調理師助手メール 42週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 42週間目

292日目
ナアマにもっと健康に良いものを食べるように言われています。必要があるのでしょうか?一番健康なカジートになったところで、ゆっくり死ぬだけです。こちらをお受け取りください。

293日目
ナアマにはイライラさせられます。ズッキはとにかく彼女に、何もしていないのだから何も持たないようにいわれるのが嫌いです、なぜなら何かをしようと思っていたからです。今では何なのか忘れてしまいました。

294日目
この者の人生の本当の目的は、他者のお手本になることなのではないだろうかと結論に至りました。荷物を同封しておきます。

295日目
ズッキは強いハチミツ酒の入った大きな水差しを見つけました。それが誰のものなのかはわかりません。でもこの者なら間違いなく飲み干せるはずです。

296日目
なぜ彼らは薬の商人の隣に染料の商人を置くのでしょうか?ズッキは少し体力を回復したかっただけです。内臓の色が変わってしまいました。

297日目
この者はハープ奏者だという女吟遊詩人に会いました。でも彼女は、その手を演奏ではなくスリに活用していました。リラよ!

298日目
この街では奇妙なものをたくさん目にします。昨日ズッキは、妖術師が酒場に変身する姿を見ました。今のは冗談です。気付かなくても驚きませんが。

299日目
この者には恐いことがたくさんあります。でもズッキが何よりも恐れているのは、永遠に恐怖を乗り越えられないことです。こちらをお受け取りください。

300日目
キャラバンはまた移動サーカス団に出会いましたが、犯罪者ではありませんでした。実際、それなりに面白かったです。でもズッキはすぐに飽き、他のことを考え始めました。すぐに奇妙な考えに捕らわれていることに気付きました。サーカスの演者たちは、何に追われてサーカス団員になるのでしょうか?