木工師助手メール 31週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 31週間目

215日目
私はついに意を決してジョサイに、キャンプ中に広がっている私たちの噂を伝えました。彼女は笑うだけでしたが、これほどの屈辱を味わったのは初めてです。彼女は「あなたが愛しているのは私ではなく、私との取引でしょう」と言いました。私は何も言いませんでした。確かに私は木工に魅力を感じていますが、愛とは違います!

216日目
レッドガードは私が持ち込む肉に感謝してくれることが多く、私も分け合えて嬉しく思います。昨晩、彼らはシチューを一杯振るまってくれましたが、もちろん丁重に断りました。当然ですが、私は野菜を食べたことがないので、嫌いだとは言えません。でも調理された緑は、匂いだけでも吐き気がします。

217日目
緑を食べるという考えにはどうしても馴染めません。これまで私はイフレの知恵を尊重し、彼女が愛をこめて創造した緑を傷つけぬように教えられてきました。木の枝を折ることを考えただけでも、落ち着かない感じがします。彼らはどうしているのでしょう?いえ、答えは結構です。そのうち自分で見つけられるでしょう。

218日目
今日、私はレッドガードの仲間たちに別れを告げる決心をしました。ジョサイは私に感謝の印として、売り物として彼女が彫った素敵な杖を贈りたいと言ってくれました。もちろん、丁重にお断りしました。このグループから購入した最後の品をお包みしましたが、きっとすぐに他の商人たちを探して、クラフト材料を集められると思います!

219日目
まだ一人旅ですが、他の旅行者たちのグループにすぐ出会うことを願っています。夜の森には危険もありますから。この荷物は、道中出会ったやや素性の怪しいノルドから買いました。いい取引相手ですが、共にキャンプを張りたいとは思いません。

220日目
まだ他のグループを探している途中ですが、あちこちでクラフト材料を入手できました。忠実な助手が山賊の餌食になってしまうことは、きっとあなたのお気に召さないでしょう!数が多い方がいつでも安全です。とはいえ、私は常に荷物を気にしています。どうぞ素材をお受け取りください!

221日目
またあの素性の怪しいノルドに会いました。いい知らせは、彼が今回の荷物のための素材を売ってくれたことです。悪い知らせは、彼が私を追跡しているかもしれないことです。数日間、森の中を旅したほうがいいかもしれません。念のため。