ダンジョンの伝承 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

ダンジョンの伝承

Dungeon Lore

アークス・コリニウム:蒔種の月の報告書Arx Corinium — First Seed Report

士官の記録:百人隊長ポンティウス

沼の中に砦を建設するのは容易なことではないが、私と部下たちはアークス・コリニウムでこれを達成した。休息なき戦いの日々だった。昆虫が媒介する病気と、湿地帯の野生生物との戦いだ。だが帝国はこの地区に足がかりを求めていた。我々はそれを提供したのだ。

残念ながらこれを書いている時点で、我々はマリアヌス連隊長の命令で武器と防具をまとめ、我々の築き上げたものを置いて立ち去る準備をしている。連隊長はアークス・コリニウムを維持するために毎月半ダースの兵士たちを失い続けていることを「戦争努力にとって有害」と表現している。私はこれに賛成だ。それに私が1年半前に我々がここに到着した時点で、この結果を予測していたことをはっきりさせておきたい。私は繰り返し言ったのだが、連隊長は計画を進めよとの命令を下したのだ。これは苦情ではなく、事実の表明である。

建設は多くの困難に妨げられた。沼地はことあるごとに進捗を妨げ、我々が建てた当初の土台は1ヶ月で沈んでしまうことが明らかになった。より北の方へ場所を移した時、我々は獰猛なワマスに出くわし、私はそいつを敷地から追い払うのに10人の部下を失った。複数回の遭遇を繰り返した後、我々のウォーウィザードであるベリサロはそいつに暴風のガナクトンという名を付けた。この獣がその体中の穴という穴から電撃を放出するのを見たからである(「ガナクトン」とはオークの血を持つと噂される、嫌われ者の叔母のあだ名である)。

濃厚な湿気はもう一つの敵であり、建設を始めた最初の数ヶ月の間、我々のプレートアーマーは汗が詰まった鋼鉄の樽へと変わってしまった。規則には反するが、私は兵士たちに夏の間、布鎧という贅沢を与えてやった。そうしなければ熱中症で死ぬしかなかっただろう。もし攻撃を受けていたら不利な状況に陥っただろうが、アークス・コリニウムにまで進軍して来るような敵は何者であれ、我々のところまでたどり着く頃には半死半生になっているだろう。いずれにせよ、そのようなことは一度も起きなかった。

それでも、戦いは我々を見逃してくれなかった。この沼にいる獣はどれも、その大小は関係なく、歩く死の罠である。ある日は大人の頭ほどもある大きさの昆虫を剣で突き刺して戦い、また別の日は我々の魔術師たちが、暴風のガナクトンをはじめとする、砦を襲い続ける連中の対処に苦心した。こいつは東の壁を何度も破壊しており、奴の頭蓋骨を私のマントに乗せるチャンスを得られなかったのが残念である。しかし、我々はついにここを去ることができるのだから、喜んでガナクトンを生かしておいてやろう。

この1年半を振り返ってみて、アークス・コリニウムを建設するために要した人的および物的資源を考えると、それだけの価値があったとは思えない。繰り返すが、これは不平の表明ではない。自分が受けた命令に関して、私は自分の上司に何のわだかまりも持っていない。しかし、私がこの計画に先んじて複数回の警告をしていたこと、そしてアークス・コリニウムの建設が帝国にとって破滅的な冒険となりうると私が考える理由を詳述した、私の直接の上司マリアヌス連隊長への手紙の写しを集めてあることを述べておきたい。

これは私自身であれ、私の部下たちであれ、マリアヌス連隊長であれ、誰かの失敗を宣告するものではないということを明確にしておきたい。私は決定がヒラリオ護民官の責任であることを完全に理解しており、上述の手紙を読むよう、私は彼に勧めたい。私はすでに知らせを送り、すべての士官が帝都の軍の公文書館で手紙を読めるようにしておいた。

ウェイレストの下水溝:略歴Wayrest Sewers: A Short History

第1巻

ヒレール・ベニケ 著

ウェイレストの街が常に景気がいいのは、多くは商人達によるものである。豊富な資金によって街は驚異的な発展を遂げ、ウェイレストは「湾の宝石」とあだ名されるまでになった。つまり、市民の富裕層が資金を出したのである。街の建設のための輝く石や、警察機関の者が着るきらびやかな鎧。最も重要なのは、ウェイレスト下水道である。

街の建設当時までさかのぼった報告によれば、ウェイレスト下水道が完成する前、街は宝石は宝石でも肥やしと泥に埋もれた宝石だった。第一紀801年に、インペリアルの船乗りだったシルヴィア・カトーが書いている。「ビョルサエ川はごみと鼻をつく臭いと病気の水路で、イリアック湾もビョルサエ川が流れ込む場所で同じようにひどく不快なところになっている。これがいまいましいブレトンの街なのだ」

今日、ビョルサエ川はウェイレスト自体と同様に素晴らしく輝いている。これは何もかも下水道のおかげだ。下水道は昔のドゥエマーによって作られたどんなものにも匹敵しうる建築工学のたまものである。今日に至るまで建設を続けていられるように、そして地上と同じようにたやすく地下でも街の中を移動できるように、下水道のモジュールが設計されている。下水道は街と同様、常に拡張されているのだ。しかし規模の点でシステム全体の欠点が1つある。下水道が大規模になったために、ウェイレストの警察機関がすべてをパトロールすることは難しく、それゆえに犯罪が湾の宝石にやって来るということだ。街そのものと同様、スクゥーマの取引や死霊術といったこうした違法行為のほとんどをする余裕があるのは金持ちに限られる(スクゥーマはタムリエルの広範囲で禁止されている麻薬、死霊術は死人を蘇らせる魔法の術で、こちらも多くの地域で禁止されている)。

第2巻には下水道敷設に際して最も多くの寄付をした貴族の家名の一覧が掲載されている。オルシニウム陥落の直前に下水道を思いついた元々の設計者の名は残っていないが、第3巻には第一紀末からこれまで下水道の拡張と発展のために働いてきた職人と技術者の一覧表が掲載されている。

ヴォレンドラングとは何かWhat is Volendrung?

