木工師助手メール 27週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 27週間目

185日目
華麗なる前足とその犯罪帝国なんてクソ食らえだ!オブリビオンに消えちまえ!奴は負債と義務という呪いを俺にかけたんだ。この修羅場を切り抜けられるような知恵をしぼり出さないと殺されちまう。今日、誰が現れたと思う?あの猫野郎の兄弟だか、甥っ子だか、奴ら特有のなんだかよく分からない血縁者がやってきて、組織の長の座をかけて挑戦してきやがった!

186日目
そいつの名前はファンシー・ファー。なんと華麗なる前足の一番上の娘なんだとさ。カジート犯罪組織の長の座をかけて俺と戦いたがってる。自分の生まれついての権利なんだと。猫野郎にかけあって、負債と義務をあの娘に引き取らせるように言ったが、奴は断りやがった。「娘がお前を殺そうというなら、そうさせよう」。華麗なる前足は笑った。

187日目
華麗なる前足の復讐の道具、それが向こう見ずで元気いっぱいの娘、ファンシー・ファーだ。あの娘はカジート犯罪王の莫大な財産をかけた戦いで俺を殺す気だ。俺が手元に置く気がまったくない財産をな。だが頭に血が上った雌のカジートは何を言っても聞く耳を持たない。ハントマザーもそう言ってたな。

188日目
治安官が決闘の前にやってきた。こんなことに巻き込んで悪かったとでも言うのかと思ってたら、あろうことか、華麗なる前足の罠にかかった愚かさをたしなめやがった。さらに奴は言った。「彼女はダーククローと呼ばれてる。気づかれることなく忍び寄る死神だからだ」。それで俺を元気づけるつもりだったらしい。まったく効果はなかったが。

189日目
どんな厄介ごとに巻き込まれようとも、積み荷は時間どおりに送るぞ。ファンシー・ファーに魚のように捌かれるまではな。そうなった場合は、他の木工師に俺の顧客を引き継ぐように手配してある。だから心配無用だ。あんたのことも頼んである。とりあえず、どうやってこの修羅場をくぐり抜けるかを考えなきゃならん。

190日目
シェドリック治安官は最後のアドバイスをした後、この決闘を観るのにちょうど良い席を探しに行った。「左を使うんだ」、奴は言った。「あれがお前の得意技だ」。俺は頷いてから、あの娘に勝てるか聞いてみた。「絶対にムリだな」、奴は言った。「だがお前を応援してるぞ」。「治安官」だと!全く役立たずじゃないか?

191日目
槌のマーゴッグだ。俺の一日を聞いてくれ。始まりは華麗なる前足の娘のファンシー・ファーに、親父の犯罪組織の長の座をかけて決闘を挑まれたことだった。欲しいなんて一度も言ってない組織だぞ!カジートの奴に騙されたんだ。俺に治安官に売られたことへの奴なりの復讐なんだ。