付呪師助手メール 10週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

付呪師助手メール 10週間目

64日目
栄えある雇い主殿、我が兄弟に裏切られ邪魔をされようとも、積み荷を用意することができた。あの野郎は前回、私が集めた素材を盗んだのだ。そこでこのならず者に決闘を挑むこととなった。あなたへの素材集めを行う者は一人で十分なのだ。今は手元の素材をお使いいただき、今後も私が提供できることに期待してほしい。

65日目
ひとつ喜ばしい報告がある。私とエズダブの不和を解決することができた。我々は最も高いと思われる砂丘の上で決闘を始めた。我々の剣の打ち合いで火花が飛び、エズダブは私の剣撃に屈することなく反撃し、そして最後に我々二人の剣はバラバラに砕けてしまった。血は一滴も流れず、それを見た私達は互いの手を握り合ったのだ。

66日目
我が友よ、これら素材があなたに益ならん事を祈る。今まで送った物を有効に利用できているだろうか。付呪の力は決して侮ってはならない!相手を倒す方法が10あるというのなら、私は戦いの流れを変える20の付呪を教えよう!

67日目
栄えある雇い主殿、これまた新たな積み荷をお送りする。最近私は普通の冒険者よりも、剣を取り替える回数が多いのではと思い始めるようになった。兄弟のエズダブが言うには、私の使い方が悪いと言う。確かに扉のつっかい棒代わりや、木を切り倒したり、また髭剃りにも使っている。だがエズダブだって、ドワーフ達がハンマーを大陸の反対側まで投げたと信じるような男だ。あいつの指摘が正しいとも思えない。

68日目
良質な剣の優雅な見た目に敵う武器は少ない。そして剣のなかでも、レッドガードの三日月刀はその代表格である。そのような武器をさらに改良するには、付呪を行う他ない。ぜひ試してみて欲しい。剣聖の霊剣が存在していたとは思わないが、燃える三日月刀は間違いなく存在する。なぜなら今朝作り出したばかりだからだ。

69日目
これら素材があなたの益ならんことを!砥ぐに値しない剣など存在しない。私は今日、ドワーフコンストラクトの歯車の中に三日月刀を突っ込んでそれを失ってしまった。だが後悔はしていない。名工に作られた剣も替えはある。それに危険なドワーフの機械にもレッドガードの剣が有効だった、というのは運が良かった!

70日目
ハグレイヴンは危険な相手だが、私も兄弟のエズダブも奴らの眉間を剣の柄で打ち、奴らを混乱させる方法に慣れてきた。奴らも焦点を合わせられない状態では、洞窟内を炎で包むこともできないし、そちらの方がよっぽど倒しやすい。これら素材があなたの益にならんことを!