グロワー 著

ヴォレンドラングは歴史上最も悪名高い神話世界のアーティファクトだ。これまで記述されたどの説明についても、それぞれの説明が同じものを指しているのかどうかも含めて学者たちの見解は一致していないが、それはデイドラと同様ドゥエマーとも文化的な結びつきがある。

研究者達はヴォレンドラングと呼ばれるあるアーティファクトがローケン・クランによって造られたドゥエマーの遺物だと考えている。それは首領の武器であったし、同時に家紋として戦場に持ち込まれたものであり、ローケンがチャイマーとドゥエマーの第一公会議への参加を拒否したのをきっかけに有名になった。残りのドゥエマーが彼らを些細なことで見捨て、ローケンは彼らとともに留まることが不倶戴天の敵であるチャイマーとの同盟を意味するようになると、彼らの元を去ることにした。

そしてローケンの首領はヴォレンドラングを空に投げ上げ、それが地に落ちた場所がどこであろうとそこを故郷とすると誓った。こうしてヴォレンドラングは放浪の身となったローケン・クランの導きの光としての役割を果たすことになった。投げ上げられた槌は、獣のような咆哮を上げて空を横切っていった。昼間は2つ目の太陽のように、夜は月々の姿を映して、ローケンを大陸の反対側へと導いた。そこで彼らは伝説の街ヴォレンフェルを発見したと言われている。その街は実在したとしても、未だに発見されてはいない。

しかしいかにして、正体不明のローケンの首領がそのような途方もない投擲をやってのけたのか?ドゥエマー軍は戦争の遂行力と機械の歩兵で知られていた。ドゥエマーが武器一つを大陸横断するほどの距離まで投げる能力があったのだとすれば、なぜ彼らは戦争でそのような長距離攻撃を行わなかったのか?現代のアークメイジであったとしても、物体をそのように長い距離で飛ばす魔法を発明するのは困難であっただろう。ヴォレンドラングが実は飛行エンジンで、失われたドゥエマーの機械技術の力によるものだったというのでなければ、一連の物語はボズマーの話のように思われる。

この説の提唱者に限らず、ドゥエマーのヴォレンドラングの飛行はさまよえるローケン・クランを単に詩的な想像力で表現したものだと信じる懐疑論者はいる。

ヴォレンドラングと呼ばれる2つ目の槌は、記録ではドゥエマー説とほぼ同じくらいに古くから存在しているが、今度はデイドラ公マラキャスが所有するデイドラのアーティファクトである。マラキャスの遺物はドゥエマーの槌と同じ名前で、そのため多くの人々は同じ伝説上の武器であると考えている。しかしなぜ、呪いの神が敵の手で造られたものと関りをもつというのだろうか?ドゥエマーの作品の模造品を作るため?ドゥエマーが大事にしていたものを奪って彼らに対抗する道具として使うため?むしろ破壊工作的で間接的な、マラキャスの歴史に伝えられてきた率直な精神性には似合わない行為だ。

アンガリンの「デイドラの武器」はこの槌の魔法的性質について推測している。この文章はいくつかの魔術師ギルドの論文を引用した上で、この槌が使用者に力を与え、打撃を加えた敵の強さを失わせると主張する。マラキャスの意図によく合致した性質である。疑問点は、それを名づけたのが定命の者だったのか、それともマラキャス自身だったのか、そしてローケンのクランが数世紀後に同じ槌を使用したのかどうかだ。

ヴォレンドラングとは何か。タムリエルには知りえぬ謎かもしれない。

クワマー卵料理の本The Art of Kwama Egg Cooking

はじめに

ベラミ・レヴァルソー 著

クワマーの卵はいつもダンマーのごちそうでした。とはいえ、帝国の台所でも活用されていると聞いたことがあります。(あのような手合いがクワマーの卵でどんな不気味な料理を作るのか、知りようもありません。チキンに詰めるとか?ゆでてパンに乗せるとか?彼らは尊大な人々なので、尊大な料理を作るのでしょう)

クワマーの卵をそれなりにうまく料理するとは、ぴりっとした酸味とねばねばした食感を使いこなすということです。この意味でクワマーの卵はスクリブのゼリーと同じで、若いシェフの多くが(年配の人に教えてもらえばよかったのに教えてもらわなかったダンマーのシェフさえも)卵を他の材料の背後に隠そうとして、不快感に気づかせまいとごまかそうとしています。シェフは自分の料理でクワマーの卵を甘くしたり、苦味を加えたりして謝罪してはなりません。適切な作り方をすれば、クワマーの卵の素材の持ち味に助けられて、グルメな教養人が刺激的な栄光のうちに料理を受け入れてくれることでしょう。

ではどのような準備がひつようでしょうか?ダンマーだけが知っています。ダンマーだけが自身をクワマーの卵料理の達人と呼ぶ必要がある経験をするからです。つまり、クワマーを最初にてなずけたのは私達なのです。

私はといいますと、この技術に没頭して人生の大部分を過ごしてきました。農民にも貧民にも、大師範にも首領にも、クワマーの卵料理をお出しして、どなたにも喜ばれました。親愛なる読者のみなさん、この本には私の職歴すべてから得た知識が詰まっています。クワマーの卵の繊細ながらも素晴らしく際立った種々の料理法を本当に究めるには一生かかるものですが、私はここにそのすべてを紹介しました。少なくとも価値のあるものすべてを。レシピ通り正確に作ってください。魔術師が魔法を唱える時、客間にデイドラを呼び寄せてしまわぬよう即興の呪文を控えるべきであるように、クワマーの卵の料理人は私がここで引いた道、長年の試行錯誤から苦心の末編み出した方法を外れてさまよってはいけません。

私を信じてください。うまくいけばわかります。

ああ、それから、ムーンシュガーは脇に置いておいてくださいね。卵が台無しになります。

ここに来た者へTo All Who Pass Through

私はドゥゼイル。オブリビオンの職人である。そしてこれらは我が狂気の地下室である。刮目せよ。そして怯えよ。

これらは我が敵どもを閉じ込めるために設計された。私に苦痛を与えるためだけに生きていた悪党どもである。あの邪悪な連中は何年もの間私を嘲り、せかし、挑発した挙句、最後にウェイレストの貴族たちを私に手向かわせた。連中は西方における卓越した建築家としての私のキャリアを台無しにしてしまった。

こうしたことに対する怒りのために、私はデイドラを探し求めた。デイドラはやって来て私の才能を活かせる契約を提示した。彼らは私を苦しめていた者たちを捕まえ、ここに投獄する。その見返りとして、私は彼らのために建築を行う。私は喜んで引き受けた。

