調理師助手メール 12週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 12週間目

78日目
私は酒場でハチミツ酒を飲んで哲学的な気分に浸りながら、この文を書いています。私は運命の女性とは絶対に巡り合えない気がします。とはいえ、あそこの歯無しのカジートも、あの口髭生やした女性も、テーブル3に座ってる人は全員、私と同じ運命を辿る気がします。

79日目
次の配送分を同梱しておきます。昨晩ヘルガという女性に出会い、彼女と一晩中愛し合いました。私達が目覚めた時、私は朝日に照らされた彼女を眺め、彼女は私の目を覗き込み、結婚したいと言いました。彼女に良い巡り合わせがあることを願いたいですね。

80日目
あなたへの調理素材を同梱しておきます。ところでおもしろい報せが届きました。アルフォンスから手紙が届いたのですが、濡れ衣を着せられて王家の監獄に放り込まれたそうです。まあ、やってない罪に問われた、というより「全力で逃げなかった」、ということみたいですけどね。

81日目
この手紙を送ろうと歩いていたら、街の衛兵が後を尾けていることに気付きました。そこで私が詰め寄ると、私は被害妄想が過ぎるって言うんです。でもそんなはずありません。私の問題は被害妄想じゃなくて、他人から好かれているという根拠のない思い込みなんですから。

82日目
品物を同梱しておきます。まだ確定しては居ないのですが、シロディールにおける私達の同盟の活動を支援できるように、軍隊に志願することを考えています。もしそうなったら、私の代わりを見つけられるように、できるだけ早くお知らせしますね。

83日目
前回お送りしたお話については忘れてください。シロディールで軍隊に志願することはやめました。私の決意は変わりませんが、万が一にでも彼らが間違っていたとしたら、彼らのために死ぬことも間違いになってしまいますから。あと物品を同梱しておきます。

84日目
あなたの下で働き続けることにして、本当に良かったです。あなたは雇い主としてはとっても寛大です。お金だけでは幸せへの鍵は手に入らないって言いますけど、お金を貯めれば鍵なんて作れるんじゃないでしょうか?とにかく品物を同梱しておきます。