にまつわるおとぎ話がある天然の物質がたくさんある。スタルリムも同じだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • スタルリムは間違いなく定命の者の手によるものよ。かがり火をよく見て。埋葬品のモチーフにこういう文様を見たことはない。でもスタルリムは伝統的に葬儀で使われてきた。ノルドが魔法を忌避するのは知っているけど、これはアルケインのフォーカスに見える。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

凍炎のかがり火
Brazier of Frozen Flame

サファイアと銀が混ざって眩しい輝きを放つこのかがり火は、冷たい炎で雰囲気たっぷりに周囲を照らす。


忠実なグアル
The Dutiful Guar

  • 言わせてもらいますが、このグアル像は写実的すぎます!有名な聖人の胸像を作るのはわかります。でもこのような獣をここまで克明に細かく作るのは、古代ダークエルフの彫像製作にすると驚くべきことです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • それには理由があるのよ、ガブリエル。これは彫像なんかじゃないの。魔術師のあなたが、グアルが魔法で金属に変えられた可能性を考え付かなかったのはおかしいわね。恐らくテルヴァンニの見習いの仕業でしょう!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • もっと妥当な説明があるわ。ずっと後味が悪いけど。ダンマーの祖先の墳墓で、何度か青銅の甲虫を見たことがある。この獣もきっと同じ目にあったのよ。金属に閉じ込められた時、もう呼吸してなかったことを祈るばかりね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

忠実なグアル
The Dutiful Guar

このグアルは息が聞こえそうなほど本物そっくりで、この作品のモデルが青銅の下に隠れていると言う者もいるほどだ。


三つの角の真実の祭壇
Tri-Angled Truth Altar

  • わあ!このピラミッド上の図像からして、トリビュナルが台頭する前のものとみて間違いないわ。アルムシヴィにまったく触れてないでしょ?この印はボエシア、メファーラ、アズラのような古き神々を称えている。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • まさにその通りだ、アマリエン。チャイマーの伝統にこう洗練されたものが刻まれているのを目にするのは奇妙な感じだ。ヴェロシが禁欲主義でボエシアを崇めたおかげで、彼らは黄金時代にも珍しい素材を扱う羽目になった。これはより現代的だ。かなり幾何学的だな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ネレヴァリンとドゥマクの温かい交流はきっと文化的な交流をもたらしたはずよ。ドゥエマー社会が他の文化の伝統を吸収するにはあまりに偏屈すぎたけど、最も敬虔なチャイマーであっても、石やキチンの彫刻から離れたくなることがあったでしょうね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

三つの角の真実の祭壇
Tri-Angled Truth Altar

古き神々への崇拝を示す印が付いたこの素晴らしい祭壇を作るには、幾何学の完全な知識が必要である。


インファーナンスの灰の門
Ashen Infernace Gate

  • ヤサミダンの壁でこういう印を見たことがある。このエッチングは休眠状態のようだが、側で話す時は気をつけるんだ。魔法を施された門は長く放棄されていても、軽々しく扱うべきじゃない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ウグロンは心配性ね!あなたの言う通り、この門が利用していた魔法は数百年前に消え失せている!私の知るどんなチャイマー様式とも一致してないわね。オブリビオンで発案されたみたいに!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • インファーナンスと書いてある。これがコマンドワード?それともこの先の領域の名前?古代のチャイマーは適当な儀式を行って、精霊をここから呼び出していたのね。興味深いわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

インファーナンスの灰の門
Ashen Infernace Gate

厳めしく恐ろしいこの門は、危険と陰鬱さを示している。この門を通って家に来る者を受け入れる勇気か、愚かさはあるだろうか?


アルマレクシアの祝福された台座
Blessed Dais of Almalexia

  • 初期トリビュナル神官建築の素晴らしき例ね!ダークエルフほど宗教的デザインに打ち込んだ種族はいない。トリビュナルの手が中央の台座を飾っている。でも、その内の一つが明らかに他の二つより敬われている。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ああ、モーンホールド様式は見落としようがない。そして知っての通り、アルマレクシアはあの街を守護している。全てのトリビュナルは宗教的崇拝の対象だが、アルマレクシア崇拝はタムリエルの規範を墨守している。様式の面でな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 「タムリエルの規範」とは、八大神崇拝のことだな?「規範」という言葉を軽々しく使う前に、オークやアルゴニアンの宗教的慣習を考えるべきだ。ともかく、こいつは凄い祭壇だ。完全に残っている点が特にな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

アルマレクシアの祝福された台座
Blessed Dais of Almalexia

優雅かつ偉大で、尖っている。アルマレクシアその人のようだ。この祝福された台座を使わず、埃を被らせておく者に災いあれ。


影の巣
Nest of Shadows

  • この像には古い魔法が残っています。驚くことでもありませんね。古代のアルゴニアン像はいつもどこか不吉な力を漂わせています。大っぴらな呪いではありません!ただ、どこかしら不気味なものがあるのです。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • トカゲの民はシシスと縁が深いからに違いない。私が奇妙に思うのは、より写実的な様式よ。大抵のアルゴニアンの石彫はもっとゴツゴツしていて、より抽象的なの。この滑らかな石はどう?アルゴニアンの卵の感触がないのよ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • コスリンギとの文化的交流という線はどうだ? だがそうすると、コスリンギ文化の起源が思っていたより前に遡る。卵に関しては比喩的なものだろう。卵は始まりを意味する。なら、シシスが何かの起源を飲み込もうとしているところを描いているのか?難しいな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

影の巣
Nest of Shadows

危険で派手なこの金属の蛇は、とぐろの内側にラベンダー色の卵を囲んでいる。卵を狙っていると言う説もある。


イスグラモルの聖杯
Sacred Chalice of Ysgramor

  • 美しい杯ね。しかも丈夫!ハラルドが台頭する少なくとも数百年前のものね。横の像を特定するのは難しいけど、経験から学んだことがある。ハラルドの前に作られたなら、イスグラモルの絵よ。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • そういう大雑把な経験則を認めるわけにいかないが、往々にして当たっている。これは確かにイスグラモルだ。アトモーラのルーンが添えられている。ドラゴンのようなシルエットとルビーの象眼細工は、この杯が明らかに高位の者のものだったことを示す。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • きっとイスグラモルの後継者の一人よ!ハラルドはイスグラモルの13代目の子孫として知られている。でもその先祖は武器、鎧、銀食器までイスグラモルの姿で飾った。その顔はどんな公式行事にも正当性を与えてくれる。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