ウェイレストでは、私は法の執行のための逃亡不可能な牢獄や、庭園区画の貴族たちのためのオパールの城を設計した。私の仕事は芸術的追求と建築学的機能性との融合として歓迎された。しかし私がオブリビオンの次元のために作り上げたものはそれよりも遥かに上である。陰謀を練るコールドハーバーの王のための黒い尖塔は、彼の偉大さに対する記念碑であると同時に、拷問の器具でもある。デッドランドのカミソリ穴は決して鈍ることがなく、破壊の公のために肉、骨、そして霊的エキスも切り裂くことができる——最も強力な治癒師にも治せないような仕方で。

とはいえ、こうした作品のすべて——モラグ・バルの身ごもる胞子の塔から火花を放つウェイレストのペリンゲール邸まで——は、この地下室に比べれば子供のおもちゃでしかない。これらは我がデイドラの三日月であり、我がアカヴィリの戦刀であり、我が技術の結集、私の最高傑作である。

それにこれらは時とともにさらに特別なものに成長する。かつては私の定命の生を台無しにした3人のイカサマ師のための永遠の苦悶の場所だったものが、今ではタムリエルのあらゆる種類の魂のための拷問の中枢になったのである。私がこれらの地下室に注いだ労力はあまりに優れたものなので、デイドラ公でさえ私に魂を送って監視させてくれているほどである。

そして親愛なる来客のあなた——ここであなたが経験する痛みは生涯を尽くした改良と反復の賜物だということを知るがよい。ありがたく受け入れ、のたうち回り、そして恐れるのだ。

テンペスト島のブリーフィングTempest Island Briefing

オルドゥロウよ、お前は命令を受けた。そしてお前はいつも通りきちんとそれをこなした。しかしこの任務に関して、俺はもう一度謝っておきたい。キャノンリーブがテンペスト島の駐屯地のための俺の計画を崩壊させなければ、これは不要なはずの任務だった。俺は島の防衛のため白鳥型の船の艦隊を派遣するようにとの請願書を書いた。ピャンドニアからの長射程船の艦隊を寄せつけないために十分な戦力だ。要請は却下された。

「マオマーはパクトとカバナントの後で相手をすればよい」と連中は言った。資源不足を理由に、俺の「根拠のない懸念」のために注げる戦力はないと。だから俺は何人かの知り合いに昔の戦いでの貸しを思い出させて、やっと数隻の偵察船を送れた。

最初の週に、異常な気象現象が報告された。沿岸から来たと思ったら去っていく、素早い雷雲だ。2週目になると嵐は強くなり、容赦のない荒天に紛れて戦艦の艦隊がやって来た。キチン製の船体に乳白色の帆、甲板は稲妻の杖と剣の火花で照らされていた——俺たちが記憶している通りの、マオマーの戦争用装備だ。俺の斥候たちは奴らの勢力は小さいと判断した。全面的侵略のための艦隊ではなかったんだ。だが奴らが攻撃の決定を下せば、マラバル・トールの沿岸は完全にやつらの手に落ちてしまうだろう。

キャノンリーブたちが一瞬でも地図から目を離してオークや人間の動きを追うのをやめてくれれば、恐るべき脅威が彼らの鼻の下まで膨れ上がってきているのに気づいただろう。俺の斥候たちは毎週、マオマーが力を増していることを報告している。数日ごとに船が数隻、何らかの気象魔法に隠れて現れるんだ。数ヶ月遅かったと、今ではキャノンリーブたちも俺に賛成している。

お前とお前の兵士たちに多くを頼みすぎていることは重々承知してる。だがオルドゥロウ。お前が奴らを止めなければ、ドミニオンはこの戦争でさらにもう1つ戦線を増やすことになる。デイドラよりも、エボンハート・パクトよりも、ダガーフォール・カバナントよりも強く、マオマーはアルトマーの死を望んでいる。奴らはずっとそうだったんだ。

奴らに慈悲をかけるなよ。

結びつけの石The Binding Stone

番人の手引き 第2巻 結びつけの石

訂正担当キャノンリーブの執務室より

アルトマーの文献には様々な罠の魔法が言及されている。そういった魔法の中には、第一紀初期の「アニネーレの塔」のように、標的の周囲に物理的なフィールドを創り出すものもある。この類の魔法は魔法の石壁や内向きの結界のようなもので、それなりの力をもって打ち砕かなければ破ることができない。その効果の強さは魔法によって様々だが、一般的には素人を閉じ込めておくには効果的で、れんがやしっくいよりも頑丈で壊れにくい。

もちろん、壁では閉じ込めておけない魔法か何かの生物を閉じ込める方法を、魔術師が模索することもある。ガス体のワイルドハントやネザーリッチ、種々の亡霊や幽霊はみな、物理的な障壁をすり抜けられる。こういったものは、完全に通さない壁を作り出し、同時に閉じ込めておくもののマジカを吸収もしくは取り除くような魔法を使って捕獲しなければならない。このような魔法は効果が失われないように常に詠唱し直さなければならず、魔法の使い手がマジカを多く消費するのが常である。

結びつけの石は、まだだったとしてもすぐに番人の長が教えてくれるだろうが、こういった呪文を組み合わせたものとして役に立つ。形があって小さく、それゆえに持ち運ぶことができるが、自分よりも強力であってもマジカを使うすべての生物を捕らえておくことができる。捕らえた者を逃すことが、自分個人にもオーリドンやタムリエル全体にとっても、どのような意味を持つか理解していることと思う。結びつけの石の状態は捕らえた者の状態よりも重要だ。まさに番人の命そのものが、この石を適切に保ち続けられるかどうかにかかっているのである。

捕らえた者について。その者に話しかけてはならない。そうすることで特段の危険があるわけではないが、そうした交流はどんなものであれ実りのないものだ。自分自身を監視せよ、互いを監視せよ、自らの義務を果たせ。さすればその名は、かの者の脅威からオーリドンを守ることに注力した者として永遠に残るであろう。

黒檀の刀剣に関する記述With Regards to the Ebony Blade

以下は収集したモラグ・トングの覚書の全文で、デイドラのアーティファクトである黒檀の刀剣についての推測が記されている。

まず始める前に、序文を述べさせてもらおう。デイドラ公メファーラと彼女の信奉者は、他の何よりも神秘を高く評価している。このことは時が経てばわかるだろう。ハルメアス・モラにとって知識は力であるが、メファーラは選び抜かれたほんの一部にしか関心を持たない。知識は隠されており、非公開である。

