木工師助手メール 38週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

木工師助手メール 38週間目

264日目
お信じにならないでしょうが、あの素性の怪しいノルドに再び会いました。そうです、すでに二度も会ったあの者にです!追跡しているのでしょうか?いや、それはありえません。カジートたちといた間、彼の姿は見ていません。少なくとも彼は、今回の荷物のための素材を売ってくれました。しかし私の心は以前より開放的になったとはいえ、彼とキャンプする気にはなれません。

265日目
誓って言いますが、私はあのノルドと逆方向に行ったのです!なのに、またしても彼に会ってしまいました。なぜ?なぜこんなことが続くのでしょう?あらゆる論理に反しています。彼の売り物に感謝すべきなのでしょうが、それにしても!一緒にキャンプしようと申し出なくてよかった!何が起こるか知れたものではありません。

266日目
結局、あのノルドと旅することになりました。彼の名はマジナー・トロールスピットですが、マグと呼べばいいそうです。実のところ、彼は最初に出会った時にもそう言ったのですが、からかっているのかどうか、未だにわかりません。この決定を下したのは、非常に凶悪なストラングラーから危うく助かった後でした。まあ、せっかくですから仲良くすることにします!

267日目
マグは頼んでもいないのに、私に多くの助言をします。まず、彼は私が髭を伸ばすべきだと考えています。「間違ってるぜ。大人の男にちゃんとした髭がないなんて!」彼はそう言って、自分の見事な、パンくずのついた髭を撫でるのです。私は議論するより、ただうなずいています。少なくとも彼は、あなたに送る荷物のクラフト材料を安定して供給してくれます。

268日目
マグと旅をしていて嬉しいことは、彼が木工素材の収集を喜んで手伝ってくれることです。彼はいつもいくつか素材を手元に置いていて、私に売ってくれます。パクトに縛られていない人に手伝ってもらうのはいいものです。認めるのは気が引けますが、スピードではヌリニよりも役立ちます!

269日目
マグから貰った最近の頼んでもいない助言は、私の武器に関するものです。「弓だと?冗談じゃない!斧を取って、獲物が死ぬところをその目で見るんだよ。こそこそするなんて、名誉が傷つくぞ!」ここでも、私はうなずくだけでした。このノルドは私の弓に多くの不満があるようですが、仕留めた獲物は喜んで食べています。

270日目
昨晩知ったのですが、マグはグリーンパクトについて驚くほど深い知識を持っていて、パクトに関する私の解釈に同意してくれました。さらに意外なことに、彼はかつてパクトに従っていたことがあると話してくれたのです!ノルドの彼が!どう感じるべきなのかわかりませんが、教えてもらえるならもっと知りたいものです。