鍛冶師助手メール 32週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

鍛冶師助手メール 32週間目

222日目
そのことで思い出したが、「四鉄製錬所」は人間とエルフの双方に既知の、あるいは未知のあらゆる金属を扱うことをとても得意にしている。そのような加工は法外なほど値が張る。良き鍛冶屋よ、私達の高度な技術はいつでも用立てられる。その加工を二流の鍛冶屋に任せ、危うくさせる意味はあるのか?

223日目
「四鉄」の供給する材料は、絶大な期待をも上回っただろう。私達は引き続き、謙虚に奉仕しよう。

224日目
ウルベクは金属を叩いて形作る前に、溶解して熱する利点をやっと理解した。彼は精錬せずに鍛造した刀剣を非常に誇っていたが、それも私の盾に打ち砕かれるまでだった。私は腕の感覚が戻ると、彼に不純物の取り出し方を見せた。ようやく上達した。

225日目
全てのオークは、全力を注ぐことに固執するのか?この子には機微や技巧の考えがほぼない。暴力で強調されない動きは、全く価値がないと思っているようだ。最終分のインゴットを注意深く鋳型に流し込ませた時は、今にも激高すると思った。彼はまだ、壁と床についた初回分をこすり取らなくてはならない。

226日目
ウルベクは仕事を見るにふさわしい腕前になった。そのうちあなたに自らの作品を見せられる準備が整うだろう。事前に点検し、ラウモントの家名の基準に達しない場合、あなたに送られることはないから安心してほしい。

227日目
顧客との健全な関わりを築くことは、職人にとって必要不可欠な技術だ。ウルベクには最初の作品に加えて、職業上の対応をさせようとしたものの、執筆に大きな問題を抱えている。彼の筆跡に耐えられる鉛筆や紙が作られたことはない。

228日目
ラウモント家は学ぶことへの情熱に価値を認めているため、現在、ウルベクは個人的なプロジェクトに取り組んでいる。同梱したのは店の材料であり、十分に満足してもらえると確信している。