メファーラにまつわる種々のデイドラのアーティファクトにも、この傾向がある。中でも重要なのは、黒檀の刀剣であるが、これについてはほとんど知られていない。トングの記録自体も金属の中に秘められた価値に関して意見が食い違っている。だが私は知っていることを伝えようと思う。その代わりに、お前にはギルドのための最初の任務を完遂してもらいたい。黄金の花にふさわしい作戦拠点を見つけてくれることを願う。お前の部屋は私の部屋の中でもお気に入りだ。温かく、乾燥している。

その1:初めてモラグ・トングがその剣に注目した(少なくともここ10年)のは、我らの仲間オルンドラスが別の仲間、リヴィスから奪って手に入れた時だった。リヴィスは何年も、仲間のモラグ・トングから隠れて、隠れ家に剣をしまっていた。オルンドラスはどうやってリヴィスを見つけたのか?彼はその秘密を墓まで持っていくだろうが、彼の上官のささやきによれば、ウェブスピナー本人が彼に告げたのだという。トングもその剣がメファーラとどのような関連があるのかを知らない。彼女の姿の延長なのか、彼女の本質がその剣に結び付いているのか。だがこの剣は彼女にとって重要だ。ということは、我々にとっても重要なのだ。

その2:リヴィスは野心的な魔術師で、トング有数の強さを誇っていた。そして彼はオルンドラスが自分の隠れ家から黒檀の刀剣を持ち出すのを許しはしなかった。2人の間で争いが起き、オルンドラスがその剣を使って初めて血を流し、殺し損なった時、彼はリヴィスが炎の魔法で自分を圧倒してこなかったことに驚いた。その剣が魔術師を沈黙させたか、マジカの流れを阻害したか、単にマジカを吸収した可能性がある。

その3:リヴィスは戦いの感覚が鋭敏で、オルンドラスよりも技に長けていた。だがオルンドラスは黒檀の刀剣を振るっていた。戦いが続いている間に、彼が受けた傷はひとりでに塞がった。あたかもオルンドラスが傷を受けていなかったかのようだった。恐らく黒檀の刀剣の回復させる性質だろう。

その4:リヴィスの最期の言葉は「我々全員はいずれ吸血鬼になる」だった。オルンドラスは、彼が刀剣について言っていたのであり、リヴィスが恐怖から刀剣を隠していたのは理にかなっていたと信じていた。最も立派なモラグ・トングであっても、追い詰められればどんなことでも言うだろうと私は思っている。私はそうしてきた。

その5:オルンドラスは剣を取り戻し、詳細な報告書を上官に宛てて作成し、それから彼らの虐殺を試みた。彼は1人を除いて全員殺した。彼の行動には目に見える理由も動機もなかった。彼が最後に目撃されたのは黄金の花の3階でのことだった。

黒檀の刀剣を我らの元に取り戻してもらいたい。オルンドラスはどうなっても構わない。左目の下に傷跡のあるダンマーを探せ。

魂縛1:序章Soul-Trapping I: An Introduction

妖術師エリニョン 著

死についての長い議論が続くことをご容赦願いたい。肝心の部分、魂縛の実際のやり方には遠からず到着するだろう。最初の版の出版によって生じた倫理的論争の後では、「魂縛」の本改訂版に導入の章を一つ盛り込まなければいけないと感じたのである。

魂縛とは生物の死に際してその魂を奪い、適切な大きさの聖句箱に閉じ込める技術のことである。魔法の歴史全体を通じて、魔術師も哲学者もこの技術の道徳性について争い続けてきた。

魔術師たちの中には、いったん死んで魂を捕縛されてしまえば、生物の霊魂は前世の影に過ぎず、自分の周囲で何が起こっているかを認識することはもはやできないと主張する者もいる。ごくまれに見られる、幽体状の狩人となってタムリエルの暗闇に潜んでいる者たちも、自然の衝動に従って行動する捕食者以上のものではない。このような魔術師たちにとって、個体は一度死ねば輝きを失うということであり、生物学的な死によって何か触れることのできない元素が失われ、再びそれを得ることはできないということになる。だとすれば、魂縛は倫理に反する行いではないと彼らは主張する。それどころか、死去した者の魂をそのまま放っておくのは資源の無駄でさえある。

当然ながら、我々生者はまだ生きている以上、確実に知ることはできない。死後の世界に関する理論は無数にあるが、タムリエルで最も強力な魔術師たちでさえ、死神の手から帰還して、死の状態における知覚の程度を報告した者はいない。それゆえ、タムリエルの共同体の中には魔法に携わるかどうかを問わず、魂縛の呪文の使用を非難するものがある。第一紀の型破りなアークマグスであるエロミオンがこう尋ねたことはよく知られている。「あなたは死後の生を、私の浮遊の杖に力を供給して過ごしたいと思うだろうか?」アークマグスは生涯にわたって、一度も魂縛の呪文を使用したことがないと主張した。

この論争に一定の重みを与えているのは、そうした魂は捕縛状態においても非常定命の者らしい感情を保っているという噂である。噂が真実ならば、アルトマー王家の人々はすでに進化型の魂縛を使って、古代の上級王族を数人、死後ずっと閉じ込めてきたという(おそらくライリス家の人間であろう。あの家はその奇矯さで悪名高く、彼らの魂はその2倍も変わっているだろうから)。上級公は彼の(それの?)能力を保っており、日々見張りの者たちを挑発し、嘲ると言われている。この王族がどこにいるのか私は知らないし、知りたくもない。首を失くすのはごめんだ。だが、彼の存在それ自体が、魂にどれほどの知覚が可能かということを物語っている。ここからさらに魂縛の道徳性について仮説を立てることも可能だろう。

この主題について私は何を信じているのか?私は魂縛について10巻もの本を書いた。教育上の、理論的な、歴史的性質を持つ本である。それでいて私はこの問いに答えることができない。あなたもまた答えられないだろうというのが、私の信ずるところである。しかしあなたに答えられるのは、私が以下の巻で教えている素材が使うに値するかどうかということだ。私が頼んでいるのは、それを読んでもらいたいということに過ぎない。

子孫へTo Posterity

ハファラ 著

魔女と魔女ハンターは生来、互いに反目しあっているが、イーストマーチの魔女と我がクラン、ダイアフロストの魔女ハンターとは、とりわけ仲が悪い。彼女達の憎しみを魔女のせいにはできない。この山岳地帯でしばしば我々は衝突してきたし、我々ダイアフロストは彼女達を殺すことに非常に長けている。イーストマーチにはかつて野蛮人が横行し、風景の中に彼女達の集落が点在していた。振り向けばどこにでも、汚らしいあばら家がデイドラ公か何かを称えて建てられているのを目にしたものだった。幾世代にもわたる我が家の努力のおかげで、その数はかなり少数にまで減少した。彼女達は確かにいる。オブリビオンの企みは数え切れないが、魔女はダイアフロストの炎によって狭められた影の間を、恐れてずぶぬれになりながら動き回っている。