イスグラモルの聖杯
Sacred Chalice of Ysgramor

この杯を飾って導き手を称えてもいいし、スカイリムで最高のハチミツ酒で満たしてもいい。どちらにしても役に立つ。


刻まれた鯨のトーテム
Carved Whale Totem

  • 鯨のトーテム?ノルドの神ストゥーンはトーテムの源流があるが、こういうものがオパールから切り出されたのは見たことがない。こうした石は普通エルスウェアでしか見ない。竜戦争以前に、アトモーラがカジートと交易していたとは想像できない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ストゥーンとの関連は見て取れる。でもこの彫像は、これまで見たストゥーンの前身となった他の彫刻より、宗教的な感覚が薄い気がする。純粋に美術的な表現かな。鯨を支えている渦巻きを見て。これは雲に見えない?

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • アマリエン、空飛ぶ鯨の噂は荒唐無稽きわまりない。ノルド戦士はソブンガルデに行くため「鯨の骨の橋」を渡る。空飛ぶ鯨はニルンからエセリウスへの移り変わりを示す文化的なメタファーだ。それ以前に、私には波に見えるが。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

刻まれた鯨のトーテム
Carved Whale Totem

オパールから作られたこの鯨のトーテムは、単に喜びを感じる者もいるが、より霊的な重要性を持つと信じる人々もいる。


黒檀の狐のトーテム
Ebony Fox Totem

  • これは驚くべき発見だ。スカイリムで狐のトーテムは珍しい。この様式もまた珍しい。アトモーラのトーテムは大抵輪郭が粗く、造形は抽象的だ。正直に言うと、誰が作ったのかよくわからない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ご存じの通り、アトモーラはショールを狐と結び付けていました。トーテムはロルカーンに類似してます。エルフはロルカーンをこのように美しく描きません。ですが滑らかな輪郭や鋭い特徴はエルフ風に見えます。お手上げです!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • アトモーラの人々はサールザルの陥落の前にエルフからいろいろと学んだはずよ。正直なところ、その時代の芸術で文化的な重なりが見つからないのは不思議なくらい。イスグラモルの子孫たちが、躍起になってこういう品を破壊して回ったに違いない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

黒檀の狐のトーテム
Ebony Fox Totem

このいたずら好きな狐のトーテムは仲間を呼ぶ。引き付けられる者をよく観察し、その人柄を判断しよう。


ルーンが刻まれたマンモスの頭蓋骨
Rune-Carved Mammoth Skull

  • ウッドエルフの村人にはタムリエルで最も巧みな骨職人がいるけど、ノルドの骨職人にも同じような才能の持ち主が出る。自分の家にこんな陰惨なものは絶対飾らないけど、この職人技にはある種の美がある。多分ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • おいおい、ヴェリタ、これは貴重なクヤーヴィルデ頭蓋だぞ!第一紀末期のもっとも著名な剥製師の作品だ!完璧な骨の状態と、素晴らしい黄金のエッチングに気づいたか?これはめったにない美術品だ!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 骨ならオークのほうが見事に飾る。まあ、その話はまた今度だ。どうやら、クヤーヴィルデは獲物の心臓を一撃で射抜いて仕留めていたらしい。矢の一撃でマンモスを仕留めるなんて聞いたこともないが、最近はもう大抵のことで驚かなくなった。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

ルーンが刻まれたマンモスの頭蓋骨
Rune-Carved Mammoth Skull

見事に装飾されたこのマンモスの頭蓋骨は、金属を加えられてより印象的な外見となっている。


苦悶のデイドラの柱
Daedric Pillar of Torment

  • これを古遺物と呼べるんだろうか。オブリビオンで年代は何の意味もないし、これは明らかにデイドラ公の品だ。何らかの装飾だな。もしくはしもべに規律を守らせる警告だ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • モラグ・バルらしさがあちこちに見える。拷問、露出、刺々しい美。彼が恐怖で士気を高めようとしていたとは思えない。コールドハーバーという領域全体、恐怖と搾取が具現化したものだった。これは別の何かね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 信じられないかもしれませんが、コールドハーバーではこれが芸術です。下級のデイドラに創作や芸術鑑賞が不可能だと決めつける人もいます。ですが、私にはドレモラ・キンリーヴがこれを何時間も眺めているところを想像できます。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

苦悶のデイドラの柱
Daedric Pillar of Torment

芸術作品?それとも拷問器具?見方によっては、その両方かもしれない。


虚無のクリスタルの特異点
Void-Crystal Anomaly

  • こういうものは一度だけ見たことがあります。虫の教団の隠れ家で。これは…何かを放っています。うまく説明できませんが、自然なマジカの流れが途切れています。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 素晴らしい!古遺物収集家の目がどうやって見つけたか不思議よ。オブリビオンから来たのは間違いない。わからないのはオブリビオンのどこからか。モラグ・バルとのつながりは明白だけど、形はスパイラル・スケインのクリスタルに似てる。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • モラグ・バルはヴァイル研究所で奇異な錬金術を行っていました。彼がメファーラの領域を自分の領域から覗いていたとしても驚きません。他のデイドラ公のエキスを汚染するのは難しいでしょうが、不可能ではありません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

虚無のクリスタルの特異点
Void-Crystal Anomaly

静かに浮遊するこの黒水晶は、庭や部屋に落ち着かない場所を作ってくれる。


スペルスカーの欠片
Spellscar Shard

  • それほど古いものではないが、それでも特筆に値する。どこから来たのかは解明できていないが、クラグローンのオベリスクは様々な神秘的な問題を起こした。どうやら自然法則さえ捻じ曲げられるようだ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • その通りよ!これがタムリエルの物質をオベリスクの衝撃で変質させたものか、オベリスク自体の欠片なのかを判別するのは難しい。実験してみたいわね。溝はマジカに満ち溢れている!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • この欠片に蓄えられていたマジカはもうほとんど使い果たされています。現場から運び出されたためにオベリスクとのつながりが断たれ、力をゆっくりと喪失したのでしょう。休眠状態ではありますが、それでも美しい!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

