傭兵 スタイル | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

傭兵 スタイル

クラフトモチーフ19:
Mercenary Style

ガスパール・ストーカーズ隊長、ガスパール・エスムリー

最高顧問ヴェルシデュ・シャイエの征服戦争中に、帝国に従属する金で雇われた部隊が暴走し、帝国軍が鎮圧するまで領土内で略奪を繰り返したことから傭兵部隊の評判は悪かった。だが3つの同盟の台頭とタムリエル全土に戦争が戻ってきたことで、我々のサービスの需要は高まっている。再び傭兵の出番がやってきた!

ブーツ

傭兵のブーツはシンプルかつ実用的だ。傭兵は仲間と共に行進して戦いに参加しなければならないため、耐久性の高さと履き心地の良さの双方を兼ね備えている。

ベルト

傭兵の腰に巻くベルトは幅が広く、それぞれにバックルが付いている重厚な革のストラップが2~3個平行に並んでいるものが多い。戦場にいる上官のものには傭兵部隊の印がついている場合がある。

通常、傭兵の兜は様式的などくろを真似たものに、牙や「角」が中央に施されている。この額の尖った物体は、敵と戦う前に相手へほんの少しだけ敬意を表しているとの見方もある。

脚当て

重なったプレートが傭兵の脚の正面を、柔軟性のある革が裏側をガードする。膝を守る膝当ては、ヘルメットの「角」に似た垂直のスパイクが付いている。

傭兵の弓は強力なもので、最も厚いものを除けば、あらゆる鎧に鋼の矢を貫通させられる。反曲させた角を使ったリムの後ろには小さな金属製のシールドプレートが取り付けられ、左手の弓を便利な盾として使いながら、右手で短剣を抜くことができる。

胸当て

傭兵の胸当ては重厚な革で作られ、表面は鋼のスケールやプレートで加工が施されているものが多い。胸当ては革の弾帯が交差していて、ギアや副武器を運べる。

傭兵の剣はファルシオンのように幅が広くて重く、切りつけるだけでなく打撃を与えることにも適した設計になっている。前のエッジだけが尖っていて、後ろのエッジは攻撃を受け止めたり、力を籠めて受け流せるように設計されている。

肩防具

傭兵のポールドロンと語当ては、最も防御を必要とする箇所に使用するため、兵士の利き腕が他より厚くできている。通常、ポールドロンの下には弾帯と剣帯がベルトで巻かれている。

手袋

傭兵は激しく押して受け流すことを好むため、ほとんどの武器に鍔が付いていない。手や前腕は分厚い籠手に守られ、その上には前腕の腕甲の多関節プレートが重なっている。

傭兵の盾はノルドのカイトシールドと形が似ていて、大きさもほとんど変わらない。鋼鉄や銅でメッキされており、少ないが傭兵の中にはわざわざラッカーやペンキを塗ったりする者もいる。これは装飾品ではない。鎧の一部で、攻撃を阻止するために設計されている。そうしてそんなものにペンキを無駄に使うんだ?

魔法を使う傭兵にとって、杖は武器にも盾にもなる。柄の両端は受け流しができるようシリンダー状の鋼鉄で加工が施されている。杖の先端に鋭いスパイクが1つ、あるいは複数ついている場合があるが、それはただの飾りではなく、窮地に追い込まれた時、短い槍として役に立つ。

戦棍

傭兵の戦棍は、重いシリンダー状のヘッドに鋭いスパイクが散りばめられている。斧と同様に戦棍の柄の上部は鋼鉄製のランゲットが取り付けられていて、下部の先には金属製のスパイク付きフェルールが施されている。

短剣

傭兵の短剣は剣幅が広いが、長さは一般的な短剣とさほど変わらない。気絶させた敵が身に着けている鎧の弱点を打ち抜く、または切り開くために作られた。投げるにはバランスが悪いが、強く投げれば強力な一発をお見舞いできるほどの重量がある。

重量感のある傭兵の斧が作られた目的はただ一つ。相手の鎧を叩き潰すか、めった切りすることだ。ヘッドの下の柄にはシリンダー状の鋼鉄製ランゲットが付いていて、斧の切断を防止し、敵の攻撃を受け流せるようになっている。通常、柄の下半分は骨製で、先端部分には鋭く尖った鋼鉄製のフェルールが施されている。