彼女達がはびこっていた時代、彼女達は幼い子供を拉致し、子供を殺し、死体を冒涜した。彼女達を悼むことはないだろう。最後に栄光のファンファーレと共に、彼女達をイーストマーチの地上から永遠に葬り去るのだ。

冒涜された死者への無礼となることのないように、我が世代のダイアフロストが決して忘れられない大罪を犯した悪名高い魔女のリーダー達を以下に記す。デイドラとの取引がこの魔女達に長寿を与えた。残念ながら、以下の者達を全員集めて殺す姿を、私が生きて見ることはないかも知れない。だが最後の1人が死んだ時には、彼女達の犠牲者を忘れないための記念碑を建て、彼女達の罪とダイアフロストによる死を説明してもらいたいと、子孫に対して心から願う:

フランヴァルド・フロストフィンガー。13人がメエルーンズ・デイゴンへの生贄として火あぶりにされたことが知られている。亡霊の海へ逃走し、そこでシルバーボルトが召喚された肉の精霊をフロストフィンガー自身ごと貫いたのをハンターが目撃した。死亡確認済。

ウィッテスタドルのヘンギルド。20人の犠牲者に、未確認のデイドラの主の怒りを和らげるための生贄として血を流させ、死に至らしめたことが知られている。イーストマーチ南部の山道で捕らえられ、拷問によって死んだ。死亡確認済。※※

災厄のローガー。27人の犠牲者が知られている。死因は多岐にわたるが、いずれも未確認のデイドラをなだめるために処刑された。数ヶ月にわたる捜索はうまくいかなかったが、ローガーがアデグレル・ダイアフロストの妻オドラマを挑発したことをきっかけに捕縛され、ダイアフロスト砦の階段で首をはねられた。石は夕食前に清められた。死亡確認澄。※※※

アイスリーチのドロッダ。107人の犠牲者がモラグ・バルをなだめるために凍らされ、魂を囚われたことが判明している。今なお勢力が強く、相当危険な存在である。イーストマーチの集落最古の魔女で、ただ一人、時の流れとともに力を増している。※※※※

注:

総犠牲者数と死亡の詳細について、ロガンガーによって修正。

※※レディ・ストドリルによて上記の通り修正。

※※※オゴンダルによって上記の通り修正。

※※※※現在の犠牲者数について、アゴマーによって修正。

天候戦争War Weather

これをネイディル宛に至急届けよ。古い文章の写しだが、彼女は見る必要がある。ノルドの伝説とサイジックに関する憶測は無意味だと言って申し訳なかったが、この文章には彼女が求めていた攻撃の側面についても書いてある:

天候魔法は正確な科学ではない。恐らくは制御方法が知られていないものの、予測のできない性質によるものなのだろう。

一陣の風や稲妻を出すちょっとした魔法はよくあるが、地域の気候を操作するのははるかに難しい。戦争魔術師は侵略に先駆けて敵国境地帯で起こる雹を伴う嵐の災害規模を抑え、過酷な天気の中で予期せざる行軍をするために猛吹雪を止める能力を望んできた。

そのような魔法、外国やその向こうに端を発する魔法が存在するとの説がある。

はるかスカイリムのノルドの一族が呪文に似たドラゴンの言語を操り、それによって天候をある程度支配できるようになったという伝説がある。この神話紀のドラゴン戦争間のノルドの能力に関する記述には、急な叫びによって霧や霞や雲を消す力も含まれている。ネジルの「ウィンドヘルムのドラゴン」には、大声を上げるノルドの一軍が、雷雲の下で攻撃しようとしていたドラゴンによる空からの奇襲を失敗させたと書かれている。ネジルはこう書いている。「我々は分厚い雲がうまく分かれて見えてほしいと思った。そして我々が力の言葉を唱えると、雲もそのようになった。だがそれが通過しても、太陽は隠れたままだった。その後一見してそれとわかるドラゴンの翼が青空をよふぃって広がり、ヴォフォドルの口から発せられた呪いは私の口に心からの大笑いをもたらしたのである。我々の力の言葉のおかげで戦闘をせずに済んだが、彼らは我々に、戦闘が近いと言った。我々は喜んで戦闘に参加した」マオマーはドラゴンの言語に接しはしなかったが、ノルドが達成したことが何であれ、我々の願望にかなうものであると私は信じている。

スカイリムの南西遠く、サイジック会の会員は長い間、使用者のほしいままに元素を曲げる、魔法の古き習わしを持っていると噂されてきた。我々の斥候は、アルテウムの沖合いで何年も、突然の稲妻と豪雨が小規模の吹雪に変わることを報告してきた。その事象に関する指導書が存在する可能性はある。それを古き習わしから理解可能な魔法に翻訳することは難しいが、出発点としては優れている。

アレセアの「デイドラ入門」には、デイドラ公シェオゴラスが考案した、天候操作術と呼ばれる魔法が記述されている。彼女はこう記述する。「シェオゴラスの呪文所には、彼の気分に天気を合わせるまじないが入っている。マッドハウスの王は自分が気に入った定命の者に魔法を教え、彼らが地域一帯の気候を変えられるようにしたことで知られている。この魔法は誰が唱えようが、シェオゴラスの気分次第で機能する。つまり完全にランダムな効果ということだ。彼の信者が鉄砲水を食い止めようとしたが、かわりに土砂降りの雨を降らせてしまったり、山火事を消そうとして望まなかった雷雨を起こし、火の勢いをいっそう強めてしまったりした物語がある。シェオゴラスとデイドラの契約を結ぶことは、恐らく我々が優先的に関心を持つべきことではないが、狂乱のデイドラ公から学ぶことも何かしらあろう。

上記の例からこのように言える。大規模な気候の操作は世界中で記録されており、オルグヌム王や彼に近しい人々がそうした能力を兵器に転用したとすれば、マオマー軍にとって途方もない資産となるだろう。

