調理師助手メール 7週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

調理師助手メール 7週間目

43日目
今回の品物をお送りします。ちなみに「好色なアルゴニアンの侍女」は傑作でした。時代をまたいで読み継がれるような古典であることは間違いありません。しかもまだ回収されていない伏線が沢山あるんです。どこかに続編などはないものでしょうか。

44日目
いつもスイートロールが足りなくなってしまいます。

45日目
昨晩、偶然にも陽気な人々の一団と知り合いました。彼らは私をまるで待っていたかのように迎え入れ、強い酒を振る舞われたり、背中を叩かれたり、非常に楽しい時間を過ごせました。ただ目が覚めると、私の身体に奇妙な刺青が入っていたのです。どうやら私は「モラグ・トング」とかいう懇親団体の一員になれたようです。本当にいい人達ばかりでした。また会えるといいんですけど。

46日目
品物をお送りします。なぜかは分からないのですが、私はどうやらある種の名声を手に入れたようなのです。見知らぬ人から私を知っているかのようにウィンクされたり、お店の人から割引きされたりするんです。そのような恩恵を受けることはしていないのですが、とにかくありがたい話です。あのモラグ・トングの人々のおかげだったりするのでしょうか?

47日目
真夜中にフードを被った人物がやって来ました。彼は私と同じ刺青をしていたので、信頼できる人物だと一目で分かりました。彼は地元の村人の名前が書かれた巻物を手渡し、「そいつがネライだ」と言いました。でも巻物には「ファーファル」と書いてあったのです。とにかく私はその「ネライ・ファーファル」さんの所へ行って、モラグ・トングに代わって宜しく伝えておくと言っておきました。

48日目
いやはや、モラグ・トングの会員というのは、とてもお得なものですね。そのネライ・ファーファルという人は、私を家に上げてくれて、食事をご馳走してくれて、大量のお金も持たせてくれたのです。ちょっと変わった人物のようで、神経質なところもあり、顔が引きつってましたけど、とても良い人でした。あなた宛ての品物を同梱しておきます。

49日目
品物ついて、取り急ぎご連絡を。モラグ・トングの正体が分かったので、今すぐここから逃げます。ところで刺青を消せそうな信頼できる方をご存じではありませんか?