スペルスカーの欠片
Spellscar Shard

偉大なオベリスクの魅惑的な欠片。派手に火と電気を放出する程度の力が残っている。


セレスティアル収束の祭壇
Altar of Celestial Convergence

  • ネードの建築ね。私の専門よ!この祠はクラグローンで見つけたネードの建築様式に沿ってるけど、大きく逸脱しているところが数点ある。中央の要素がムンダス・ストーンに酷似している、なのに星座は見覚えがない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 珍しいことだが、同じ意見だ!文化的に重要な星座は確かに存在する。だがネードの星座のコンセプトと我々のものはかなり共通している。ひょっとして彼らは星を書き直そうとしたのか?伝統的なアーキタイプを、新しいものに統合しようとしたのだろうか。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • ネードにしては傲慢すぎると思いませんか?ともかく、強力な魔力が秘められているようには感じません。彼らがこの祭壇からエセリアルの力を引き込もうとしていたなら、もう消え失せています。それでも美しい品ですね!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

セレスティアル収束の祭壇
Altar of Celestial Convergence

星々が並び、この不気味な祭壇の中心にある星座と一致した時に何が起こるのかは未だに謎だ。不吉な大蛇の姿が示されていることから、災いの可能性は高い。


オークの父の牙
Tusks of the Orc-Father

  • いつ見ても故郷の遺物はいい。こういう牙の並びは通常、族長や鍛冶夫人のロングハウスの入口を表している。牙の大きさは圧倒的だ。これほど大きなマンモスは一度も見たことがない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ああ、残念ながらブレトンがほとんどの巨大な牙を第一紀980年、オルシニウム略奪以降に奪い去ってしまった。ダガーフォールの牙取引はビョルサエの経済成長の起爆剤となり、その後数百年に渡ってハイロックを繁栄させた。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 言わなくても分かっている。噂だがダガーフォール・カバナントへの加盟にエメリックがクログを招待した際、クログが要求した一つは牙の返還だった。ランセルの戦争の戦利品として、我々も牙を奪った。オークは貸したものを必ず取り立てる…いずれな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

オークの父の牙
Tusks of the Orc-Father

ロスガーの凶悪な牙が家にあるのを見て、あなたの勇気を疑う者はいないだろう。牙を手に入れることと、持っておくことは全く違う。


旧オルシニウムの金床
Anvil of Old Orsinium

  • こいつは美しい。旧オルシニウムの自立式金床のほとんどは溶かされて屑鉄にされたか、まだレッドガードの宝物庫で埃をかぶったままだ。ここまで状態のいいものを見られるとは…心が洗われるようだ!

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 槌で叩いた傷を見てくれ。第一紀のオーク鍛冶は、今のオークよりずっと大きな道具を使っていたんだな。槌も火箸も持ったことはないが、あれほど大きなもので繊細なタッチをどう出したのか見当もつかない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 第一紀のオークはオリハルコンのことを熟知していた。アルゴニアンが泥を知るよりもな。大きな道具を使っていたのなら、必ず理由があったはずだ。ともかく、これほど大きな金床なら鎧鍛冶より、攻城兵器の製作に役立ったろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

旧オルシニウムの金床
Anvil of Old Orsinium

この上質の金床と灰が掛かった熊皮の敷物で、自宅に旧オルシニウムの雰囲気を出そう。


ヨクダのスカイストーン鞘
Yokudan Skystone Scabbard

  • なんて華やかな鞘なの。ヨクダの高位の戦士が持っていたんだと思う。ひょっとしたら剣聖かな!特に興味をひかれるのは並んだ石。エセリアルの欠片か何かよ。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 恐らくその通りですね、アマリエン。物語でヨクダの民は石にまつわる強烈な魔法を使っていました。レッドガードの魔法嫌いのおかげで口に出すのが多少はばかられますが。こういう石には必ず魔法の力があります。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • でも疑問が湧くわね。魔法の剣を自在に呼び出せるヨクダの戦士が、なぜ鞘を必要としたの?これは純粋に装飾だった気がする。もしくはこういう実体があった方が、武器を召喚しやすくなるのかもしれない。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

ヨクダのスカイストーン鞘
Yokudan Skystone Scabbard

この驚異的な鞘に収まっていた剣がどんなものだったか、ぜひ想像してほしい!今のところ、鞘だけでも注目を十分に集められる。


モルワの祝福
Morwha’s Blessing

  • 剣を振らないヨクダの像はあまりない。よくやった。これは豊穣の女神モルワのようだ。持ち物から察するに、この彫像はヨクダから来たものだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • もっともだな、ウグロン。ラ・ガーダ時代の彫刻家は、花のように柔らかなものを詳細に表現するため手間をかけることがほぼなかった。血生臭い侵略を優先した。ただ、オリハルコンがないのは変だな。ヨクダの像は通常、金属の要素がある。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • あの石を見て。このモルワはアラバスター石膏で作られている。ヨクダの憎む、腹黒いエルフが好む材料よ。この彫刻家は、おそらく石材をラ・ガーダ初期に入手したのよ。それでオリハルコンがないのも説明がつく。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

モルワの祝福
Morwha’s Blessing

ヨクダの豊穣の女神、4本腕のモルワは祠の中で立ち、翼あるガーディアンに守られて、その前に立つ全ての者に繁栄を約束している。


メリディアの台座
Meridian Sconce

  • 素人目にこの台座はキナレスを描いてるように見えるかもしれないけれど、そんなものではない。これはデイドラ公メリディアに捧げられたシャンデリアよ、間違いない。ダイニングルームの食卓を照らしたくなるようなものじゃないわね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • デイドラ公にしてはひどい存在ではないですよ。興味深いのは職人技です。スカイリムには彼女に捧げられた祠もありますが、ノルドによるものには見えません。曲がった腕はニベン人のように感じられます。コロヴィアで見つかるとは奇妙です。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ニベン人とコロヴィア人に違いがあったとしても、ほとんど気づかないさ。ともかく、これは第一紀1900年代のものだろう。デイドラ崇拝者の一部は沿岸に移り、アレッシア教団の審問を逃れた。うまくはいかなかったようだな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