去る冬に私は、20人の修行者の助けを借りてこの問題の解明を始めた。完全な成功はまだだ。とはいえ、成功の入口には到達している。海の近くの開けた平原を片付けて、独自に作り出した稲妻を伴って通過する雲の動きを操作することで、雷雨を創造した。それはうまくったが、突然の嵐と予測できない雷により、グループの1人を失った(実に残念なことである)。我々の創造した嵐が力を使い果たしていなければ、我々全員が命を落としていた可能性もあった。我々は何度か試して、そのたびに嵐の持続時間を延ばしてきたし、雨の範囲を指定する方法もわかった。しかし我々の魔法の持続時間が問題となり続け、ついにはこの行為が戦闘中に役立たないことを認めざるを得なかった。

結論としては、もし魔法を高い位置で物理的に持続させる何らかの手段があれば実現する。パイプのような装置だろうか?恐らくそうした一式の装置があればマジカの消耗を続ける必要がなくなり、詠唱者が長距離を隔てて嵐を操作することが自由にできるようになるだろう。

盗賊の神の宝The Thief God’s Treasures

真実の伝播者ワファルツ 著

ラジーン、俊敏にして速さと敏捷性と狡猾さの化身は、諸国の金庫から多くの宝物を拝借した。誰の所有物であっても、彼の欲望から安全ではなかった。デイドラ公の所有物であってもだ。

ラジーンの最もよく知られた略奪品は有名なカジートの指輪だ。我が種族にちなんで名づけられたものである。それはかつては守護者の指という名であり、タムリエルに行き着いた。というのは、網の紡ぎ手自身の八番目の腕から盗まれたからである。カジートの指輪とともに、ラジーンは神のひらめきを手に入れた。それは彼を影で包み込み、その影があまりにも濃いので誰も彼を捕えることができなかった。ヴィベクの守護者も、時の流れすらも。

だがラジーンはそれだけでは終わらなかった。出て行く時に彼は影の黒い刃たるクモを殺す言葉を見かけてそれも手に入れた。奪うのがあまりにも素早かったので、ヴィベクの守護者は何がなくなったのか気づかなかった。その後の怒りは激しいものであったが、ラジーンはもはやそこにはいなかった。ラジーンは残酷でも意地悪でもない。月が気分に合う時に、彼は盗んだものを返すこともある。

網の紡ぎ手の追及の糸から逃れて、ラジーンは全ての木が倒れた地に行き着いた。唯一の通貨は知識である。その場所でラジーンはすべてを知る者から知の書を奪い、風にまぎれて消え去った。その地の王は貴重な書物を探すことをやめておらず、月がちょうどよい時には見つけることもある。時々ラジーンが返すからだ。

結局のところ、ラジーンはあまりに何度も頻繁に盗んだので、カジートの指輪が彼の盗みに飽きてしまったのだという。ラジーンが敵に囲まれた時、指輪は彼を見捨て、それが彼の破滅の元になったそうだ。この者は知っている。ラジーンは単に指輪を返したのだということを。

燃えあがる面影、第1巻Burning Vestige, Vol. I

妖術師エンディル 著

本書にはデイドラ公メエルーンズ・デイゴンに関する特権的な情報が載っている。万が一あなたが記録された歴史の黎明期からアイレイドの遺跡に住んできた場合を考えて述べておくと、デイゴンとその同類へのかかわりは、タムリエルの大部分の民から強烈に忌み嫌われている。この本やその他の巻を所持することは、あなたの隣人たちや法の執行者たちからの疑惑を招く可能性がある。多くの区画において、カミソリを統べる者の崇拝は違法であり、デイドラ公に関する交流の儀式は死刑に処される可能性がある。

デイドラ公たちの中でさえ、定命の者たちの苦痛にこれほど明確にかかわっている存在は他にいない。デイゴンが姿を現す時、その跡には必ず破壊が残される。そしてカミソリを統べる者との接触は多くの場合、召喚者の死を引き起こす。その付近にいる全員を道連れにして。突然の洪水や雷の嵐、その他タムリエル中で発生する自然災害は、メエルーンズ・デイゴンとの交流に結びつけられている。そして私が読んだ中で最も詳細な報告は、イーストマーチで起こったものである。

イーストマーチの魔女フランヴァード・フロストフィンガーは、一夜にして13人の罪なき人々をデイゴンへの生け贄に捧げ、デッドランドからスカイリムへ通じるポータルをわずかの間でも開いてくれるよう、このデイドラ公に促したと言われている。唯一の目撃者は魔女狩りのクランであるダイアフロスト家の者たちで、彼らはフランヴァードを発見し、殺すことに成功した。そのすぐ後、一家は謎の激しい襲撃を受けた。彼らのリーダーであるイロソンがただ1人生き残り、後に覚え書きを記している:

「私たちは肉の焦げる悪臭を半マイル追跡し、夕暮れに亡霊の海で(フランヴァードに)追いついた。彼女は13人の犠牲者たちの間でケラケラと笑っており、死体は集団墓地に折り重なって倒れ、クモのような文字で囲われていた。彼女を殺すのは簡単だった。銀のボルトを1発打ち込むだけのことだった。しかし成すべきことが終わった後、空気が突然沸き立ち、ひび割れるような音がした。呪文の残留を恐れ、私は部下たちを一番近くの道へ退かせ、そこから地面の雪が燃え上がり、空が火災に引き裂かれるのを見た。我々は逃げようとしたが、もう手遅れだった。空の裂け目から炎が流れ出し、私の部下30人を飲み込んだ。私は彼らを助けようとしたが、炎は消えることがなく、しかし私の肉体を焼くこともなかった。上空の燃え盛る口から声が響いた。「正者たちの中で、お前はより苦しむであろう」」

イロソンはダイアフロストのハンターたちの中でも尊敬される存在だったが、魔術師ギルドのメンバーたちも含めた多くの者が、イロソンの話に懐疑的である。亡霊の海ではメエルーンズ・デイゴンのいかなる手がかりも発見されなかった。吹き飛ばされ、鏡のようになった砂があっただけである。当然ながら、ダイアフロストはこれに納得していない。ハンターが30人も行方不明になる問題があったのだから。それ以来、ダイアフロストはイーストマーチの魔術結社に対する戦争を強化している。

しかし魔術師ギルドは亡霊の海の吹き飛ばされた砂を自然現象として、この出来事を彼らの記録から削除してしまった。だが、イロソンは正しかったのだと私は信じた。私はその場にいたのである。あの浜辺を調査したチームの、上級顧問として。

