仕立師助手メール 17週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 17週間目

115日目
前回手紙に書いたように、語り部になろうと思うんだ。以前から、好色なアルゴニアンの物語や、吟遊詩人フョッキの叙事詩に魅了されていた。自作のキャラクターも考えたんだ…グリーンフッドの冒険!おもしろそうだろ?昼間はアルゴニアンの仕立屋、夜は復讐のヒーロー!物語が自然に浮かんでくるよ!

116日目
「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」。アルゴニアンのヒーロー、グリーンフッドを描いた、私の最初の作品のタイトルだよ。この物語には、カシーヴ・ナロという礼儀正しいアルゴニアンの仕立屋が出てくる。彼は鱗のある皮がちょっと苦手なんだ。自分の肌を思い出すからね。違うよ、実在の人物とは全然関係ない。

117日目
またまたヴェスク・オランだ。腕の良い助手で、もうすぐ有名な作家になる。最初の物語、「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」についての話が途中だったね。物語の序盤で、マッドクラブを飼っている礼儀正しいアルゴニアンには、隠された顔があることが分かる。夜になると緑の帽子をかぶってヒーローになるんだ!将来有名になると思うと、ゾクゾクするよ!

118日目
また新しい荷物だ。どこまで話したっけ?ああ、新しいヒーロー、グリーンフッドの誕生だ。ブラック・マーシュで生まれて、彼はシャドウスケールに引き取られて、訓練を受ける。でも、不正に対して声を上げただけの老アルゴニアンを殺すことを命じられたカシーヴ・ナロは、その任務を遂行せずに立ち去り、モーンホールドから消えるんだ。

119日目
きっとこう思っているね。元シャドウスケールが、自らを守れないアルゴニアンたちを守る正体不明のヒーローになったのはなぜだ?ってね。答えは簡単だ。彼には腕も能力もあり、自分の卵の兄弟や姉妹たちのことが大事だったからだよ。彼の物語は最高だよ。ノルドとダークエルフでさえ、毎回大興奮の展開を期待するはずだ!

120日目
グリーンフッドにマッドクラブのペットがいることは言ったかな?不正や暴虐、モラグ・バルの軍全に立ち向かう彼を助けるんだ。彼の名はスピンズ。英雄的破壊の旋風からだよ!ああ、これはいいな。物語用の日記にメモしておかないと。

121日目
書くことは大変な作業だ。ああ、荷物に添えるこの手紙は別だよ。歴史的な作品、「グリーンフッドとドーレスの奴隷商人」に意識を注ぎ込む作業のことだよ。数日経って、川が干上がってしまったような気分だ。休息を取らないと。想像力の雨が堤防を超えるほど溢れてきたら、また作業に戻ろう。