メリディアの台座
Meridian Sconce

メリディアの光は無限かつ永遠と言われる。残念ながらこの壮麗な台座のロウソクはどちらでもないが、この装飾が与える印象は長く残る。


モリハウスの黄金像
Golden Idol of Morihaus

  • 帝国の金箔の胸像で、翼の生えた牛を模したもの?モリハウスに違いない。雄牛の顔のアレッシアの恋人だ。モリハウスについての疑問は常に「どこまで伝説へ忠実にすべきか?」と「これは十分に忠実か?」だ。きっとレジナスとアマリエンにも言いたいことがあるだろう…

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • この彫刻家に、彫像が写実的だと鑑賞者に思わせる意図はまったくなかった。彫像の顔にある間の抜けた牛のような特徴は英雄的な人格を体現していないし、翼も小さすぎる。これはモデルを象徴的に表現している。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • もちろんこの胸像は象徴的なものよ。だからってモリハウスが普通の人間のような顔だったという証明にはならないわ、レジナス!ミノタウロスの存在はキメラ的な獣の存在を証明している。こういう特徴を備えた半神がいる可能性は十分にあるわよ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

モリハウスの黄金像
Golden Idol of Morihaus

翼があり、黄金でよく目立つ。半神と同じだ。この偶像の前に跪き、その力を授かるよう祈ろう!


第六の名家の儀式テーブル
Sixth House Ritual Table

  • これほど状態の良いチャイマーのテーブルを見るのはとても久しぶりね。火山岩はトリビュナル以前の美術品だと一般的よ。中央の印は特筆に値する。これは本当に第六の名家のものだったの?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • そうだ。間違いなく第一公会議時代の品だな。紋章の周りの文字を見ろ。デイドラのルーンでダゴスと記されている。他の名家は、ダゴス家の存在を史書から抹消するのに躍起になっていた。これは大発見だ!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 実に不可解だ。ダゴスはトリビュナルに対してどのような脅威だったんだ?個人的にはダークエルフの政治と関わらないようにしているが、第六の名家の記録を一掃しようとしたのはやりすぎだ。疑いが湧いてくる。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

第六の名家の儀式テーブル
Sixth House Ritual Table

ダゴス家の学者はこの装飾されたテーブルを美しくも危険と感じている。オーディネーターから遠く離れれば、鑑賞に良い。


聖ネレヴァル(月と星)
St. Nerevar, Moon-and-Star

  • 聖ネレヴァルの胸像ね。意義のある発見よ。ダンマーの宗教像でこれほど写実的なものはなかなかない。この彫刻家は帝都にしばらく滞在していたのかもしれない。ブルーマ派の作品との類似点が見られる。第一紀2800年代?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • 彼の盛装に取り入れられた形は明らかにグウィリム第一公会議コレクションと一部一致する。想像していたよりはずっと落ち着いているな。チャイマーの鎧は機能よりもデザインを重視していると思っていた。より肌を露出させて。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 肌と言えば、この胸像に色がついてればよかったのに!ダークエルフの肖像は白黒に偏っていて、構図も抽象的なの。彼らがネレヴァルの肌を黄金にしたかったのか、灰にしたかったのか知りたくてたまらない。私は灰だったと思う。ダークエルフは歴史を書き換える達人だから。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

聖ネレヴァル(月と星)
St. Nerevar, Moon-and-Star

アズラの勇者、レッドマウンテンの英雄にして三位一体の使者、聖ネレヴァルの月と星。栄光の姿を家に持ち込もう。


記憶のスタースフィア
Mnemonic Star-Sphere

  • 私は広く浅く、あらゆるものを見てきた。しかし言い切れるが、こんなものは見たことがない。これがどう動き、何でできていて、何をするのかもまったくわからない。申し訳ないがな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • そこがあなたのダメなところよ、レジナス。想像力が欠けてるの!これはクロックワーク・シティのものよ。どんなことでも可能な神秘と驚異の世界!受け取った「エクソドロマルのメモ」からすると、ある種の記憶装置じゃないかな。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • その通りです!ダークエルフの神であるソーサ・シルは、自身の記憶を星を収めた巨大な天球儀に保管していたという確かな情報があります。人工の記憶石の別名でしょうか。どんな記憶が込められているのかは、文字通り神のみが知っています!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

記憶のスタースフィア
Mnemonic Star-Sphere

専門家たちはこの装置の用途を推測し続けているが、今のところは印象的な装飾である。


太陽の鳥のプリズム羽根
Prismatic Sunbird Feather

  • 色褪せたモザイク画で、奇妙なアルドマーのガレー船の横にこういう羽根が描かれているのを何度か見たことがある。だが本物を見たことはなかった。隕石のような物質らしいが、色合いが独特だ。その点についてはガブリエルが教えてくれるだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 全ての星にかけて…太陽の鳥の遺物よ!神話期の昔、アルドマーの冒険者の一団がムンダスとエセリウスの間の障壁をエルノフェイの力で突き破った。そういう話だったと思う。これは方向を定める、フォーカスのような道具だったのかもしれない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ええ、読んだことがあります。アリノールへ調査にも行きました。でもアマリエン。残念ながらエセリウスへの旅が成功した証拠は見つかりませんでした。アルドマーが試みたことはわかりますが、美しいガラスの羽根以上の証拠が必要です。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

太陽の鳥のプリズム羽根
Prismatic Sunbird Feather

驚異的な輝きと言うくらいでは、この変わった羽根を形容しきれない。闇で光を当てるか、目立つコレクションの中央に置くべきだ。


ニッソの魂の番人
Nisswo’s Soul Tender

  • アルゴニアンの遺物には果てしない魅力を感じる。特に「石の巣」時代のものに。これは器のように見える。アルゴニアンが絡む時に推測は禁物だ。だが、これはヒストの樹液の儀式に使われたと十分に考えられる。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • もう一度見ろ。死刑執行人の斧を何度も見てきたから、古い血は見ればわかる。アルゴニアンはシシスを崇拝する。彼らはかつて闇に帰依した司祭の一団を擁していた。ニッソと呼ばれる者たちだ。これは彼らの見事な作品に見える。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ブラック・マーシュにしばらく行っていないようですね。無の代弁者の伝統はかの地の南部と中部で今でも盛んです。実際に会ったことだってあります。愛想はよかったのですが…血の儀式をやりかねません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

