仕立師助手メール 27週間目 | The Elder Scrolls Online 外部蔵書庫

仕立師助手メール 27週間目

185日目
胃が夏の嵐にように荒れ狂っている。噴火する火山のように暴れて、私は生まれたての子犬のように弱まっている。インビルドがやって来た。助ける代わりに、彼女は叫んだ。「グリーンフッドを殺すなんて!大好きだったのに!」そして乱暴な足取りで去っていった。痛みが収まるミントティーを持って戻ってきてほしい。

186日目
ヴェスクは、今日はミントティーは飲めないようだ。インビルドは戻って来ず、ウラヴィン・ドーレスが現れた。たぶん彼女だったと思う。熱のせいの夢でなければ、彼女はニヤリと笑って、自分が毒を盛ったと言いに来たんだ。助かりたければ本の権利を放棄しろ、と言った。それともこの犯罪者に襲いかかるか?酔っ払ったウナギのように、意識が泳いでいく。

187日目
その次に覚えているのは、スニップスだ。胸の上に乗ってきて、そのまま長い話をした。マッドクラブにしては、言葉がはっきりしている。ブレトンの貴族のように話す。どうして今まで気づかなかったのかな。それに、歌声も素敵だった。古いブラック・マーシュの子守唄を歌ってくれたおかげで、すぐに眠れた。

188日目
悪い子のスキーヴァーが、腕を登ってくる!チーズ!チーズは紫の匂いがして、太陽の味がする!でも大丈夫だ。あなたの荷物はあなたが恋しい、送られたいと言っていた。荷物は同封してある。ホタル!

189日目
自分の中は空っぽで、色のついた光の束が目の前で踊っている。橋がゆっくりと足元で崩れていった時のグリーンフッドの気持ちが分かる気がするよ…

190日目
親愛なる雇い主殿、気分はだいぶ良くなった!奇妙な内容の手紙については、どうか許してほしい。ウラヴィンが胃痛用の薬に混ぜたもののせいで、いろんな幻覚を次々に見ていたようだ。ヒストの元に召される瞬間にどれほど近づいていたか分からないが、インソールドがいなかったらもっと事態は悪くなっていたことは確実だ。

191日目
インソールドが何を飲ませてくれたのかは分からないけれど、ほぼ元通りになったと思う。意識を失ったり戻したり、汗が熱くなったり冷たくなったりする間、彼女は一晩中一緒にいてくれた。ついに目を開けて彼女の姿を見た時、彼女は笑って「もう二度とこんなに心配させないで」と言った。