アサシン同盟 スタイル

クラフトモチーフ34
Assassins League Style

グレイ・メイビー 著

「闇の一党」? 全くばかげている。闇の一党は作り話だ。伝説。嘘だ。死は我々全員に訪れる、殺人などありふれた日常の風景のひとつでしかない。虚無や、その、母に呼びかける必要はない。

ああ、でもアサシンの秘密結社、つまり金で雇える暗殺者のギルドが存在するということであれば、分からなくもない。金になる商売だ。他の儲かる商売と同じように、我々には基準というものがある。仲間になって、我々と同じような格好をしたいか? それなら下に書いてある説明を読んでくれ。そうすればいつの日か、それだけの能力があることが分かったら、お前を招待して真実を教えよう。

ブーツ

ブーツ? アサシンの足装備は戦士のサバトンよりも舞踏家の靴に近い。軽くて、柔軟で、何よりも静かだ。靴底に最も適しているのはグアルの皮で、柔軟でありながらどんな場所でも滑りにくい。

ベルト

アサシンが上下二本のベルトを着けていることは知っているだろう。武器と装飾は下のベルトで固定されている。では何故そうなっているのか? それは任務に失敗して、突然逃げなければならなくなった時、下のベルトと付いている装備を外して、素早く逃げられるようにするためだ。

処刑者は兜を使わない、彼らはフードをかぶる。我々も同じだ。もっと正確に言うと、裏地付きの革のコイフを使う。重装備タイプの場合、スカルキャップと柔軟な鎖帷子が付いている。こういった職業だ。顔を隠せる緩衝材の価値については言うまでもないだろう。

脚当て

たいていの場合、同盟のアサシンは四肢を駆使して飛び、登り、壁や地面を這い回る。そのためには頑丈なグリーヴが不可欠であり、他の部分と同じように、柔軟性と動きやすさが重要だ。這ったり膝をついて狙ったりする時には、ちょっとした膝当てが役に立つ。

もし誰かに「おお、その弓に死神の首が見える。絶対に近づくべきじゃない、お前はアサシンか何かだろう?」と言われたら… 同盟はそいつを殺して、首を切ることを許可する。実物大の頭蓋骨はバリスタの素晴らしい飾りになる。

胸当て

忘れるな。お前はアサシンであって兵士ではない。殺すのはお前の仕事だが、無差別殺人はお前の役割じゃない。殺したら、もう一度殺しをするために逃げろ。同盟の標準的な防具、つまりお前の胸当てだが、比較的軽量で柔軟性があり、どこにでも道具や武器を取り付けられる。

同盟のアサシンの剣は死の道具だ。長くて頑丈で、刃も先端も鋭い。やや曲線状になっているこの剣先付近には、かかりが取り付けられている。見る者が恐怖するような形になっているが、これは影の中で光るこの剣を目にした敵が震え上がるようにするためだ。

肩防具

派手なポールドロンはおしゃれな戦士にちょうど良いが、追跡中どこかに引っかかってはいられないアサシンには逆効果だ。肩の守りは大切だが、目立たないことも同様に重要だ。

手袋

暗殺のどの過程においても、手を素早く自由に動かせることは非常に重要だ。軽装備の時は、前腕にかからない長さの手袋を着用する。重装備の時も、付けているのを忘れてしまうぐらい軽い手袋を使用する。

同盟では、通常2人で任務をこなす時に盾を使用する。片方のアサシンがこれを使用して、鍵を開けるか弓の準備をしているもう1人のアサシンを守る。つまり盾はしゃがんで隠れられるぐらい大きくなければならない。ただし、刺すか弓を撃てるよう、盾の左右を切り抜いておく。

我々はアサシンに暗殺任務を与える時に必ず、「死神の手で排除しろ」と言う。そのため、魔法使いが使う魔法の杖には、様式的な鉄製の手の装飾が取り付けられている。全てを見通す同盟の目を表現するために、円形に加工した宝石をその手の甲に埋め込むことも可能だ。

戦棍

何かを叩く時は、四角い頭の戦鎚を使用する。捕食者の爪を思わせる、曲がった金属のスパイクが取り付けられている。自分と標的の間にある、扉や窓を叩き壊すときにも便利だ。

短剣

同盟のアサシンは、背後から急襲し喉を切り腰を刺す時に、主に短剣を使用する。小回りが利くぐらいに小さくなければならないが、人を殺せるぐらいに大きくなければならない。それから刃と先端が鋭いことも重要だ。相手の生死を問わず、体を上手く処理したい時には、先端近くにあるかかりが非常に役立つ。

アサシンの武器は、とにかく扱いやすくて効果的なのが大事だ。兵士の重い武器と、しなやかだが強力な決闘者のための武器の中間に位置する。例えば、我々の斧は幅広な一枚刃を特徴としており、裏には切り返し用の、短くて小さな刃しか付いていない。