ニッソの魂の番人
Nisswo’s Soul Tender

この台座はシシスの「無の代弁者」には神聖なものと考えられている。創造と破壊の永遠の循環の中で、何らかの役割を果たしていると信じられている。


聖蚕の僧侶の洗浄器
Moth Priest’s Cleansing Bowl

  • こういうものを前に見たことがあります。帝都で山積みになっていました。聖蚕の僧侶は儀式的な洗浄か何かにこれを使っていました。星霜の書を扱う時は、きれいな手のほうがいいでしょう!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • ええ、大学時代に何人も聖蚕の僧侶に会ったわ。年配の僧侶は読書の前、後、時には最中にも手を洗うように強調していた。この器の中の残滓は興味深い。何かの洗剤?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ええ、巻物をきれいにしておくのはわかる。でも彼らが巻物から何かをこすり落としていた可能性は考えたことある?エセリアルの残滓が指を鈍らせるというのは?ちょうど巻物が目を鈍らせるようにね。考えてみて!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

聖蚕の僧侶の洗浄器
Moth Priest’s Cleansing Bowl

この質素な器をただの洗面用具と見間違えないように!この洗面器は聖蚕の僧侶が星霜の書を読みに行く前に、その指から不純なものを取り除いたと信じられている。


月相のステンドグラス
Stained Glass of Lunar Phases

  • 完璧なステンドグラスの窓?そいつはすごい!きっと誰かが極めて慎重に収納したんだろう。どうしてこれほどの傑作を隠してしまったのか不思議だ。これまで訪ねたカジートの聖堂で、こんな窓は見たことがない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • それはカジートがこの窓を祖先の聖堂に飾ったことがないからよ。帝国のガラス工芸との類似性があるでしょ?明らかにカジートのガラス職人は、改宗した聖堂のために造ったのよ。きっとレヤウィンにあるゼニタールの礼拝堂でしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • なるほど。ブルクラのさまよう王はダルロック・ブレイの征服の後、街をほぼ併合した。帝国がそれまでにゼニタール礼拝堂を完成させていたことはあり得る。だがカジートが改宗させていたなら、帝国史はそれを決して認めないだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

月相のステンドグラス
Stained Glass of Lunar Phases

カジートは双子月の変化を優雅な踊りとして扱う。このステンドグラスの窓は、特に月光に照らされると月の優雅さを捉える。


ボエスラの祠
Shrine of Boethra

  • カジートの墓で幾度も寒い夜を過ごしてきたが、こんなものは見たことない。リドル・サール教団はエルスウェアを再統一した際に、カジート神話の多くを掃討してしまった。これは消された神々の一つだろうか?

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • 間違いないわ!剣と像の形態を見て。間違っていたら是非教えてほしいんだけど、これは私の知っているカジート種族の特徴と一致しない。オーメスラートに似ているけど、でも顔立ちが全然違う。これはボエシアだと思う!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • ボエスラって、デイドラ公ボエシアのカジート変種ですか?刀、マント、不遜な表情と全てが揃っていますね。古代のカジートは彼女を戦士と反逆の追放者の守護者として崇めていました。でも、この猫のような相棒には頭を抱えてしまいますね!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

ボエスラの祠
Shrine of Boethra

ここで示されている猫の冷たい残酷さを前にして、尻尾を巻いて逃げ出そうとする本能に抵抗できる者は少ない。


月に祝福された儀式のプール
Moons-Blessed Ceremonial Pool

  • 素晴らしい石の器の一種だな。明らかにカジートの月の神、ジョーンとジョーデへの信仰に関連している。小さい方の泉には様々な月相が描かれている。カジートが実際に何のため使っていたのかは断言できない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 月相だけじゃない。17の区分は17のカジート種族に対応している。分からないのはこれがどんな役割を果たしていたのか。月光の入江の聖水で新たなカジートを浸した?

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • かもしれません。ですが、それでは大きい側の説明がつきません。ひょっとしたら黄昏の先唱者の関連でしょうか?あの教団の女司祭は宗教儀式でしばしば歌い、入浴する文化があります。ここでジャ・カジートが油を塗られる姿が目に浮かびます。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

月に祝福された儀式のプール
Moons-Blessed Ceremonial Pool

カジートの伝説によれば、ムーンシュガーは双子月の光が故郷の祝福された水に閉じ込められて出来たという。この月の泉の不思議なきらめきを見ると、そんな風にも思えてくる。


雪の王子の椅子
Seat of the Snow Prince

  • 私が目利きじゃなかったら、この椅子はスノーエルフの作だと言っていたでしょう。素晴らしい発見よ!冷たい石はお尻の大敵だけど、どんなクッションも時を重ねればバラバラになるしね。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • このアルドマーの子孫たちは、どうやって寒さをしのいだんだろうな。南エルセリック海は寒冷な荒野ではないのだが。ともかく、この椅子は王族にふさわしく見える。王子や高位の僧侶のものか?

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 正直なところ、スノーエルフの政体に関してはほとんど何もわかっていない。イスグラモルと同胞団が侵略して、記録を掃討してしまったからな。アトモーラは賢くなかったが、根気強かった。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

雪の王子の椅子
Seat of the Snow Prince

この石の玉座の簡素な線は、この作品を注文したスノーエルフの統治者の性格を垣間見せる。


アーリエルの泉
Font of Auri-El

  • この建物はエルフのものに見える。だがシルエットと石はアイレイド、ドワーフ、チャイマー、他の本土のエルフのものとはまったく違う。場所を考えると、スノーエルフの建築であるのはほぼ間違いない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • それは間違いないでしょう。次の疑問は、どんな目的のものだったか、ってことね。形状からすると旅の祠と勘違いしかねないけど、それはない。中を見て。金属の祠は宗教的な機能を示している。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • アーリエルではあるが、外見は抽象的に見えるな。エルフは祠にエルフらしさを含めることで、必ず神々との家族的な絆を強調する。これはきっと主神の像の側に安置されていたのだろう。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