本書の第2巻には、私が亡霊の海で発見したすべてのものの詳細な報告が載っている。その中にはイロソンが記述した「クモのような円」の片割れも含まれている。メエルーンズ・デイゴンと接触する機会を得たいと望む召喚師は必読である。

偏狭のジョセフJosef the Intolerant

イリサ 著

聖なるるつぼにその名を連ねた伝説的な剣闘士はたくさんいる。中でもフェルホーン、偉大なサナレル、隠されしアレリスは恐ろしい戦闘力と闘志で知られている。一方で、偏狭のジョセフのように、別の理由で有名になった者もいる。

まず初めに言っておきたい。スカイリムの聖なるるつぼには、タムリエル中から様々な挑戦者が腕試しをしに来る。同盟規模で戦争が勃発しているこの時世にあって、アルトマーが負傷したオークを助ける場面や、レッドガードがアルゴニアンを庇って矢を受ける場面が見られることはそうそうない。だが聖なるるつぼにはそれがある。るつぼではチームこそが国家であり、硫黄の王冠を手に入れるという目標こそがその国の宗教なのである。

だが、そこに現れたのがジョセフという若い剣闘士だ。ブレトンの獅子の守護団からやって来た彼は、清潔感のある顔をしていて剣の腕も良かった。彼が健康体であり、るつぼに旋風を巻き起こすであろうことを誰もが疑わなかった。だがジョセフはいつまでたってもるつぼの中の社会の仕組みを理解できず、他のブレトンにしか信頼を置かなかった。剣闘士たるもの、同族の者よりもチームに信頼をおかねばならないということをどうしても解せなかった。

剣闘士オベレールはこう語った。「試合が始まると、ブレトンの若造がいきなりチームメイトのカジートを地面に叩きつけたんだ。すると俺の目を見て2回、ゆっくりとまばたきをした。「あいつ、ウインクしようとしているのか?」と、俺の仲間のドウマントが小声で言っていた。その愚行に付け混んで、俺たちはその若造とカジートを意識がなくなるまでボコボコにしたよ。聖なるるつぼにおいて、そういう幸運をみすみす逃すのはご法度だからね」

時が経つにつれ、若きジョセフはますます短気になっていった。異種族の剣闘士と協力しようという提案をことごとく嘲笑った。彼のその態度は参加者のみならず観客も激怒させ、おかげで経営者側には気に入られていた。「あいつは我々の宝だ。できることなら、通貨にあいつの顔を印刷したいぐらいだよ」彼らは語った。

剣闘士たちはそう思っていなかった。

ダンマーの刃ダルは、こう語った。「クワマーの農民とは絶対に協力しないと、ジョセフに言われたよ。あと、毎日のようにクワマーの卵をよこせと言われた。絶対に俺が持っているか、もしくは奇跡的に生産できるとでも思いこんでいたらしい。クワマーの卵なんて食べたこともないよ。俺はスカイリム出身だ」

ダンマーの狂気エセネンは、こう語った。「ジョセフはいつも俺のことをダルって呼んでたよ」

紅の猫アズルカナは、こう語った。「戦いのときは信頼してくれと言ったんだ。今後も剣闘士を続けたいならそうしないといけない、ってね。すると奴はガラガラ声でこう言ったんだ。「この者は、ムーンシュガーでも食って黙っておけばいいと思う」ってな。気に食わなかったよ」

天空のカミソリのイナーファーは、こう語った。「10年来の相棒フラスバードが戦いで死んだとき、俺はチャンピオンの間で泣いていたんだ。するとあのブレトン小僧に見つかって、こう言われた。「ハチミツ酒を買う金が無くなったのか?その気持ちは分かるが、お前らノルドと違って泣くほどではないな」その後8分間、フラスバードの弔い合戦も兼ねて奴をボコボコにしてやった」

ジョセフほど短期間で悪名を轟かせた剣闘士は他にいなかったが、その後すぐに姿を消してしまった。

現在の居場所は分かっていない。

魔法が出会う場所Where Magical Paths Meet

妖術師アルダーレ 著

召喚に熟達することは、あらゆる領域を自在に操る手段を得るということだ。

—炎の魔法が必要?炎の精霊を召喚せよ。炎の化身の形を借りて、そういった魔法を1ダース使いこなすことができる。

—夜の闇に捕らわれ、光の魔法があればよかったのにと後悔している?ウィル・オ・ウィスプを召喚せよ。その天然の発光が闇を打ち消してくれる。

—進路をふさぐ大岩をどかす念力の魔法がない?嵐の精霊を召喚して岩を持ち上げてもらうがよい。

—突然降ってきた雹から身を守るのに必要な結界を忘れた?氷結の精霊を召喚して空気を頭上で結晶化させ、一時的な避難所を作るがよい。

—探索の魔法では逃げた標的を荒野で他の生物と識別できない?狼の仲間を召喚して匂いをかぎ当てさせよ。

召喚魔法の柔軟性は私に情熱を与えてきた。私は特定のよく使われる魔法を、代用となる召喚魔法に置き換える総合的な手引きを編集した(詳細は第2巻7ページ参照)。

召喚魔法によってデイドラの力を手にすることもできる(あえてその力を振るおうとする者にとって)。召喚に熟達した魔術師は、スキャンプからドレモラ・ロードに至るまで、あらゆるデイドラを召喚できる。私の本はこうした魔法の初の入門書ではないが、第3巻にはオブリビオンの住人を招き寄せる手引きを説明している。「召喚の起源」もこの話題についての有用な読み物である。

私はここで召喚について高度に、ほとんど贅沢なぐらいに書いている。この全書の残り(第2巻から22巻まで)を読んでいただければ、私の言葉に重みがあることがわかっていただけるだろう。

著者注:言うまでもないことだが、オブリビオンに接触する際には最大限の慎重さが必要である。軽率な魔術師であれば、命を失うか、さらに悪いことにはデイドラにつけ込まれる可能性もある。

礼儀と作法:ウッドオーク1Civility and Etiquette: Wood Orcs I

エルデン洞穴

コリスター、賢者ソジャーナー 著

オークはアルドメリの神トリニマクがデイドラ公ボエシアに食われた時に誕生したと言われている。神話の続きはこうだ。ボエシアはトリニマクの死体を排泄し、トリニマクを信奉していたアルドマーがその排泄物を自分自身に塗りつけてオークになった。恐らくこれは単なる神話だが、イメージは妥当だ。不快でばかばかしく、少し滑稽な、まるでオークそのものである。しばらくしてこの人々の一派がヴァレンウッドにやってきて、独自の文化を発展させていった。それがウッドオークである(オルシニウムオークに関しては、第2巻参照のこと)。

オークは一般的にエルフにはつき合いづらい相手だが、このウッドオークは身体的にはウッドエルフの近縁であるボズマーと同様である。ウッドオークはボズマーよりも不作法で意地が悪いが、同じやり方で対応すべきである。忍耐と導きと注意深い目をもって、だ。アルトマーの適切な導き手がいなければ、どちらの種族も自己破壊的で無秩序な、周囲の文化的な人々すべてにとって不都合で危険な野蛮人となる可能性がある。

それでは、アルトマーはウッドオークにどう対処すべきだろうか?

