木工師助手メール 32週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 32週間目

222日目
今日、私は大きな発見をしました。何日もただ一人の商人にも出会うことなく、私は木立ちの中に立ちつくし、次の荷物のことを心配していました。周囲を見渡すと、森の地面に大量の枯れ枝が積み上がっていることに気づいたのです。すでに落ちているなら、取っても傷つけることはありません!どうぞ採れたての新鮮な素材をお受け取りください。

223日目
最近、今の収集方法について考えています。すでに落ちたものを取っても、イフレは気にしないはずです。緑を一切傷つけていないのですから。そうすると、すでに落ちたものであれば、果物を食料として摂取しても構わないのではないでしょうか?これについてはよく考えてみます。とにかく、荷物はこちらです。

224日目
色々考えてみましたが、たとえ木から落ちたものでも、果物を食べてはいけないと決めました。胃が耐えられるかどうか定かではないし、病気になる可能性は言うまでもありません。他の種族はこのような食料をどう処理しているのでしょう。とはいえ、木工用素材の収集は続けています。どうぞお受け取りください!

225日目
ついにウッドエルフの集団を発見し、一緒に旅をすることができましたが、暖かく迎え入れてもらえたとは言えません。おそらく私の現在の仕事が、彼らの気に障るのでしょう。私は理由を説明しようとしたのですが、効果はありませんでした。ともかく、これが約束の荷物です!

226日目
ウッドエルフの仲間たちが、以前共に旅したレッドガードのグループよりも物静かなのは不思議です。彼らの目を覗くと首筋が寒くなります。あなたのクラフト材料を取引している時は特にそうです。このグループとどれだけ長くいられるかわかりません。でも心配は無用です!荷物は時間どおりに、十分な量が届けられるようにします。

227日目
この荷物と共に、少し悪い知らせを届けさせていただきます。昨晩意図せずして、一緒に旅をしているウッドエルフのグループとかなりの…議論を行ってしまったようです。彼らはグリーンパクトへの忠誠心を疑い、私を説得して今の仕事をやめさせようとしたのです。もちろん、私はそんなことを望みません!しかし、彼らの言葉には我慢がなりません。

228日目
パクトを信じていると話すと、よく疑いの目で見られますが関係ありません!信仰を保っている限り、他の人々が何を言おうと気にしません。私にとってこのクラフト材料の入手や購入が簡単でないからといって、あなたに素材を送ることが信仰に反する行いだとはなりません。あなたがこの荷物から、優れた品を製造できることを願っています。