アーリエルの泉
Font of Auri-El

この巨大な石の建物の中にはアルドマーの王、アーリエルの象徴が光り輝いている。


赤鷲の壁画
Red Eagle Cave Painting

  • リーチの民は芸術家として有名ではないが、その絵からは剥き出しの感情が伝わってくる。なかなかのものだ。この素朴な絵画はリーチ史上最高の英雄を描いている。赤鷲と呼ばれる、伝説の反乱者だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 英雄か怪物か。赤鷲は残忍で血に塗れた戦争を戦いました。第一紀1000年代、リーチを制圧しようとする帝国兵と戦ったのです。反乱が終わる頃、彼の頭には虐殺しかなくなっていました。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 赤鷲と呼ばれたリーチの戦士、ファオランは色々な意味で怪物よ。彼はおそらく、最初のブライア・ハートだからね。壁画に胸の黒い印は、赤鷲がハグレイヴンの手で変身したことを示している。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)

赤鷲の壁画
Red Eagle Cave Painting

この洞窟の壁画も高くそびえたっているが、赤鷲の伝説はリーチの民にとってより高くそびえたっている。リーチの民以外にも。この衝撃は、夢に見るほどかもしれない。


吸血鬼のステンドグラス
Vampiric Stained Glass

  • これは普通のガラスの一部ではありません。強力な魔力が含まれていますね。触らずとも感じられるくらいです。予感がしたので光にあてて見たのですが、これを通すと光は色が変わります。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 吸血鬼ね!見てわからない?これはリーチの地下にかつて吸血鬼が栄えた証拠になる。隠された山の駐屯地に関する文書を見たことがあるわ。危険な陽光を跳ね返すガラスで飾られていたらしい。優雅で実用的ね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • 最近リーチの民話で、「夜の王」と呼ばれる勢力がリーチの子供の血を啜った話を見た。これはその悪役の名残かもしれない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

吸血鬼のステンドグラス
Vampiric Stained Glass

この鮮烈な赤と黒のステンドグラスには印象的な図像が表され、聖域を装飾しようとする吸血鬼にとって必携の製品となっている。


ズェンの偶像
Z’en Idol

  • うーん、これはアルゴニアンの遺物ではありません。それは確かです。曲線に注目してください。おそらくコスリンギでしょう。問題は、これが何を表しているのかですね。形状の多くは波を思わせる。航海の神でしょうか?

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • この形状は明らかに鋤ね。コスリンギの農業神、ズェンの象徴よ。興味深い神だわ。ウッドエルフがズェンに復讐を誓っているのは分かっている。コスリンギのズェンも報復の神だったかどうかは疑わしいけどね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ズェンは本来復讐の神ではない。「支払いに報いる」とは対等な取引や基本的な公正を意味しうる。どの記述を見てもコスリンギは誠実さを重視した、ごくまともな民族だった。おそらくズェンへの崇拝がその鍵を握っていたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

ズェンの偶像
Z’en Idol

この優雅な、コスリンギの農業神を崇める偶像は、コスリンギが姿を消すまで、瞑想の中心としてブラックウッドの庭園と農園で使われていた。少なくとも、ギデオンの住民はそう主張している。


コスリンギのカヌー
Kothringi Tidal Canoe

  • 見事な船だ!場所を考えるとアルゴニアンが作ったと思いがちだが、これはコスリンギの職人技によるものだ。彼らにはとても奇妙な造船の伝統がある。櫂の配置は異様で、ドラフトも帆も浅い!興味深い!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 確かに変わっているわ。作りは明らかにカヌーと似ている。ブラック・マーシュの浅く狭い水路を考えれば適切だけど、なぜ帆が付いているの?コスリンギがいくら有能な船乗りでも、これで海に出るのは自殺行為よ!

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • コスリンギの操船を甘く見るなよ!おそらく沿岸付近で使ったんだろう。トパル湾の奥には入り込まないようにしてな。ニベンを渡れる程度に丈夫で、沼を移動できる程度に小さい。ブラックウッドでは完璧な船だ。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

コスリンギのカヌー
Kothringi Tidal Canoe

間違いなく付近の水路を進むため作られた船である。この流線型のコスリンギのボートは、色鮮やかな二枚帆がついていて、頑丈に作られている。


デイゴンの熱いギブレット
Dagon’s Scalding Gibbet

  • 不気味だと言われそうだが、私は拷問器具が大好きなんだ。もちろん、拷問は忌まわしいことだ!しかし最悪の衝動を調べることで、文化について多くのことが学べる。デイドラの場合、これ以外の衝動はないと言っても過言ではないが。それでも興味深い。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • レジナスは拷問器具が趣味なの?なるほど。まあ、ブーカ先生の悪趣味はともかく。デイドラが死を恐れないことを考えるなら、この種の絞首台は合理的ね。苦痛はどんな相手も動かす力よ。定命の者もデイドラも、同様にね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)
  • こいつがデイドラに使われていたとは思えないな。絞首台の幅を見るに、様々な大きさがあったようだ。一番でかいオークから、やせ細ったウッドエルフまで。モーロッチにかけて、その気になればこいつはパフマーだって入りそうだぞ。おぞましいな。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)

デイゴンの熱いギブレット
Dagon’s Scalding Gibbet

恐怖は節度を守って使うべき道具だが、用いる際には適切な道具を用意しよう。例えばこの拷問器具は、見るだけでも秘密を明かしてしまう者がいるだろう。


ドラオイフェの物語石
Draoife Storystone

  • 長い髭を生やした連中が優れた石工だなんて思わないだろうが、ドルイドはのみの使い方を熟知していた。このような巨石はシストレス全土で見つかるが、これは特に状態がいい。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)
  • ストーンロア・ドルイドはこのような彫刻を物語石と呼ぶ。支配的な評議会であるドラオイフェの重要人物を描き、大きな出来事を記し、時には天体観測の道具としても用いられるそうよ。その用途で使われたものは見てないけどね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ドルイド文化における石の優位性は珍しいと見られがちだが、石も木に劣らず自然なものだ。ドルイドに関して特異な点は、自然を強化し完全にする人間とエルフの能力への信頼だ。ウィルドのような他の自然崇拝者と大きく異なる。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