まず、オークの尊敬を得ること。北方のオークであるオルシニウム(よりオークらしいオーク)と同様、ウッドオークは身体的な強さを賛美するが、それに加えて敏捷性、すなわちスピードや地理学的な知識も(同様に戦術的知識も)高く評価する。この分野での能力を示してみせれば、オークからしぶしぶながらの賞賛を受けられるだろう。

会話を始めるいくつかの方法をここに紹介しよう(尊敬の証として、自己紹介するが、少なくともまず目を合わせるようにすること)。

1.武器を使わない戦いを仕掛けてウッドオークを従わせる。ウッドオークは殴り合いを楽しむ。

2.ウッドオークと一緒に歩くことがあったら、先を歩き続けるように。こうすることで徒競走をリードすることになる。競争に勝ち、ウッドオークの賞賛を勝ち取るのだ。

3.大きな岩、つまり体と同じかもっと大きな岩を見つけて見えるように叩きつける。必要なら力の魔法を使っておくように。ただしウッドオークに知られないようにすること。

これが活発な子供の一団に自分を印象づけるようなものだと思うのであれば、それはさほど大間違いというわけではない。上記の方法には注意が必要だ。予測可能であるかも知れないが、ウッドオーク達はそれぞれ異なる個人なので、相手に合わせた即興の機転が必要になる。

さらに、アルトマーがウッドオークとやり取りをする時にすべきでないことをここにいくつか挙げておこう。

1.魔法の能力をひけらかすこと。優れた魔法を見せることが生涯にわたる熱意と最高の技の卓越性を示すことだとアルトマーは知っているが、オークは総じて魔法に対して文化的に不信感を抱いている。無知ではあっても、オーク達は魔法の基本的な働きがオーク達を抑圧し、使うことによって束縛することであると信じている。

2.戦いに火をつけるつもりがないのであれば、ウッドオークの領域で木々の間に隠れてはならない。開けたところを歩くように。ボズマーはもう知っていることだが、ウッドオークは森に潜む者達に対して親切に接することはない。それは悪意ある卑怯な秘密の行為に等しい。

第2部ではウッドオークと会話する時に生じてくるかも知れない特別な障害を説明する。たとえば宗教やマラキャス、ウッドオークにとってのオルシニウム砦に等しいものなどだ。

礼儀と作法 第5巻:アンデッドCivility and Etiquette V. 5: Undead

コリスター 著

第1部

すべてのアンデッドと幽体状の亡霊は、死霊術の生物学に従っていると一般には信じられている。実際、捕食性の野生生物の大部分がそうであるように、怪物たちの多くは生者のエネルギーを吸収し、消耗させるためにのみ存在している。このような存在とは交渉できないし、話し合いも通じない。アルトマーはこれらの怪物を狂犬病にかかった狼や、意地の悪いオークを扱うように対処するべきである。すなわち、殺すのみである。

しかしながら、死後の存在の中には感覚を有する者、あるいは獲得した者もいる。たとえば吸血鬼、リッチ、そしてレイスである。一定の慎重さを保ってさえいれば、これらの怪物とは会話が可能である。

1.言葉を話すアンデッドは強力な存在であることが多い。死においても感覚を保っていられるだけの強い魔力を持つ存在は、不承不承にしてもアルトマーの敬意に値する。

2.アンデッドは決して信用してはいけない。アンデッドとその力には敬意を払うべきであっても、すべてのアンデッドは生者から何かを求めており、彼らが奪い取ることを妨げるものはあまりない。彼らが目の前にいる間、アルトマーは警戒していなくてはならない。常に。

3.アンデッドは見た目通りの存在とは限らない。多くの強大な魔術師は自分の外見を変化させる幻惑呪文を所持しているが、アンデッドも同様である。道に迷ってさまよう子供の霊魂が、飢えたリッチの変装だということもあり得る。

とはいえ、会話に持ち込むことができれば、感覚を持つアンデッドの長年積み重ねた知識からアルトマーが学べることは多くある。明敏なアルトマーは記憶の失われた時代の古代呪文や、歴史的事象の直接の報告、あるいは失われた遺物の場所を学べるかもしれない。それにはそのアルトマーが重要な質問をすることが条件である。アンデッドと会話する際、アルトマーが取るべき態度は以下である。

1.謙遜。アルトマーとしての出自は大きな意義を持つため、理想的な世界においてはあらゆる民が、リッチや吸血鬼やレイスも含めて、アルトマーの階級概念を支持し、それに従って行動するべきである。しかしながら大部分のアンデッドは、アルトマーのアンデッドでさえ社会的慣習を支持することが稀である。そのため、アルトマーの中で最も由緒正しき者であっても、上記のリストの1つ目の点に注意するべきである。アンデッドは長老たちのようなものだと考えてみればいい。力強く、決してひるまず、すぐに怒り出す連中である。

2.知性。アルトマーにとってと同様、特に由緒正しきアルトマーにとってはそうであるように、アンデッドは愚か者に我慢がならない。あまりあからさまでないように注意しつつ、アルトマーは魔法の才覚や抜け目のなさを見せ、軽くあしらってよい相手ではないことを教える機会を探すべきである。この場合も、頑固な長老を威嚇によって従わせる例を思い浮かべるとよい。

3.自制。アルトマーがリッチやレイス、吸血鬼やその他の存在を平和的な交流に持ち込むことができたと仮定して、アルトマーには疑いなく多くの質問があるはずだ。しかしいくつ質問をするかということには気をつけるべきである。アンデッドは進んで自らの知識を披露してくれるかもしれないが、全く話してくれないこともある。

本書の第2部においては、アンデッドとの会話において生じる可能性のある障害について詳しく述べる。特にレイスと吸血鬼、そしてリッチが相手の場合である。要求される社交的知性の運用は、このいずれにおいても異なる。