調理師助手メール 14週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 14週間目

92日目
調理用素材をお送りしておきます。なぜなのかは分からないのですが、私はどうもおしゃべりな旅仲間を引き寄せる傾向があるみたいです。そういう時はいつも、相手が早く話を終わらせて、私からもっと良い話をさせてくれないかな、と歯がゆい思いをしています。

93日目
あなた宛ての調理用素材を送るために街に入ったのですが、街中では多くの政治家を見かけました。シロディールにおける戦争の影響でしょうか?ちなみに政治家を判別するのは簡単です。本来彼らの顔があるべき場所に何もないのが特徴なんです。

94日目
あなたの為にさらに良い品質の物を集められるように、希少なハーブに関する本を買ってみました。本の内容はかなり技術的です。これまでは希少なハーブについてはよくわからず混乱していましたが、この本を読んだおかげでさらに高い次元で混乱するようになりました。

95日目
物品をお送りします。このような単純なものから美味しい料理を創り出せるあなたの腕には驚いてしまいます。私にとって、料理は錬金術と同じくらい謎に満ちているんです。子供の頃にあまり良い物を食べなかったせいでしょうか。私の母の得意技は焦がす事だったので。

96日目
最近気づいたのですが、あなたの為に色んな物を集めるのは大体半日ぐらいで終わるんです。つまり一日の半分しか働いておらず、すなわち一日の一部は雇用されていないわけです。私が夕方までには酔っ払ってる理由もこれですね。ちなみに今がちょうど夕方ですね。お気付きでしたか?

97日目
調理素材を同梱しておきます。ところで、ワインを使った料理はされたことはありますか?あれは中々良いものです。中には食べ物を入れる人もいると聞きます。

98日目
少し前に寝床を共にしたヘルガにまた出会い、また一晩一緒に過ごしました。彼女がブーツであったなら、きっと履き古すまで使った事でしょう。ただ公共の場では履かなかったでしょうけど。

99日目
騎乗動物を買えたら良いなと思います。馬に乗って旅する一番の利点は、他の人の馬が残していったものに誤って踏み込む危険が無くなる事なんでしょうね。

100日目
あなたに送る調理素材を同梱しておきました。お役に立つと良いのですが。