ドラオイフェの物語石
Draoife Storystone

庭園に中心となる場所がない? このドルイドの巨石が役立つだろう。不朽の感覚と感動的な物語も周囲に加わる。


シーエルフのガレオンの舵
Sea Elf Galleon Helm

  • 魅力的なデザインで、タムリエルの海軍ではあまり見ないものだ。これは間違いなくシーエルフの故郷、ピャンドニアのものだな。ただ彼らのデザインは、通常これほど派手ではなく実用的だ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 伝統的な大蛇の頭のデザインも欠けている。この舵はウールチェシス提督の艦隊のものじゃないかな。ハルメアス・モラの信者で、エルセリック海の災厄よ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • ウールチェシス提督の艦隊は闇の主人へアポクリファへ呼ばれるまで、アリノールの海岸を何度も荒らしたという。百の舵を作る黄金があっただろう。ただし指導者がニルンを離れた後、彼の船はほとんどが失われたと考えられている。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

シーエルフのガレオンの舵
Sea Elf Galleon Helm

アリノールから略奪された黄金で飾られたこの豪華な舵は、かつてシーエルフの襲撃船の甲板にあったものだ。

アルドマーのシンフォニア
Aldmeri Symphonia

胸を刺すアレンジの「夢と記憶」が流れるオルゴール。


塗装された木のトーンボックス
Lacquered Wooden Tone-Box

  • 木目から判断するに、これは何か別の物に使われていた木を転用して作られた。わずかに歪んではいるが、その美しさは損なわれてはいない。箱の仕上がりからは信じ難いが、かつては船の一部として使われていたのだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • サマーセット最古の木の遺物の中には、似たような外見の品もあります。船のような実用品からここまで見事なものを作り出すとは…木工職人が見たら気を落とすかもしれませんね。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • 上級公トリナーンの旗艦だったのかも!あまり知られてないけど、アルドマーの失われた子供達が「枝を用いて遠き岸に新たな家を建てる」と予言されてるの。枝が何のことかわからなかったんだけど、木造船かもしれない!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


アルドマーの黄金装飾
Aldmeri Golden Embellishments

  • アルドマーのシンボルの多くは、ハイエルフなど後の文化に引き継がれた。アマリエンに聞けばわかるだろうが、ハイエルフは鷲のシンボルをとても好んでいる。だから鳥の姿をしているのかもしれない。マグナスとの繋がりについてはよくわからないが。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 太陽のシンボルのことですか?ファーストホールドのモザイク画で見かけたことがありますね。トリナーンの遺跡の辺りです。宗教的図像というより、紋章のように見えます。トリナーンの暦に関する印かもしれません。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)
  • そのままアルドマーのシンボルかもよ?私たちハイエルフは自分たちの起源について知り尽くしたふりをしてるけど、ほとんどは単なる憶測だし。空には実際にこういうものがあったのかもしれない。見たこともないような太陽がね!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


保存されたオルゴール装置
Preserved Music Box Mechanism

  • このオルゴールは長い年月を経ているにも関わらず、細部まで完璧に作動しているようだ。だが扱いには注意を払わなければならない。アマリエン、頼むから壊さないでくれよ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)
  • 伝説によると、アルドマー音楽は心を癒して悲しみを追い払ってくれるそうよ。長寿の種族にとっては貴重な財産ね。このオルゴールにそこまでの能力はなさそうだけど、アルドマーの調べを聞けばどんなエルフも喜ぶでしょう。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)
  • どうかしら。嘆きの曲のように聞こえるわ。私たちの祖先にとって、死は定命の呪いを思い起こさせる、とても恐ろしいものだった。これは伝統的なハイエルフの葬送曲に似てるわ。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)

ブラックウッドのタペストリー
Blackwood Tapestry

優雅にデザインされたこの暖かそうなブラックウッドのタペストリーは、芸術品としても地域の実用的なガイドとしても機能する。


汚れたタペストリーの断片
Soiled Tapestry Scrap

  • このタペストリーの断片が何を描いているのかを判別するのは難しい。泥が染み込んでいるせいでね。そのうち特定できるかもしれないけど、長く慎重な掃除が必要ね。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


擦り切れたタペストリーの断片
Frayed Tapestry Scrap

  • 模様はとても特徴的だ。この種のものはトランス・ニベン地方の生地でよく見られる。技術はエルスウェア発祥だが、有名にしたのはレヤウィンの貴族なんだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


染みがついたタペストリーの断片
Stained Tapestry Scrap

  • このタペストリーに塗られているのが何なのか見当もつかないが、血ではないと思う。アンバーグリスかな?残念だ。見事な模様なんだが。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


破れたタペストリーの断片
Torn Tapestry Scrap

  • 描かれている像からすると、より大きなタペストリーの断片だろう。織るのに数十年かかる類だ。残念ながら、生地が経年劣化に耐えることは滅多にない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


バラバラになったタペストリーの断片
Tattered Tapestry Scrap

  • 犬が咥えてたみたいだな。冗談で言ってるんじゃないぞ。見ろ。ここが伸びているし、縁もほつれている。これを飼い犬に放った奴は、価値を知らなかったに違いない。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


糸の見えるタペストリーの断片
Threadbare Tapestry Scrap

  • これは誰かがキルトの継ぎ当てに使ったのかも。使い込まれているのは確かね。慎重に扱わないと、バラバラになりそうだわ。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


ぼろぼろのタペストリーの断片
Ragged Tapestry Scrap

  • 女性の顔でしょうか?これだけほつれていると、判別が難しいですね。何者かは不明ですが、崇拝の対象でしょう。おそらくマーラかディベラです

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


引き裂かれたタペストリーの断片
Ripped Tapestry Scrap

  • この断片にはコンパスが載っている。私の椅子を賭けてもいい!タペストリーの地図なんて変わってるわ。マッペストリーね!ウグロン、何か言いたいんでしょ。でも、世界には愉快な造語がもっと必要なのよ!

