ボイアント・アーミガー スタイル | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

ボイアント・アーミガー スタイル

クラフトモチーフ47
Buoyant Armiger Style

ヴィベク卿 著

ヴィベクは勇敢な者たちに微笑み、祝賀の悪魔を呼び出して勝者に付けた。捕獲された怪物の周りでは愛と責任感が漂っており、その中心でヴィベクは骨の頭飾りを被っていた。彼は笑い、神秘的な冗談を言い、三つの家の長を引き合わせて新体制を確立した。「お前たちはこれから永遠に私のボイアント・アーミガーだ」と彼は言った。

ブーツ

「六は謎から敵、教師につながる歩道である」。このように、アーミガーの歩くブーツは、固い甲皮と背骨を持たせるべきである。ちょうどドゥルーが踏板のような付属物をまとうように。

ベルト

「ゴミを漁る者が絹のサッシュを見つけたからといって、前任者の偉大なる体系を見つけられると思ってはいけない。完全なる幸せは泣くことによってのみ手に入る」。このように、タセットのベルトとアーミガーの武器は、端から端まで山形紋とし、代々伝えられるべきである。

「走る飢餓チェムアは、兜を被った騎兵の姿で、叫ぶ心臓と空の病の力があった」。ボイアント・アーミガーのように冠を被るべき者は誰だろうか、固い炎の、青々とした輝きと共に?

脚当て

「困った顔をしながら足を海につけて座っていた」。このように、アーミガーの脚当てと腿当ては明白な議論の支柱と円柱のようにし、肘を張って天を向いた山形紋を添えるべきである。

「歩く黄金の投石機と、炎や詩の歌を作るものを吐く強力な精霊たちを引き連れ、彼らは要塞から打って出た」。歌うダーツによって遠くから敵に苦痛を与えるために、アーミガーは二重に反り返らせたキチン質と緑青の弓を持たなければならない。

胸当て

「秘術師たちは賢者に甲羅を巻き付けた。それが二つの大きな数字による一連の飾りとなり、そのうちの一つは背が高く、もう一つはその腕の下にあった」。胸当ての甲殻は噴火が溶岩を包むように、アーミガーの柔らかく温かい真理の心を包み込む、聖なる殻である。

「真の剣は世代の鎖を切ることができ、それはつまり敵の作った伝説である」。それゆえ、アーミガーの剣を見よ。それは感じうるものであり、最初の夜である。なぜならそれは二重の本性であり、溜息が先立つ。

肩防具

「支配する王は全身を見事な炎で覆われている」。このように、アーミガーの肩はナイフのような言葉に対する牙城の重みを担う者として、火の紋章のごとく輝きを放つべきである。

手袋

「私は左手で世界を握りつぶしたことがある」と彼は言う。「だが右手にはそれに勝てるものがある」。このように、アーミガーの指を包む篭手は、殻の鋭いヤツメウナギのような握り心地でなくてはならない。ただし臭いは浄めること。

「支配する王は私に立ち向かい、私の前に立たねばならない」。このように、アーミガーの盾は皇帝の殻のようであるべきだ。なぜなら民の盾でなければ、君主など何であろう?

「それらを繋げて杖を作ろうと試みたが、”まだその時ではない”とヴィベクに止められた」。このように、アーミガーの魔法使いの呪文の杖は、単独の芯のみを持ち、矛盾だけを口にするべきである。

戦棍

「真実は私の夫のようである:壊すことを指示され、手順と雑音で満たされ、重く打ちつけ、図面に書かれた重み、戦棍からのみ学べる教訓である」。このように、アーミガーが持つ恐るべき棍棒は、予期されぬ意外な王が持つ王笏のようであるべきである。

短剣

「そして彼はエトスナイフでシティーフェイスの心臓を貫き、それはラクート・アイ・エ・アルタドゥーン・アイ、正しき商業の短剣だった」。このように、アーミガーの短剣は葉のように緑で、しかし棘のように鋭くしなやかで、可能性の第六肋骨と第七肋骨の間を貫けなくてはならない。

「そして頭の中を静めるため、ホーテーターは斧を手に取った。それに名前をつけ、最初の月へと進んだ」。このように、アーミガーの斧の刃は掛けられたカーテンのような波型にし、切断のためのタペストリーとすべきである。