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


薄汚れたタペストリーの断片
Grimy Tapestry Scrap

  • 誰かがこれで汚れを拭いたな。ブーツでも磨いたんだろう。残念だ。辛うじて判別できる絵は、とても美しいのに。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


埃にまみれたタペストリーの断片
Dusty Tapestry Scrap

  • このタペストリーの断片は、とても長く日光を浴びていないように見えます。誰かが他の断片と統合しようとして、大事に保管していたのでしょう。その仕事を私たちが完了できるよう願いましょう。

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


汚いタペストリーの断片
Filthy Tapestry Scrap

  • 誰かがこれをナプキンにしてたと思うのは私だけ?赤ん坊のよだれ掛けかもしれないけど。どれだけ多くの貴重な遺物が農民の台所でテーブルに置かれているか、知ったら驚くわよ。

    アマリエン(ハイエルフ ♀)


穴だらけのタペストリーの断片
Holey Tapestry Scrap

  • これはゼニタールの顔かもしれません!残念ながら、1ダースの穴が開いていますが。弓を持った偶像嫌いが的に使ったようですね。愚かな。神々の像を冒涜すると、7年の不運が舞い込むのですよ!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)


縫い合わされたタペストリーの断片
Stitched Tapestry Scrap

  • このタペストリーの断片は、誰かが針と糸で修繕しようとしたようね。残念ながら、台無しにされてしまった。針仕事の出来はひどいものよ。しかし忍耐があれば、取り除くことはできる。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


蛾に食われたタペストリーの断片
Moth-Eaten Tapestry Scrap

  • 滅茶苦茶ね。まるで蛾の一家が総出で、このタペストリーの断片を腹いっぱい食べたみたい。直せるかもしれないけど、忍耐と創造力が必要だわ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


みすぼらしいタペストリーの断片
Ratty Tapestry Scrap

  • このタペストリーの断片の青を見てくれ。こんなに色彩豊かな青は見たことがない。ここまで生き生きした色を手に入れるには一財産かかるだろう。織物をこよなく愛する富裕な貴族だったようだな。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)

デイドラの付呪台
Daedric Enchanting Station

このデイドラの作業台の上で、どんな邪悪な付呪が行われたのだろうか?それ以上に不吉なものを作れるかもしれない。このクラフト台を家に置けば、付呪アイテムをクラフトできるようになる。


呪文で焦げた作業台
Spell-Scorched Table

  • 作業台のようだが、単なる工作用ではないな。ドレモラはこれをアルケインの用途に使っていたに違いない。この異様な刻み目を見てくれ。おそらく錬金術か付呪だ。この種のものはタムリエルに見られない。まあ、その方がいいんだが。

    ウグロン・グロー・スモグ(オーク ♂)


デイドラの付呪装置
Daedric Enchanting Apparatus

  • 付呪師がこれを使っていたのは間違いないと思う。この水晶の装置の配列を見て。デイドラがタムリエルで一般的な付呪の方法を使うなんて奇妙だわ。残念ながら、魔術の問題は私の専門領域から外れるけど。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


不浄のルーンの書
Unhallowed Runic Tome

  • これは一体?デイドラがルーン魔術を使うなんて…実に奇妙なことです。テレンジャーのルーン技術に関する論文は、ルーンストーンの起源の候補をいくつか挙げていますが、オブリビオンの領域にまで達するものはありません!ルーンがベールを超えるなんて、すごい発見です!

    ガブリエル・ベネレ(ブレトン ♀)

ドルイドの調理台
Druidic Provisioning Station

この奇妙な料理セットにはドルイドが作った要素が含まれ、あらゆる種類の食材を用意するための道具が詰め込まれている。この調理台で、どんな料理を作りたいだろうか?


塗られたエルクの土鍋
Painted Elk Clay Pot

  • 外見と様式から、ドルイドのものだと思う。底の印を見るとおそらく料理に使われたものだ。ヘラジカはドルイドが崇拝していた小さな霊魂、グリーンエルクのユナを表しているのかもしれない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


ドルイドの乳棒
Druidic Pestle

  • ドルイドの遺物は専門外だけど、これがドルイド製であることには議論の余地がないと思う。乳鉢はとっくになくなっているけど、この乳棒は魔法や湿布でなく、食料品に使われていたのでしょう。デザインは細長い。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


割れた石グリルのトレイ
Cracked Stone Grill Tray

  • これは以前にも見たことがある。とても古い調理器具でしょう。かつてはもっと大きな何かにはまっていたことを示す突起が側面にある。その答えになりそうなものを見たかは分からないけど、パズルとしてはとても興味深い。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


滑らかな石の挽き臼
Smoothed Stone Grinder

  • この奇妙な鍋の底には空洞がある。ここに穀物を保管しておいたのだろう。上半分が挽き臼になるので、比較的容易に穀物をペースト状にできる。とても洗練されたドルイドの発明品だ。素晴らしい!

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


ドルイドのやかんの注ぎ口
Druidic Kettle Spout

  • かつてはやかんだったと思われる注ぎ口しか手元にないので判断は難しいが、間近に見てみると彫刻が大いに語りかけてくる! 思い違いでなければ、この注ぎ口の装飾はイフレの象徴… いや、グリーンマンだ。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


編まれたざる
Woven Straining Bowl

  • この職人技は目を見張るばかりね。驚くほど良好な状態を保っている。これがざるだってことは専門家でなくても分かる。穴が慎重に開けられている。でも私の鋭い目は、ドルイド式の編まれ方も見逃していない。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


木の火室
Woodfire Chamber

  • これは大きい何かの一部のようだ。上と底の部分は壊して外されたかのようにギザギザだが、箱自体は原形を保っている。焦げた跡は、これが一種の小さなオーブンだったことを示しているのか? もしかしたら、別の機能を果たしていたかもしれない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


準備面
Preparation Surface

  • 一見すると肉屋のまな板にしか見えないが、明らかに他の何かにくっついていたものだ。台のようにも見える。土台を持つ何かだ。安定させるためか? ナイフの跡が深いので、使い込まれていたことは間違いない。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)


混ぜぼうき
Blending Broomstick

  • ものすごく小さな人用のほうきかと思われそうね。確かにほうきのような形状だけど、この年月を経ているにもかかわらず毛先が柔らかい。おそらく、材料を混ぜるために使われていたものよ。

    ヴェリタ・ヌミダ(インペリアル ♀)


粘土の冷却ピッチャー
Clay Cooling Pitcher

  • 古代のドルイドは木灰と植物繊維で粘土を焼くことがよくあった。これもそうだと思う。このピッチャーは底の幅が目立って広いので、料理中に熱い液体を冷やすために使われたものだろう。

    レジナス・ブーカ(インペリアル ♂)